上波田の御柱と景観(松本市)-その1

Img_0006_2

御柱と言うと、諏訪を思い浮かべる人も多いかと思いますが、松本平では正月行事として「道祖神」「三九郎(どんど焼き)」等とあわせてお祭りされます。
今回は旧波田町の西側(上高地寄り)に位置する上波田地区を歩いたので、記録としてとどめておきたいと思います。

2上波田は上丁、中丁、下丁と3本の御柱が建てられています。

新聞記事に「集落毎」とありますが、歩いてみた感じでは波多神社(昔は波田ではなく波多と書いたようです)の参道沿いのひとつの集落といった感じです。

1

3その波多神社の入口に建つのが上丁の御柱、新聞記事のものですね。

三九郎(どんど焼き)もそうですが、正月行事は子供達が活躍する場でもあったようです。
今では危ないと、なかなか使わせてもらえませんが、昔は子供達だけで鋸やナタで木や竹を切って、組み立てるのが当たり前でした。子供の頃から道具に触れることで、自然と体で覚えていきましたが、今は大学生になっても使えない人が多いですね。

146

参道は石張りの道路になっています。暗渠で下は水路になっているようです。
両側には立派な民家が建ち並ぶ感じのよい場所ですが、新しい住宅に建て替えられているところもあります。

45

中丁の御柱です。安曇野の御柱は道祖神様の近くに建てられることが多いですが、ここは何もないようにみえる場所に建っています。境なのかな?

78

安曇野に来て驚いたんですが、家と並んでカーポートが立派なことです。
積雪量は多くないものの、寒さが厳しく凍りつくことや時雨が多いことから、昔なら屋敷の中に馬小屋があったように、多目的に使えるスペースを作るのでしょうかね。

1011

最後は下丁。この写真の反対側は普通の田園が広がっています。

912

今回、松本市役所波田支所から歩いて回りました。
昔の町並みは梓川の段丘の上に広がっていますので、最初そこまで登らなくてはなりません。周遊する元気のない人は、一旦、松本電鉄でひとつ先の渕東まで乗り、そこから波多神社へと行かれると往復しないですみます。














第2回おみの星空キャンドルまつり <2014/1/25>

3296安曇野・明科から長野方面へ行く途中に麻績村という村があります。

写真はこの麻績村から長野市大岡地区(先日アップした芦ノ尻道祖神がある所)に向かう途中、シェーンガルデンおみから見た北アルプス。
写真中央の常念岳はずいぶん雰囲気が違います。後ろの穂高連峰も一部頭が見えてます。

今回は、シェーンガルデンおみの庭園を会場に行われた「第2回おみの星空キャンドルまつり」のレポートです。

3304

3308a3310a3311a

村長さんの点灯式を合図に参加者も一緒に会場の灯りに点灯していきます。

3313

ろうそく、キャンドルランタン、LEDライト・・・いろいろな灯りが用意されていました。
和紙を使った作品もあり、安全面を配慮しての配置のようです。運用はなかなか大変なようですが、小学生以下の子供でもうまくサポートしてあげれば参加できますね。

149314961495_2

子供たちでワイワイ言いながらつけてました。こんぼこ背負ったお母さんと姉妹かな?

3319b3322b3336b3342

ほぼ点灯が終わった所で花火が上がります。(写真はクリックすると大きくなります)
ヒュルヒュル系の最後にド~ン一発。最後の一発間に合わなかった・・・bearing

3368a3352a3354a

小高い場所に鐘があります。カップルじゃないけど叩いてきましたよgood
写真は少し明るさを調整しましたが、実際はもう少し暗いです。
でも階段だとわかる配慮はされていました。

1479e3362

アイスキャンドルの灯火が心に響きます。

1480e3380

和紙のキャンドルはやわらかい光を放っています。

33713373

和とモダンの共演が会場へと人を導きます。

1478e3382

氷のプレートに挟み込まれた夢がキャンドルの灯りに浮かび上がります。

3405

33903400

シンセサイザーの生演奏をバックに無数のキャンドルがやさしい光を放っています。

3369

支援金を受けられるのは3年間。
このイベントを継続していくには、協賛などによる資金的援助や関わるスタッフなど様々なハードルがあるでしょう。
都会と比べると集客では圧倒的に不利ですが、地域の活性化と観光につながっていくとよいですね。

             *** おまけ ***
1483e1484e

和紙で作られたランタン。このアイデアは応用できそう

環境保全に取り組む市民大集合2013 (1) ~ 基調講演 ~

P9072388_2

9/7は長野県環境保全研究所 飯綱庁舎を会場に開かれた『環境保全に取り組む市民大集合』に参加してきました。

Img_0001Img_0002

何か難しいことをやっているように思われるかも知れませんが、農作物・工業・観光・教育・福祉・医療・文化・防災といった私たちの暮らしは、全て自然からの恵みによって成り立っています。
実は原子力発電もウランという天然に存在する元素を利用してるので、扱いが厄介なだけで自然エネルギーのひとつといえるでしょう。
多くの人が現象だけで判断していますが、様々な生き物が暮らす地球に住む私たちは、もっと環境のことを知る必要があります。

自遊人は自然保護レンジャーとして活動していますが、そんな活動結果をどうやって活かせばよいのかを情報共有したいと思い、はるばる飯綱高原まで出かけてきました。

今回は基調講演のスライドをアップします。

P9072321P9072322P9072323P9072324P9072325P9072326




P9072327P9072328P9072329P9072331P9072333_2P9072334P9072335P9072336P9072337P9072338P9072339P9072340P9072341P9072342P9072343P9072344P9072345P9072347P9072348_2

コメントはあえてつけません。

モニタリング1000についてはこちらをクリックしてご覧ください。

生物多様性センターについてはこちらをクリックしてご覧ください

東京駅と東京そぞろ歩き<2013/4/13>

81118114

東京駅で知り合いと会食した土曜の午後、夜の集まりまでまで時間がありましたので、少し歩きました。

809781128096

改修工事を終えた東京駅、丸の内駅舎は多くのカメラマンが写真を撮影しています。

そして、東京駅のビュースポットも紹介されているホームページがあります(こちら)

8098実は最初、会食のお店がわかんなかったんです。
元々関東に住んでいる時から東京駅には滅多に行かないですし、再開発されてからはほとんどわからないのです。

8115すっかり田舎モンですが、山手線内でも特に中央線から南側は行ったことない場所がたくさんあります。

ちょっと日陰で残念ですが、ツツジが綺麗に咲いていました。
いくら東京が暖かくても咲くのは5月のイメージです。

街路樹とか植栽の類は安曇野よりいたる場所で目にします。
そして落ち葉も綺麗に掃除されています。
この写真のような大きな通りは業者?が行っていますが、ちょっとした小道、特に下町あたりでは地域の方が手入れされています。

緑が少ない分緑を大切にする。緑は人間にとって大切なものですが、あまりにも身近にたくさんあると、緑をいたわる気持ちが薄れてしまう感じがします。

8118_2下町を歩いていると必ずひとつは出会う不動尊。「出世不動尊」とありました。
ビルのせせこましい場所ですが、つぶさず大切にするのはやはり日本人の心ですね。

安曇野の一日<三角島アレチウリ駆除&YOSAKO安曇野>

65676574

毎日暑い日が続いている安曇野。他県の多くの人は「信州は涼しい」と思ってやってきて日中の暑さに驚かれます。
標高が高いので朝晩はそれなりに気温が下がりますが、それでも長野や松本の都市部ではヒートアイランド現象で熱帯夜となることがあります。
写真は乳房川の釣りの様子。これだけ多くの人が釣っていれば同じ条件と思いますが、釣れる人と釣れない人に分かれます。

65786587

さて今日(8/5)はアレチウリの一斉駆除の日。ここ三角島でもイベントを自然観察会を兼ねたアレチウリオオカワヂシャの駆除を半日行いました。
三角島の対岸に大王わさび農場にある水車が見えます。

65896596

前半はアレチウリ除去、後半は子供は湧水の水辺に入って水生生物探し。
アレチウリ、採っても採っても採りきれません。しかも暑い!
対して水の中はやっぱり気持ちいい。湧水は12~15℃位ですから裸足では冷たいです。長靴を履いててちょうどいい感じ。

66066601

66056607

ヨコエビはうじゃうじゃ採れましたが大物が少ないな~。
南信(伊那とか飯田)ではトビゲラやカワゲラはザザムシと言って佃煮にする食文化がありますが、まだ食べたことありません。(ちなみにイナゴ同様最近はそんなに食べないそうです)
もう少し種類がいると子供達も満足したでしょうが、ここの水は綺麗すぎるのかも知れません。

6612お昼でイベント終了。お祭りにあわせて営業中の野の花・Da mondeで冷やしうどん食べたあと、安曇野案内人倶楽部の事務所へ。

駅前通りはお祭りで通行止め、事務所は居ながらお祭りが眺められる場所にあります。

テーブルの上にあるのは誰かの作品かな?6438

そういえば、先日えんぱーくでも右写真のようなスイカを使った作品作りが行われていました。

講習会でしょうか?作品を作られていたのは日本人ではありませんでした。

世の中、いろんな作家さんがおられますね。自遊人は食べるしか芸がありません。

YOSAKOI安曇野の様子
662166266631

663466366639

クラフトショップの店長他の弁によると見どころは信州大学の「和っしょい」なんだそうです。そこまで見て家に帰りました。もちろん今日は自転車でした。

烏川の1日-(1) 烏川にある発電所

5364下界は30℃超えた今日(7/10)の安曇野

5361

長野県環境部大気水環境課主催の「せせらぎサイエンス指導者研修会」が烏川渓谷緑地で開催されました。

ところで、すぐお隣のアルプスあづみの公園は国営公園(有料=都市公園)ですが、こちらは県営(無料)。

5374この烏川をもう少し上流に行けば、そこは中部山岳国立公園(=自然公園)。天気が良ければ蝶ヶ岳が見えます。

そもそも緑が多い安曇野に都市公園は要らないと思うのですが、隣り合わせの施設ながら途中、柵で仕切られています。
ちなみに都市公園なんか自治体なんかに払い下げてしまえば良いと思うのですが、何で仕分けられないのでしょうね。(管理は3セクに変わりました)

5362さて、目的の研修会まで少し時間がありますので、上流まで運動がてら走ってきました。

信濃川水系の支流、烏川には3つ発電所があります。
いずれも現在は中部電力が所有しており計18900KWの発電能力があります。

5367烏川左岸の熊が出そうな(実際、よく出る)林道をじゃんじゃん歩いていきますとやがて発電所の設備があり行き止まりとなります。

5369ちっこいダムだな。
一番出力の大きい発電所はもっと上流にあります。

ここで作られた電気はどこをどう巡って我が家に来ているのでしょう?

5370なんだか土砂で埋まってます。

ちなみにこの橋は進入禁止(施設のため)ですので対岸には渡れません。

電気が初めて通った頃は「恐ろしいもの」となかなか普及しなかったそうです。
今はあたりまえのように利用している電気もそんな歴史があります。

続きは後日   

山の別宅、花の写真をアップしてます。(こちらから最新記事へ

長野県山岳総合センター野外活動講座、第3回目の舞台は霧ヶ峰

0848

0850「草原の植物とシカの食害」と題して、霧ヶ峰にある自然保護センターを会場にして昨日6/28に講座が開かれました。

集まったのは15名。毎度の事ながら少々寂しい。面白い講座なんだけど意外と年配の方の参加が少ないです。
今回はリーダーコースの顔なじみと会いました。

最初にセンターの中で自然公園管理員の方からお話しがありました。若い姉さんはいいですねheart04

08880892

この後、車山までトレッキング。先生は・・・お馴染みの方ですね。
やまたみ登山学校でお馴染みのでっかい貼り合わせの地図。
車山頂上で信毎の取材がありました。これまた若い姉さんheart04。頂上までリフトでやってきたのね。一緒に歩けばいいのにねぇ。

次回は白馬で雪渓とお花見です。

0821別宅で美ヶ原から見た風景をアップしてます

↓↓クリックすると飛びます↓↓
美ヶ原高原にて想う 

長野県自然保護レンジャーって?・・・その他

36863678

自然豊かな長野県。長野県環境基本条例(こちら)に基づいて様々な施策が行われています(環境保全一般はこちら

そんな中に自然保護レンジャーというボランティア業務があります。
地域活動において行政とのつながりは大切ですから、どんな活動なのか参加してみることにしました。

ネーミングは格好いいけど、集まったメンバーは???
知り合いの顔も見かけました。それぞれの思いがあって活動されてるようですね。

さて、昨日は高知県から移住促進に関わる仕事をされている団体の方が来られました。

3675_2高知県須崎市・・・ってどこだ?正直言って高知市のお隣にあるのを知りませんでした。名前だけは聞いた記憶はありましたけど。

移住定住支援センターのホームページはこちら

太平洋に面した海の風景は湘南海岸のような湾内とは違う迫力を感じます。
行きたいなぁ~でも遠いなぁ。

高知の観光ガイドで気の利いたコピーの紹介がFacebookを通してありましたのでリンクを貼っておきます。(こちらをご覧ください

安曇野百景

9977
「槍で別れた梓と高瀬 巡り逢うのが押野崎」

安曇節でこのように唄われる明科の三川合流地点(実際は犀川・高瀬川・万水川・穂高川の4川あります)。
ここからほぼ真西に行ったところにある槍ヶ岳。
直線距離にすれば20数キロですが、槍の頂を源に北と南に別れた水の旅はずっと長いものです。

99299932

天気に恵まれたGW前半。安曇野を自転車で廻ってみました。まずは山麓線を南下。
桜はこのあたりでももう散り始めています。

99389939

田多井の枝垂れ桜は以前訪れていますので、広域農道まで東へ下ります。
落ちついた集落の残る住吉地区。

9946拾ヶ堰の自転車広場へと向かいます。
ここは休憩の東屋がありますtoilet

もう葉が見えて花は散り始めています。
今年は一気に桜の季節は過ぎていきました。

いつもの拾ヶ堰の上にかかる橋の隣から。

_
99519966

ここから東へ、光城山の様子を見に行きました。
登山口には県外ナンバーも含めた多くの車が駐車場入口に並んでいました。
この「行列のできる山」を横目に別のスポットへ。

99709974

戻る途中、御宝田に立ち寄りました。一羽残る白鳥さん。一昨年から怪我で居残るあずみでしょうかね?

今日の安曇野は曇り空です。

「信州・山の自然楽講座」/長野県山岳総合センター野外活動講座始まりました

2728

27294月から指定管理者制度に仕分けられた長野県山岳総合センターの野外活動講座信州・山の自然楽講座

本日(4/21)に第一回目の「信州山の自然学入門」が開講になりました。
爺ヶ岳の雪形、種まき爺さんがうっすらと見えるようになった今日の大町は日中の最高気温が20℃を超えました。
公園の桜の蕾はまだ固いですが、この暖かさなら来週中には開花しそうです。

2732

2733アウトドアが気持ちいい日に限ってインドアの座学。
集まったのは17名。あれぇ~、サクラみたいな人がいるなconfident
リーダーコース卒業生や山小屋の人もいてます。

本日は「長野県の山岳環境と自然について」/信大の土田先生の講義からスタート。安曇野の屋敷林でもお世話になってる先生です。
お昼前に山岳博物館の解説付き見学。何度も訪れてる博物館ですが、説明していただくとよくわかります。
午後は「長野県の高山植物と温暖化の影響」について長野県環境保全研究所の尾関さんからの講義、「ライチョウの現状と課題」について大町山岳博物館の宮野館長による講義と続き本日は閉講。

次回は5/10(木)、戸隠で野鳥について学びます。現地集合、くわしくはこちら
双眼鏡が欲しいな~ とここでつぶやいても誰もくれませんね。

より以前の記事一覧

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト