上波田の御柱と景観(松本市)-その1

Img_0006_2

御柱と言うと、諏訪を思い浮かべる人も多いかと思いますが、松本平では正月行事として「道祖神」「三九郎(どんど焼き)」等とあわせてお祭りされます。
今回は旧波田町の西側(上高地寄り)に位置する上波田地区を歩いたので、記録としてとどめておきたいと思います。

2上波田は上丁、中丁、下丁と3本の御柱が建てられています。

新聞記事に「集落毎」とありますが、歩いてみた感じでは波多神社(昔は波田ではなく波多と書いたようです)の参道沿いのひとつの集落といった感じです。

1

3その波多神社の入口に建つのが上丁の御柱、新聞記事のものですね。

三九郎(どんど焼き)もそうですが、正月行事は子供達が活躍する場でもあったようです。
今では危ないと、なかなか使わせてもらえませんが、昔は子供達だけで鋸やナタで木や竹を切って、組み立てるのが当たり前でした。子供の頃から道具に触れることで、自然と体で覚えていきましたが、今は大学生になっても使えない人が多いですね。

146

参道は石張りの道路になっています。暗渠で下は水路になっているようです。
両側には立派な民家が建ち並ぶ感じのよい場所ですが、新しい住宅に建て替えられているところもあります。

45

中丁の御柱です。安曇野の御柱は道祖神様の近くに建てられることが多いですが、ここは何もないようにみえる場所に建っています。境なのかな?

78

安曇野に来て驚いたんですが、家と並んでカーポートが立派なことです。
積雪量は多くないものの、寒さが厳しく凍りつくことや時雨が多いことから、昔なら屋敷の中に馬小屋があったように、多目的に使えるスペースを作るのでしょうかね。

1011

最後は下丁。この写真の反対側は普通の田園が広がっています。

912

今回、松本市役所波田支所から歩いて回りました。
昔の町並みは梓川の段丘の上に広がっていますので、最初そこまで登らなくてはなりません。周遊する元気のない人は、一旦、松本電鉄でひとつ先の渕東まで乗り、そこから波多神社へと行かれると往復しないですみます。














安曇野暮らしセミナー・東京<2014/5/31>

5052安曇野市が主催となって1年が経った、安曇野田舎暮らしセミナー。

安曇野ふるさとづくり応援団も引き続きお手伝いしています。

実は2月にも行う予定でしたが、思わぬ大雪で一歩も安曇野から動けず、断念したのです。

市の主催としては昨年の大阪に続いて3回目になる今回。
会場はいつもの認定NPO法人ふるさと回帰支援センターのオフィス。定員を超える約60名ほどの参加者が集まり盛況のうちに終わりました。

507450805086

市役所から安曇野市の紹介があった後、安曇野ふるさとづくり応援団の紹介、移住者体験談、不動産情報と順調にセミナーは進行していきます。
今回の体験談を紹介した人は昨年のセミナーに参加後、安曇野に越してきた若手です。

50905102個別相談会の前の休憩タイム。

安曇野の水と彩香さんのとろけるりんごショコラが用意されましたよ。
で、グッズをもらってお帰りの方も結構おられました。

この中からまた安曇野の仲間になる人が出てくるのでしょうか。
すでに別荘を持っている人もいました。
子供連れが増えてきたのは最近の特徴ですかね。走り回る子供がいたりして、さながら児童館のようでした。

第2回おみの星空キャンドルまつり <2014/1/25>

3296安曇野・明科から長野方面へ行く途中に麻績村という村があります。

写真はこの麻績村から長野市大岡地区(先日アップした芦ノ尻道祖神がある所)に向かう途中、シェーンガルデンおみから見た北アルプス。
写真中央の常念岳はずいぶん雰囲気が違います。後ろの穂高連峰も一部頭が見えてます。

今回は、シェーンガルデンおみの庭園を会場に行われた「第2回おみの星空キャンドルまつり」のレポートです。

3304

3308a3310a3311a

村長さんの点灯式を合図に参加者も一緒に会場の灯りに点灯していきます。

3313

ろうそく、キャンドルランタン、LEDライト・・・いろいろな灯りが用意されていました。
和紙を使った作品もあり、安全面を配慮しての配置のようです。運用はなかなか大変なようですが、小学生以下の子供でもうまくサポートしてあげれば参加できますね。

149314961495_2

子供たちでワイワイ言いながらつけてました。こんぼこ背負ったお母さんと姉妹かな?

3319b3322b3336b3342

ほぼ点灯が終わった所で花火が上がります。(写真はクリックすると大きくなります)
ヒュルヒュル系の最後にド~ン一発。最後の一発間に合わなかった・・・bearing

3368a3352a3354a

小高い場所に鐘があります。カップルじゃないけど叩いてきましたよgood
写真は少し明るさを調整しましたが、実際はもう少し暗いです。
でも階段だとわかる配慮はされていました。

1479e3362

アイスキャンドルの灯火が心に響きます。

1480e3380

和紙のキャンドルはやわらかい光を放っています。

33713373

和とモダンの共演が会場へと人を導きます。

1478e3382

氷のプレートに挟み込まれた夢がキャンドルの灯りに浮かび上がります。

3405

33903400

シンセサイザーの生演奏をバックに無数のキャンドルがやさしい光を放っています。

3369

支援金を受けられるのは3年間。
このイベントを継続していくには、協賛などによる資金的援助や関わるスタッフなど様々なハードルがあるでしょう。
都会と比べると集客では圧倒的に不利ですが、地域の活性化と観光につながっていくとよいですね。

             *** おまけ ***
1483e1484e

和紙で作られたランタン。このアイデアは応用できそう

芦ノ尻道祖神祭り < 2014/1/7 ・ 長野市大岡 >

2805a2828a

0001_2正月の注連飾りを使って神面装飾される道祖神がある、長野市大岡(旧大岡村)の芦ノ尻道祖神

麻績(おみ)村との村境近くに置かれるこの道祖神が建立されたのは明治元年のことのようです。

正月の七日、芦ノ尻では家々から松飾りの注連縄(しめなわ)、オオヤス、コヤスを運び、道祖神の石碑に飾りつける。
目、鼻、口、眉毛、口髭、顎髭、冠を形作り、威厳を持たせたい願いをこめた神面とする。
御神酒樽、三つ重ねの酒杯、肴(鯛)もつくりお供えする。

道祖神は集落に悪霊、疫病などの災いが入り込まないようにと、集落の境などに造られる。

2829a芦ノ尻では15歳になると道祖神祭りの時に集落の行事に親に変わって参加できるようになる。仲間入りするしきたりとしてお酒を一升持たされて参加した。

一年間の守護役をつとめた神面は、夜のどんど焼きの人ともに自然に帰る。

長野オリンピックの開会式のセレモニーに参加したことですっかり有名になったこの道祖神のお祭りを見てきました。

2842a2845a2848a

2851a古い装飾の道祖神に拝礼した後、あっという間に取り外されて石碑が姿を現しました。

ここの道祖神は文字碑です。写真右手に小さな双体道祖神があります。神面ではないですが、こちらも綺麗に装飾されていました。

古いのが外されると、いよいよ新しい装飾を始めます。

2850a2854a2857a

2860a2863a2864a

リーダーの人から分担が発表され、それぞれ作業に入ります。

2866a2867a2873a

2879a_22886a2885a_2

古い松飾りからパーツが外されていきます。遅れて参加の子供たちも手伝います。

2893a2903a2914a

2915a2918a2937a

男衆は飾りを組み立てていく。近くで女衆が豚汁やお茶のサービスをしていました。
女の子達も松をどんど焼きの場所に運んでいました。

2958a2939a2956a

2940a2945a2947a

口→髭→鼻→目→眉と下から作り上げられていきます。

遠くから見て指示する人がいて、そのたびに修正されていきます。

どんど焼きは松と竹を組み合わせて作られていましたよ。

2967a2972a2974a

2970a_22978a2980a

北アルプスの展望が素晴らしい場所にある芦ノ尻道祖神。
装飾されていく多くのお客さんもじっと見守っています。
集まってきた子供達は豚汁食べたりしながら遊んでました。

2987a2989a3000a

傍らの小さい双体像の装飾は新しいものに作り替えられました。
祠のような形がちょうど屋根のように見えます。

そしていよいよ神面道祖神は冠の部分が作り上げられていきます。

3013a3025a3031a

3039a3047a3003a

最後の微調整は結構念入りでした。
元々同じ大きさのものではないですから、バランスは難しいですね。

それでも1時間半ほどで全ての装飾が終わりました。
その後、記念撮影やお茶菓子が振る舞われました。
どんど焼きには子供達が書いた書き初めも奉納されていました。

1071209aどんど焼きは18時から。
夜に会議もあったので見られませんでしたが、この日はNBS長野放送が取材に入っていました。

オリンピックの頃は43戸ほどあった家も、今は33戸。
このような道祖神祭りをするのも容易ではないそうです。

報道では「伝統を守っていきたい」とありました。
でも、「有名になって見に来る人がいるから続けている。大きな松飾りも今は祭り用に準備しないといけない」と話されていた長老の言葉が心に響きます。

募金箱を置いたら盗まれたという時代。
子供の数も年々少なくなっていきます。
伝統を守るのは大切ですが、現実は厳しいものがあります。

2808e2814e

こんな芦ノ尻道祖神の場所はこちらです。訪れる際、狭い集落の道路ではゆっくり走りましょう。

大きな地図で見る

安曇野ののどかな風景<2013.5.23>

9682

安曇野市のお隣、池田町。北アルプスの眺望が美しいこの町の堀之内地区に本物そっくりのかかしが並んでいます(今回は26日まで)。
地元有志でつくる「かかし協同組合」が並べた“リアルかかし”。堀之内地区の素朴な田園風景を地域おこしにつなげようと取り組んでおり、秋には豊作を祝う伝統行事「かかしあげ」を開いています。
2009年に地元を盛り上げようと発足したそうで、代表の松沢さんの作品が評判を呼び、老人福祉施設やツアーの団体が見に訪れるそうで、昨年は県内外から2000人以上訪れたそうです。

967396749676

96779678北アルプスを見ながら、のんびり絵を描いたり、おしゃべりしたり、家族で楽しんでいる姿があります。

今年の主題は「昔懐かしい」

中高年のお客さんが多いそうで、幼い時に親しんだのどかな農作業風景が人気なんだそうです。

966496659666

968796889690

966096619686

今にも動き出しそうなかかし達

海外との激しい競争にさらされていく日本の農業は、これから効率化が求められていくことでしょう。
でも、こんなのどかな田園風景も魅力のひとつ。
景観で飯は食えないかも知れませんが、日本の文化と歴史を守る事もどこかで必要だと感じさせます。

967996919692

96699685こんな風景を残していくために私たちにできることは何があるでしょう?

次回ふるさとウォッチングは狐島です。

9697次回のふるさとウォッチングin安曇野11月25日に行われます。昨日(10日)、メンバーでコース下見を行いました。
舞台は北穂高・狐島。白鳥の飛来地のひとつとして知られていますが、奇しくも安曇野への飛来の第一報がありました。
開催当日も優雅な姿を楽しみにしたいものです。

ところで、当日は松本で山岳フォーラム2012があり「困ったなぁ」と思っているのです。
メインは午後からですのでなんとかやりくりできるでしょうか?

9723964196509695

穂高と明科を結ぶ幹線道路の北側に広がる田園地帯。
車で通過しても歩くことはなかなかないかも知れませんが、見どころは沢山あります。
写真の風景がどこで見られるか?興味ある方は是非ご参加をお待ちしています。

9223

安曇野の秋も一気に深まってきました。
日中は陽射しがあれば暑い時もありますが、朝晩は10℃そこそこ、近所の煙突から煙がのぼる風景が見られる季節となりました。

9235最近はイベントも多くてブログの更新も滞っておりますが、近況はフェイスブックにアップしてます。
しばらくはほとんどの記事を公開レベルにしていますので読むことができると思います。

また山の記事は別宅にアップしています。
最新記事では諸般事情によりコース概況について細かく説明していません。
お尋ねになりたい方はメールあるいはフェイスブックのメッセージでお問い合わせください。

伊那街道小野宿探訪<2012/7/29>

6336 この日は午前中、乗鞍高原で小大野川で行われたあずさ・水と暮らしの楽校協議会主催の「初夏の乗鞍高原でシャワークライミング!!」に参加してきました(別宅記事はこちらから)
朝の乗鞍高原いがやから見た乗鞍岳。この後雲行きが怪しかったですが幸い雨には降られずでした。

6363平成24年度農林水産省「食と地域の交流促進対策交付金<詳細はこちら>」の助成を受けての事業
Img_0001

夏の乗鞍高原の楽しみをもうひとつ発見。

次回は9月2日に鉢盛山へ行く計画。
大雨による登山道崩壊などで唯一登山に許可がいる山で、やまたみ倶楽部でも2回ほど計画しましたが、諸般の事情により中止になった山。
一度は登りたいと思っている山なのでなんとか天気になって欲しいです。

さて、前置きが長くなりました。このあと夕方から塩尻で会議があります。自然探検隊の下見に参加するにも中途半端なので、以前から行きたいと思っていた小野宿に行くことにしました。

6413

6412国道153号線沿い、JRで行くと辰野線・小野駅から訪れることになります。
写真が多くなりますが、じっくりとご覧ください。上の写真の場所は本棟作りの建屋が集まっている場所です。

6414

636763686370

637164156420

64216424_26430

64166417

調べれば歴史的な背景を書いたものはあるのでしょう。こうやって歩くだけではつまらないですね。
さて、今回のお目当ては夏季公開中の小野宿問屋(旧小野家住宅)

63776373

6376

中山道は慶長6(1601)年開かれました。当時のルートは~下諏訪~岡谷~川岸~諏訪峠(小野峠)~シダレグリ~小野~飯沼~牛首峠~桜沢~贄川・奈良井~というルートでしたが、元和2(1616)年廃道となり中山道は~本山~洗馬~塩尻宿~というルートに、塩尻宿から善知鳥(うとう)峠を経て伊那へいたる現在の国道153号線相当が伊那街道と呼ばれるようになりました。
小野家は延宝6(1673)年に伊那街道問屋役として明治8(1970)年に問屋制度が廃止になるまで約200年間問屋役、名主役になったそうです。
現存の建物は安政6(1859)年3月の大火の後再建されたものですが、唯一土蔵だけは大火で焼け残り現在に至っています。

637864106380

63826385_2

6386

石像物(地蔵尊)の写真展も開かれていました。

638763916389

638863906404

2階もあります。中二階もあって物置になっていました。洒落た造りです

639463936395

639763996401

ここで寺子屋も開いたようです。

640064036406

明治初期のガラス、ゆがんだ感じわかりますか?
郵便逓送用篭も展示してありました。

63646431

写真で見るより是非一度ゆっくりと訪れて実物を見てもらいたいものです。
ここは展望の良さで人気の霧訪山の麓でもあります。

安曇野田舎暮らしセミナーを開催しました(2012/6/9)

4167

4146参加者総数37組56名。会場いっぱいの来場者を迎えたNPO信州ふるさとづくり応援団安曇野支部主催の第5回安曇野田舎暮らしセミナー。昨日6/9に無事終了しました。

場所は有楽町駅前、東京交通会館6階のふるさと回帰支援センター。事務所は昨年の場所から移転。同じ銀座エリアですが、駅と直結した便利な場所です。

新幹線、久しぶりだなぁ~。電車がひっきりなしにやってきます。都会の雑踏を見るのは久しぶりです。

414341404142

4144ここは各地の観光案内所が入居していて昔はよく訪れました。

2階に長野県の観光情報センターがあります。奥まった場所で目立つ場所じゃないなぁ~

安曇野市もある日本アルプスエリア。
我が安曇野案内人倶楽部のチラシも置いてありました。

ここには長野県の移住専門相談員の方も常駐しています。

415041494147

受付準備中。東京でもTシャツ1枚のじじと長老。天蚕も農家の人に連れられて都会へやってきました。
来場の皆さんも興味津々。蚕はそんなこととはお構いなくむしゃむしゃ葉っぱを食べていました。

415641594162

セミナーのスタート。長野県東京事務所、NPOの理事長の挨拶から始まり、市の担当と進みます。
今回はabn(長野朝日放送(5チャンネル))の取材が入りました。9月に放送されるそうですので近くになったらまたご案内しますね。
ちなみに自遊人登場の移住者の体験談も取材してましたが、きっとカットだな。

417441764180

休憩をはさんで不動産の説明、最後は個別相談。盛況でした。

この中から多くの方が安曇野の仲間となることを期待して安曇野へ。
行きは順調な道中。帰りは事故渋滞にはまって予定より1時間多くかかって穂高帰着。
運転手さん他皆様 お疲れさまでした。

県政タウンミーティングに参加しました(2012・6・6)

3987

3986先ほどまで松本・あがたの森文化会館を会場に行われた「形成タウンミーティング」に参加してきました。

テーマは「新たな総合5カ年計画「20年後の長野県を考える」」
サブテーマとして健康長寿、産業、暮らしの3つに分かれ、ワールド・カフェという形でグループ討議を行いました。

阿部県知事さんもグループ討議に参加されました。

3990

涸沢ヒュッテの山口社長と同じグループでした。県の観光部ブランド推進室の人も同じグループで、すっかり山岳観光で話題が盛り上がりました。
知事がいるのでついでに事業仕分けのトイレや救助費用のお願い。
知事からは「山の日」制定へ向けての取り組みの話がありましたよ。

約2時間の会議時間はあっと言う間。もう少し長ければよかったなぁ。
一緒に参加されたみけさんの記事はこちら

39603981

会場となったあがたの森公園は先日クラフトフェアがあった場所です。
近くには高校があります。女子高生が通るたびにフレッシュな香りが~heart04

NPO法人信州ふるさとづくり応援団安曇野支部総会と懇親会

2781昨夜は NPO法人信州ふるさとづくり応援団安曇野支部の総会と懇親会が行われました。
会場は「北海道旨市場 咲か藏」・・・ありゃ?外観の写真取り忘れたな。国道147号沿いの豊科北新田のアルピコボウルの前、隣は蔦やです。

今年度から新しく会員が2名増えました。
地域づくりにますます多彩なメンバーが増えました。
総会の後は支部会議。
6月9日のふるさとセミナー。行政の窓口が変わりましたので、これを機会に費用も行政主体で面倒見てもらいたいです。(隣の松本市は市が熱心です)
そして次回の「ふるさとウォッチング」、7/1に明科で開催することにほぼ決定。
歩く場所の選定、下見が忙しそうです。

27842789

さて、会議の後は懇親会。
用事で泣く泣く帰られる人、仕事の都合で懇親会にようやく間に合う人と今夜も盛況。

うわ~蟹蟹~。懇親会に蟹は珍しいなぁ。でも普通は静かになると言われる蟹もなんのその、語りの熱が冷めないのがこのメンバーのすごいところです。あるを飲み食べつくす・・・

27922793

27942次会。
JackDanielsなんて久しぶりだなぁ~。
ちなみにこれ2本目、1本目はWhitehorse。

車の方もおられるので一体何人であけたのでしょう?

恐るべきウワバミ集団 
でもこれが活力の源です。

ねけねこさんのレポはこちら。遠路レイク号で送り届けていただきありがとう。

より以前の記事一覧

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト