春の野山に咲くお花たち<2015春>

安曇野の春は一気にやってきます。今年は特に日ごとに咲く花の数が増えていきました。

112

光城山に咲くフデリンドウ。今年は桜が早く終わってしまいましたが、こんな足元の小さな花が目を楽しませてくれました。

23

センボンヤリ(左)とイカリソウ(右)

442

ジュウニヒトエも頂上付近で多く見られました。

5

今年はミツバツツジも4月中に長峰山で多く見られました。

66_2

キジムシロだと思います。黄色いこの手の花は区別がつきにくいです。

7

4月27日、ツアー最終ではヒトリシズカも見られました。5月4日の小曽部でも多く咲いていました。例年ですと5月連休明けからです。

88_2

ここからは5月4日の塩尻・小曽部で撮影。アケビの雌花(左)と雄花(右)です。

916

ムラサキケマン(左)とヤマエンゴサク(右)。雰囲気は似ています。いずれもケシ科です。

1011

カキドオシ(左)とヤマブキ(右)

12_3

ミツバツチグリ

15152

チゴユリ

1314

ウワミズザクラ(左)とカスミザクラ(右)

暖かくなるとお花探しの旅も良いものです。

安曇野の春の風景

12

安曇野の桜のビューポイントはいくつかありますが、ここ常念道祖神は外せないビューポイントのひとつです。

7154

撮影に出かけたこの日(2015/4/12)は里に濃霧が発生しました。
うっすらバックに浮かび上がる残雪の常念岳。
桜と幻想的なコラボが見られ多くの方が来られていました。

09撮影ポイントの多くは私有地です。
自宅の庭に勝手に他人が入ってきて気分がよいはずありません。

回りの畑や田んぼには立ち入らないでください。
特に三脚を立てての占有はもってのほかです。
畦もなるべく崩さないように、静かに歩いてください。

立ち入り禁止とならないよう、解放してくださっている土地の所有者に感謝しつつ、桜の花を楽しみましょう。

安曇野の春(2015/4/9)

11

前日(4/8)は寒の戻りで積雪するほど寒かった松本平も、暖かさが戻りました。
そして、我が家のソメイヨシノも開花しました。
20℃以上の日も続きましたからね。どこも1週間以上早いです。

1415

田淵行男記念館の百楽桜も見頃です。

16

桜の名所、光城山の桜はこれからですが、登山口の早い一本はすでに見頃です。
この光城山は、現在、桜の植え替えが進められています。

13

菜の花も咲き始めました。

12

爺ヶ岳の種まき爺さんの雪形も見えてきました。

本格的な春の訪れを迎えた安曇野ですが、天候不順な日々が続いています。

安曇野2014春百景

49883715

本宅の更新はすっかり久しぶりになりました。思い返すと2月は安曇野も記録的な大雪に見舞われ、その影響は農業などにいまだに続いています。

48043705

その後は雪の降った去年の4月と比較して寒の戻りも少なく、春は一気に進んでいます。

50864808

降水量も少なく、山の雪も場所によって差があるものの、小屋開けの始まった北アルプスでは例年よりかなり少ないようです。

写真の山麓、小岩岳城址や有明の桜も一気に開花が進んでいます。
雨の日は寒く感じますが、晴れた日は夏日一歩手前のような陽気もあります。もっとも日中は半袖でも朝晩はストーブが欲しくなるほど冷えるのが信州の春です。

51465149

51565162

5167_24月20日現在、場所によってソメイヨシノはすでに散り始めています。

週末に満開を迎えた場所も多く、松本城も多くの人が夜桜見物に繰り出していました。
信州の夜桜見物は寒いことが多いですが、それでも今年は比較的過ごしやすかったのではないかと思います。

三郷小倉の枝垂れ桜や池田陸郷の山桜はGW前には見頃となります。

信州は標高差、緯度の違いによって長く桜が楽しめます。
里が終わっても標高を少し稼ぐだけで見頃の桜を楽しむことができます。

_

37443736

去年はさっぱりだった光城山の桜、今年は昇り龍の様子を楽しむことができました。

信州・松本平の春

7377

73727374

昨夕(2013/4/.2)、松本であった会議の始まる前に松本城の桜を見てきました。
あいにく降り出した雨、日中であればもっと綺麗な様子をお届けできたでしょうが残念です。

73687365

里では梅や桃、杏の花が同時に見られ、里山ではダンコウバイやアブラチャンといった黄色い花がまだ色の少ない山を彩っています。

7370

72577259

雪による被害が多く伝えられた冬から一気に初夏を思わせる陽気が続いたこともあり、山の雪解けは例年以上に早いようです。雪形も1ヶ月くらい速いペースで見えています。
でも今日は標高の高い山では新雪が相当積もっている様子です。山はまだまだ冬ですから、暖かいと思って油断していると痛い目に遭います。

安曇野の 赤蕎麦の花 例大祭

8964

蕎麦の花は普通は白ですが、赤いそばの花があります。

8968

花期は9月末から10月初旬。収穫量が白い花のものより劣るそうですが、紅白入り乱れる感じが素敵です。

8965

今日は知り合いの誕生日。甘い蜜を吸いに来ないですかね。

8957

朝の穂高神社。巫女さんが掃除しています。

89588960

秋の例大祭。御船祭り。
穂高神社は9月26、27日です。   

この花はなんだろう?

14391440

標高1700m位の所で咲いていました。雰囲気的にはラン。とっても小さいです。
誰か教えてちょ

この花が咲いていたのは権兵衛峠から駒ヶ岳への登山道沿い。
別宅記事、ジャンボカラマツ(権兵衛峠から将棊頭山・駒ヶ岳への道)もご覧ください。
こちらから飛びます

バイカモの花が咲いてるよ(2012/7/26)

1382

カモとバイカモを狙いましたが、人の心鴨知らず。構図を狙っていたらガーガー言って飛び去ってしまいました。(上の方白く見えるのがバイカモの花です)

13861388

水中にある花はピント合わせが難しいので水面に出ているのでお茶濁しましたcoldsweats01sweat01

   <おまけ>

14081407

1410とある場所にある墓地のお御堂。

禁葷酒(きんくんしゅ)とあり、沢山の石像がありました。
でも製作時期はバラバラでした。ここに集められたのかな?
集頭大士??って戒名?そういう僧??

修行中は精力のつくものやお酒は御法度。
こんな石碑や石像集めなくてはならないほど誘惑が多かったのでしょうかheart01bottle

別宅に浅川山自然観察会の下見で見かけた花をアップしてます。(こちら

爽やかな朝

「今朝は爽やかな朝だな」と思ってライブカメラで北アルプス方面を見てみましたが、山は見えませんでした。
昨夜は激しいにわか雨の降った場所もあったようですが、我が家辺りは静かなもんでした。

1119

山の別宅、花の写真をアップしてます。(こちらから最新記事へ

1168写真のシラネアオイ。白馬大雪渓で撮影しました。

すでにfacebookにアップしてますが、赤丸の人の少し下に雪渓の融けた場所が口を開いています。
コースによってはこういう場所を通らざるをえない時もありますが、左の茂みの中に正規ルートはあり夏道も出ています。

雪が出てきたのでアイゼンを着用し、また外すのが面倒なのでそのまま雪の上を歩いているのかも知れませんが、このようにコース外を歩いている人が多くいました。
残雪は上と下から融けます。岩や口を開けた場所から融けますのでこのような場所は大変危険です。行方不明の人も多くいます。
雪渓歩きを楽しみにしている人も多いかと思いますが、周囲に気をつけて快適に楽しみましょう。

ミヤマカラスアゲハ

05930595

ミヤマカラスアゲハ (OR カラスアゲハ)

優雅にそして時に怪しげに輝きながら飛ぶ姿はとても美しいです。

0606

そろそろ梅雨入りの声が聞こえてくる季節。
山の稜線を高山植物が彩る季節となります。

より以前の記事一覧

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト