白馬の昼食

今朝は雨が降っています。

Race白馬では昨日、今日とリーゼンスラローム大会が開かれています。八方も麓は雨のようですが、大会は開かれているのでしょうか?大会はその名の通り、リーゼンスラロームコースで開かれていますが、下部の雪質が悪いので最後の急斜面が短縮されていました。

Cobuさて、何かとセット券で滑ることが多いので、昼食はゲレンデのレストランでとりますが、いつも行くのが、この黒菱下のカフェテリア。

Curryしかも食べるのは辛~いマサラカレーsign03 ふたりとも辛いのが好きなので、さらにタバスコプラスします。お気に入りはクリームコロッケのトッピングです(セット券だと単品ではマイナスなので\100追加したセットにしてるだけcoldsweats01)

でもいつもはまあまあの辛さなのが、4日の日はエラく劇辛で唇ピリピリ、口の中は溶鉱炉のようでしたsweat01

44日の白馬は午後から一寸先も見えない濃霧で下山に苦労した上、結局下の方で滑らざるを得ませんでした。白馬三山は本当に一瞬見えただけです。

5桜開花予想の話題が聞かれるようになりましたが、今月は下旬に「湘南グルメと鎌倉お寺巡り・鎌倉アルプス散策」を企画しています。

来年度は登山ガイドを目指してハードな登山を計画しています。リスクを考えるとガイドになるのが良いのかわかりません。でも楽しく登るにも勉強と体力作りは必要ですね。

今シーズン最後の白馬での滑り

たぶん今回が本当に最後の白馬スキー&スノボでしょう。

001002003004昨日4日の午後は、一寸先も見えない霧に悩まされましたが、今日は抜けるような晴天に恵まれ、よい滑り締めくくり日和でした。

白馬の友は帰って行きました-1

01翌朝(26日)、起きてみると安曇野は霧雨。白馬のリゾートホテルに泊まっているvirgovirgoと合流のためゴンドラ駅へ。白馬は細かい雪

02宿泊パック券は安いですが、レンタルボードもパックのは安い。京都のvirgoはボードレンタルしましたが、1回で使えるボードが出てきませんでした。(金具が駄目な道具貸すなよ)食事、部屋はまあまあだったようです。

まずはゴンドラでウサギ平へ。時折雪混じりのガスで視界不良。道具は昨日と左右代えたので慣れるにはやはり咲花が良いということで、この後滑りながら下山。

003岩岳が見えます。

04咲花ゲレンデ。なだらかで人が少ないので初心者の練習には良いです。天気も麓は良いです。

05中々進むのも一苦労

06でも少しづつ慣れてきました。

07板を下に向けるのもだいぶ慣れてきたので、ターンも少しづつ上手くなっていきます。

08でも中々板に乗り込めないのでリフトから降りるのは一苦労。

09楽しい時間もあっと言う間に過ぎ、ボードのレンタル期限が迫ってきましたので、一旦兎平まで登ってリーゼンスラロームコースからゴンドラステーションへ。

10なんとか中段まで下りて一休み。平日の夕方は人も少ないのでフォローすれば初心者でも下りられます。でもスピードにも慣れてきました。

11白いニット帽が似合うかわいいvirgoです。八方第一ペア沿いを下りきればゴンドラ駅まであと一息。

自遊人は車を名木山に止めているのでここで一旦分かれて、再びホテル前に集合しました。

12関西方面の夜行バス出発までまだ時間がありますので、塩辛い茶色の倉下の湯で一汗流した後、白馬駅前のピザ屋さんで夕食。チーズの少ないオーガニックなピザで値段もリーズナブルです。

食事後八方BTから関西行きのバスでvirgoは帰って行きました。バスは安いので満員。でも遠いですね。お金が貯まったら海外留学するのでもう白馬に来ることはないかもと話していました。せっかくの雄大な景色を見せてあげられなくて残念。

この後、残った相棒のvirgoと帰宅したのでした。<続く>

白馬の友

001昨日はいつもの相棒virgoの友達で京都から夜行バスで来たvirgoと八方です。天気はあいにくの雨。上に行っても雨と霧

002天気が良ければ勝手に滑ってるつもりでしたが、悪いのでつきそってました。京都のvirgoはさらに2歳下。歌って踊れる元気な仲居さんです。踊りで留学が目標だそうです。スノボは初心者です。

003今日は景色が見れるかな?

白馬八方No.?

01すっかりおなじみの景色。白馬八方スキー場、ゲレンデトップからの白馬三山です。"散々"滑ったので何回目か忘れちゃったよcoldsweats01

02五竜と鹿島槍。朝のうちはなんとか天気がもつと踏んで出かけました。予想通りバッチリcamera

03でもさすがに八ヶ岳や南アルプスは見えませんな。下のほうに47のゲレンデが見えてます。まもなくすると、スノボのvirgoからmailto。「茅野はsnowだけど白馬はsnowかな?」→「sunだよ~」

嫌がらせおやじの返信にvirgoの返答無し。夕方houseにやってくるので反応見てみよう~と。明日、明後日は一緒に滑りますが天気はcrying

04枝の雪が復活しました。

05たなびく雲とともに天候は悪化の一途をたどり1時間後には雪降りsnowとなりました。左端の建物は愛用のカレー屋さんです。

急な斜面に見えますが、ここはレッスンに良いバーンで講習がいつも行われています。

snowですが、あられに近く、さほど麓では積もりません。例によってウサギ平付近は視界が悪くなったので、お昼後は麓に避難。でもリフト開始から午前中に沢山滑ったので3時には帰路につきました。

スノボvirgoから到着時刻のmailtoが来ました。お迎えに行かねば・・・

かんぱの宿ロッジ自遊 ・・・ 赤字経営です。手みやげpresentheartが欲しい(後者は今回はちょっと罪ですな) ・・・世の中ままなりません。

やはり相棒は必要だ<栂池高原スキー場>

note 遊んでばかりでごめんなさい coldsweats01scissors

0111日は何年かぶりのカラオケに行きました。お昼を近所のぶたのしっぽで食べた後、延々4時間歌いっぱなし。その後自宅で今年3度目の鍋パーティ。今回は日本酒bottleもいろいろ味わいました。

03次の日の朝、昨夕から降り出した雪が予想以上に積もっていました。春の雪ですが、朝は冷え込みで凍っていました。

02_2ひとりは真面目に仕事へ。遊び人のふたりは遊びへと向かったのでした。今回の遊び場は栂池高原スキー場。

04今シーズンは「アダム」「ノア」「イブ」と白馬3ゴンドラを制覇しました~scissors

05鹿島槍が遠くなりました。ここ栂池は小谷村。海が近くなってきました。とても広~いゲレンデですが、ほとんどが緩斜面。中斜面少々とコブ斜一箇所ののびのびゲレンデです。

06こんなのんびりゲレンデでは飽きてしまいそうですが、今日は相棒のvirgoがいます。

07前回後、お互い地元でひとりで滑ってたのですが、雪質の悪さもあって気持ちはdownsadvirgoの気持ちは6月予定しているダイブマスターwaveの資格取得にと向かっていたのでした。

08でも前夜の新雪と綺麗な景色でvirgoの気持ちは、再びsnowsnowboardに戻ってきました。

09やる気復活

10でもバックカントリーコースからの滑りは深雪に阻まれ

11「ひょぇ~」悪戦苦闘

12ようやく人の滑った跡まではい出てきました。「参ったぁ~bearing

13時間はあっという間に過ぎて、お腹も空いてきたので、レストハウス「Eden」へ。窓の外に大きな池が見えます。

14夕方までいろんな雪質を楽しんで滑り続け、virgoは家へ帰っていきました。

将来はwaveのそばでの暮らしも考えているvirgoですが、お互いfujisnowboardskiに必要な"相棒"です。

白馬八方事前情報(白馬八方No.4)

001002週間予報ではrainの予報でした。南岸低気圧で影響は予想以上に少なく、昨夜は月夜でした。ただ、一時的に冬型になるとの予報通り、雪雲が迫っていて、鹿島槍・五竜、白馬三山は雲に隠れがち、お昼過ぎにはゲレンデまで雪雲はやってきました。でも湿った雪、しかも強い降りは兎平付近まででゲレンデ下部は舞う程度です。

003名木山第3トリプルからリーゼンクワッドへの斜面の13時頃の状態。ほとんど春スキー状態です。ここは1本目の降り場、リーゼンスラロームの長いバーンの終点と人が集まるのでだいたい積雪量は少ないのですが、土だらけです。

004ゲレンデ最上部リーゼングラートの出だしの片斜面です。景色が良いのですが、この後のきつい斜度も若干片斜なのでいつも辛いです。

005隣の五竜&47の47側と麓の町。遠くには八ヶ岳と南アルプスが見えていました。一見すると麓にも雪があるように見えますが、非常に少ないです。去年の3月末より少ないかも。

006岩岳方面。ゲレンデトップは緩斜面が広がっていて初心者も雄大な風景を楽しめますが、標高が低いので雪質はよくありません。

007枝の上はもちろん、根回り穴もすっかり春です。さすがにふきのとうは見つけられず。でもよく探すと芽が出ているかも知れません。

8日、八子ヶ峰を歩いている時は風を感じませんでしたが、北アルプスは風が強かったようです。乗鞍高原も視界が悪くて事故があったし、ここ八方でも脱索するほどの暴風だったそうです。でも雪はあまり降らず飛ばされる一方だったとか・・・。

今回の八方は初めてsnowboardvirgo無しで盛り上がりにかける滑りでした。仕事も遊びも相棒は必要ですね。

スキー場ピンチ!(白馬岩岳-1)

001今日は栂池とどちらにしようと迷った末、白馬岩岳スキー場に行きました。写真はゲレンデトップから。白馬村が正面に、白馬八方が右手に見えます。今日も八ヶ岳、南アルプスとよく見えますが、さすがに遠いです。

002_2北信の山もよく見えます。全体に標高差は少ないですが、特にゲレンデトップはだだっ広いです。

003昨日歩いた尾根もよく見えます。

004白馬三山がより迫って見えます。眺望は良いです。

005ゴンドラから。奥行きは結構あるり山越え谷越え進んでいきます。この日は2/2~開かれる全国高校スキー大会のため一番面白そうなカモシカコースが閉鎖されていました。

緩斜面から中斜面主体で、やはり八方を滑るとコンパクトです。ゲレンデが広いので練習には良さそう。学校のスキー教室の生徒さんが来ていました。

問題は今年の少雪とこの気温です。これは岩岳に限らず八方でも兎平より下部は同じなのですが、春雪のような状態です。ピステンがならした朝はまだ良いですが、日中はザラザラ。ならしていない場所はガリガリです。周りの木々も春に見られる"根回り穴"やゲレンデベースは土も出ている箇所があります。

今日などはスキー手袋も薄手で十分。まさに春スキー状態でした。

明日からも雨で気温の高い予報です。今後まとまった雪が降らない限り、ゲレンデ下部はどうしようもありません。

ヤナバスキー場

01「短いスキーが欲しい」と書いたところ、アスリートの米さんから「あるよ~」と、送ってくれました。

早速試走してみるため\1000/日(ナイターも\1000)のヤナバスキー場へ行ってきました。大糸線最高地点にあるヤナバスキー場前駅から歩いていけるスキー場。関東地区でいえば新潟の中里スキー場みたいな規模のスキー場です。

02オープン前のゲレンデ下部。なだらかです。

03ゲレンデトップから白馬方面。午前中はまだ陽射しがありましたが、天気は下り坂です。眼下に仁科三湖のひとつ、青木湖が広がります。景色はいいですが、メインゲレンデはこの1本です。

04爺ヶ岳と鹿島槍がよく見えます。写真左へは唯一とも言える中斜面です。誰かが立てたポールがあったので勝手に滑りました。

05鹿島槍から中央に五龍、右端に白馬三山の白馬鑓が見えてますね。ここからまっすぐは唯一圧雪していないバーンです。

お昼過ぎに「ゲレンデ整備で圧雪車がはいります」と放送がありました。やって来たのは圧雪"車"ではなくスコップを持った圧雪"者"(ボーダー)でしたcoldsweats01

硬いゲレンデですが、よく整備されています。スキーヤーski、ボーダーsnowboard初心者の練習、のんびりビデオ撮影に良さそうです。(実際ボーダーはそんな人が多く見られました)。またなんとドッグランがあります(通年)。レストラン(といっても一箇所しかないが)にもペット同伴席がありますdogheart

都心から近ければ\1000でも経営が成り立つかもしれませんが、地元だけでは苦しいかも。trainに大きなdogも乗れないしrvcarもねぇ。ゲレンデのもつ資質からしてアイデアは良いと思いますが、集客方法の良いアイデアが欲しいですね。(例えばペット同伴のスキー場としてツアーを組むとか)

スキー・白馬八方 No.2 (1月14日)

01_2今シーズン2回目の白馬八方。前日までの冬型が崩れ、午前中は風も弱く、スキー日和となりました。鹿島槍、五竜がよく見えてます。

02八方山荘までのリフトはまだ動いていません。登る人が結構いました。

03白馬三山も綺麗に見えています。

04今日も遠く八ヶ岳とか見えていました。

05北信の山も綺麗に見えてます

06昨日風が強かったせいか、樹氷も綺麗です。

07お昼頃から中腹に雲が出るようになってきました。

08お昼の黒菱。カフェテリア黒菱からの眺め。ここはカレーが美味しいです。前回よりかなり木が隠れました。

午後は一時雪も舞ったり、夕方からは風も強くなりましたが、前日のうっぷんをはらすように沢山滑ったので、くたびれました。

今日は美ヶ原へ登ってきます。

より以前の記事一覧

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト