今日の「おひさま」ロケセット( 2012・1・20 )

0171

毎日雪の写真ばかりなのですが、今日は安曇野でも大雪となりましたので、おひさまのロケセットを見てきました。でも滑りやすいので立入禁止にしていました。
まあ、地元民ですし観光客の手前もあるので遠目で見ることにしました。

もっとも松本の方がもっと積もっており、一時20cm超の積雪を観測しました。
信州で言う「カミ雪」というもので南岸低気圧が通った時に降る雪は、松本平の南の方が多く降ります。

0170

写真じゃ今朝アップした白馬の雪と変わりませんが、いわゆる冬型で寒気の吹き出しによって降る雪は軽いのですが、この雪は湿気を含んで重いのです。
スタッドレスタイヤが苦手とする雪でスリップしやすいので運転は気を使います。

0160

大庄屋・山口家も雪に埋もれて冬の眠りについています。

01620164

午後になって雪も上がって明るくなってきました。
でもしばらく天気は悪い予報、明後日はリゾートビューで方言劇です。

01570173

朝起きた時はいくらも降ってなかったのに、明るくなったらバサバサ積もり始め(左)お昼すぎには右写真の感じ。   

岳 -ガク- 観てきたよ

4

また、山においでよ。ってなわけで、見に行ってきました。
内容は・・・是非、映画館へ。

2

3松本・高宮中にあるシネマライツ8。

町の中心街に昔からあった映画館に代わり、こうした駐車スペースの広い郊外型映画館が増えるのも、車社会の地方では仕方ないことでしょうか。

1すぐ隣にイトーヨーカドー。
前をはしる国道19号線はいつも混んでいるのですが、買い物時間帯はこのヨーカドーにはいる車でさらに渋滞が激しくなります。

松本市内よりJR篠ノ井線沿いのこのあたりは大きなお店が沢山あります。
そのおかげで、こうして地面近くにいると山が見えませんので、松本にいる感じがしません。住むには便利ですけどね。

5

映画館の中にはこんな展示もしてありました。
今日はメンズデーで¥1000。でも子供からお年寄りまで、結構一杯人がいました。
平日の日中、みんな何し生活してるんだろう・・・って、おいらもかcoldsweats01
レイトショーもあるので夜中まで映画が楽しめます。

6

ついでに近所を探検。お稲荷さんがありました。

スクリーンで観る映画はやっぱりいいですね。
所詮は映画。でも単発漫画の原作を比較的よくまとめていましたし、雄大な雪山風景は迫力があっていいですね。

それにしても、どうしても映像から山の名前を追ってしまうのは悲しいなぁ。

「銀色のシーズン」試写会行ってきました

Ginniro試写会の券が手に入ったので、松本エンギザに見に行ってきました。地方都市の映画館は久しぶりです。

1/12公開なので内容についてのコメントは避けますが、ネットの新聞記事はこんなものです。
 「LIMIT OF LOVE 海猿」を大ヒットに導いた羽住英一郎監督が、舞台を海から雪山に移した青春ドラマの意欲作。

 モーグルが盛んな桃山町で、町おこしをしようと企画した雪上結婚式。新郎新婦がスキーで滑り降りる挙式にあこがれ、町にやってきた花嫁の綾瀬七海(田中麗奈)は、やりたい放題の無鉄砲な若者3人組「雪猿」と出会う。そのリーダー、城山銀(瑛太)は3日後に迫る七海の挙式をかなえるため、スキーのできない七海に特訓を始める。七海と銀の2人は特訓を通じて、しだいに心を通わせるように。荒くれ者に見えて、どこか心に影のある銀、心が揺れるヒロインの七海…。米画「スパイダーマン」にも使用された特殊カメラを導入。アクロバティックな雪上シーンを生んでいる。

0102

アサヒ スーパードライ プレゼンツなんでおみやげに缶ビールの1本でもくれるかなと思ったけど、さすがに映画のパンフとか八方の割引券でした。しかしせっかく貰ったので1回は行かねばです。もらった映画のパンフ。スキャナーがないんでうまくいかないな。

昨年、地元のエキストラ募集を盛んに行っていたのでエキストラとして参加した方も多いと思います。中々映画の撮影を目の前で見る機会は少ないので貴重な体験ですね。

公式ホームページ: http://www.g-season.jp/
に舞台となった八方尾根のロケ地マップがあります。行かれるかたは是非参考にされてはいかがでしょう。

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト