« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

上波田の御柱と景観(松本市)-その1

Img_0006_2

御柱と言うと、諏訪を思い浮かべる人も多いかと思いますが、松本平では正月行事として「道祖神」「三九郎(どんど焼き)」等とあわせてお祭りされます。
今回は旧波田町の西側(上高地寄り)に位置する上波田地区を歩いたので、記録としてとどめておきたいと思います。

2上波田は上丁、中丁、下丁と3本の御柱が建てられています。

新聞記事に「集落毎」とありますが、歩いてみた感じでは波多神社(昔は波田ではなく波多と書いたようです)の参道沿いのひとつの集落といった感じです。

1

3その波多神社の入口に建つのが上丁の御柱、新聞記事のものですね。

三九郎(どんど焼き)もそうですが、正月行事は子供達が活躍する場でもあったようです。
今では危ないと、なかなか使わせてもらえませんが、昔は子供達だけで鋸やナタで木や竹を切って、組み立てるのが当たり前でした。子供の頃から道具に触れることで、自然と体で覚えていきましたが、今は大学生になっても使えない人が多いですね。

146

参道は石張りの道路になっています。暗渠で下は水路になっているようです。
両側には立派な民家が建ち並ぶ感じのよい場所ですが、新しい住宅に建て替えられているところもあります。

45

中丁の御柱です。安曇野の御柱は道祖神様の近くに建てられることが多いですが、ここは何もないようにみえる場所に建っています。境なのかな?

78

安曇野に来て驚いたんですが、家と並んでカーポートが立派なことです。
積雪量は多くないものの、寒さが厳しく凍りつくことや時雨が多いことから、昔なら屋敷の中に馬小屋があったように、多目的に使えるスペースを作るのでしょうかね。

1011

最後は下丁。この写真の反対側は普通の田園が広がっています。

912

今回、松本市役所波田支所から歩いて回りました。
昔の町並みは梓川の段丘の上に広がっていますので、最初そこまで登らなくてはなりません。周遊する元気のない人は、一旦、松本電鉄でひとつ先の渕東まで乗り、そこから波多神社へと行かれると往復しないですみます。














2015年もよろしくお願いします

5538e

2015/01/05朝の安曇野。多くはないですが昨夜も雪が降りました。今シーズンはよく降ります。

5522e5530e

5521e_2

今年もボチボチやってます。

5532e_2

今年もよろしくお願いします。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト