« 2013年12月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年1月

第2回おみの星空キャンドルまつり <2014/1/25>

3296安曇野・明科から長野方面へ行く途中に麻績村という村があります。

写真はこの麻績村から長野市大岡地区(先日アップした芦ノ尻道祖神がある所)に向かう途中、シェーンガルデンおみから見た北アルプス。
写真中央の常念岳はずいぶん雰囲気が違います。後ろの穂高連峰も一部頭が見えてます。

今回は、シェーンガルデンおみの庭園を会場に行われた「第2回おみの星空キャンドルまつり」のレポートです。

3304

3308a3310a3311a

村長さんの点灯式を合図に参加者も一緒に会場の灯りに点灯していきます。

3313

ろうそく、キャンドルランタン、LEDライト・・・いろいろな灯りが用意されていました。
和紙を使った作品もあり、安全面を配慮しての配置のようです。運用はなかなか大変なようですが、小学生以下の子供でもうまくサポートしてあげれば参加できますね。

149314961495_2

子供たちでワイワイ言いながらつけてました。こんぼこ背負ったお母さんと姉妹かな?

3319b3322b3336b3342

ほぼ点灯が終わった所で花火が上がります。(写真はクリックすると大きくなります)
ヒュルヒュル系の最後にド~ン一発。最後の一発間に合わなかった・・・bearing

3368a3352a3354a

小高い場所に鐘があります。カップルじゃないけど叩いてきましたよgood
写真は少し明るさを調整しましたが、実際はもう少し暗いです。
でも階段だとわかる配慮はされていました。

1479e3362

アイスキャンドルの灯火が心に響きます。

1480e3380

和紙のキャンドルはやわらかい光を放っています。

33713373

和とモダンの共演が会場へと人を導きます。

1478e3382

氷のプレートに挟み込まれた夢がキャンドルの灯りに浮かび上がります。

3405

33903400

シンセサイザーの生演奏をバックに無数のキャンドルがやさしい光を放っています。

3369

支援金を受けられるのは3年間。
このイベントを継続していくには、協賛などによる資金的援助や関わるスタッフなど様々なハードルがあるでしょう。
都会と比べると集客では圧倒的に不利ですが、地域の活性化と観光につながっていくとよいですね。

             *** おまけ ***
1483e1484e

和紙で作られたランタン。このアイデアは応用できそう

晴れた冬の安曇野 < 2014/1/14 >

3187e

安曇野は雪国ではないので、西山の山麓を除けば積雪はほとんどありません。
特に、大王わさび農場のある南穂高あたりは、地下水位も高くその効果かわかりませんが、南岸低気圧による大雪以外では積もってもすぐ融けてしまいます。

3189e3190e

稜線の山小屋が見えます。
槍穂高連峰で雪を落としてしまうし稜線にありますから雪に完全に埋もれてしまうことはありません。でも強い西風に常にさらされています。

8174e

この日は最低気温は今シーズン一番低い氷点下11℃以下を記録、日中も氷点下の真冬日の一日でしたが、風が弱く日だまりでは暖かさを感じました。

美術館などの中には冬もオープンしている所があります。
ゆっくり訪れるには冬がお勧めです。










芦ノ尻道祖神祭り < 2014/1/7 ・ 長野市大岡 >

2805a2828a

0001_2正月の注連飾りを使って神面装飾される道祖神がある、長野市大岡(旧大岡村)の芦ノ尻道祖神

麻績(おみ)村との村境近くに置かれるこの道祖神が建立されたのは明治元年のことのようです。

正月の七日、芦ノ尻では家々から松飾りの注連縄(しめなわ)、オオヤス、コヤスを運び、道祖神の石碑に飾りつける。
目、鼻、口、眉毛、口髭、顎髭、冠を形作り、威厳を持たせたい願いをこめた神面とする。
御神酒樽、三つ重ねの酒杯、肴(鯛)もつくりお供えする。

道祖神は集落に悪霊、疫病などの災いが入り込まないようにと、集落の境などに造られる。

2829a芦ノ尻では15歳になると道祖神祭りの時に集落の行事に親に変わって参加できるようになる。仲間入りするしきたりとしてお酒を一升持たされて参加した。

一年間の守護役をつとめた神面は、夜のどんど焼きの人ともに自然に帰る。

長野オリンピックの開会式のセレモニーに参加したことですっかり有名になったこの道祖神のお祭りを見てきました。

2842a2845a2848a

2851a古い装飾の道祖神に拝礼した後、あっという間に取り外されて石碑が姿を現しました。

ここの道祖神は文字碑です。写真右手に小さな双体道祖神があります。神面ではないですが、こちらも綺麗に装飾されていました。

古いのが外されると、いよいよ新しい装飾を始めます。

2850a2854a2857a

2860a2863a2864a

リーダーの人から分担が発表され、それぞれ作業に入ります。

2866a2867a2873a

2879a_22886a2885a_2

古い松飾りからパーツが外されていきます。遅れて参加の子供たちも手伝います。

2893a2903a2914a

2915a2918a2937a

男衆は飾りを組み立てていく。近くで女衆が豚汁やお茶のサービスをしていました。
女の子達も松をどんど焼きの場所に運んでいました。

2958a2939a2956a

2940a2945a2947a

口→髭→鼻→目→眉と下から作り上げられていきます。

遠くから見て指示する人がいて、そのたびに修正されていきます。

どんど焼きは松と竹を組み合わせて作られていましたよ。

2967a2972a2974a

2970a_22978a2980a

北アルプスの展望が素晴らしい場所にある芦ノ尻道祖神。
装飾されていく多くのお客さんもじっと見守っています。
集まってきた子供達は豚汁食べたりしながら遊んでました。

2987a2989a3000a

傍らの小さい双体像の装飾は新しいものに作り替えられました。
祠のような形がちょうど屋根のように見えます。

そしていよいよ神面道祖神は冠の部分が作り上げられていきます。

3013a3025a3031a

3039a3047a3003a

最後の微調整は結構念入りでした。
元々同じ大きさのものではないですから、バランスは難しいですね。

それでも1時間半ほどで全ての装飾が終わりました。
その後、記念撮影やお茶菓子が振る舞われました。
どんど焼きには子供達が書いた書き初めも奉納されていました。

1071209aどんど焼きは18時から。
夜に会議もあったので見られませんでしたが、この日はNBS長野放送が取材に入っていました。

オリンピックの頃は43戸ほどあった家も、今は33戸。
このような道祖神祭りをするのも容易ではないそうです。

報道では「伝統を守っていきたい」とありました。
でも、「有名になって見に来る人がいるから続けている。大きな松飾りも今は祭り用に準備しないといけない」と話されていた長老の言葉が心に響きます。

募金箱を置いたら盗まれたという時代。
子供の数も年々少なくなっていきます。
伝統を守るのは大切ですが、現実は厳しいものがあります。

2808e2814e

こんな芦ノ尻道祖神の場所はこちらです。訪れる際、狭い集落の道路ではゆっくり走りましょう。

大きな地図で見る

RSSフィードの受信登録について

1いつも自遊人「安曇野の光と風」「安曇野の光と風・山の別宅」をご覧いただきありがとうございます。

最近は日々の出来事はFacebookのほうが軽いので、ブログの更新がランダムになっています。

RSS1.0 あるいは RSS2.0 , atomなどフィードの受信登録をしていただければ、新着記事や更新情報が自動的にコンピューターにダウンロードされて、Internet Explorer や他のプログラム(Windows Live Mail等)で表示することができます。

是非、受信登録していただくようにお願いします。

今年もよろしくお願いします

9142558

写真は全然関係ないですが、馬が写ってる写真なのでhappy01

311068今年もボチボチ更新していきますのでよろしくお願いします。

Facebookやってる方はこちらもご覧ください。
“自遊人”で検索していただいてもヒットします。

「瓢箪から駒」みたいな話はないですかねぇ

安曇野の案内、北アルプスのガイドもやってますのでお気軽にご相談ください。(こちら)←クリックするとメーラーが立ち上がります




« 2013年12月 | トップページ | 2014年4月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト