« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

12月を振り返って

50462012年もあと少しで終わり。
春の訪れが遅く、秋の訪れも遅れたかと思えば一気に寒くなり、12月は早くから雪が来ました。
例年の12月より除雪する日も多くありました。

2479今年は自然体験活動に多くの時間を費やしました。
元々、山登りと言ってもいわゆるクライミングを伴う登山を目指していたわけではなく、自分が写真を撮るために登るのが主目的。
自分がガイドを目指した目的はあくまでも次の世代への継承でした。難易度の高い所を案内するには経験が少ないです。元々、インドア派からの転向ですから、諸先輩のような経験は若い頃に皆無です。

5393アウトドアは観光旅行から野外活動へと進んだわけで、信州へ移住したのも観光案内を行うのが目標でした。

そんな時、安曇野の案内を行う仲間がふるさとづくり応援団から出てきました。ふるさとウオッチングの観光への展開、ちょうど「おひさま」放映に合わせた観光機運が高まったこともあります。
今年は穂高駅前通りにクラフトショップ兼案内人倶楽部の事務所ができました。折しも新宿から信濃大町・白馬行きのバス停もショップ前にでき、地域づくりネットワークの拠点にも好条件が揃いました。

548312月にはコミュニティFM局、エフエムあづみの(76.1MHz:なろうひとつに)が開局。
安曇野百選も方言デビューしました。
安曇野の情報を発信していく手段がまた増えました。

5272世相に目を向けてみますと、政権交代もありましたし、来年は市長選などもあります。
安曇野市に期待して移住したものの、核となる町がないとなかなかまとまりが悪いですね。

人口は10万人目前に移住してからずっと足踏み。でも、全体として人口が減少している中では頑張っているほうなんです。
来年からは市として移住促進へ予算をつける予定で、自遊人も依頼されて移住体験談を書きました。これまでNPOで行っていたセミナーも予算がつけば楽になりそうです。

495849654977_25031

穂高神社で行われた神灯火(かみあかり)。大分市竹田市との縁で行われていますが、今年は3300本もの竹燈籠が夜の神社や町中を照らしました。

50765308

震災以降、脱原発の動きが盛んになりましたね。
自遊人が安曇野に引っ越す時にまず取り組みたいと思ったのはエネルギーの自給自足でした。自然豊かな信州、住居に選んだ場所は太陽光利用には適しませんが、水力とか利用できるものはたくさんあると考えていたからです。(当時は水利とかそういうことはあまり知らなかった)

5254冬は凍結防止帯だけでも大量に電気を使います。逆に夏はクーラーが要らないので電気の消費は少ないです。
しかし、冬は日が短く、寒さが厳しく水は凍ってしまうという基本的な問題があります。
電気は余っても不足しても困る。保存が利かない、蓄電技術が進まないのは電気会社が儲からないからと言われますが、実際蓄電技術が進まないことにより、電気会社自らの首をしめていることは世界中どこでも一緒。
唯一、北欧だけはバルト海と大西洋の標高差を利用していつでも必要なだけ電気を作れますので、電気がなくてはつくれないアルミニウム精錬が発達しています。
この話は別の機会にまたしましょう。

53575359

5383テレビでは紅白歌合戦が始まっています。

今年も後4時間ちょっと。

いつの日か1年を決めたわけですが、1年の始まりと終わりをこのように決めた理由はなんでしょうね。
しかも世界中どこでも一緒です。宗教が違っても同じというのはなんだか変です。
そういうことを考える方が変だと言われるかも知れませんが、多くの人が何も考えずに大晦日を迎え、新年のカウントダウンをするわけです。

それではみなさまよいお年を

イルミネーション2012冬~安曇野そして東京~

4903

冬の夜を彩るイルミネーションの灯り。LEDの普及とともに一般家庭でも凝った作りのものも見られるようになりましたね。
今回は安曇野穂高・八面大王の足湯のクリスマスイルミネーションをご紹介します。

49064915_2

4931ここの魅力は足湯につかりながらイルミネーションを楽しめるところでしょう。
向かいには日帰り温泉(\500)もあります。

駐車場もたくさんあります。
山麓線との交差点から入ったすぐ左にしゃくなげ荘、日帰り温泉館前のロータリーの左前

続いていくつかご紹介します。

49194923

49264928

白鳥や水車小屋はすっかりおなじみです。

49114912

1月末までの2ヶ月間。LEDはショックに弱いそうで毎年新規購入するものが多いそうですが、訪れた人の心が少しでも温かくなるようにがんばっている人たちがいます。

4~5日は東京に出ました。笹子トンネルが壊れちゃった中央道を高速バスで往復しました。

2028

イルミネーションとは違いますが、ライトアップに対しては都会は魅力がいっぱいあります。
写真の復元された東京駅・丸の内口。多くの人が写真を撮っていました。

2047_22048

2037電飾では阪神大震災復興を機に始まった神戸ルミナリエが有名ですが、まだ見に行ってません。
東京でも似たイルミネーションがあるようですが、見に行ったことはありません。

原発事故以降、節電のため駅構内の照明とかいろんな場所で間引いたりしていますが、ただ間引くだけだと陰気くさい感じがして防犯上も好ましくない気がします。
必要な場所に効率よく配置することがこれから求められるのでしょうね。

2016ところで、笹子トンネル崩壊により東京方面は一宮御坂~大月間、名古屋方面は大月~勝沼間を迂回することになります。

今回バスは国道20号線を走りましたが、大型車同士のすれ違いでかなり渋滞していました。
平日ということもあり、この迂回によるロスは30分程度でしたが、高速道路は影響が大きくガラガラでした。
下り線を使って対面走行するにしても上り線の復旧にはかなり時間がかかります。
観光への影響も心配。すでにバスもキャンセルが多いようでガラガラでした。

今年もあと1ヶ月。Mt.乗鞍初滑り

1873

昨日(11/30)の乗鞍岳。北アルプスの中で最南に位置し積雪もそんなには多くありません。季節風による積雪より南岸低気圧で積雪が増える山かも知れませんが、今年は11月の半ばに比較的まとまった降雪がありました。

1879

とはいえ、乗鞍高原にあるスキー場はご覧の通りでまだうっすら雪がある程度です。
スキー場はどこも人口減で経営が苦しく、ここも経営主体が変わりました。
そんな新会社の今年の取り組みは『営業前の無料開放』

1890

必死に造雪して滑走可能としたのはこの写真のパラダイスゲレンデのみですが、なんと30日は無料。翌1、2日は松本市民はタダ、市民以外は¥1000。
その後一旦準備に入り、営業開始は8日の予定だそうです。

1000041

ゆるきゃら「さんぞくっく」も初滑り~。上手に滑っていました。
前日の打ち合わせで仲間のジローさんに話した所、やっぱり滑りに来ました。

我が家から1時間ほど。同じ時間をかけるならやはり白馬八方に行ってしまいます。
アクセスの国道改良、中部縦貫道の開通は確かに願う所でしょうが、リフトだけでは儲からないでしょう。
いろんな知恵を出していきたいですね。

<おまけ>

18681871

朝っぱらからさかんなことです。(かどうかはわかりませんけど) 

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト