« 奉納手筒花火 at 穂高神社<2012/8/15> | トップページ | 実りの秋近し »

ふれあい梓川・安曇野展望キャンプ/トゥモロゥ・リーディング倶楽部

7015この週末(2012/8/17~19)は信州の多くの学校の夏休み最終日。
芥子坊主山キャンプ場をベースに『ふれあい梓川安曇野展望キャンプ』が行われました。

企画運営は自然体験活動推進協議会(Council for Outdoor & Nature Experiences)の養成講座を受けたOB会で組織されたトゥモロゥ・リーディング倶楽部(TLC)、松本大学中澤研究室、あずさ・水と暮らしの楽校協議会。

締め切り前に定員一杯になり、21人の子供が集まってくれました。

7020_2初日はラーラ松本から三日月湖(奈良井川、梓川が合流し犀川となる場所)経由で白鳥湖までクリーンナップ(Clean up)ラフティング。ODSSのみねちゃん他3名の川のプロがガイドサポートしてくれての川遊び。

都合で急遽サポートスタッフに回って車で途中ポイント毎移動しました。暑くて川遊びしているメンバーがうらやましい。
一方、ベースとなる芥子坊主山キャンプ場ではテントの設営や夕食の準備が本部、食事スタッフによって進められていました。

空には怪しい雲がいっぱい、お昼を回った頃から雷鳴が聞こえてポツリポツリときました。
松本平でもこのあたりは比較的天気が良い場所ですが、不安定な大気の状態ではどこで雷雲が発生してもおかしくありませんでした。
希望むなしく子供達とキャンプベースに戻った時には激しい雷と大雨で一時車から降りられないほどでした。

70347035

7045予定は狂いましたがなんとか全員夕食につくことができましたが、夜の星空観察はナイトハイキングに変更となりました。

ところで、松本平とアルプスのビューポイントはいくつかありますが、ここ芥子坊主山は隠れたビューポイントだったりします。

写真は展望台の下からですが、子供達も喜んでくれたに違いありません。スタッフも見たことない人がたくさんいます。

70507056

翌18日はラジオ体操からスタート。朝食はわおん♪でもお馴染み、牛乳パック利用のホットドックです。

70737081

70827083

午前中は竹を使ってお昼の流し素麺に使う器と箸を作りました。ナタやノコギリ、ナイフを使っての工作。危ない所はスタッフが手伝います。
昨夕に引き続き“ひげじい”登場。ひげじいからはぬかくどをはじめいくつかの備品も借りました。

70877097

ひげじいからぬかくどの説明をしてもらいました。流し素麺の準備もできました。

70997105

7109お昼まで時間が少しありましたので子供達と展望台に行きました。松本平の眺め、北アルプスには入道雲。
この少し後、槍ヶ岳で落雷による死亡事故があったことは知るよしもありませんでした。

女の子達も元気に走り回っています

7116まもなく準備が整い昼食に。
ぬかくどで焚いたおむすびとお楽しみの流し素麺。
たれはトマトとごま油を使った“ももっち”オリジナル。
信州ならではの塩丸いかを使ったサラダもありました。

71173時のおやつはスイカとあずきときなこのほうとう。

この日は前日より早く雷雨がやってきました。しかもを伴って昨日以上に大荒れ。
でも対策をとりましたので、テントも無事持ちこたえ、多少プログラムの乱れはありましたが、なんとか進めることができました。

71187120

火起こしや竹で作った弓矢遊び。弓矢はみんな最終日に帰るまで遊び作った道具も大切に持ち帰る子が多くいました。

71247135

最後の夜、そしてキャンプファイヤー。自遊人はエールマスターを引き受けましたが、雨にも邪魔されず、みんなイベントを楽しんでいました。

7172_27139_2

7175

最終日は四賀にあるスタッフの畑に朝から移動してジャガイモ掘り体験。
掘ったジャガイモは昼食のジャガバタやおみやげとなりました。

71827180

昼食のミネストローネは子供に人気でした。近くの畑の蕎麦の花が綺麗。

71897190

最後は帰りの会に引き続き、ひろきんによるスイカ割り。お見事
この後、家族と共に子供達は帰っていきました。
疲れた週末でしたが、子供達の笑顔が何より。
この後スタッフ反省会をして解散。また後日ご苦労さん会で来年への抱負を考えましょうか。

関連記事:みけねこのひとりごと トップ記事

« 奉納手筒花火 at 穂高神社<2012/8/15> | トップページ | 実りの秋近し »

コメント

おはようございます☆
充実した時間を過ごされた様ですね
街中の子供達はこういう機会が少なくて休みの時に経験することしか出来ないと思います
それに携わる方達も大変かと思いますが子ども達にとって良い想い出と自然に親しむきっかけになって欲しい物です

仮想空間でのゲームばっかりに入り浸ってしまうのは具合が悪いです(苦笑)

おはようございます。
素晴らしい体験が出来ましたね、準備される皆さんは
大変ですが、子供たちの喜ぶ姿に疲れも
吹き飛びますね。
ゲリラ雨に雷が怖いですが、無事に過ごせて何よりです。
孫もキャンプに行ったようです、野外での
遊びや食事つくり、自然の観察など
有意義ですねぇ~
お疲れ様でした♪

自遊人さん こんにちわ〜〜

子共さん達喜んで無事帰宅〜〜何よりでした
お疲れさまです

たくさんのスケジュールなので大変だったのでわ・・・
参加しなければ経験出来ないことばかり 子供達には良い思い出になったでしょうね

このスナップ写真は子供達欲しがらないの??
良い記念になるのにね

で夏登山は出来なかったのね・・・
これからですね ゆっくり登って下さい

サイモンさん こんばんは

昔と違って今は子供の遊びもIT化が進みました。
夢は実現しなければ所詮夢の世界でしかなかった時代でしたが、今は仮想空間で遊ぶ時代になりました。
信州の子供はまだ自然に恵まれていますが、それでもふだんは自然に接して遊ぶ機会は少ないと思います。
知らない同士も3日もいるとみんな仲良くなりますね。

ムームーさん ありがとうございます。

不安定な天気は予想していましたが、雹には驚きました。
近所にいくつも落雷して恐ろしかったですが、なんとか無事に切り抜けました。
スタッフも子供もいろんな経験をしたキャンプとなりました。
笑顔一杯で親御さんに連れられて帰っていく姿を見ていると嬉しくなりますね。

うーちゃんさん こんばんは

少し盛りだくさんで子供達の自主的な活動が少なかったかも知れません。
テントでのキャンプはテント建てから撤収までが理想と個人的には思っています。
今回はこの部分をほとんどスタッフが行いました。

スナップ写真は後日CDに焼いて送る予定となっています。カメラは持ち込み禁止にしたのでね。

今年の夏山は終わってしまいました。でもこれから秋までは静かな登山には適した時期です。花は少ないですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奉納手筒花火 at 穂高神社<2012/8/15> | トップページ | 実りの秋近し »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト