« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

伊那街道小野宿探訪<2012/7/29>

6336 この日は午前中、乗鞍高原で小大野川で行われたあずさ・水と暮らしの楽校協議会主催の「初夏の乗鞍高原でシャワークライミング!!」に参加してきました(別宅記事はこちらから)
朝の乗鞍高原いがやから見た乗鞍岳。この後雲行きが怪しかったですが幸い雨には降られずでした。

6363平成24年度農林水産省「食と地域の交流促進対策交付金<詳細はこちら>」の助成を受けての事業
Img_0001

夏の乗鞍高原の楽しみをもうひとつ発見。

次回は9月2日に鉢盛山へ行く計画。
大雨による登山道崩壊などで唯一登山に許可がいる山で、やまたみ倶楽部でも2回ほど計画しましたが、諸般の事情により中止になった山。
一度は登りたいと思っている山なのでなんとか天気になって欲しいです。

さて、前置きが長くなりました。このあと夕方から塩尻で会議があります。自然探検隊の下見に参加するにも中途半端なので、以前から行きたいと思っていた小野宿に行くことにしました。

6413

6412国道153号線沿い、JRで行くと辰野線・小野駅から訪れることになります。
写真が多くなりますが、じっくりとご覧ください。上の写真の場所は本棟作りの建屋が集まっている場所です。

6414

636763686370

637164156420

64216424_26430

64166417

調べれば歴史的な背景を書いたものはあるのでしょう。こうやって歩くだけではつまらないですね。
さて、今回のお目当ては夏季公開中の小野宿問屋(旧小野家住宅)

63776373

6376

中山道は慶長6(1601)年開かれました。当時のルートは~下諏訪~岡谷~川岸~諏訪峠(小野峠)~シダレグリ~小野~飯沼~牛首峠~桜沢~贄川・奈良井~というルートでしたが、元和2(1616)年廃道となり中山道は~本山~洗馬~塩尻宿~というルートに、塩尻宿から善知鳥(うとう)峠を経て伊那へいたる現在の国道153号線相当が伊那街道と呼ばれるようになりました。
小野家は延宝6(1673)年に伊那街道問屋役として明治8(1970)年に問屋制度が廃止になるまで約200年間問屋役、名主役になったそうです。
現存の建物は安政6(1859)年3月の大火の後再建されたものですが、唯一土蔵だけは大火で焼け残り現在に至っています。

637864106380

63826385_2

6386

石像物(地蔵尊)の写真展も開かれていました。

638763916389

638863906404

2階もあります。中二階もあって物置になっていました。洒落た造りです

639463936395

639763996401

ここで寺子屋も開いたようです。

640064036406

明治初期のガラス、ゆがんだ感じわかりますか?
郵便逓送用篭も展示してありました。

63646431

写真で見るより是非一度ゆっくりと訪れて実物を見てもらいたいものです。
ここは展望の良さで人気の霧訪山の麓でもあります。

この花はなんだろう?

14391440

標高1700m位の所で咲いていました。雰囲気的にはラン。とっても小さいです。
誰か教えてちょ

この花が咲いていたのは権兵衛峠から駒ヶ岳への登山道沿い。
別宅記事、ジャンボカラマツ(権兵衛峠から将棊頭山・駒ヶ岳への道)もご覧ください。
こちらから飛びます

バイカモの花が咲いてるよ(2012/7/26)

1382

カモとバイカモを狙いましたが、人の心鴨知らず。構図を狙っていたらガーガー言って飛び去ってしまいました。(上の方白く見えるのがバイカモの花です)

13861388

水中にある花はピント合わせが難しいので水面に出ているのでお茶濁しましたcoldsweats01sweat01

   <おまけ>

14081407

1410とある場所にある墓地のお御堂。

禁葷酒(きんくんしゅ)とあり、沢山の石像がありました。
でも製作時期はバラバラでした。ここに集められたのかな?
集頭大士??って戒名?そういう僧??

修行中は精力のつくものやお酒は御法度。
こんな石碑や石像集めなくてはならないほど誘惑が多かったのでしょうかheart01bottle

別宅に浅川山自然観察会の下見で見かけた花をアップしてます。(こちら

安曇野百選ウォークラリー in 豊科土曜市(2012/7/21)

587258745875

昨夜は豊科土曜市が開かれました。あいにくの天気でしたがそれでも雨はそんなに降らず盛況でした。

586758695879

安曇野百選プロジェクトは去年に引き続き、安曇野百選ウォークラリーを開催しました。
こちらも定員200名は受付開始後30分ほどで終了しました。
定員オーバーで最後はチェックポイントの体験チケットもなくなるほど。もらえなかった人、ごめんなさ~い

585958645868

担当したチェックポイントの隣の出店、大盛況です。

586058565857

安曇野の中心地を通る国道147号線を通行止めにして行われます。

588158835886

5887ウォークラリーのハイライトは法蔵寺の仁王様の股くぐり。
子供は簡単に通れるけどメタボなパパは通れません。

夜のお寺は山門は神秘的。仁王様は迫力ありますね。

参道を照らす燈籠。思い思いの絵や俳句が書かれています。
_

58535855

準備に入る頃まで雨ザーザーでどうなるかと思いましたが、7回目のウォークラリーも無事終了しました。 

穂高駅前そばオープンしました

5846

5847穂高駅前、以前の観光案内所があった場所に食事処がオープンしました。(2012/7/21)

明日からモーニング7:00~9:00もオープンしますが、ランチは11:00から、夕方から20:00まで軽く居酒屋もあります。
ちょっとした単品もあります。
2階は大広間となっていますから人数集まって宴会もできそうです。

思ったよりメニューは豊富かな?
いわゆる駅そばと違って駅構内からは食べられませんが、ちょっとした待ち時間にも利用できそうです。

58485850

かき揚げそばと温玉そば。ネギはたくさんトッピングできます。
ソフトクリームや珈琲も飲めます。

新しいお店ができることで旧来のお店も活気が出ると良いですね。   

穂高神社と風鈴

134313441346

1352

1354朝の穂高神社。
そよぐ風に神楽殿につり下げられた風鈴が涼を誘います。

梅雨明けは発表になりましたが、日本の上空には気圧の谷が残っています。連日猛暑が伝えられていますが、本来の安定した夏空とはなっていません。
本格的な夏山シーズン、晴天の稜線歩きは気持ちよいですが突然の雷雨が心配です。

今日の安曇野は暑かった(2012/7/16)

1323

今日の安曇野(穂高アメダス)の最高気温は15:47に記録した33.8℃。20時でもまだ27.2℃あります。「信州は涼しい」確かに湿度は低いですから木陰に入れば暑さを感じません。

暑い時間帯には麓にいましたので何とも言えないのですが、お昼過ぎまで蝶ヶ岳をピストンしてきました。燕岳と並んで身近な山のひとつですが、縦走するには登山口までタクシーを使わないとならない蝶ヶ岳は最近行く回数が少なくなりました。

自慢の北アルプスの眺望はパッとしませんでしたので花の写真でもどうぞ
(↑↑花の写真をクリックすると山の別宅に飛びます↑↑)

わおん♪自然探検隊2012「小曾部の自然を知ろう」

5707

ナナフシ
今回のわおん♪自然探検隊2012のテーマは「小曾部の自然を知ろう」
柏茂会館周辺で自然観察のアクティビティを行いました。

5673直前のスタッフミーティング

天気がパッとしませんが、なんとか持つことを期待しつつスケジュールと担当を確認します。

5686最初に地元の方から小曾部についてのお話しがありました。

写真集や地図を使いながらのお話し。
元桔梗小学校の校長先生もされていたとのこと。子供にもわかりやすく説明してくださいました。

ちょっと長いからどうかな?でもみんな最後まで真剣に話を聞いてましたよ。

5688宇宙人登場。

今回はPLTのアクティビティに従ってプログラムが進められていきました。この宇宙人もその中のひとつのアクティビティです。

56965702

この後お昼を挟んで野外で自然観察。
「ゲームがいい」なんて言ってる子も、一歩外に出れば夢中になって生きものを追いかけたり、いろんなものを見つけてきます。

天気は最後にパラッときたけど、でも、なんとか持ちました。
ちょっとむし暑かったかな?最後は結構バテてる子が多かったです。昔は自分も含めて朝から晩まで走り回っていたことを考えると、そこはやっぱり現代っ子ですかね。 

長野県山岳総合センター野外活動講座で白馬尻へ(21012/7/11)

5482

いよいよ夏山シーズンのスタート。この白馬大雪渓もあと一週間もすると多くの登山者で賑わうようになることでしょう。

5484長野県山岳総合センター野外活動講座。
「雪渓の成り立ちとお花畑」と題して白馬尻周辺で開催されました。

講師の先生は信州大学理学部教授で信州大学山岳総合研究所の所長でもある鈴木先生とやまたみガイドの飯島さん。
鈴木先生とは先日の涸沢以来、飯島さんはお花のガイドではお馴染みです。

5520大学の先生もいろいろおられますが、この鈴木先生のお話は楽しいです。
内容は決して優しいものではないですが、子供でもわかるようにかみ砕いて事象を説明してくださるのでとてもわかりやすいです。持論を主張するのではなく、総合的な評価から説明されるのも理解しやすいです。

先日の涸沢に続いて雪渓や氷河について少し理解を深めることができました。
お花や景色を楽しむのもいいですが、成り立ちや歴史を知るとまた違った山歩きが出来て楽しいです。

54895490

今日は大勢いるし比較的そばまでゆっくり見にいくことが出来ました。
近くで見ると迫力あります。

54625517

ゆっくり歩くとまた違った花を見つけたりします。
朝早く出られれば白馬岳まで日帰りもできますが、大雪渓は岩が飛んでくるので怖いです。(人気がありますがあまりガイドしたくない)
今回は白馬のガイドさんからいろいろ聞けましたので、今度時期を見計らってのんびり日帰りしたいと思いました。

山の別宅、花の写真をアップしてます。(こちらから最新記事へ

烏川の1日-(1) 烏川にある発電所

5364下界は30℃超えた今日(7/10)の安曇野

5361

長野県環境部大気水環境課主催の「せせらぎサイエンス指導者研修会」が烏川渓谷緑地で開催されました。

ところで、すぐお隣のアルプスあづみの公園は国営公園(有料=都市公園)ですが、こちらは県営(無料)。

5374この烏川をもう少し上流に行けば、そこは中部山岳国立公園(=自然公園)。天気が良ければ蝶ヶ岳が見えます。

そもそも緑が多い安曇野に都市公園は要らないと思うのですが、隣り合わせの施設ながら途中、柵で仕切られています。
ちなみに都市公園なんか自治体なんかに払い下げてしまえば良いと思うのですが、何で仕分けられないのでしょうね。(管理は3セクに変わりました)

5362さて、目的の研修会まで少し時間がありますので、上流まで運動がてら走ってきました。

信濃川水系の支流、烏川には3つ発電所があります。
いずれも現在は中部電力が所有しており計18900KWの発電能力があります。

5367烏川左岸の熊が出そうな(実際、よく出る)林道をじゃんじゃん歩いていきますとやがて発電所の設備があり行き止まりとなります。

5369ちっこいダムだな。
一番出力の大きい発電所はもっと上流にあります。

ここで作られた電気はどこをどう巡って我が家に来ているのでしょう?

5370なんだか土砂で埋まってます。

ちなみにこの橋は進入禁止(施設のため)ですので対岸には渡れません。

電気が初めて通った頃は「恐ろしいもの」となかなか普及しなかったそうです。
今はあたりまえのように利用している電気もそんな歴史があります。

続きは後日   

山の別宅、花の写真をアップしてます。(こちらから最新記事へ

爽やかな朝

「今朝は爽やかな朝だな」と思ってライブカメラで北アルプス方面を見てみましたが、山は見えませんでした。
昨夜は激しいにわか雨の降った場所もあったようですが、我が家辺りは静かなもんでした。

1119

山の別宅、花の写真をアップしてます。(こちらから最新記事へ

1168写真のシラネアオイ。白馬大雪渓で撮影しました。

すでにfacebookにアップしてますが、赤丸の人の少し下に雪渓の融けた場所が口を開いています。
コースによってはこういう場所を通らざるをえない時もありますが、左の茂みの中に正規ルートはあり夏道も出ています。

雪が出てきたのでアイゼンを着用し、また外すのが面倒なのでそのまま雪の上を歩いているのかも知れませんが、このようにコース外を歩いている人が多くいました。
残雪は上と下から融けます。岩や口を開けた場所から融けますのでこのような場所は大変危険です。行方不明の人も多くいます。
雪渓歩きを楽しみにしている人も多いかと思いますが、周囲に気をつけて快適に楽しみましょう。

今朝の涸沢(2012・7・6)  ※7/8リンク更新しました

1100今朝(2012/7/6)の涸沢ヒュッテから見た北穂高岳

予報を見て諦めていた涸沢カールが朝少しの間ですがその全容を見せてくれました。

あと一週間もすれば夏山シーズンのスタート。
しかしこれまで雨が少なかったせいか雪解けが遅く、まだ沢はたっぷり雪で埋まっています。

小屋の方の努力で登山道の整備が進められていますが、今後の天候状況によっては予期せぬ事故も発生しかねません。
また、涸沢のテント場も当分は雪の上に張ることになります。
対策をしっかり考えて訪れるようにしましょう。

登山道は涸沢ヒュッテまではアイゼン無でも可ですが、下山が心配な方は軽アイゼンを持参したほうがよいでしょう。
なお、ここから上、穂高岳方面に行かれる方はアイゼン、ピッケルは必携となります。
ザイテングラートは出ていますが、小屋の方が来週とりつき部分のステップを切り出すそうです。

状況は日々変わっていきますので、事前に小屋の方に登山道の状況等を確認することをおすすめします。

今回は涸沢談話会への参加で訪れましたが、その様子は別宅の方にアップします。
しばらくお待ちください
涸沢談話会の様子はこちら(7/7UP) こちら(7/8UP)

おひさまロケセットの蕎麦の花

51415145

堀金岩原にあるNHKの朝ドラ「おひさま」のロケセット。蕎麦の花が見頃となりましたよ。

5143

5151今は訪れる人も少なくなりました。

ロケのセットとはいえ、大王わさび農場にある水車小屋に負けないくらいの環境に恵まれています。

5160ここは国営アルプスあづみの公園そば、近くには大庄屋山口家もあります。

西山の懐にあるのでアルプスの峰は見えませんが、自然のままの風景が残っています。

5150

5163_2安曇平の眺め、南アルプスや蓼科山が見えます。

5148通りかかった観光のお客さんが「富士山」が見えると話されていましたが、ほんとよく似ていますね。
お話しすると蓼科山はご存じのようで納得されていました。

5159

5147もともと蕎麦畑がここにあったわけではありません。
観光地化は近所に住んでいる人にとって必ずしも良いことばかりではないでしょう。

この雰囲気を守る方法を探りながら地域が元気になっていくと良いですね。

ふるさとウォッチング、15回目にして雨天に

4994

NPO法人信州ふるさとづくり応援団安曇野支部によるふるさとウォッチングin安曇野
これまでなんとか天気には恵まれてきましたが、15回目にしてとうとう雨天での開催となりました。大降りは続かないもののやみ間が少ない雨降りの天気。でも100人近い参加者が集まりました。集まっていただいた皆さんのためにも楽しんでもらわないとね。

999

5006今回のコースは豊科南穂高・重柳(しげやなぎ)地区。
写真の轟さんのお宅をはじめとした本棟作りのお宅が集まった安曇野でも貴重な地域。

湧水にも恵まれた地域、このお庭にもかつては水が引かれていたそうです。(今はポンプが壊れてしまったそうです)

どこのお宅も高齢化が進んでいて立派な屋敷の維持も大変になってきました。サポートする仕組みもづくりも急がれます。

5008

大日堂。重柳公民館として利用されています。
地元の住人でもある「じじ」熱弁ふるってます。

5010

5011わさびの良水さん
豊科インターから大王わさび農場に向かう道すがら左手にあるお店。豊科市街地とも直結する道路で通られた方も多いかと思いますが、私も含めて知りませんでした。

店主の熱心なわさびのお話しには頭が下がるばかりです。
駐車スペースもありますよ

5014

5015憩いの池
地下水位の高いこの地区においてもひときわ水辺環境に恵まれた場所にある湧水群です。

地下水の調査などこの道のプロでもあるサクセン(←クリックするとHPに飛びます)さんによる説明はとてもわかりやすいです。

  おまけ

5130

かけてしばらくたった庭の巣箱。始終空だっただけに来たのはシジュウカラ
でも使ってくれてありがとう。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト