« 松本の春 | トップページ | 「信州・山の自然楽講座」/長野県山岳総合センター野外活動講座始まりました »

水の旅

9631

地中の暗く長い旅を続け、今、再び地表へと湧き出てきました。
     その一滴とともに旅をしてきたいつかの息吹
   どんな旅を続けてきたのか聞いてみたくなります。

2574

           <おまけ>

9634963596379639   

« 松本の春 | トップページ | 「信州・山の自然楽講座」/長野県山岳総合センター野外活動講座始まりました »

コメント

うふふふ
鳥さんたちもこういう話をしてるのでしょうね。
縄張りも恋もあって楽しそう。
水がわき出るって神秘ですねぇ~

こんんちは☆

六甲の麓は我が家近くで最後に咲きだす山桜が満開になり、安定した気候になって来ました。
水の神秘、湧出する場所は何とも神秘です♪
何処の川も桜の花が流れていて行く春を惜しむ気持ちになりますネ。

鳥さんの世界も生存競争厳しい様で(激爆)

ムームーさん こんばんは

野生の生き物にとって春は子孫を残すための貴重な時間です。
もたもたしているとまた冬がやってきてしまいます。
あぶれたら来年までお預けですから必死です。

日量約70万トン、年間を通じ15℃を超えないという湧水。神秘的です。

サイモンさん こんばんは

「六甲の美味しい水」もありますね。
週末から週明けにかけて花散らしの雨風が強まる予報ですね。
今夜は松本も人出が多いと思います。

野生は子孫を残すために必死です。
でも花を食う猿は許せん。

自遊人さん こんにちわ〜〜

そちらには冷たい美味しい水が湧きいいですね
コーヒーや水割りに使うと味が違うって言われますね

皆さん汲みにいかれてますね
スーパーの売り出しでは箱買いもされています

うーちゃんはあまりこだわっていません

うーちゃんさん コメントありがとうございました

こちらでも水を買う人はいますよ。
殺菌しないと飲めない人は結構います。
こういう人は沢の水なんか飲めないでしょうね。
災害の時にきっと困ります。

自遊人さんこんばんは~♪

水がほんとに地中深くより湧き出してきてるんですね~。
地球からの恵みを感じます。
自遊人さんすくって飲んでみましたか?
水面に浮かんだ花びらも風情があっていいですね。

おまけの画像楽しく見せていただきました。
2枚目の鳥の羽が気に入りました。
踊りを踊っているようです。

余談ですが、おりひめは2日に1度「信州 安曇野の水 緑茶」という文字に
お目にかかってるんですよ。
というのは、そちらに旅行した時、買ったペットボトル入りのお茶の
空容器を持って帰ったからなんです。
それに水を入れて2日に1度アイロンがけする時、スチーム用に入れています。
ですからアイロン用の作業台にいつもアイロンと、水の入った「安曇野の水、緑茶」載っています。
お味はとっくに忘れてしまいましたがね


おりひめさん コメントありがとうございました

水の惑星、地球。生水が美味しい地域は実は限られています。
多くの場所では飲めても美味しくありません。
そんな恵まれた土地に住んでいる日本人ですら、すぐに買うことを考えます。
本来、地球の環境さえ大切にすればタダとは言わないまでも豊富に利用することができます。

さすがにここは魚も住んでるし、犬猫動物も散歩してますから飲みませんでしたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松本の春 | トップページ | 「信州・山の自然楽講座」/長野県山岳総合センター野外活動講座始まりました »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト