« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

わおん♪自然探検隊2012の下見

2292塩尻を拠点に地域活動を行っている“持続可能な松本平創造カンパニー わおん♪
今日(3/31)は来週、今年第一回目の自然探検隊が行われますが、その下見を兼ねた打ち合わせを洗馬地区上小曽部区の柏茂会館で行いました。ここが活動の拠点となります。

このあたりに来るのは初めて。
あいにくの雨降りで散策はあまり出来ませんでしたが、古くからある集落の雰囲気がある場所です。
今度ゆっくり歩いてみたいです。

22992304

2306消防署の方の指導で救命救急の講習もやりましたよ。
使うことがないように安全管理やリスクマネジメントも行います。

探検隊ではこんな山も入ります。
参加するのは小学校3年~6年の子供。こんな雨降りでは山にははいれません。今回は大人だけでしたし、下見なので登ってみましたよ。

ここでは木に登って遊んだり、子供達が自由に自然と触れあうのが目的ですので山登りするわけではありません。

どんな子供達が集まるのでしょうね。

今日のおまけ。すでにfacebookにはアップ済
2307_22291_2

石仏や馬頭観音がたくさんありましたが、雨で撮せず。
ここの火の見櫓はどれも小さいですが、たくさんありましたよ。
天気の良い日にウォッチングしてきたいと思います。
小曾部の歴史についても少し調べてみたいです。

松本まちなかウォッチング-不思議探検

9216松本の町名は変遷をとげて都会っぽい町名に変わってしまった所もありますが、こんな表示がされている場所もあります。
      しもうまだし?horse
・・・どんな出汁でしょう?それとも山車かな?

9215ここは江戸時代末期にはこういう町名だってようです。
現在では“城東”なんてある意味わかりやすい(お城の東)町名に変わっています。

個人的には下馬というと世田谷の下馬(しもうま)が頭に浮かびます。
昔は馬をひいていたんですかねぇ~

9221 どうやらお手洗いのようですね。

松本市内は結構公衆トイレがあちらこちらにあります。
まあ、町中ですしその辺にやるわけにもいかない

それにしても細い。歩道に無理矢理作るしか土地がなかったのでしょうか?
ギッコンパッタンのドアじゃなくてちゃんとノブがついていますが意味あるのかな?手前の囲いみたいなのもよくわかりません。

9231松本平はどこも湧水の恵みを受けています。

松本市内もこんな湧水ポイントがいくつもあり、マップもあります。
みんなペットボトルを持ってきて汲んで帰ります。

しかし・・・洗車する人もいるんですねぇ

話違いますが、昨年ネパールに行った時もこんな水場をいくつも見ました。上下水道があるわけではないので、生活用水は地下水。但し、人馬一体・・・もとい動物も人も同じ水を使っているわけで、山の上にもヤクとか住んでますし、清潔とは言い難い。
そんなわけでペットボトルの水を買うわけですが、これは世界中どこでも同じですね。

_
92189218n

穂高にもこんなお店があります。電話番号はこちらのほうが桁が多いな。
おや?""・・・高山だから""ってことでしょうかね?

<ネタが少ないので明日に続く>

春の便り

9243

久しぶりにすっきりと晴れた松本平。日中は久しぶりに2桁となりました。
農家の方も準備に余念がありません

9253

9254

畦に咲く花にも春を感じます。(撮影場所:松本・南和田)

おまけ・・・今朝の穂高と松本のアメダスデータ
12

いつもこうというわけではありませんが、実際出かけてみると気温差を肌で感じることは良くあります。また、同じ安曇野市内でも場所によって気候も大きく異なります。
暮らす時はこのあたりもひとつのポイントになります。

松本まちなかウォッチング-カラフルなもの

9198安曇野路上観察学会
なるものがあるようです(笑)

マンホールの蓋も地域によって特徴を生かしたデザインがされています。
写真は松本市内のもの。「色つき」だと聞いていたので、注意して歩くと、色あせたものが多い中彩色のしっかりしたものを見つけました。
写真を撮っているとおばさんが怪訝そうな顔をして避けて通っていきました。

覗きは方向が逆だ。みんな!「うつむいて歩こう」

9193長野県出身の前衛芸術家・草間彌生さんの作品。
松本市美術館前にあります。

ここに来るまで知らなかったし、正直言ってよくわかりません。
「芸術は爆発だ」

おまけ・・・「ちいさいおうち」

9199

路駐の車が邪魔ですが、古本屋さんです。

ちいさいおうち、岩波書店から出版されているバージニア・リー・バートン作の絵本ですが、子供の頃よく読んだものです。
いつの引っ越しだかで捨ててしまいました。親父はこういうものの価値がわからないので、絵本は捨ててしまいましたが、ちびくろサンボ(放送禁止用語ばかりだな)なんて今あれば貴重でした。
そのちいさいおうち、「広い野原に建っていた家が都市化の波にもまれてビルの中にぽつんと残ってしまったのが救い出されてまた野原に移築された」とまあ、ざっくりこんなストーリーだったと思います(上のリンクにもそんなストーリーが書いてあります)が、自然の中の暮らしの良さを描いた良い本だと思います。

ちなみに今買うと\1680もするのね!

シャガール展/松本市美術館

0001今日(3/26)は日の出の頃は陽射しもあったのですが、その後雪雲がやってきました。
寒いので陽射しを求めて松本へ。
松本市美術館でやってるシャガール展を見に行くことにしました。

以前関東に住んでいる時は、時間のある時に結構美術館と博物館に出かけていたのですが、安曇野に来てからは山が近いこともあってそちらを優先したりしたもんで、知人が来た時以外はなかなか時間がとれませんでした。

9191

中は当然撮影禁止です。展示期間は残りわずか。平日にも関わらず多くの人が次々と見に来ました。

絵画ならではの表現は一見すると写真の世界と違いますが、表現方法はとても参考になります。ほぼ午前中一杯鑑賞した後、松本市内を散歩してから帰りました。

92079213

松本城の梅。今年はだいぶ遅れています。 

第14回ふるさとウォッチングin安曇野/三郷・一日市場

2116_2

NPO法人 信州ふるさとづくり応援団安曇野支部のふるさとウォッチングも第14回目を迎えました。スタッフ入れて90名と多くの参加者を迎えて無事終わりました
今回は初めての案内役。安曇野案内人倶楽部の一員としてはウォーミングアップのつもりでのぞみました。

2111集まる前には一時強まった雪もその後はおさまり時折ちらつく程度。陽射しも暖かく予想通りの天気。
同じ安曇野市内でも全然違います。
ただもお昼前から冷たい強風が吹き始めました。

ちなみに家に帰ってきたらまたチラチラしていました。
大町・白馬方面から来る車の屋根には雪がたっぷり積もっています。スキー場もすでに春シーズンで割引になっていますから、滑る人にとっては恵みの雪になっているでしょう。
一方、農家の人はなかなか安定しない天気にやきもきしていることでしょう。シーズン毎の畑仕事があります。後ろにずれればそれだけ忙しくなることでしょう。

2118

21202121

立派な山車です。氏子総代の方の説明はとても興味深いものでした。

21242126

三郷は屋敷林の多い場所ですが、ここは一日市場の町中、駅もほど近い場所にあるお屋敷で昔は900坪くらいあったそうです。でも維持するにはお金もかかります。今では新興住宅に変わり、屋敷林も大部分は切り払われてしまいましたが、それでもこうして維持されています。

今回はガイド役だったので写真はここまで。まだまだ未熟者ですが次回はもっと頑張ろうと思いました。

山の会の仲間も4人参加してくれたし、ブログ友達や仲間が増えてきて少しでも地域づくりに役立っていますかね?参加していただいた皆様、ありがとうございました。
次回は6~7月頃となりますが、またよろしくお願いします。

15:30追記・・・冬に逆戻り
9190
気持ちはいつも If winter comes, can spring be far behind?
でももう我慢できないなぁ~

今朝も雪

2104
Oh my god!

今日はふるさとウォチング in 安曇野を一日市場で行います。
松本に近いから大丈夫と思うけど、野外活動には寒そう~penguin

2107

また枝に雪の華が咲きました。今年最後の雪の華になるのでしょうか?
来週もまた寒気が流れ込む予想になっています。
三寒四温、週末がいつも天気いまいちです。

2105

朝日が一瞬あたりましたが、今は時折チラチラ落ちてきます。風花か降ってるのか?
ああ寒い。高い灯油もどんどん消費して懐も寒い

キジ

9182

9186

三つ峠にて出会った人慣れしたキジ。
「雉も鳴かずば撃たれまじ」
野生のキジは大概そそくさと逃げていくものですが、このキジは違いました。
足元にすり寄ってくるし、レジ袋のパリパリ音に反応してこちらを見ていました。たぶん餌が出てくることをしっているのでしょう。
仲間があんパンあげると綺麗に平らげましたよ。
ちなみに近所に人家はありません。

この先に宝有り・・・信玄の埋蔵金?

9174

三つ峠にて。こんな標識がありました。

9176

よく見ると「つる」って書いてあります。失礼だな~
そういえば信玄像は「つる」だったなぁ~その宝って事は埋蔵金か?

※ 一応、念のためですが都留(つる)市の「つる」ですよ。
  宝鉱山という場所があるそうです。

野の花カフェ Da・Monde 保高宿に本日(3/20)オープンしました

1974

1997本日のもうひとつ午後出かけたのは、穂高駅前通りを東へ数分歩いて、旧道を北へちょっと行った所に本日(3/20)オープンした野の花カフェ Da・Mondeのオープニングセレモニー。あっ!みけcatがいる~。

古民家を再生したお店。障害者の地域生活支援と街作り活動を行っているほたか野の花さんが、活動の場のひとつの拠点として始められました。

元々、いつも会議で利用しているくるりん広場の一角に部屋があり、お茶を出してくれたり、先日の飴市ではオープン前でしたがチェックポイントとしても利用させてもらったりと何かとお世話になっています。

19951996

昔は養蚕に使われていたのかも知れません。屋根裏部屋のような二階は屋根と通通ですが不思議と暖かい。薪を焚いてもこれなら安心。古民家ならではの知恵でしょう。でも暖房焚かないと冷え冷え。

19921993

鯛焼きです。クリームと餡がありましたのでクリームを食べましたよ。

19781980

1987来賓や応援もいて席は座れないほど一杯。

駅前商店街の活性化の一角を担い、旧保高宿再生の第一歩となるよう、今後も応援していこうと思っています。

なお、今月中はしばらく試運転。
本格的な営業はこれからになるようです。
今のところ木曜、日曜がお休み。午後1時から3時営業のようですね。
あっ!買おうと思っていたごまかし買ってくるの忘れた!   

「たのしもう光城山」冊子完成記念報告会

19711972

1891今日は記念行事にふたつ参加してきました。ひとつめはNPO法人楽々安曇野+松本大学 地域づくり工房『ゆめ』が中心となって行っている、安曇野の里山「光城山」を紹介した冊子の報告会。

安曇野ブランドデザイン会議の東山プロジェクトからNPOとして発展させた組織で会員は80名ほどいるそうです。

この東山の整備ではすぐお隣の長峰山を、同じくNPO法人森倶楽部21のメンバーが整備しています。
いずれも地元の人に親しまれてきた里山であると共に、安曇野市と北アルプスを一望できるビューポイントとして観光面でも期待される場所です。

1899

講演会は主催者も驚くほどの大盛況。
会場に30ほど前に着いた時にすでに結構人が入っていましたが、その後駐車する場所がなくなるほどに。急遽机を奥から出してきましたがそれでも足らず、椅子だけの席も用意しました。150名は超えていたでしょう。
冊子をもらえるということもありますが、この手の講演会(有名人が来るわけではない)としては驚くほどの参加数と言えるかも知れません。
それだけ光城山が地元に親しまれている証拠でもあるのかもしれません。

19031910

1914調査にあたった松商短大の学生さんの発表と松本大学地域づくり工房『ゆめ』の福島先生の記念講演。

急に講演にが感じられますcherryblossom

産学官民協働による地域づくりの話だけだとこれだけ人が集まらないかも知れません。
最後まで聞いていた人は100名は切っていたかもしれませんが、地域づくり活動に少しでも触れる機会になったことはよいことだと思います。

1970理事長は病気療養中なので副理事長が代わってご挨拶。
面識がないので後刻挨拶だけしました。

ここにも顔なじみの人が参加しています。
同じ人がいろんな場所で活躍していることはよいですが、ネットヨークとしてつなげていきたいですね。

三ツ峠山から富士山の眺め <2012.3.19>

9155
  三ツ峠山からの富士山の眺め

山梨百名山になっている三ツ峠山は甲州の電波塔ともなっています。
今日は深谷の山仲間と一緒に登ってきました。

今朝の安曇野の西山山麓は雪がちらついていました。
でも、さすがにここまで雪雲は飛んできません。

詳細は整理して別宅にアップします。
16:40追記 アップしました<こちらから飛びます>

リゾートビューふるさとでおもてなし(2012/3/18)

1878

今日はリゾートビューふるさとでおもてなしの日。
観光協会から2名、百選メンバーはじじと自遊人

1879

穂高駅停車中。穂高神社へ参拝の方もいましたが、下車したお客さんも結構おられました。学校も春休みにはいりました。連休ともあって結構お客さんは乗られていましたよ。

1880

ちひろ美術館もオープンしたので信濃松川駅に停車するようになりました。
先頭座席に座られていた子供連れのご家族は下車されました。
この電車が戻ってくるまでのんびりされるようです。

今日はスタッフの女性がひとりだったので自遊人が妃をやったよ。
「鏡よ 鏡 世界で一番美しいのは 誰だいねぇ」

1888

いつもの駅そばそしてアルプスロマン館でお茶とお菓子いただいて帰ってきました。

大町山岳博物館からの眺め

9112

Img_0001

Img_0002_3

空がぼんやりとして春らしい雰囲気になってきた大町山岳博物館

山岳公募写真展を見るためと、今年度から三セクになる山岳総合センターに挨拶する目的で出かけてきました。
あいにく新センター長はおられませんでしたが、顔見知りの職員の人に挨拶してきました。

そして写真展。
こういう写真展をたまに見ると勉強になります。もっともなかなかふらっと出かけて良い場面に出会える確率は少ないので、やはり狙って出かける必要もありますね。でもそんなに暇でもないし、金もないなぁ~

9119

爺ヶ岳から遠く白馬まで。一度連続して歩きたいですねぇ。

91229124

今年は是非食事の美味しい船窪小屋に泊まりに行きたいですが、暇あるかなぁ~

<補足>
新年度の山岳総合センターのチラシができています。(こちら)(野外講座の案内

木の香りが心地良い~♪

1866昨日は松本地域景観育成サポーター運営会議が松本合同庁舎で行われました。

合庁のパスポートセンターの前にこんな子供部屋みたいなのがありました。木の香りがとても気持ちいいです。

15日は人事異動の発表がある日でもありますが、この会議の窓口になっている松本地方事務所・建築課の担当者も異動になってしまう話を聞きました。
担当者は今年3年目。長くいるといろいろ問題が起こりますが、短すぎても不便です。
安曇野のイベントにも顔を出してくれたり、松本、塩尻でも積極的に活動してくれただけに残念です。

9091_29093_2

9095先日、池田町の方へ出かけた際、たまたまあったお宮。
鳥居をくぐると木の香りがフ~っと漂ってきました。

やはり木はいいですね。
ちなみに25日のふるさとウォッチングで訪れる一日市場にあるお宮の鳥居は新しいけどコンクリート製。
ふるさとウォッチング参加者募集中です→こちら

二十三夜塔もありました。地域のお宮にしては結構立派です。

90949097

鐘のない火の見櫓がありました。
(注 自遊人はヤグラーじゃないよ)

櫓としての用途は少ないでしょうが、ホースを干すには便利なようですね。

よく見ると外灯がつけられています。でもずいぶん高い位置ですね。役に立つんだろうか?

今日のおまけ
1865松本でドライブインをやっていてたのですねcoldsweats01

和風レストランは・・・土佐錦じゃなくて良かった!
すみません。でも前からどうしても気になってましたthink

雪景色・・・もう見飽きましたが

9079
         常念道祖神
白い常念岳は美しいですが、そろそろ桜の季節が恋しくなってきました

9084
北アルプス北部、後立山連峰も白く輝いています

90899090

先日暖かい日がありましたが、ここ数日また寒さが戻りました。
三寒四温。春の訪れを告げるこの言葉もあまりに寒暖差が大きいと体がきついです。
服装選びにも困ります。

今週末は暖かくなるようですが、来週はまた寒くなる予想です。

春を待つ大王わさび農場<2012・3・13>

9076

1861前日(12日)は予想以上の大雪となった安曇野ですが、積雪が多いのは西の山麓の穂高方面だけで、多くの場所は積雪も少なかったようです。
でも昨日の朝の凍結は酷く、県内ではスリップ事故が多く発生したようです。
この時期は多雪期より怖いブラックアイスが発生しやすいので運転には気を使います。
3月に入り気が緩んでいましたが、まだまだ信州は寒いです。

大王わさび農場へわさびの花の様子を見に行ってきました。
寒冷紗のかかるわさび田、冷たい水に浸かりながら作業する人が見られました。

90669064

いつもの水車小屋。
このあたりはほとんど雪がないですねぇ。
わさびコロッケ食べながらお店の人に話を聞きましたが、最近は屋根に雪の積もる日も少ないとか。

寒い冬で多雪が言われますが、山も里も場所によって大きく差があるようです。

9074

梅の花もまだチラホラ。わさびの花も遅れそうです。

帰ってきた冬将軍

1854
雪が降ります 雪が降る~

1847
春を待つ桜の枝にも雪が積もります

1858
デッキにもこんなに雪が積もりました   

15時現在、アメダス穂高の最高気温は0.1℃。我が家辺りは氷点下の気温が続いているでしょう。午後になってようやく雪の峠は越えたようです。

Photo2

御宝田遊水池そばにあるライブカメラ映像。雪は降っていますが積もっていませんね。
このあたりは地下水が地表近くまできているので融けてしまうのでしょう。 

別宅には3/9~10の奥上高地・徳沢編をアップしています
      
<こちらから飛びます>
3/13追記 : 3/11の入笠山編アップしました。こちら

この週末は「冬山」で過ごしました<上高地・徳沢&入笠山>

9021
僕は今、梓川の真ん中に立っています。
雪の結晶はやがて春の陽射しの下、一滴の雫となり川を下ります。
やがて高瀬川の流れと共に犀川となって安曇野まで流れてきます。

1784
春を待つ木々の枝に白い氷の華が咲きました。
春の風が梢を揺らすと、華ははかなく舞い散ります。
木々はやがて芽吹き、緑鮮やかな季節へと移りゆきます。

3/9~10は埼玉の山の会のメンバーと上高地・徳沢へ。
3/11はやまたみ倶楽部で入笠山へスノーシュートレッキング。

いずれもリーダー山行でしたが、勝手知ったるメンバーとコースで気分的には楽でした。
詳細は別宅にアップしていきます。
<3/12 8:30追記> 徳沢編アップしました<こちらから飛びます>
<3/13   追記> 入笠山編アップしましたこちら

福寿草みーつけた!<三郷・一日市場~ふるさとウォッチングの下見>

1637

福寿草がたくさん咲いてる場所があったよ。

1640 今月25日には第14回ふるさとウォッチングが三郷・一日市場地区で開かれます。
(ふるさとウォッチングの案内はこちら)

昨日(7日)にメンバーで2回目の下見を行いました。
今回は自遊人もガイドするだもんで、たんと勉強しとかねえとなんねえだ。

昔、市場の中心として栄えた面影と松本のベットタウンとして開発の住む三郷の今を一緒にウォッチングしませんか?

<次の更新は3/12になります>

おひさまのロケセットは無事でした

「おひさま」のロケセット。無事でした~
1583

前日(月曜日)は降っていた湿った重い雪は朝のうちに雨に変わりました。
雨がとかしてくれると思ったら大間違い、上空の気温が高くなっても下層の気温は低いままではなかなか融けないのです。

15811584

地表付近が凍っている場合は融けても地中にすぐにはしみこみませんので水溜まりとなります。引っ越した当初、庭の雪かきをせず放っておいたら池になり、芝生が駄目になりました。

1589

下層にたなびく雲。春の予感。
朝まで降っていた雨も上がり、松本では日中18..6℃、穂高でも16℃まで気温が上がりました。

1596

高瀬川沿いの田んぼ、一羽だけ違う方向向いてますけど、そろそろ北へ帰る気持ちが高まってきましたかね。

<おまけ> 空飛ぶ土佐錦魚・・・には見えないかwink
8932n

環境について勉強した土日でした

1450

1449「張り紙がずいぶんと控えめなのね」

安曇野環境市民ネットワークフォーラム2012
豊科交流学習センター「きぼう」を会場に開催されました。
3日は環境学習事例の紹介がありましたので、聴講してきました。
ところで会場となった「きぼう」は穂高にある交流学習センター「みらい」の後にできたものです。
こうしていくつも作るセンスが市役所の集約化が進まない部分に思ったりします。
話はそれましたが、新しくできてもそんなに利用者がいるわけではない施設。場所もふらっと来て入る感じの場所ではないので、一般の人の来場は大して多くないようでした。

1453145514561459146614681471人の少ないお昼時に撮ったとは言え、人がいませんねぇ~。
展示は29日から4日まで行われましたが、果たして何人の人がこの展示を見たのでしょう。
展示自体も参加団体の数の割には少なくて寂しい。

1474フォーラム自体もなんだか集まり悪くて精彩に欠ける・・・

環境は身近なテーマですが、実際には多くの人があまり意識せず暮らしているわけで、何かきっかけがないとなかなか自分の問題として取り組まないものだということがよくわかります。

15111512

この日は夕方から反省会+懇親会が行われました。
せめてこんな時くらい顔を出してもいいように個人的には思うのですが・・・

さて、翌4日はプロジェクトWETエデュケーター養成講座が塩尻で行われましたので、受講してきました。(プロジェクトWETについてはこちら

1548_21549
なんだか難しそうなことをやる雰囲気がありますが、地表の71%を海に囲まれている地球に住み、約8割が水で構成されている人類にとって、身近でありしかも大切である
この水について学び実践しましょうというもの。

15441552

ゲームを通して学んでいく取り組みは大人でも楽しめるし、文字を読むより身につきます。

1554

1556こぼれんばかりに水を入れたコップに1円玉を入れていきます。
結構入るもんですよ。

danger本当に溢れんばかりに水を入れれば1個も入らないなんて考えてはいけませんよ。
水の性質を利用したひとつのゲーム。凝集・凝結、表面張力なんてことを視覚的に楽しく学ぶのが大切なんですから。

クモハ123形 ミニエコー

日曜日は一日塩尻で講習会を受けていました。(様子は後日)
駅まで散歩しましたら、見かけないカラーの電車が止まっていました。

15221524

1525_2近寄ってみますと車体の横にはクモハ123-1
先頭にはミニエコーのヘッドプレートがついていました。

自遊人は知りませんでしたが、ネットで「ミニエコー」で検索するといろいろな情報が出てきましたよ。

「辰野-塩尻」とありますね。
今は塩尻峠のトンネルがありますので、新宿からのあずさとか東京方面からの多くの列車は辰野を通ることはありませんが、本来、中央本線はこの辰野を経由した路線となっています。

Jreわざわざ辰野のほうに大きく迂回している理由は、ネットで見るといろいろ理由があるようですね。
いずれにしてもこの狭い場所、周辺人口も多くない所に今も鉄路が残っているのは今どきとしては珍しいことです。
ちなみにこの区間に駅はふたつあります。

そんな場所を走る旧国鉄時代の電車はなんとなく哀愁を感じます。
ところで、塩尻からこのループ区間を何周できるか?
暇な時に時刻表で調べてみてください。調べるより鉄道少年に聞いた方が簡単か?

自然のうたごえが聞こえる

8952

8950

8914今日は3月3日。一般的にはひな祭りですが、ある理由から自遊人にとっては耳の日のイメージが強いです。

ここの所日中の寒暖差が大きくなってきました。季節は春へと移りつつある証拠でもありますが、外出する時の服装に悩む季節でもあります。

空気もやわらかくなる季節の雪遊びは濡れるし、紫外線も強いので変な言い方ですが、好きなのですが気を使います。
その上汗っかきなので大概翌日からしばらくは風邪気味(疲労)となります。

アウトドア活動に向いてないですね。
(単に柔なだけの気もしますが)

<撮影場所:黒沢尾根にて(こちら)> 

カモシカと跳ねる

89758976

カモシカは結構近くまで寄れるのですが、この日はなかなか近寄らせてくれませんでした。

8992カモシカと“シカ”の名前がつきますが、ウシの仲間だそうです。
ガイドのOさんに言わせると「カモウシ」。う~ん、かわいくな~いcatface
日本鹿のようにスリムではないし、鈍くさそうですが、こんな雪の中でも結構ピョンピョン跳ねてました。
つぼ足とは言え向こうは4輪駆動、こちらは2足のわらじ(でかいスノーシュー)。追いかけるのも容易ではありません。

新雪の上で跳ね回るのは気持ちいいですが、自遊人は紫外線に弱いし翌日は筋肉痛になってしまいました。
鍛え方も足らない証拠。運動不足です。

<撮影場所:黒沢尾根にて(こちら)>

ささやき

8911_4

息もぴったり 寄り添うふたり

「ごらん あれがポラリスshineだよ」
満天の星空の下 風の音しか聞こえない世界
ふたりだけの静かな時が過ぎていきます

なんてね。頭に思い描きながら歩くのもまた楽しからずや。

8943n

3月のスタート
別れもあれば出会いもある春
ところでこの野鳥の名は?

<撮影場所:黒沢尾根にて(こちら)>

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト