« 今朝も雪 | トップページ | シャガール展/松本市美術館 »

第14回ふるさとウォッチングin安曇野/三郷・一日市場

2116_2

NPO法人 信州ふるさとづくり応援団安曇野支部のふるさとウォッチングも第14回目を迎えました。スタッフ入れて90名と多くの参加者を迎えて無事終わりました
今回は初めての案内役。安曇野案内人倶楽部の一員としてはウォーミングアップのつもりでのぞみました。

2111集まる前には一時強まった雪もその後はおさまり時折ちらつく程度。陽射しも暖かく予想通りの天気。
同じ安曇野市内でも全然違います。
ただもお昼前から冷たい強風が吹き始めました。

ちなみに家に帰ってきたらまたチラチラしていました。
大町・白馬方面から来る車の屋根には雪がたっぷり積もっています。スキー場もすでに春シーズンで割引になっていますから、滑る人にとっては恵みの雪になっているでしょう。
一方、農家の人はなかなか安定しない天気にやきもきしていることでしょう。シーズン毎の畑仕事があります。後ろにずれればそれだけ忙しくなることでしょう。

2118

21202121

立派な山車です。氏子総代の方の説明はとても興味深いものでした。

21242126

三郷は屋敷林の多い場所ですが、ここは一日市場の町中、駅もほど近い場所にあるお屋敷で昔は900坪くらいあったそうです。でも維持するにはお金もかかります。今では新興住宅に変わり、屋敷林も大部分は切り払われてしまいましたが、それでもこうして維持されています。

今回はガイド役だったので写真はここまで。まだまだ未熟者ですが次回はもっと頑張ろうと思いました。

山の会の仲間も4人参加してくれたし、ブログ友達や仲間が増えてきて少しでも地域づくりに役立っていますかね?参加していただいた皆様、ありがとうございました。
次回は6~7月頃となりますが、またよろしくお願いします。

15:30追記・・・冬に逆戻り
9190
気持ちはいつも If winter comes, can spring be far behind?
でももう我慢できないなぁ~

« 今朝も雪 | トップページ | シャガール展/松本市美術館 »

コメント

自遊人さんこんばんは~♪

今朝のsnowには驚かれたことでしょうね。
でも、自遊人さんが案内役を務められている間は
sun暖かかったそうでよかったですね。
総代さんも真剣なお顔で説明されているのがよくわかります。
無事終えることができご苦労様でした。

おりひめも午前中、畑にいたのですが
普段見かけない人たちがぞろぞろと歩いてきました。
(ちょうど1枚目の画像に写っている人と同じような恰好でした)
何をしているのだろう?と思ってしばらく見ていましたが
先ほど新聞を見て納得、昨日、今日と
「第11回阿波えらいやっちゃツーデーウォーク」という催しがあり、
県内外から参加された人たちが鳴門の観光地を散策されたようです。
いろんなコース(5・10・20・30キロコース)があったようですが、
おりひめのhouse近くには見どころ無いと思うので
がっかりされたのでは・・と心配しています。

おりひめさん 今朝はまだ雲は流れてきますが晴れています。

ウオッチング後半、北風に吹かれて寒かったですが、雪はやんでよかったです。
この季節は町中をコースに選んでいますが、北の方はそれでも雪のリスクはあります。
これまで14回、小雨が一回以外は全て晴れでした。
お休みの日、総代さんの説明はとても勉強になりました。同時にこの舞台でお囃子をやる子供が少ないことは残念です。こういう地元の伝統を親子で学ぶ時間も必要です。

ウォーキングの催しはどこも盛んですね。地域の活性化として良い取り組みだと思いますが、本当はその地域に住む人それぞれがガイドであっても良いと個人的には思っています。住んでいる人には何気ない暮らしも他所から訪れる人にとって珍しく感じるものが多いです。畦道を歩けるのも田舎でしか味わえません。畑の野菜だって都会の子供には新鮮でしょう。以前、開いた魚を見てそういう姿で泳いでいると思った子供がいるほどで、野菜のなっている風景すら知らない子供もいます。
参加された人ががっかりされるとしたら、やはり案内役がフォローしないといけないと個人的には思います。「ここにはたくましい金魚さんを外で育ててますよ」とかねbleah

自遊人さん
おはようございます。
案内役お疲れ様です~
立場がかわると気づくこともまたありますね。
今は畦道を歩くこともなく育つ町の子供たちですから
こういうところを歩かせて自然に触れ合ってほしいですね。
塾通いばかりではねぇ~

自遊人さん こんにちわ〜〜

大勢の参加者で良かったですね
案内役もされて お疲れさまでした

街中では畦道を歩きたくても "畦”がないですものね
姫路辺ではお城が見えなくなるあたりからたくさんあります
あっても遊んでる子共がいないです
子供の数も少なくなってはいるのですが・・・
塾通いや 室内でゲーム遊びする子が多いのでしょうね

ここ子達が子育てする頃はどんな日本になってるんでしょうね

ムームーさん こんにちは

我が家は寒いので午前中松本へ行き、お昼に知り合いのお店で蕎麦を食べて帰ってきました。
口がよく回る人なら良いのですが、下手くそなんで申し訳ない気がします。

昔は田んぼや畑でよく遊びました。危うく"糞"死しそうな思いもしました。今はそんな場所があると危険と怒られますが、昔はそうやって自然と触れあって育ちました。
今はゲームとか人工的な遊びが多いですね。
ある意味恵まれていますが、想像力を養うには自然の中が一番だと思います。

このウォーキングを通して地域が元気になればよいし、またいいなと思って安曇野に住む人も増えると嬉しいです。

うーちゃんさん こんにちは
そもそも案内とか性格的に苦手なのに山や町のガイドを目指しているのは変ですね。

人には向き不向きがあります。都会の暮らしを一度は経験するのも良いと個人的には思います。同じ所に住んでいると良さも悪さもわからなくなってきますからね。
伝統も大切だし、時代の流れと共に変えていく必要があるものも実際あります。

ふるさとウォッチングでは昔から住む人、Iターン、Uターンの人の交流の場になっているように思います。地域の人が元気になること、Iターンの人が地域を知るには本当に良い場だと思います。もっと家族連れとか参加してくれると良いなぁと個人的には思っています。ウォークラリーが補完しているかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今朝も雪 | トップページ | シャガール展/松本市美術館 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト