« 自然のうたごえが聞こえる | トップページ | 環境について勉強した土日でした »

クモハ123形 ミニエコー

日曜日は一日塩尻で講習会を受けていました。(様子は後日)
駅まで散歩しましたら、見かけないカラーの電車が止まっていました。

15221524

1525_2近寄ってみますと車体の横にはクモハ123-1
先頭にはミニエコーのヘッドプレートがついていました。

自遊人は知りませんでしたが、ネットで「ミニエコー」で検索するといろいろな情報が出てきましたよ。

「辰野-塩尻」とありますね。
今は塩尻峠のトンネルがありますので、新宿からのあずさとか東京方面からの多くの列車は辰野を通ることはありませんが、本来、中央本線はこの辰野を経由した路線となっています。

Jreわざわざ辰野のほうに大きく迂回している理由は、ネットで見るといろいろ理由があるようですね。
いずれにしてもこの狭い場所、周辺人口も多くない所に今も鉄路が残っているのは今どきとしては珍しいことです。
ちなみにこの区間に駅はふたつあります。

そんな場所を走る旧国鉄時代の電車はなんとなく哀愁を感じます。
ところで、塩尻からこのループ区間を何周できるか?
暇な時に時刻表で調べてみてください。調べるより鉄道少年に聞いた方が簡単か?

« 自然のうたごえが聞こえる | トップページ | 環境について勉強した土日でした »

コメント

おおおお~電車だぁ~
私、電車見るとわくわくしますのよ、色々な
のがありますね。
ルートはだれが決めるの?
時の大臣?
何だろう、利用されない所に走るのもあるしなぁ。

ムームーさん 気に入っていただけましたか?

最近の電車も良いですが、旧国鉄時代の車両も味があります。
国鉄時代の顔(窓)は小顔が多い感じです。今のは広いですね。

国有化する前から走っていた路線がベースなのでしょうか。
それ以外は・・・いろいろあるのでしょうねぇ

こんばんは☆

この区間、塩嶺トンネルが掘削工事中の頃に青春18キップでこの区間を通って松本経由で北陸まで乗ったことを思い出しました

最初からいずれローカル線転落が予定されていることから設備が格段に落ちるのが分かりました
今も存在しているのが奇跡の様な路線です
冬の交通を維持するには鉄道が重要なことを物語っていますが車両の方は新技術を投入した乗り心地の良い軽快な車両を導入してやっても良さそうです
化石の様な車両をいつまでも使うのは省エネや安全の観点でも好ましくありません

サイモンさん こんばんは

地方に行くと珍しい(古い)車両をよく見かけます。今はさらに東南アジアで働いていたりしますね。
JRになって多少は洒落た電車が走るようになった地方路線ですが、都会に比べれば田舎臭い電車が多いです。台車の使い回しは昔は私鉄でもよく見かけました。架装は新品でも運転台が古いままなんですよ。

古い列車の方が馴染む場所、例えば大糸線の糸魚川~南小谷間は古い電車の方が味があって良いです。ここの区間はそもそも崩れかかっているようで歩くようなスピードで走るし、先月末冬眠から目覚めるはずだったのが延期になりました。雪崩で電車が流されちゃう恐れがある区間があるそうです。
管理するJR西日本も端っこの方だしあんまり力入ってないんでしょうね。住んでる人も半ば諦めてるような感じ(住民は高齢者ばかり)です。

おっしゃる通りでよく廃線にならないものだと思います
ただ、途中にある小野駅の一日の乗降者数データを見ると有明と大して変わりません。
意外と人が乗るんだなぁという感じ。もっとも200人です。ほとんどの人は自家用車です。

自遊人さん、こんばんは
以前、まだ引っ越して来たばかりの頃、
塩尻に行くことがあって、帰り松本経由で帰ろうとして、
間違って、ホームに停まっていた電車に飛び乗ったのが、この電車でした^^;
みどり湖のトンネルをくぐらずに、見知らぬ風景が車窓に広がったので、
もうビックリ!@@;
何が何やら、名古屋に連れて行かれるかと冷や汗掻きました^^;
最終的には、時間はかかりましたが、松本へ到着できたのですが、
後で調べて、自遊人さんが書かれているようなことを知り、
これまた意外な中央本線の歴史に触れ、二度ビックリしたのでした^^;
みどり湖のトンネルができる前は、辰野、小野経由だったんですね。
大糸線、篠ノ井線より、さらにのどかでローカルな電車でした^^

azumino-macroさん おはようございます

乗り間違えは焦ります。特に地方は戻りの電車も少ないですしね。
土日を中心に走っている南小谷行きリゾートビューふるさとは穂高駅で松本行き普通列車とすれ違います。ドアの数も雰囲気も違うので間違える人はいないだろうと思うのですが、意外と間違える人がいるんだそうです。

それにしてもよく廃線にならないです。
塩尻-みどり湖間は両路線とも接近していますが、集約する話はなかったのでしょうか?塩尻駅から見ると辰野行きが支線とは思えないほど立派です。
今度電車で行って霧訪山に登ってみようかなぁと思ったりしてます。

自遊人さん こんにちわ〜〜

国鉄って聞くだけでも懐かしいです

昔スキーに行く時は夜行で"ちくま”でしたよ〜〜
夜行列車などみんな無くなって "早い速い列車”ばかりなってしまいましたね
いいのか悪いのか??ですが

ローカル線にはまだまだ古い車両が走っていますね

うーちゃんさん コメントありがとうございます

夜行列車は宿代をケチるのにも現地に朝早く着くにも便利でよく利用しました。
でも値段は上がり、接続も不便になりました。分割民営化の弊害ですが、時代の流れもありますしやむを得ない部分もあります。そもそも電車の移動より自家用車が主流となりましたしね。

ローカル線こそ最新型で経費も安くあげた方が良いかも知れませんが、古い電車も味があるしうまく活用すれば観光客が利用すると思うのですがthink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自然のうたごえが聞こえる | トップページ | 環境について勉強した土日でした »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト