« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

お稲荷さん<ふるさとウォッチング下見>

N0349
次回ふるさとウォチングは3月25日ですdog

NPO法人 信州ふるさとづくり応援団・安曇野支部によるふるさとウォッチング。
今回は三郷・一日市場(みさと・ひといちば)周辺を見て歩きます。
梓川、犀川を挟んで松本に接する三郷地区は近年宅地開発が進み、昔からの風景が失われつつありますが、一日市場の名があるように昔は交易の拠点ともなっていました。
29日はメンバーで1回目の下見を行いました。

N0383

なぜかお稲荷さんがたくさんあります。ここはそんな中のひとつ

N0384

お稲荷様と言えばお狐様。ここは拝殿の奥におられます。

N0385

お狐様は近所のお堂に住んでおられるようです
・・・ 「嘘ずら~bleahcat

本番の頃にはいくらか暖かくなりますかねcherryblossom

安曇野神竹灯 <1月29日・鐘の鳴る丘集会所>

8297
   雪の中 ほのかに灯る 竹灯籠

8289 先日、kiyoさんのBlog「安曇野の空の下で」で、鐘の鳴る丘集会所を会場に安曇野神竹灯(かみあかり)が行われるとの記事を読みました(こちら

「近いしちょっくらのぞいて見るべ」と土曜日に歩いて(往復30分くらい・・・雪で暗かったのでもうちょいかかった)出かけましたが、降雪中止。
再度、昨日日曜日に今度は車で出かけました。(午後、ふるさとウォッチングの下見でたくさん歩いたもんで)

8293_2

8302

8279

お客さん、結構来られていました。

山麓線沿い、いたるところに駐車場を設けていました。
宮城の信号手前に止められましたが、天満沢のほうだったら家から歩くのと変わらなかったです。

キャンドルの灯ってやさしくていいですね。
なかなか手に入りませんが、和ろうそくだったらどんな雰囲気かな?

自然がくれた宝物

8192日中、やみ間はあったものの結局夜まで雪降りでした。
影響で鐘の鳴る丘で開かれている神竹灯は中止に。
せっかくの土曜日、金曜日と降りがあまり変わらない気がするのにやらないあたりは、とりあえず報道記事だけ作って観光に生かしていない気がして残念でした。
今日はやると話していましたが、遠くから来たお客さんは帰ってしまいますね。

8195それにしても予想以上の降雪でした。
今シーズン2回目の除雪出動となりました。
山麓線はシャーベット状の雪が凍っています。

サラサラの雪。スコップより竹ぼうきが活躍します。
軽いのでささらのように振りまわしていますと、お腹周りのお肉が取れそうな気がしますcoldsweats01

8203

雪の結晶がキラキラ輝く今朝の安曇野・穂高のアメダス気温は6時現在で氷点下10.9℃。
寒いですが、自然からこんなプレゼントもありました。

<8:30追記>青空の下、朝日を浴びて
8220

8225

洗濯物が片づくわぁ。来週はまた寒いようです。

雪はもう飽きたよ

7385除雪出動するほど(10cm以上)は一度に積もらないのですが、しんしんと毎日よく降ります。
例年に比べて明らかに日照時間は少ないです。

でも、これは我が家近くの話で安曇野も大半の場所はそんなに雪は積もらない。
「今朝も雪かきで大変だったよ~」って話をすると、「嘘ぉ~!」って返事があるくらい、ここは寒いです。

左写真は室山にあるでぃらぼっちゃ
7386

8181

今朝(28日)の家の前。

8180

南に行けば天気いいかなぁ~。天気が悪いのに雪山行っても家のまわりと変わりません。かえって坂がきつくていい運動になるかも。

15:00追記・・・やみませんsad
8191

14:30頃のライブカメラ映像(左から長峰山・光橋・松本)
PhotoPhoto_2Photo_3

お昼のニュースで「松本は青空が広がって・・・」と報じている時も、我が家は雪降りでした。
今も大粒の雪がバサバサ降ってます。
8184今シーズン2回目の除雪車出動となりました。

弱まる予報ですが、ここは安曇野じゃないって
「ほうじゃあるめい」

スノーシューで近所の散歩でもしてくるかや?

リゾートビューふるさと・おもてなしスタッフ交流会

本題に入る前に今朝(1月27日)の山麓線の様子から
8179

照らされた山が赤く燃えたのはほんの一瞬のことでcamera間に合わず。
今はsnowが時折強くジャンジャン降ってます。

0303さて、昨夜(1月26日)は大町の養老乃瀧でリゾートビューふるさと・おもてなしスタッフが一同に会しての交流会が開かれました。
一昨年秋の信州DCにあわせて長野~松本~南小谷間を走るリゾート臨時快速として投入されたディーゼルハイブリット「リゾートビューふるさと
快適なシート、ワイドな車窓風景とあわせて車内では各種団体によるおもてなしを行っていて、自遊人も安曇野百選の一員として参加しています。
1年以上経過した今回、初めてこのような交流会が開かれました。

0307JR東日本・長野支社の駅長さんやリゾートビュー企画関係の方のお声はおもてなしスタッフにも励みになります。

いつも乗車していても思うのですが、乗務員さんもリゾートアテンダントと同様笑顔なのが気持ちいいです。

<みけねこさんの記事も見てにゃんcatこちら

_
03150319

この手回しオルゴールは一見の価値あり。西行法師様は御利益ありそうです。
パンチされた紙を見ると思い出すのが昔の電算機。何枚もパンチシートを入れながら「やっ~ ほっ~ FORTRANランラン」って歌ってたのが記憶にあります。(フォートラン・・・わからない人は検索してみよう!)

030003060311

031403090310

あら?サービスでお店が出してくれたワインの写真がないわ!
いつも粗食(粗末な食事)なのでついつい飲み食いしちゃうなぁ~coldsweats01

帰りはみけねこさんのレイク号で家まで送っていただきました。いつもありがとうdogワンワン

185

童謡の類は歌詞が頭に浮かんでもタイトルを忘れているものが多いです。
“雪”なんてのもそのひとつ。

295296
297

「回って音が出る」なんてのは今や過去の遺物となりつつある時代、フォノシート(ソノシート)なんて巷では見ることがありませんが、我が家では“電蓄”とともに残っています。

ここに住んでいるとわざわざスノーシューで遊びに行く気がしません。
ある意味、雪遊びの連続です。

安曇野の天気

N0277

有明から見た南の方角の風景
日本海で作られた雪雲は北アルプス槍穂連峰と常念山系に雪を降らせた後、アルプス下ろしとなって消えていきます。
全国の天気予報では長野の天気しか放送されないのでsnow国だと思っている人が結構いますが少なくとも松本はsunサンサンで、冬型の気圧配置の時はsnow舞う程度積もらないのです。

N0275

有明山は雪雲の中
まさに北アルプスさまさま。これがなければ海からの距離が遠いので、豪雪とは言わないまでも飛騨高山と同じ風景が広がっていたでしょう。
N0278_2 西の山に近いほどおこぼれの雪雲からsnowが落ちてくるわけで、我が家は今日も午後を中心に時々チラチラしたようです。
風花って感じですかね。
左写真は以前近江八幡で購入したにごり酒のラベルで本文とは関係ありませんbottle
もちろん宝塚とも関係ありませんsmile

N0261

水しぶきは凍り また雫となって流れへと帰ります

夕方から本格的に細かい粒の雪が降ってきました。明朝はまた雪かきかなぁ~

日だまり

7382

7679

今日も寒いですが雪かきがないだけ助かります

リゾートビューふるさとで方言おもてなし(2012/1/22)

0192昨日22日は臨時快速リゾートビューふるさと車内で安曇野百選による方言劇で観光おもてなし。

今日は遅れもなく穂高駅に10:59到着。
お客さんは巫女さんの案内で穂高神社へ参拝に

0193お客さんはまばら。1両目は4人くらいしか乗ってませんでした。
空いててちょっと寂しいですが、帰りの電車は白馬からのスキー客も利用するようです。
穂高駅発車は11時26分ですから、ちょっとお土産買う時間もありますね。

展望室前のシートが空いてました。お客さんからはこんな風に見えます。

0196駅長さんと巫女さんに見送られて出発進行~
巫女さん、新メンバーに代わったのかな?

0194_2天気は回復して薄日もさしてきましたが、山は相変わらず雲の中です。
山岳案内は今日もsleepyです。
写真の山は鍋冠山。

0197快適な車内、運転手さんの真後ろからも眺められます。
カウンターシートがあって、小さな子供さんでも前が見える設計です。

0198冬期はちひろ美術館がお休みの関係もあって、信濃松川は停車しません。

0204今日は劇が少し早めに終わってしまいました。
信濃大町に着くまで、安曇野案内人倶楽部“じじ”による安曇野ガイド。

できたてほやほやの百選かわら版で飴市の案内などもありましたよ。

0199_2大町駅は11時45分着、同50分発。
帰りは16分間ほど停車するので、おみやげ(おやきとか)も売りにでるそうですが、行きは短いのでこんな写真撮影とか、お迎えの太鼓叩くくらい。
でも子供さんにはいい記念ですね。

白馬へ向かって大町駅を発つお客さんを見送ってから、いつもの立ち食い蕎麦屋さんへ。

0201その後は美味しいお茶やお菓子の試食ができる駅前のおみやげ屋さん「あるぷすロマン館」へ。

いつもいつもありがとうございます

0202ここは待合室としても広いスペースがあります

0203こんな楽しい展示もあるので、電車の待ち時間とか利用して、是非お立ち寄りください。

豚まん美味しいよ

今朝(23日)の安曇野の我が家はまたうっすら雪化粧。まだ降ってて、昨日融けた道路も真っ白。

久しぶりに一緒に演じたみけさんの記事はこちら

よく降るなぁ~

188

182

Photo今日も安曇野の我が家は雪模様。日中、気温は平年並みまであがりまた湿度が高いので、みぞれ混じりの雪といった感じで道路はシャーベットになっています。
左グラフは以前もアップしましたが、気温と湿度でrainsnowはおおよそこのような関係があります。
この冬は灯油が高いですし、省エネのため図書館でも出かけたいのですが、この雪は服につくと濡れるので家の中でお片づけ

8175

8174

ってな事にならないように運動しないとね。
来週末は飲み会があるのですが、雪でしかも極寒予報です。嫌だなぁ~

今日の「おひさま」ロケセット( 2012・1・20 )

0171

毎日雪の写真ばかりなのですが、今日は安曇野でも大雪となりましたので、おひさまのロケセットを見てきました。でも滑りやすいので立入禁止にしていました。
まあ、地元民ですし観光客の手前もあるので遠目で見ることにしました。

もっとも松本の方がもっと積もっており、一時20cm超の積雪を観測しました。
信州で言う「カミ雪」というもので南岸低気圧が通った時に降る雪は、松本平の南の方が多く降ります。

0170

写真じゃ今朝アップした白馬の雪と変わりませんが、いわゆる冬型で寒気の吹き出しによって降る雪は軽いのですが、この雪は湿気を含んで重いのです。
スタッドレスタイヤが苦手とする雪でスリップしやすいので運転は気を使います。

0160

大庄屋・山口家も雪に埋もれて冬の眠りについています。

01620164

午後になって雪も上がって明るくなってきました。
でもしばらく天気は悪い予報、明後日はリゾートビューで方言劇です。

01570173

朝起きた時はいくらも降ってなかったのに、明るくなったらバサバサ積もり始め(左)お昼すぎには右写真の感じ。   

ビューポイント・白馬(3)

8166

白馬三山のビューポイントは松川沿いが有名です。
いつもの白馬大橋でウロウロしていたら、写真と山のガイドをされている方から「松川橋あたりの河原が霧氷が綺麗だ」と教えてくれましたので移動しました。
<写真と山のガイド 柏原さんのHPはこちら。宿もやってるそうです。ロッジ自遊と違ってこちらは本物だよ>

8152

8152n確かにこちらは五竜の眺めも良いです。

霧氷はちょっと遅かったかな~

8153

五竜岳、格好いいですね。
機会をみてもう少し近くから撮ってみたいと思っています。

8167
凍てつく水面に映る白き山の姿に誰ぞ思わん

8135

【募集】穂高まちなかガイドウォーク

白馬で見かけた風景の記事は続きますが、ここで2月に行われるイベントのご案内。

来る2月~5日穂高あめ市が行われます。
昨年、予想を超える参加者で一部の方にはご迷惑をおかけしたウォークラリー(昨年の様子はこちら)は今年も5日に実施されます。

今年は4日穂高地区活性化プロジェクト安曇野案内人倶楽部こちら)によるまちなかガイドウォークが行われます。(ちらしはこちら

午前と午後各15名の定員制ですが、もし当日まで予定が決まらない方は事務局にお問い合わせください。(安曇野案内人倶楽部の記事はこちら

なお、JRリゾートビューふるさとは2/3~6の間、南小谷方面穂高駅10時59分着、折り返しの松本・長野方面は16時38分着16時47分で運行される予定です。
午後の部であれば遠方から日帰り参加も可能です
冬の信州・安曇野の魅力に触れてみませんか?

『静』の世界・白馬(2)

8129
枯れたススキに白い命が今、宿りました

8149
新しい命が輝くのは朝日に目覚めたわずかな刻

8120
そっと見守る私はここにいます

8116

冬の白馬、晴れた朝はとても冷えます。
空気中の水分は凍り、冬の眠りについた木々に白い花を咲かせます。
その白い花はやがて陽の暖かさに融け、そよ風にも舞い落ちるその瞬間まで輝いています。

白銀の世界・白馬(1)

8096
厳冬の白馬の朝は凍てつく寒さ

8124
木々は枝の先まで白い化粧をしていました

8087
朝日を浴びて全てのものが白く白馬の朝を散歩してみました

野沢温泉の道祖神祭り(2012年1月15日)

8049

野沢温泉の道祖神祭り。社殿に火が入れられ燃え上がる瞬間、祭りはクライマックスを迎えます。

77367737_2

その起源、いつから行われたのかは定かではないが、昔この祭りが行われた場所にある碑には、天保十巳酷亥年(1839年)と刻まれているそうです。

7763古来、道祖神は「悪童の侵入を防ぎ旅人の安泰を守る神」とされ、分かれ道や村の入口に祀られた『道の神』。

三九郎も道祖神と関連があるようですが、道祖神の多くに江戸時代中期の刻みがあるように、村としてまとまってきた安定の時代、正月を祝う信仰のひとつかも知れませんね。

7744現在、この祭りは42歳と25歳の厄年の男衆が中心となり、野沢独特の社殿(木造の櫓)を建てる。

7776前の年に子供を出産した家では感謝の意と子の成長を祈願して燈篭(傘鉾)を奉納する。

火元の家で古式にのっとり採火された火は松明に移され、火祭り会場へ運ばれる。
社殿を守る厄年の男達と攻めるその他の村の男達の間で荒っぽい壮絶な攻防戦が約一時間続く。
手締めの後、社殿に火を入れ、激しく燃える火が最高潮に達した時、燈篭も燃やして火祭りが終わる。

平成5年12月に文化庁より重要無形民俗文化財に指定された

(青字部分は野沢温泉の道祖神祭りチラシよりほぼ原文通り引用しました)

7768

7781

自遊人は生まれこそ下町ですが、こういう地域の関わりとは全く無縁の世界で暮らしてきて、正直言えば苦手な世界です。そんな自分が縁もゆかりもない信州・安曇野に生活の場を求めたのは単に自然へのあこがれだけではないのかも知れません。

さて、お昼頃完成した社殿はお祓いを受けた後、細かい準備や記念撮影を終えた後、夕方からスタートします。(ここから写真多くなりますsmile

78047809_2

火元からもらった松明を持って走ってきました。振りまわすので火の粉が飛びます。
(火祭りは見物人も焦げて困る服装は厳禁です)

7816

7818

7821

前の年子供が生まれた家の燈篭です。

78347843

78647868

続いて別の家もやってきました。みんなすでにアルコールが入っています。
お客さんも振舞酒は飲み放題。この後車で帰るので残念だなぁbottlecatface
燈篭は組上がると照明がつけられます。

79027917

社殿の下で道祖神太鼓の奉納とかあったけど音しか聞こえず、花火は真上で雪がガンガン降ってるので見にくく、でも祭りは盛り上がり~でも最後に火元から採火された松明がなかなかやってきません。だんだん寒くなってきたpenguin

79267931

ようやくやってきました。準備していた地縁団体の野沢組惣代の火つけ

793579417954

離れていてても熱気が伝わってきて温か

7955

42歳厄年の牡丹会が下にいる25歳厄年の竜成会にゲキを飛ばす中、いよいよ村人との攻防が始まります

796379767978

7981「なかなか燃えないわねぇ」
何度も来ているようなおばちゃんの声が聞こえます。

「火あぶりみたいだな」
そんな声も・・・確かに・・・gawk

子供火つけに続いて大人火つけ。全体にスケジュールは遅れ気味ですが、急ぐことなく祭りは進められていきます。

79967998

80128022

80278030

それにしてもすごい人だかりですねぇ。

803780418043

8046 最後に大きな火元が近づきますと、上にいる世話人さんが上の人を下に誘導します。

後ろに梯子がかけてあるのですが、なにぶん酔っぱらいの集団でしょうからねぇ。
下は雪ですけど固いし、落ちないか心配です。

8048

8052

80578060

8066

80698072

全部燃やしちゃうのね。秘かに燈篭の照明が気になりました。

8075

8076火をつけた側から風が吹いたので綺麗に全体に火が回りました。

時計は10時を回りました。
最後に全部燃えるまではまだ時間がかかりそうです。

雪が降り続いているし帰ることにしました。

8080_2

無料のスキー場第2駐車場に止めた車はすっかり雪に埋もれ、道路も真っ白。

安曇野に帰ってきたら山麓はまたチラチラ。でも積もるほどではありませんでした。

野沢温泉の道祖神祭り(2012年・速報版)

7684

新潟との県境、長野県屈指の豪雪地帯、野沢温泉の道祖神祭りを見てきました(2012/1/15)
日中はひとときの間、雲も薄く陽射しもありましたが、すぐに雪降りに。
雪のやみ間は雪かき、屋根の雪下ろしに余念がありません。

7689

野沢温泉スキー場。志賀高原、白馬と並ぶ長野県屈指のビッグエリア。
様々なコースが用意されていて一日では全部まわり切れません。

7780

道祖神祭りは夕方、日が落ちてからスタートします。

その様子はこれから写真を確認してアップします。

雪と氷の世界<入笠山にて>

7602 昨日書いた入笠山のコース案内を別宅にアップしました。(こちらをクリック)

さて、毎日寒い日が続いています。
今夜もsnowのマークがついています。新年からよく降る気がします。我が家の庭はこの時期陽当たりが悪いので雪がなかなか融けず、すっかり根雪となりました。ただ、積雪量は決して多くない気がします。

この週末、やまたみ倶楽部では北横岳のヒュッテ泊まりの山行が組まれていますが、NPO法人信州ふるさとづくり応援団の戦略検討会議に出席するため自遊人は不参加です。

7530

7610

76037607

7593

7595

7598

雪と氷の世界。自然の芸術品を見る時、言葉は要りません。
心静かにその世界にただ浸ります

冬の入笠山

7592

7559氷点下の朝、入笠山へ出かけてきました。
3月のやまたみ倶楽部山行の下見も兼ねて、でもなるべく下から歩きたいので林道をひたすら上へ。そのまま山頂直下まで行けそうな路面状態でしたが、道が細くなる手前の沢入から歩きました。
ここは駐車場も広いですが、冬はトイレが閉まっていました。

ちなみに倶楽部の山行は富士パラ(富士見パノラマスキー場)のゴンドラを利用する計画で、Nさんが立案することになっています。

7566

7571

予想通りの青空、すぐ隣の八ヶ岳をはじめ、南アルプス、そして遠く富士山、北アルプス、中央アルプスと360°の展望。
でも頂上はとても風が冷たかったですpenguinpenguinpenguin
強風でなかったのは幸い、美しい風景を楽しみながらおにぎりを食べました。

7620ところで、今回は自作おにぎりを用意しませんでした。
←食べたかったのはこれ。地域限定なのでよそでは売ってないです。食べたかったら、信州にお出かけくださいsmile

元々は塩尻市のオリジナル給食だそうです(こちら

キムチ+沢庵で「キムたく」。沢庵は信州では作られている家庭も多いでしょう。そして最近人気のキムチ。
キムチは食べるけど、沢庵は昔はそんなに食べなかった(信州に来て食べるようになった)自遊人ですが、これが実に簡単で美味しいのです。

コース案内は明日以降別宅にアップします。

道祖神の御柱(三郷・一日市場)

次回、第14回目のふるさとウォッチングは3月25日(日)に行われます。
場所は三郷・一日市場(ひといちば)。
昨夜のNPO信州ふるさとづくり応援団・安曇野支部会議で部会長のTさんからコースの見どころについて説明がありました。

7449_2下見は1月29日の安曇野検定が終わった後午後から行う予定ですが、一日市場あたりは土地勘がないのと、今週末には終わってしまうであろう道祖神の御柱を見るため出かけました。

旧三郷村は安曇野市の一番南、松本市旧梓川村と接する場所に位置します。
安曇野の農畜産業applepigを担っている地ともいえる三郷地区は伝統的な文化が残っている一方、松本近郊のベッドタウンとして新興住宅地の進出の著しい場所でもあります。そのため写真のように昔からの住居と混在する場所も多く見られます。

7439_2景観の維持、屋敷林保全と言いましても、住む人も違えば考え方も違います。
それでも安曇野ならではの景観を守っていくためには、住民同士の相互理解は不可欠です。

ふるさとウォッチングでは屋敷林サポーターの勉強会も兼ねようという話が出ました。
屋敷林所有者の悩みなどを住民が共有できれば、またその解決策も提案できるのではないかと思います。

さて、前置きが長くなりましたが旧三郷村は道祖神祭りの伝統が色濃く残されているそうです。(安曇野案内人倶楽部の若きホープでもあるTさんのブログはこちら。詳しく書いてありますので是非ご覧ください)

7398_47399_2

道祖神の御柱とタイトルにあるように、セットで建てられています。
この道祖神のお祭りと三九郎は関連があり、昔は道祖神の前で三九郎・火祭りを行ったようです。

写真は栄町道祖神の御柱

7427_47428_3

こちらは東村道祖神、大黒様がおられます。

茶色のスプレーはさび止め?

74637464

7467子育観音とありました。

入口には道祖神様がおられます。
見た感じ夫婦で仲良く手をつないでいるだけで子育てはどうしたんだ?coldsweats01

観音堂の裏手には山車の保管庫がありました。

74927489_2

最後は上町道祖神。

でっかく「道祖神」って書いてあります。
左右書いた人が違うんですね。

交通量の多い通り沿い、これなら目立ちますね。

ネタないよ

7376

7378

この子は片眼が不自由なようですね。(猫はウインクしませんよwink

暖かい所に目がないですね。この猫ちゃん、ボンネットの上からしばらく動きませんでした。そういえばふだん吠えかかってくるワンコも寒い時は小屋から顔を出して吠えるだけです。
雪の中も走り回るお猿さんを見習って出歩かないと・・・寒いけどpenguin

冬のリンゴ畑

7373今朝はまた雪がちらついていましたが、午後には陽射しが戻りました。

山に行っても景色が楽しめそうもありませんので、北小倉のリンゴ畑を見に行きました。
冬のリンゴ畑、人なんかいないかなぁと思いましたら、雪の重みで枝が折れないように手入れに余念がないようでした。

休みの日も働く農家の人の努力のおかげで、毎年美味しいリンゴがいただけます

7363

7369

7364   

久しぶりにリゾートビューでおもてなし

9711

今朝もよく冷えた安曇野。消防出初め式がありました。駅前までは来ませんでしたが通りを鼓笛隊が進んでいましたよ(関連ブログ記事→こちら)

9714

安曇野百選による方言寸劇。自遊人は11月はネパール、12月は他と重なったので久しぶりの参加です。ジジと市の観光課の女性ふたり。最近、みけcatとプリンセスvirgoは忙しいみたい。

9715_29716

先頭展望スペースにこんなマップと写真集が置いてありました。
いろいろ新しいものを考えているようですね。我々も新規出し物を考えねば~

9717

あずさが東京で人身事故(中央線は多いので有名)で15分遅れ。接続する大糸線もダイヤが乱れ、この日は穂高神社参拝は無しでした。初顔の巫女さん、今日の仕事はお見送りだけでした。

9718

北アルプスが美しい。でも北の方は雪雲に覆われていました。
今月と来月は信濃松川にはとまりません。いつも停車するアナウンスに合わせて劇を中断するのですが「おや?」・・・近くのお客さんが「止まりませんよ」
リゾートビューは定刻運行でしたが、知らない我々はドキドキしっぱなし。
お客さん、若いギャルもいたりして結構乗車されていました。

9721

大町の駅に定時到着。5分後の出発までお見送りしました。
泉小太郎が展示されていましたよ。穂高神社の人形(記事こちら)もこれにすれば良かったのになぁ。

9722

お楽しみの駅そば。大町の消防団も出初め式のようです。昼食は毎年ここの駅そばが恒例のようです。おばさんひとりで忙しそう~。

次回乗車は22日。今回は旬の「三九郎」をフリップに用意しましたが、次は何にしましょう?2/5~6の穂高あめ市の宣伝でもしましょうか?

【募集】スノーシューで東北応援に行こう

Img_0001大震災と原発事故で観光客の減少している冬の東北。

NPO法人 信州まつもと山岳ガイド協会やまたみでは東北支援のスノーシューツアーを企画しました。
ツアー主催は近畿日本ツーリスト 松本支店

詳細はこれから作成とのことですが、概要はこちらをご覧ください。(1/20 詳細アップされました)

自遊人が初めてスキーで滑ったのが蔵王でした。
お決まりのようにお地蔵さんの所まで連れて行かれて散々な目にあいました。
やはり最初はスクールに入って覚えるべきですね。

久しぶりに行きたいなぁ~。でも正直言って高いmoneybag~~\\。

でも、現地のガイドさんがついてくれるので樹氷と一体化する心配もありません。スノーシューもレンタルできますので、スノーシューを初めて楽しみたい人にはお勧めです。

(1/17追記) パンフレットが出来上がりましたダウンロード
(1/20追記) 詳細アップされましたこちら

お問い合わせは近畿日本ツーリスト 松本支店 担当:塩沢
〒390-0815 松本市深志1-1-2 TEL0263-35-0386(代) 営業時間 9:30~17:30まで

輝く

7338

7333

今朝はよく冷えました。氷点下も二桁になると、もはや『寒いsnow』より『冷たいpenguin』で、感覚がなくなりますcoldsweats02ヤバイ
写真は大町・中山高原。長野県景観審議会の公募に応募した所、「県庁に面接に来い」と通知が来ましたので出かけました。長野市までは約70K。安曇野の我が家からですと、長野道を利用しても大して時間は変わりません。

爺ヶ岳や鹿島槍ヶ岳の眺めを期待したのですが、雪雲の中でしたwobbly
大町スキー場は閉鎖されてしまいましたが、その分スノーシューがのんびり楽しめます。
公衆トイレもあるし、人が入れば鹿の食害も多少は減るのではと思うのだけど、鹿は日中なかなか見かけませんね。どこにいるのでしょう?

いつも一緒

9653

朝までチラチラしていた雪はお昼には陽射しも出てきましたが、薄雲があって陽射しは弱いまま。それにしても昨日は予想以上に積もりました。

9672_2

9662_2いつも一緒

アンニョンハセヨ
冬ソナで印象に残ってるのは、雪の上にチュンサンとユジンのふたりで足跡をつけるシーンでした。
それ以来新雪を見ると足跡をつけてみるのですが、なにぶんひとりではうまくいきません。

まあ、なんでも良いのですが、動物の足跡って面白いですね。
どうやって歩いているのでしょう?

鳥ってなんであんな不安定な電線にとまるのでしょう?

Teach me why?

また雪降り(1月4日)

9632

写真は昨日3日の有明山。前日の雪もあがり青空が見えましたが、今朝はまた細かい雪が降っています。昨年降った雪が完全に根雪状態、でも深さはさほどありません。

温暖化が進むと雪が多くなる一方で積雪は少なくなるそうです。
湿った雪が多くなると言うことでしょうか?腰に悪くて嫌だなぁ。

9649※1月4日 12:30追記

強弱繰り返しながら積もってます。
松本から梓橋を越えると雪がちらつき始め、穂高の山麓に来たら道路もうっすら積もってました。

相変わらず寒い我が家です。

縄手通り(四柱神社&カエル大明神)

72827283

新年2日目は松本に出ました。今日は寒いしrvcartrainだよ。

72847285

7287北松本駅から松本城を通ってナワテ通り商店街へ。

女鳥羽川(めとばがわ)の北側、千歳橋~上土通りまでの間にある商店街は、元は明治の頃、露店から始まった商店街だそうで、その後何度かの改修を経て、今や松本の観光名所のひとつとなっています。

縄手(なわて)の名の由来ははっきりしないようです。
古い道具屋さんからちょっとお洒落なカフェまである町並みは、2001年に国交省手づくり郷土賞地域整備部門を受賞しましたが、残念なことに2007年、映画館「中劇」の跡地にマンションが建設されて景観が壊されてしまったのは残念。

72887292

7293通りに入ってすぐ北側には「願い事むすびの神」として信仰されている四柱(よはしら)神社があります。
天之御中主神(あまのみなかぬしのかみ)、高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊神(かみむすびのかみ)、天照大神(あまてらすおおかみ)が御祭神としてまつられています。(四柱神社のHPはこちら

おみくじが¥100でしたcatfaceが、昨日引いてしまいましたね。
こちらのほうが穂高神社より盛況でした。福袋を買いに出たついでに・・・いえいえ、やはり合格祈願、商売繁盛等々願い事はたくさんありますからね。

7299_27303_3

目的地のカエル大明神の前にきました。
ご覧の通り祀られているのは

かつて女鳥羽川にはカジカガエルがたくさんいたそうです。
その川沿いにある神社に集まる露天商、商品を買い求める人が集まり、安心して買える(蛙)通りとして「蛙」がシンボルとなったそうです。

さて、今日は神事と振舞酒smilebottleが執り行われました。
先着でだるまももらえるというので並んで待っていましたcoldsweats01

7304_47307_27311_2

横笛吹いたり祝詞をあげたり忙しそう。

ところでこの方は一体どなたでしょう?

_

_

7314_27316

子供には飲み物は何が出たのかな?おつまみもくれましたよ。

この後ICIに寄りました。みんな福袋をひっつかんでいました。
自遊人は福袋を買ったことがありませんが、通りを歩く人はお目当ての店の福袋を下げてる人がたくさんいました。さすが信州の中核都市、松本です。   

初詣

7243初詣はいつも穂高神社まで歩いていきます。

お雑煮もおせちもないので、きなこ餅のいつもと変わらない朝飯を食べてから出発

7242雲は多いけど朝日は見えました。

南アルプスが雲に浮かんで見えます。

7244山麓の我が家から穂高駅を越えて穂高神社まで約5km。

7247朝は寒いなぁ~。
日中は8℃まで上がった今日の穂高ですが、朝は氷点下6.9℃でした。

7248元旦朝9時前の穂高駅。
電車が来ないといつも閑散としています。

そういえば、年始にリゾートビューでイベントやる話があったけど、ひげトドさんから連絡ないから無しになったのかなぁ?
ちなみに安曇野百選の方言寸劇、次回は8日の運転日です。久しぶりに自遊人も乗るよwink

7249_2

7268_27267_2

竜と言えば、地元に伝わる泉小太郎が有名ですが、これは関係ないようです。

あっ!もしかして「龍」と書いた凧に乗って天に昇るんかなぁ~

7251

7250

7255

7253空いててゆっくりお参りができます。

露店も出ていましたが、今年は少し数が少ない気がしました。

美味しいパン屋さん・こっふぇる梅太郎さんがあったところではおやきや甘酒を売ってましたよ。
ちなみにこっふぇる梅太郎さんは閉店してしまいました。
* kiyoさんの安曇野の空の下での記事はこちら
* azumino-macroさんの安曇野ナチュラル・スローライフの記事はこちら

72617262

7263破魔矢と交通安全のお守りを買った後、おみくじをひきました。
結果は大吉。でもね、過去8割くらい大吉ひいてるんだよね。とはいえ、大事に持ち帰ることにしました。

さて、穂高神社を後にして帰路につきましたが、そのまま帰るのはつまらないので、先日、お散歩でも訪れた新屋諏訪神社を通って帰ることにしました。 (昨年12/27日の記事はこちら)

7270

7273

7274

7276

7277

7278

7279それにしても道中、歩いている人に全然会いませんでした。
こんな地区の神社でもみんな車でやってきます。

ちなみにスポーツクラブのランニングマシンで運動している人は見かけます。

新年明けましておめでとうございます

7228_2
写真は去年12月30日朝の日の出。アシカラズ

新しい1年のスタート。安曇野に来て6回目の正月を迎えました・・・って書いてるのは去年だったりしますcoldsweats01

最初のうちは日々の様子を書いていましたが、ツイッターやフェイスブックのほうが便利な部分もあります。
ホームページは記事を書いていたハードディスクが壊れたのでめんどくさくて更新していないのです。まあ、ブログのほうが更新は便利ですしね。

そんなわけでしばらくはこの形で安曇野と北アルプスの情報を発信していきたいと思っています。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト