« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

岩州公園から後立山の眺め

100

29日に訪れた岩州公園。明科と生坂に接した場所にあります。
比較的手軽にトレッキングできるのですが、アクセスに難があります。

120

遠く白馬

140

爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳

130

北葛岳、針ノ木岳、蓮華岳

110

111ネパール行く前に一発簡単に高所順応を・・・と思いましたら、エコーラインもスカイラインも11月から冬期閉鎖・・・今年は暖かい日が続いているのでうっかりしていました。

泊まりがけで行くのは面倒だし、燕行くのもなぁ~

連日の宴会(速報)

昨日28日は夕方から、豊科の十八番館で先日の環境フェアの反省会
1011

12

みけねこ委員長発案でワークショップ形式で討議を行った後、ご苦労さん会

20

21そして今日は、やまたみ倶楽部で岩州公園へ。

救急法の訓練を行った後、菖風亭できのこづくしとニジマス円ら揚げの食事会。

リーダーなので写真はあまりありません。
詳細はまた明日。
明日は信州登山案内人のスキルアップ講習です。

秋の安曇野の一日

6

いつもの年に比べて色づきがいまひとつです

20

館宮神社にある道祖神。まわりの文字が不思議です。

2

13

松尾寺。これがホントの鬼瓦かbleah。今まで気づきませんでした。

穏やかな秋の安曇野

1_20

3

昨日は朝冷えましたが穏やかな一日でした。

午前中、四賀のFさんの家へ梅干しをもらいに行くついでに、29日の山行の下見に出かけました。
午後は時間が空いたので近所を一周してきました。
館宮神社のイチョウがいい感じになってきました。

※タイの洪水がピークに  タイ国政府観光庁のページはこちら
                 外務省海外安全HPはこちら

不思議なもの

4

不思議なお店が集まる山麓線・宮城交差点界隈。

なんなんだ時空探偵
まぼろし探偵なら知ってるけど・・・

有明山から冬の便り

01

02

暖かい日が続いていた安曇野ですが、今朝は久しぶりに冷えました。

雲間から顔を覗かせた有明山に白いものが見えました。

※18:30修正 : 霧氷かも知れません(タイトル変更しました)

0403

山麓の秋も深まってきました

スケッチブックを持って出かけよう

8823

自遊人は絵は描きませんが、今回は高山病対策で日程はゆっくりです。
せっかくですので『スケッチブック』を持っていくことにしました。
さて、何を描きましょう?「旅の恥は描き捨て」?coldsweats01

第13回ふるさとウォッチングも無事終わりました

2天気予報も前日まで二転三転。
「第13回目にして初めての雨かrain」思いましたら、今朝(23日)は時折日も差し「おおっ!sun」と出かける準備をしていましたら、パラパラ来まして「やっぱりrain

「雨男もおるようだしなぁ」思いましたが、綺麗な虹も見えたりしまして「晴れ男のパワーの方が強そうだ」と期待できそうな予感。
でも、準備中はパラパラしてまして不安はありましたが・・・

10 11

開会式を無事終え、まずスタート地点の新屋公民館の説明から始まりました。

121314

今回、自遊人はメンバーの長老の元で歩きました。今回はスタッフの数がギリギリでしたが、ここは庭みたいなもんなので多少は詳しいです。
でも、真ん中の写真のような馬頭観音像は今まで気づきませんでした。

151617

今にも泣き出しそうな空。立派な屋敷林の赤沼家を訪れました。燕山荘のオーナーの方です。今のオーナーのお父さんが銀杏の説明をしてくださいました。
(昨年の記事はこちら1および こちら2。今回のコースはモディファイして設定しています)

18

192021

一番右のお宅は天蚕農家の方で蚕の篭がこのように吊されています。
(昨年の記事も参照ください)

222324

旧有明村のメインストリート。車で通っても歩くことは少ないかも知れません
曽根原家もなかなか中に入る機会はありませんね。

25

272829

26_2

新屋諏訪神社。下見の際に中を見せていただけることになりました。
拝殿の中に氏子でもない人が昇殿することはなかなかできません。貴重な機会を作ってくださった方には本当に感謝です。

30

最後は新屋公民館に戻って、ぬかくどごはんのお昼で談笑した後解散。
晴れて暑くなりました。

今回の資料を作成したT氏の記事はこちら

次回は3月頃の予定です。
直接関係ないけど、景観事業も県の仕分け対象になったりで苦しいです。
仕分ける人も信州の魅力は何かをよく考えていただきたいものです。

※別宅の記事は今日まで先日のビーナスラインシリーズをアップ中です。

秋の奥蓼科~霧ヶ峰(10/20)

001

まずは八島湿原・鷲ヶ峰山頂から見た富士山の眺め
雲の襟巻きをしています。

002

秋の蓼科高原。
奥蓼科・横谷渓谷と霧ヶ峰を半日ドライブ。ついでに鷲ヶ峰から360°の展望を楽しんできました。
紅葉は山から里へ、今は1000~1500mが一番綺麗です。
松本山辺から美ヶ原への最短ルート、アザレアラインは今、紅葉が見頃です。

詳細は別宅にて横谷渓谷の記事から始まります)

秋の奈良井宿(10/19)

0NHK朝の連続ドラマ「おひさま」は放送はすでに終了していますが、ロケ地のひとつ塩尻市の奈良井宿は多くの人で賑わっています。

ここは重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
重要伝統的建造物群保存地区とは、市町村が都市計画法に基づく都市計画または条例等により決定した「伝統的建造物群保存地区」のうち日本の文化財保護法第144条の規定に基づき、特に価値が高いものとして文部科学大臣が選定したもので全国に90地区ほど選定されています。
ちなみに景観まちづくりは国土交通省の所管(こちら)。
ひとくちに「美しい街並みの保全」と言っても国や県、市町村等の行政建物や土地の所有者との間に複雑な関係が存在します。

1 2

3奈良井木曽の大橋。
奈良井川に架かる木曽の大橋は、樹齢300年以上の檜を使った太鼓橋です。

中央アルプス(茶臼山)にその源を発し、やがて犀川と名を変え、千曲川に注ぎ信濃川となります。
その流れは拾ヶ堰の水源として途中、梓川の下をくぐり、安曇野の大地を潤しています。

信濃川の源流を制覇する山旅も楽しそう・・・でも、流れを素直に遡るのは辛そうです。
ところで一体いくつ支流があるのでしょうね。

4 5

6_2午前中の会議が終わってから来たのでお昼を回っていました。人も多いし、トップライトで撮影条件はあまり良くありません。

奈良井宿は今は塩尻市ですが、中山道・木曽谷に位置します。
お隣は木曽福島、胃腸薬の百草薬が有名です。
お店がいくつかありましたが、結構するんだよね、これ。
常備薬はいつも正露丸にしていますが、一度使ってみようかな~。でも、胃腸薬は滅多に飲むことがありません。

8 9

中山道としては妻籠宿が有名ですが、あちらは観光地化されすぎた感があります。(やはり伝建地区となっています)

観光客に多く訪れたもらいたい一方、ここはまた地元の人にとっては生活の場の一部でもあります。
素朴な雰囲気=過疎ではなく、住んでいる人に誇りをもって暮らしてもらいたいものです。
売れるから困るのですが、北信名物のおやきより、くるみやごまだれの五平餅がやはり木曽は美味しいと思うのですが、買う人はあまり見かけませんでした。

7_2

まだ写真はありますが、紅葉が始まった現地を是非訪れてみては如何でしょう。
安曇野の我が家から広域農道と国道19号で1時間半。意外と近いのです。

働か猿゜もの食うべからず

10

「安曇野の 味覚の秋に 猿遊び 人の食べ物 なくなりにけり」

飛び道具で攻撃しても、射程距離を把握すると逃げないのである。
黒船を届かない大砲で威嚇するサムライみたいでこちらが情けなくなります。

安曇野版花札があれば、間違いなく図柄は「猪・鹿・」。
でもさすがに花札では商品化は難しいかcatface
でもアヤメは明科にあるし良いと思うのだけどなぁ~~、やっぱ駄目?

あん馬練習中

久しぶりに猿ネタで

11

お猿にもエテ、不エテはある・・・かな?
あんさん、足を擦ってごまかしてもあきまへんでぇ。

先日やってきた群れはかなり大きいものでした。
屋根や木、果ては電線といたる所を走り、跳び回る小岩岳?群。
弱そうなヤツを追い回すと、強そうなヤツが向かってきます。
映画の世界じゃないリアルがここにはあります。ホント怖いよcoldsweats02

<※追記>

23日実施のふるさとウォッチング、まだ余裕があります
      (詳細はこちらから)
今回の資料も豪華です。資料を作った方はこちら
ちなみに現在、ウォッチングマップ第2集を作成中ですが、詳細内容は参加しないとわかりません。
当日飛び入りでも良いので是非参加お待ちしています。(自遊人までmailto良いですよ)

大峰高原の大カエデ

昨日、速報でお伝えした安曇野周辺の紅葉から、今日は池田町・大峰高原の大カエデの様子を記事にしました。

6

予報より早く晴れわたった昨日(16日)の安曇野。
朝、少し時間があったのでMini Drive and Trekking
大峰高原の大カエデの様子を見に行ってきました。

7

七色カエデとして池田町も観光に力を入れています。
今年は観光協会で駐車場を整備しました。

8 9

バックに筑摩山地。美ヶ原と並んで信州の電波塔となっている聖山はわかりやすいです。

10

高原を渡る秋の風が心地良く・・・

11

と、言いたい所ですが、少々強すぎてコスモスの花がじっとしていません
朝早いせいか、風のせいかわかりませんが、絵描きさんは見かけませんでした。

5

安曇野周辺の紅葉(大峰高原・美ヶ原林道)

今日(10/16)の様子です

1

大峰高原の大カエデ。西半分は緑でした。

2

美ヶ原高原(美ヶ原林道)・思い出の丘から。
中腹1500Mあたりはカエデの赤とカラマツの黄色がいい感じでした。

3

こちらは烏帽子岩。
戸谷峰からの縦走もよい感じです。

四つ葉や五つ葉が沢山・・・

Clo

見つけると幸運や金運をもたらすという四つ葉や五つ葉のクローバー

ここの所しばらく見つけることが少なかったのですが、昨日はかたまってうじゃうじゃありました。
あまり沢山あると嬉しさ半減。でも刈り取って仏壇に供えました。

平泉・中尊寺へ

001散居村サミットの会議の様子とかアップしてもつまらないので、帰りに立ち寄った平泉・中尊寺を少しアップします。

「せっかく奥州まで来たのだから」と奥州市のバスで平泉の駅まで送ってくれました。(行きは中尊寺の入口まで)
観光面でのおもてなしも抜かりありませんね。

世界遺産に登録された中尊寺の最寄り駅は整備されていました。近代的すぎ?

002 003

案内所やお休み処もありましたが、駅まで歩く人は我々以外見かけませんでした。

004 005

路地もいいんだかわからないけど、なんだかすっきりしています。
唐突に立つ案内板

007 006

古いお店が残っていたりしますが、全体的に観光地化されすぎの感じがあり、自遊人的には落ち着かない気がします。

008統一された通りの看板。
中尊寺から平泉駅へ向かう道沿いに掲げられていました。

ネットで調べると取り組みの様子が載っていました。
(こちら) (こちら(pdf形式))

文化遺産に登録するために町を人の手で変えていくのも不思議な気がします。
ありのままの姿が遺産なのではないでしょうか?

一方で登録が観光客の増加につながっていますので、その効果も否定できません。
平泉とか奥州藤原氏のことは学校で習うわけですが、如何に日本の教育が実益につながっていない(価値を強調していない)かよくわかります。

009

さて、「中尊寺の記事なのに肝心な中尊寺は?」と思われますが、有名な金色堂はこの建物の中で撮影禁止。

010 011

経蔵。創建時の古材を用いて再建されたもの。堂内には平安時代の彩色文様が確認できる他、菩薩や教典類が安置・収蔵されている。

012 013

芭蕉の銅像も良いけど、何気ない風景の方が個人的には好きだなぁ。

0140

0142 0141

0144

0143

回向柱が建っていました。昭和に入ってから今の場所に移築されたみたいです。

016 015

のんびり歩くにはいい所ですね

 020

紅葉はもう少し(10/7現在)でした

017

018 019

白山神社とありました。能楽殿は藁葺き屋根でした。
寅年生まれですので、お賽銭は寅の絵の所へ~

021 022

いろんなお堂が沢山あります。

023 026

024 025

どうやらこれが天台宗・中尊寺の本殿のようです。
金色堂が有名なだけにやけに地味な感じです。

027 028

029バスで上の方(金色堂に近い所)に連れて行ってもらい、だんだん下へと来ました。
←が一番下の入口になります。

↑弁慶堂がありました。お堂には義経と弁慶の木像がありました。

第10回 全国散居村サミット in 奥州(食事編)

25 27

26懇親会も呼ばれました。
前沢牛?のしゃぶしゃぶが~

会費は払ったとは言え、サミット加盟のみなさんからは差し入れのお酒が並んでいます。
後ほど各地の首長さんが注ぎに回ってこられました・・・一市民の自遊人飲むだけでいいのか・・・
でもね、今回安曇野市からは一銭もいただいていません。(長野県から補助はいただきましたが)会費も自腹だよ。

28 29

踊りも披露されました。

30_232 31_3

次々料理が運ばれてきます。

333436

じゅうねもち。東北ではエゴマのことをじゅうねと呼ぶそうです。
臼は午後案内で回った所に大きいのがありました。ちなみに持って帰るお客さんがいて困るとのこと・・・確かに欲しい・・・

353739

40正直言うとお酒も回っていたし、味は良く覚えていません。

でも、全部いただいたのは言うまでもありません。

デザート・・・もう一皿欲しかったなぁ~。
仲間うちの懇親会とかではいつも人のを食べてる自遊人

41朝食はバイキング形式

自遊人は欠食児童ではありませんが、バイキングだとついつい沢山食べてしまいます。
もっと食べたかったけど、これからの会議で寝てしまいそうです。

ご飯の上にのっているやや甘めの味噌をシソの葉で巻いて揚げたものですが、やまたみ倶楽部の会員に山形の方がいて、美味しいことを知っていましたので、じじに勧めた所「美味しい」・・・でもお店で売っておらず残念・・・

42 43

お昼もみんなで食べました。ここでもデザート付。

44 45

ふとメニューを見ると「もち定食」coldsweats02
ここは安曇野で言えば、Vif穂高や堀金物産センター併設の食事処みたいなイメージのお店。
こちらでは何かあると餅を食うとか・・・そういえば、サミット最後のフォーラム終了後「餅まき」なるイベントがありました。
写真なんか撮っている場合ではありません・・・restaurant

※山の別宅に奥又白池記事をアップしました(10/12)→こちらから 

第10回 全国散居村サミット in 奥州に参加しました

Im_0001安曇野の屋敷林は散居ではなく集居の形態をとっていますが、失われつつある屋敷林の保全に関して共有の課題を抱えています。

散居村の保全において先進的な活動を行っている砺波カイニョ倶楽部との縁で、昨年はその砺波の散居村を見学させてもらいました。(昨年の記事はこちらから)

今年は10月6,7日の日程で岩手県胆沢(いさわ)において散居村サミットが開かれるというので、屋敷林と歴史的まちなみPJメンバーとして参加してきました。
(奥州市のHPはこちら 胆沢まるごと案内所のHPはこちら)

本来、サミットは各町の首長レベルの集まりの位置づけのようで、今回のサミットも山形県飯豊町町長以下3名、富山県入善町町長以下4名、砺波市市長以下5名、高岡市副市長以下3名、島根県出雲市斐川支所長以下3名とそうそうたるメンバーの中に民間団体の集まりとして参加したわけですが、額縁に入った上の宣言書の他、
83998400

4素敵な扇子や南部鉄瓶の急須までお土産にもらいました。

懇親会への参加だけでなく、奥州市の職員さんに駅やホテルまでの送迎や帰りには平泉へ送ってくれました。
(平泉町は奥州市の隣の町です)

5奥州市の市長さん(右写真矢印)、お出迎えから懇親会、そして二日目のお見送りまでと、サミットのために時間をさくあたり、景観への力の入れ方に感心しました。

安曇野市より2年早く景観行政団体となった奥州市。
今年は隣の平泉・中尊寺が世界遺産となったので、関連地域の景観計画策定に入っているようですね。(こちら)

6 7

天気が悪いので胆沢ダム学習館でダムの概要の説明を受けた後、ダムの建設現場へと向かいました。

8 9

102013年度完成目標の胆沢ダムはロックフィルダムで建設が進められています。
このダムが完成すると、日本で最初に建設されたロックフィルダムの石淵ダムは湖底に沈むことになります。
長野県にはこの形式では最も高い高瀬ダムがあります。(過去記事)
東電の管轄ですが原発事故でTEPCO館は閉鎖、無料の見学バスもなくなったのでしょうね。仕方ないことですが、貴重な財産ですので是非何らかの方法で見学できるようになってもらいものです。

12_3 11_2
↑↑今回、サミットの会場となった焼石岳温泉・焼石クアパークひめかゆ。日帰り温泉も備えた宿泊施設となっています。

←ダム見学から帰ってくるとロビーでは朴ノ木沢念仏剣舞(ほうのきさわねんぶつけんばい)のが演じられていました。

_

13 14

サミットにあわせてのイベントでしょう。居合わせた他のお客さんはラッキーでしたね。
この後、全国散居村首長サミットと全国散居村連絡協議会総会が行われましたが、我々はいさわ散居ガイドの会の方がその間を利用して屋敷林を案内してくれることになりました。

17

15 16

案内してもらった円筒分水工と水の歴史公園・徳水園
胆沢平野の農業用水を見た目にも公平に配分するためにつくられた分水施設。
直径は24メートルもあるそうです。

19

18屋敷林のことをこちらでは居久根(エグネ)と呼び、屋敷の北西側に杉を主とした木を森のように植え、冬の季節風から屋敷を守る防風林となっています。
安曇野が南に落葉樹を植えて、夏の陽射しを遮る役割もさせている点が少し違います。

また、この薪を積み重ねたものは木積間(キヅマ)といいます。
塀のように見えるこのキヅマは、エグネの下枝が欠けた部分を補完し風や雪から守るだけでなく、囲炉裏やカマドの燃料としても使われたそうです。
今では薪は使われないが、地位や財産の象徴として大切にされているそうです。

21

22 23

胆沢川が作りだした扇状地に広がる奥州市胆沢区。
大雨による氾濫と土地の隆起の繰り返し、浸食により約1万年~100万年前にできた大地。写真の道路はうねっているのではなく、河岸段丘を下っています。

20 24

用意していただいた宿は写真右のやけいし館。
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(高張性弱アルカリ性高温泉)のお湯はなめらかでした。
一旦汗を流した後、懇親会会場へと向かいました。(バスで送ってもらいましたが歩いてもすぐの場所にあります)

< 続く > 

ふるさとウォッチングの下見

第13回ふるさとウォッチングは10月23日に行われます(詳しくはこちら
10日は最終的な下見を行いました。

1

この3連休、穏やかな天気に恵まれた安曇野。
ウオッチングはここ新屋の公民館からスタートします。当日、駐車場はここから中房方面へ少し行った所に設けますので、スタッフの誘導に従ってください。

2_2 3

9、10日は新屋諏訪神社の例大祭。9日の宵祭で新屋の公民館からひかれてきた御船が諏訪神社にありました。
(宵祭の様子はkiyoさんの「安曇野の空の下で」の記事へ)

4

人形のタイトルは「桜井の別れ」
足利尊氏に攻め立てられた楠木正成の物語
特に安曇野とは関わりはないです。

5ちょうど穂高太鼓が奉納される前に神社に到着しました。

23日にふるさとウォッチングで訪れることをお話ししたところ、拝殿の中を案内してくれることになりました。
これまで中は見たことがありません。氏子でもないのに上がらせてもらえてラッキーhappy01
しかも、当日も中を見せていただけるようです。

6 7

本殿まで渡り廊下でつながっているんですね。これが本当の“神”の廊下coldsweats01

8 9

素晴らしい絵物語の一部・・・絵馬の実物は参加して自分の目でご覧くださ~いeye

10 11

新屋諏訪神社から曽根原家へ移動しました。今回のコースは有明山がいろんな場所で姿を見せてくれます。

12 13

(左)遠く爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳。稜線の小屋もこの連休を最後に冬支度に入る所も多いです。お出かけの際は営業期間をご確認の上おいでください。
(右)生け垣がちょっと面白い

15 16

石灯籠の窓から有明山を覗いてみました eye

17_2 18

ここは天蚕(てんさん)農家の方のお屋敷です。古い土蔵も残っていますが、どこの家も補修まで手が回らないようです。
屋敷林同様、古民家や土蔵も生かせる環境づくりが必要ですね。

19 20

耳塚のお堂。木造の阿弥陀如来坐像があります

22 21

足元に鶏と猿が描かれています。

14今回のコースはいたるところに古い道標があります。

字は風化して読みにくいものばかりですが、有明の広さを物語っている気がします。

23以前もアップした、藤の木が巻きついた火の見櫓。

55年前からここにあり、20年ほど前に手入れをしたそうです。
紫の大きな房は遠くからも目立つようで、地元の人には有名な存在のようです。

24蕎麦の花は終わってしまいましたが、コスモスの花が風に揺れていました・・・というほどはふいてませんでしたbleah

ようやく風邪のほうはだいぶ直ってきました。
紅葉の季節に困ったことですね。

安曇野環境フェア2011、2日目/屋敷林フォーラム

Img_0001 Img_0002

環境フェア二日目の午前中、屋敷林フォーラムが行われました。

10 11

Im_0003昨年、砺波を訪れた際のフォーラムで興味ある講演をおこなった富山県有磯高校の島田先生もパネリストにお呼びしてのパネルディスカッション。

公演後には多くのサポーターへの申し込みがありました。

屋敷林と歴史的まちなみプロジェクトでは、屋敷林サポーターを募集することになりました。
屋敷林そのものは個人の財産ですが、そのつくりだす景観と環境は安曇野市の財産ともいえるものだと思います。

賛同いただける方は現在プロジェクトの事務局が置かれている、安曇野ブランド推進室までご連絡ください。
初年度は再来年3月末までの1年半で年会費\2000。
今ならもれなく屋敷林の冊子(マップじゃないよ)がもらえます(先着順部数限り有)

また、屋敷林の保全について何か良いアイデアがあればコメントをお願いします。

12 13

イベントも終わりを迎え、来場者(スタッフ含む)にお花(カランコエorミニバラ)のプレゼント。そして最後は実行委員長みけの挨拶と続く写真撮影で幕となりました。
みんなで会場をかたづけして解散。今年も二日間無事終了となりました。

安曇野環境フェア2011

Img_0006 Img_0007_2

10月の3連休、晴天のスタートとなりましたね。今年も環境フェアの季節となりました。
今年の実行委員長・・・どこかで見かけたcatですね。

1_2

開場前のメインアリーナ。各ブースは昨日(7日)から準備してきました

2_3 3_2

左)メインアリーナで委員長のご挨拶・・・予行練習かな?
右)サブアリーナで一般来場者も迎えて開会の挨拶。
  市長さん、挨拶はいいけど、ブースの展示はご覧になられたのかな~??
  ( 追記10/9:一応回られたようですね→みけさんの記事 )

4 8

左)先日行われた三角島写生大会の表彰式も行われました。自遊人は画才ないけど参加したかったなぁ~。やまたみ倶楽部の山行と重なって参加できず残念。
当日指導にあたられた征矢野先生が会場に来られました。
右)電灯がいくつともるかな~。よく見かける省エネ電灯比較実験。どうせ健康のためにこぐなら、電気でも作ると良いですね。フィットネスクラブに導入してもらいたいです。

5 6

左)美咲さんの光合成ライブ。蓄電した太陽エネルギーでスピーカーとか鳴らしてるんだとか・・・せっかく天気いいから、外でやれば良いのになぁ~。
右)TLC(トゥモロウ・リーディング・倶楽部)による火起こし体験。昔、登呂遺跡でやったことあるなぁ~。

7日産の電気自動車。安曇野市で購入したのね。
どこで使うのかな?
是非とも有効に活用してもらいたいです。
いくら環境宣言しても、税金が鉄くずになるのは困ります。

さて、明日(9日)は午前中、屋敷林フォーラムが行われます。
また、午後3時半からお花のプレゼントもあります。

天気は良さそうですが、是非遊びにおいでください。

※関連記事・・・ のぶさんの“環境”の幅広さを実感する「あづみ野環境フェア2011」

奥州へ

1

散居の風景広がる東北は奥州市。ここで10/6~7に開催された、全国散居村サミット in 奥州に「屋敷林」という視点から参加しました。詳細は後日アップします。
今日はその風景から。
あいにく時雨模様の不安定な天気で高台から見下ろす予定は中止となりましたが、こんな綺麗な虹も見ることができました。

3

東北ではこのように横に積まずに縦に重ねていきます。

2

わらぼっちも雰囲気違います。しかも規模が大きいです。
こんな風景がいたるところでみられます。

久しぶりの緊急地震速報

こんな事を書くと東北の人に申し訳ないのですが、久しぶりに携帯から鳴り響く不思議な音。

松本市民サポートセンターでやまたみ倶楽部の定例会を始めようとしたその時、スピーカーから警報音に続いて地震、さらに今度は揺れた後に警報音。
この時には緊急地震速報は出ませんでした。

速報が出たのは13分発生のものでしたが、こちらは大して揺れを感じませんでした。

発生日時 震央地名 マグニチュード 最大震度
 5日19時55分頃 長野県北部 北緯36.5度、東経137.7度 M2.6 震度1
 5日19時26分頃 長野県北部 北緯36.5度、東経137.7度 M2.7 震度1
 5日19時23分頃 富山県東部 北緯36.6度、東経137.6度 M3.2 震度1
 5日19時19分頃 長野県北部 北緯36.5度、東経137.7度 M2.6 震度1
 5日19時17分頃 富山県東部 北緯36.5度、東経137.6度 M2.9 震度1
 5日19時13分頃 長野県北部 北緯36.5度、東経137.7度 M3.7 震度2
 5日19時06分頃 長野県北部 北緯36.5度、東経137.7度 M5.1 震度4
 5日19時00分頃 長野県北部 北緯36.5度、東経137.7度 M5.3 震度3
 5日18時52分頃 富山県東部 北緯36.5度、東経137.6度 M2.8 震度1
 5日00時37分頃 長野県中部 北緯36.4度、東経138.0度 M2.0 震度2
 3日12時00分頃 長野県北部 北緯36.5度、東経137.7度 M2.9 震度1
 3日10時04分頃 長野県北部 北緯36.5度、東経137.7度 M2.6 震度1
 3日06時40分頃 新潟県中越地方 北緯37.0度、東経138.7度 M2.7 震度1
 3日01時52分頃 長野県北部 北緯36.5度、東経137.7度 M3.9 震度2
 2日22時51分頃 新潟県中越地方 北緯37.1度、東経138.7度 M3.2 震度3
30日15時22分頃 長野県北部 北緯36.7度、東経138.2度 M2.2 震度1

長野県と富山県の県境付近で起きる地震では我が家はよく揺れまして、3日の1:52発生の時には強い横揺れがきて目が覚めました。

変な時間に起こされると一日調子が悪いです。
未だ余震収まらない東北の方には本当に申し訳ない。
そんな岩手は奥州市に、これから屋敷林サミット参加のため出かけます。

冬の足音が聞こえてきました

1_2

つい1ヶ月前までは厳しい残暑にフ~フ~言っていたと思いましたが、大雨をもたらした台風が北へ去ると共に、急に寒くなりました。そして10月の声を聞くとともに初冠雪の便りが安曇野にも届くようになりました。
雲の切れ間から見えるのはどこ?

2_2

爺ヶ岳も降雪があったようです。概ね2000m位まで白くなっています。
隣の鹿島槍ヶ岳より標高も低く、また位置的な違いから降雪は遅い爺ヶ岳ですが、今回の寒波では扇沢を挟んでさらに南の蓮華岳あたりでも降雪があったようです。

3_2

白馬岳方面、頂きは雲に隠れて見えませんのでどこがどこだか説明しにくいです。

4_3 5_2

秋の代表的な花、シュウメイギクとコスモス
これだけ一気に冷え込んでしまうと紅葉は期待薄です。 

リゾートビューふるさと車内でイベント

1ディーゼルハイブリット搭載「リゾートビューふるさと」

昨年の信州DCにあわせて、長野~松本~南小谷間に投入されて1日で1年になりました。
東日本大震災の際、「軽油不足で走れない」という意外な一面も見せましたが、「おひさま」効果もあり多くの観光客を運んできました。

車内では週末、いろんな団体によるイベントが行われているのですが、昨日2日は安曇野百選による方言劇の日。
山の予定と重なって参加できない日が多かったのですが、昨日は参加できました。

2先月からスタートしたアフター信州DC(こちら)。

今日は安曇野市の観光課から乗車のお客様にわさびのプレゼント。

3大型連休の谷間の週末の影響でしょうか?お客さんの数は少なめでしたが、この日穂高駅にリゾートビューで来られた方はラッキーでしたね。

お蕎麦屋さんでついてくる山葵よりず~っと大きいhappy01
自遊人もお裾分けにありつけましたhappy01happy01delicious
先日、カラパタールトレッキング打ち合わせの際にもらった山芋とあわせて、美味しいお蕎麦と鮪の山かけがいただけます。

4_2

5穂高駅では27分停車。
この時間を利用して、穂高神社へ巫女さまが案内してくれます。

巫女さまにも山葵をプレゼント。
いつもお疲れさまです。

6巫女さまと駅長さんに見送られて出発進行。

今日も山が見えな~い。

7車内も寂しい・・・穂高で下りられたお客さんも多いようですね。
家族連れが見られませんでした。

来週は3連休、12日は満月です。
長野行きの姨捨駅停車は18:06着18:07 発と短いですが、車内のライトダウンも行われます。

善光寺平の夜景、月明かりに浮かぶ棚田の風景を楽しむのも一興かと思います。お饅頭を穂高駅前通りで買って乗るのをお忘れなくdelicious

9 8

信濃大町駅では太鼓が出迎えてくれます。
午後から観光案内の入っているじじ(安曇野案内人倶楽部はこちら)
と、いつもあちこちでご活躍のみけさんは迎えの車で穂高へと戻りました。
* みけさんのリゾートビュー乗車記事はこちら

Img_0004 Img_0005

JR東日本・長野支社では「リゾートビュー」運行1周年記念入場券を発売中です。
長野、松本、穂高、信濃大町、白馬、南小谷各駅で千セット限定。
自遊人出てるので購入しました。
ちなみに、以前も書いたようにリゾートビューふるさとHP(こちら)で動画も見られます。

次回の安曇野百選方言劇は10/30と11/13を予定しています。
でも残念ですが自遊人はいずれも参加できませんので悪しからずsmile

6年目に入ります

4

安曇野の我が家は6年目に入りました。

1 3

まわりの人が思っているほど楽ではありません。
今年は車の買い換えが震災の影響で流れました。そのため、タイヤの購入、バッテリー交換等の無駄な出費が増えました。その償却のため次の車検を通さなくてはなりませんが、下取りとのかねあいがあります。

2

何はともあれ、目先、来月の海外トレッキングを無事成功できるかが心配の種です。
もっとも心配しても高山病だけはなるかならないか行ってみないとわかりませんので、なるようにしかなりませんけどね。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト