« 安曇野環境フェア2011 | トップページ | ふるさとウォッチングの下見 »

安曇野環境フェア2011、2日目/屋敷林フォーラム

Img_0001 Img_0002

環境フェア二日目の午前中、屋敷林フォーラムが行われました。

10 11

Im_0003昨年、砺波を訪れた際のフォーラムで興味ある講演をおこなった富山県有磯高校の島田先生もパネリストにお呼びしてのパネルディスカッション。

公演後には多くのサポーターへの申し込みがありました。

屋敷林と歴史的まちなみプロジェクトでは、屋敷林サポーターを募集することになりました。
屋敷林そのものは個人の財産ですが、そのつくりだす景観と環境は安曇野市の財産ともいえるものだと思います。

賛同いただける方は現在プロジェクトの事務局が置かれている、安曇野ブランド推進室までご連絡ください。
初年度は再来年3月末までの1年半で年会費\2000。
今ならもれなく屋敷林の冊子(マップじゃないよ)がもらえます(先着順部数限り有)

また、屋敷林の保全について何か良いアイデアがあればコメントをお願いします。

12 13

イベントも終わりを迎え、来場者(スタッフ含む)にお花(カランコエorミニバラ)のプレゼント。そして最後は実行委員長みけの挨拶と続く写真撮影で幕となりました。
みんなで会場をかたづけして解散。今年も二日間無事終了となりました。

« 安曇野環境フェア2011 | トップページ | ふるさとウォッチングの下見 »

コメント

自遊人さん こんばんわ〜〜

『安曇野環境フェア2011』も無事終了 お疲れ様でした
たくさんの方々が参加されて盛会のようでしたね〜〜

今から屋敷林のあるお家を建てる何て不可能・・
(木が大きく成長するのに50年も100年もの時間がかかりますものね
今ある屋敷林を大切に守って行くことね
これも個人のお家なので それぞれ事情があるだろうしね
なかなか難しい問題ですね

うーちゃんさん こんばんわ

良い天気で外がうらめしい2日間でした。
でも多くの人が訪れて盛況のうちに終わり一安心といった所です。

なかなか個人のお宅に口を挟むのは難しいですね。
でもせめてブロック塀を生け垣に置き換えるとか、少しでも緑を増やしていける環境作りができれば良いかなぁと思います。

隣家との問題、落ち葉処理、日照等、現代ならではの苦労もあります。
大きくなった木の剪定費用等維持にもお金がかかります。
でもそれはまた都会では体験できない苦労ではないかと思います。
いろいろな方法を考えたいですが、行政の力も時として必要です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安曇野環境フェア2011 | トップページ | ふるさとウォッチングの下見 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト