« 穂高神社・御船祭(御船神事例大祭)その1 | トップページ | 白い蕎麦の花と常念岳 »

穂高神社・御船祭(御船神事例大祭)その2

22 23

24浦安の舞に続いて穂高太鼓の太鼓の音が腹の底まで響きます。

今日は穂高の学校はお休みだそうです。町をあげてお祭りを盛り上げます。
出店も多くの人で賑わっていました。

25

これから神事が行われます。
御船はこの神事が終われば拝殿前に入ってきます。
今年は安曇族つながりの参加者も含めて大人数でした。

_

_

26 27

28 29

果物たっぷり、てんこ盛りのご飯。神様大食いです。
お馴染みの宮司さん。穂高神社奥宮例大祭(明神池お船祭り)は10月8日(土)に行われます。

30 31

ようやく出てきましたが、拝殿でお祓いの後神楽殿をグルグルまわりました。
いろいろと儀式があります。

32 33

34 35

ようやく御船が入ってきました。子供御船が3地区、ぶつかり合いを演じるふたつはこの後です。

36 37

38 39

子供御船は鳥居をスムーズに通り抜けていきます。

40 41

42御船はいろんな人形が物語と共に飾られています。

内容は毎年いろいろ。特にお祭りと関連あるわけではなさそうです。だいたい戦国時代が多いかな?その時代を反映したものもあったりしますが、お江もいなかったし、ましてやおひさまもありませんでした。
おひさまはまだ放送中だからお堅いNHKが許してくれないかな?

毎年人形制作も大変なようです。

43 44

45 46

いよいよクライマックス。大きな御船の入場です。転回は一苦労

47 48

49 50

51 52

何度もぶつかり合います。入口では前の御船が入れさせまいとぶつかり、出口では後ろのが押し出すようにぶつかるそうで、確か意味合いがあったように記憶しています。

53 54

中で子供達がお囃子をずっと続けています。拝殿壊しそう・・・

55 56

57 58

みんなで力を合わせて御船を回します。

59 60

61 62

見ている方も力が入ります。でも近くに来る時、ぼやぼやしているとひかれそうです。

63 64

65 66

67  68

ぶつかり合いの後、無事鳥居をくぐっていきました。

69 70

後ろのは観客も参加して神楽殿のまわりを回ります。一緒に引くと幸運がもたらされるとか・・カメラや荷物あるから撮すだけ・・知り合いが参加していました。

71 72

73 74

鳥居まで来ました

75 76

無事通り抜けました

77 78

79御船は露店の間を通り抜け~~・・ああっcoldsweats02お札を売ってる社務所の雨樋壊しましたcoldsweats02

無事終わってバンザイ。

動画アップできるかな?写真ではよくわかりませんね。
でも実際その場にいないと迫力は伝わってきませんよ。
是非、来年見に来てください。日にちは決まっているのだから、後はお天気次第ですね。

 ☆ ↓↓↓こちらでも紹介されています(クリックするとリンク先に飛びます)

   安曇野の嫁一年生 by shioringringさん

   安曇野ナチュラル・スローライフ by azumino-macroさん

   安曇野の空の下で by kiyoさん

   みけねこのひとりごと by みけねこさん ・・・ ぶつかりあいまで見てられなかったみたい

   安曇野コラム

« 穂高神社・御船祭(御船神事例大祭)その1 | トップページ | 白い蕎麦の花と常念岳 »

コメント

こんばんは!
詳細のアップ、嬉しいです、有り難うございます。

自遊人さんとどうやら同じような位置にいたようですね(笑
お互い、必死で撮影してるでしょうから隣り合わせで、
な〜んてこともあったかもしれませんね!

思っていたよりも更に楽しかったので,来年が待ち遠しいです。

こんばんは。

同じようなアングルの写真がありますね。
お隣で撮ってたみたいです。
撮影していると周りが分からず、気がつきませんでした^^

自遊人さん こんばんわ〜〜

子供さんの姿より大人の方がたくさんで〜〜
次の日筋肉痛が大変だったのでわ〜〜
安曇野のどこにこんなに大勢の方いらしたのかしらね とう―ちゃんは驚いています

お船は各町から出てるようですね
作るのも大変 保管して置くのも広い場所がいって大変・・
年に一度なのでみなさん張り切って頑張れるみたいね

こちらの"灘のけんか祭り”と同じようですね

shioringさん こんばんわ

天気が良いので山に出かけたい所でしたが、検診に行く必要があったのでこの日の午前中に入れました。今日はお布団干しが忙しかったです。(なぜか沢山干すのですよ・・・うちはカンパの宿・ロッジ自遊ですからsmile

直進の時以外は実に動きが鈍いので撮影は楽な方です。
でも迫力を表現するのが難しいですね。
今回はコンパクトデジカメで撮しました。持っている一眼はどちらかというと望遠系のレンズですから広角側が欲しくなります。

お祭りも楽しめますが、御船の歴史も興味あるものです。
是非、御船会館を一度のぞいてみることをお薦めします。

kiyoさん こんばんわ

撮影中は確かに御船の動きばかり追っているので気づきませんね。

この時期天気がよいと山に出かけてしまいますが、宵祭り共にちょうど見に行くことができました。

うーちゃんさん こんばんわ
平日でしたが観光客の方も多く来られていましたよ。
やはりおひさま効果はここにもあるようです。

安曇野の中でもやはり旧穂高町はやはり穂高神社で持っていますね。
そして諏訪神社とかは多くあっても穂高神社はここ一箇所です。
やはり御船祭りは旧穂高町あげてのイベントです。

御船は毎年組み上げるようですよ。人形飾りも毎年製作します。
使い回しもあるかも知れませんが、御船は梁から組んでいきます。いずれも後継者不足です。

"灘のけんか祭り”見てみたいなぁ。
昔、九州からやってきたと言われる安曇の先住民。御船はこれに由来します。
数日前に「安曇族サミット」というのが開催され、この日も福岡・志賀島の方が参加されていました。御船祭りは浪漫もあります。

自遊人さん、こんばんは
結構お近くにいたようですね^^
神事の詳細などUPして下さってありがとうございました。
人が沢山いたので、ご飯の盛りのことなど、よくわかりませんでしたよ^^;
御船祭りの起源のことなど考えると、安曇族とのからみもあり、ロマンを感じますね^^
安曇野には、お祭りにも文化の香りがします。
山の囲まれた農村での農民による御船祭りの発祥について
面白い考察か論文があったら読んでみたいです^^;

azumino-macroさん おはようございます

どうやらブログの知人もそばに沢山いたようです。

神事は最初だけ拝殿の前で見ていました。後は同じですし長いですからね。
でも、しきたりとか知らないことが多いです。

御船会館にはなかなか興味深い展示がありますし、古くからの写真もあります。
安曇族がどうやって安曇野の地に来たのか、なぜここに住みついたのか。
山の中の御船祭りはロマンを感じますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 穂高神社・御船祭(御船神事例大祭)その1 | トップページ | 白い蕎麦の花と常念岳 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト