« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

白い蕎麦の花と常念岳

1

0蕎麦の花もそろそろ終わりに近づいてきました。

NHKの朝ドラ「おひさま」も明日でいよいよ最終回。
多くの観光客で賑わった安曇野も、秋は足早に深まりやがて静かな冬の刻を迎えます。

来週はすごく寒くなる予報で今年は早くもストーブの準備を始めました。
霜が降りなければ里の紅葉は期待できるはずです。

別宅では9/23~25のやまたみ倶楽部・燕~常念縦走からの写真をアップしています。

穂高神社・御船祭(御船神事例大祭)その2

22 23

24浦安の舞に続いて穂高太鼓の太鼓の音が腹の底まで響きます。

今日は穂高の学校はお休みだそうです。町をあげてお祭りを盛り上げます。
出店も多くの人で賑わっていました。

25

これから神事が行われます。
御船はこの神事が終われば拝殿前に入ってきます。
今年は安曇族つながりの参加者も含めて大人数でした。

_

_

26 27

28 29

果物たっぷり、てんこ盛りのご飯。神様大食いです。
お馴染みの宮司さん。穂高神社奥宮例大祭(明神池お船祭り)は10月8日(土)に行われます。

30 31

ようやく出てきましたが、拝殿でお祓いの後神楽殿をグルグルまわりました。
いろいろと儀式があります。

32 33

34 35

ようやく御船が入ってきました。子供御船が3地区、ぶつかり合いを演じるふたつはこの後です。

36 37

38 39

子供御船は鳥居をスムーズに通り抜けていきます。

40 41

42御船はいろんな人形が物語と共に飾られています。

内容は毎年いろいろ。特にお祭りと関連あるわけではなさそうです。だいたい戦国時代が多いかな?その時代を反映したものもあったりしますが、お江もいなかったし、ましてやおひさまもありませんでした。
おひさまはまだ放送中だからお堅いNHKが許してくれないかな?

毎年人形制作も大変なようです。

43 44

45 46

いよいよクライマックス。大きな御船の入場です。転回は一苦労

47 48

49 50

51 52

何度もぶつかり合います。入口では前の御船が入れさせまいとぶつかり、出口では後ろのが押し出すようにぶつかるそうで、確か意味合いがあったように記憶しています。

53 54

中で子供達がお囃子をずっと続けています。拝殿壊しそう・・・

55 56

57 58

みんなで力を合わせて御船を回します。

59 60

61 62

見ている方も力が入ります。でも近くに来る時、ぼやぼやしているとひかれそうです。

63 64

65 66

67  68

ぶつかり合いの後、無事鳥居をくぐっていきました。

69 70

後ろのは観客も参加して神楽殿のまわりを回ります。一緒に引くと幸運がもたらされるとか・・カメラや荷物あるから撮すだけ・・知り合いが参加していました。

71 72

73 74

鳥居まで来ました

75 76

無事通り抜けました

77 78

79御船は露店の間を通り抜け~~・・ああっcoldsweats02お札を売ってる社務所の雨樋壊しましたcoldsweats02

無事終わってバンザイ。

動画アップできるかな?写真ではよくわかりませんね。
でも実際その場にいないと迫力は伝わってきませんよ。
是非、来年見に来てください。日にちは決まっているのだから、後はお天気次第ですね。

 ☆ ↓↓↓こちらでも紹介されています(クリックするとリンク先に飛びます)

   安曇野の嫁一年生 by shioringringさん

   安曇野ナチュラル・スローライフ by azumino-macroさん

   安曇野の空の下で by kiyoさん

   みけねこのひとりごと by みけねこさん ・・・ ぶつかりあいまで見てられなかったみたい

   安曇野コラム

穂高神社・御船祭(御船神事例大祭)その1

1穂高神社の御船祭(御船神事例大祭)は、毎年9月26日に宵祭、翌9月27日に本祭が行われます。

今年は26日夜は安曇野百選プロジェクトの会議のついで、そして翌27日は予定が空いていたので見に行ってみました。
ちょうど「私の好きなビューポイント~祭りのビューポイント」のネタにもいいと思っていましたが、メンバーみんな考えることが一緒で、知った顔と沢山会いました。
御船祭りは穂高のいろんな地区が一堂に会するお祭りですし、一般の方の応募もきっとあるでしょうね。

2 3

会議はちゃっちゃと終わらせて、のぶさんみけさんと穂高神社へ。

4 5

ライトアップされた神社は神秘的。神楽殿では穂高太鼓が行われていました。

7 6

神社はやっぱり夜がいいですね。

ほのかな灯りは日本らしさを感じさせます。

_

_

9_5 8_2

これから神事が行われます。(Kiyoさんのところで様子が見られますよ)

10 11

12 13

翌日は神楽殿で行われる「浦安の舞」にあわせて出かけました。

16 14

二人舞に続いて四人舞

15_2 17_2

18扇の舞と鈴の舞

浦安の舞はふつう巫女によって行われますが、ここでは稚児の舞です。

_

_

_

20_2 21

燈籠はやはり夜見るものですね。

疲れたので続きは明日アップします。

明日は別宅お休みです。

燕岳~常念岳縦走!

1

9/23~25はやまたみ倶楽部11名で燕岳~大天井岳~常念岳を歩いてきました。

2

3

2泊3日ですと通常は蝶ヶ岳までのコースですので楽々。しかも今回はガイドさん2名(正確に言えば自遊人もガイドですから3名coldsweats01)でした。
燕岳は若干雲は多め、雪も舞いましたが、青空に恵まれ楽しい山行となりました。

写真は整理したら明日から別宅にアップします。

突然の雨

台風は北に去っていきましたが、突然お昼過ぎに豪雨がきました。
その前に外出先から戻ってきたので濡れずにすみました。

Photo_2

2_4

3_2

国交省防災情報提供センターのリアルタイム(Cバンド)レーダー画像を見ると、松川・池田の境で急に発達した雨雲があります。この雨雲はこの後14時頃には弱まりました。
いわゆるゲリラ豪雨みたいなもので、結果はこうして見れますが、予測はまだ難しいようです。

ところで、このセンターは気象庁とどういう関係なのかな?
ふだん気にすることのないお天気ですが、気象庁、河川、道路、自治体といろんな場所で国土の様子を観察しています。
インターネットや携帯でリアルタイムでいろんな情報を得られますが、管理がまちまちというのは如何にもお役所仕事らしい所です。

※ 別宅では南アルプスシリーズアップ中です。

紅白揃って・・・

Soba

先日、池田町をbicycleで走っていましたら、田んぼの一角に赤そばを見つけました。

Akasoba

白いそばの花の中に赤いそばの花があってちょっと幸せな気分heart04

Ageha

彼岸花にアゲハチョウがやってきました。

ヒガンバナは別名 「曼珠沙華」。天上の花という意味で、慶事が起こる前触れには赤い花が天からふってくるという仏教の経典によるものだそうですが、仏教でいう曼珠沙華は白くやわらかな花で、ヒガンバナとは似ても似つかない姿です。
花言葉は「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」 「悲しい思い出」

別宅では南アルプスシリーズをアップしています。
週末はやまたみ倶楽部で燕~常念の縦走。2泊3日ですし、超楽々・・・超といえば蝶ヶ岳はオプションになりました。

お知らせ
 ・ 第13回ふるさとウオッチング・10/23開催
   主催:NPO信州ふるさとづくり応援団安曇野支部     (こちらをクリック
 ・ <JR東日本 未知を歩こう 信州2011観光キャンペーン> (こちらをクリック
 ・ リゾートビューふるさと 公式HP・・・自遊人も映ってるよ (こちらをクリック

わらぼっち

1

実りの秋を迎え、休日ともなると家族や地域総出で畑や田んぼに出る姿が見られるようになりました。この時期、農家は忙しいです。
昔、自遊人は「田んぼは肥料も要らないし田植えと稲刈りの時だけ忙しい」と思っていましたが、放っておくと草も生えるし、肥料やらないとひょろひょろの稲になっちゃうことを知りました。
そして、安曇野に越してきた時最初、ホームセンターで売ってる「はざ棒」を何に使うのかわかりませんでした。見たところ鉄パイプですが、三脚のように開くようになっている・・eye
はぜかけ(はざかけ)のお米は乾燥倉庫で作った米より美味しいのは、太陽の恵みを一杯受けているからですかね?

3

ところで、この田んぼに帽子のようにわらを束ねて置かれた「わらぼっち」
ネットで調べるといろいろ書いてありますが、一体何でこんなめんどくさいことをするのでしょう?

2

被写体としては面白いのですが、誰がいつ頃から始めたのか?
今度、調べてみたいと思っています。

4

日中、異常に暑い日が続いていますが、朝晩の虫の声に秋を感じる安曇野です。

別宅はやまたみ倶楽部で出かけた南アルプスの写真をアップしています。

(追記15:50) azumino-macroさんの稲刈り&はぜかけ作業記事はこちら

蕎麦の花

1

2お気に入りの北小倉の蕎麦畑
(2011/9/15撮影)
ここは、上高地に出かける時に通るのですが、撮す暇がないうちに盛りを過ぎてしまいました。

今朝は久しぶりに雨がぱらつきましたが、曇っている分朝から気温が高いです。

別宅は今日まで奥穂高シリーズ、明日から南アルプスシリーズをアップします

南アルプス・赤石岳~荒川三山へ

00_2

夏と秋が同居する青い空。
9/10~9/13(9日夜、松本出発)で南アルプス・赤石岳~荒川三山を歩きました。
やまたみ倶楽部・カラパタールトレッキングの高所順応訓練を兼ねた今回の計画は、3泊4日とこれまでで一番長い国内山行となりました。

01_2 02

参加人数は17名。パルスオキシメーターで血中酸素濃度を測定したり、血圧を測ったりと体調検査をしながら歩きました。

03

ちょっと怪しい雲やガスに眺望を阻まれた日もありましたが、天気は4日間とも好天に恵まれました。

04

前週計画していた富士山もいろんな表情を見せてくれました。

05

北アルプスは小さくなりましたが、はっきりその姿を見ることができました。
数日前、北アルプスから眺めた南アルプスを逆から見るのが自遊人の今回の楽しみでしたが、望みが叶えられました。

詳細はまた別宅で、
でも、その前に9/7~8の奥穂高~前穂高を今日からアップ開始しました。
こちらから)

奥穂高岳(3192M)へ

011月のカラパタール山行の高所順応トレーニングで、9/4~5の予定で富士山に行く計画が台風のせいで中止になりました。

天気図を見ますと水木は寒気も入って晴れる予報でしたので、日本第3位の高峰、奥穂高岳へ行くことにしました。
金曜の晩からやまたみ倶楽部で荒川三山に行きますので、無理はできませんので、横尾・涸沢経由で穂高岳山荘のテント場に1泊、翌日は吊尾根から前穂高岳を往復して、重太郎新道で岳沢経由で帰路につく、手抜きコースにしました。

1 2

さすがに北アルプス南部の人気ルート。老いも若きも平日にも関わらず沢山の人で賑わっていました。(写真を見ると人いませんけど、ちょうどお昼頃の涸沢と岳沢です)
穂高岳山荘は小屋は満員、テント場も一杯、山ガールも一杯coldsweats01
今年は紐付きギャルが目立ちましておじさんの出番はありません。

詳細は来週14日以降に別宅でアップします。

晴れないねぇ

0906

安曇野の我が家辺りはちっとも晴れません。
それどころか午前中は時々小雨がぱらついていました。
でも、槍ヶ岳のライブカメラを見ると青空一杯sun

こりゃ、雲の上に行くしかねぇずら

暇・・・zzz

Oomiyaatuta

今日は高所順応訓練で富士山に行く予定でしたが、一昨日の会議で天候不良が予想されたため中止となりました。
来週は南アルプス・荒川三山縦走だじ。でも標高では遠く及ばねぇし天気みて奥穂でも行ってくるかねぇ。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト