« 晴れないねぇ | トップページ | 南アルプス・赤石岳~荒川三山へ »

奥穂高岳(3192M)へ

011月のカラパタール山行の高所順応トレーニングで、9/4~5の予定で富士山に行く計画が台風のせいで中止になりました。

天気図を見ますと水木は寒気も入って晴れる予報でしたので、日本第3位の高峰、奥穂高岳へ行くことにしました。
金曜の晩からやまたみ倶楽部で荒川三山に行きますので、無理はできませんので、横尾・涸沢経由で穂高岳山荘のテント場に1泊、翌日は吊尾根から前穂高岳を往復して、重太郎新道で岳沢経由で帰路につく、手抜きコースにしました。

1 2

さすがに北アルプス南部の人気ルート。老いも若きも平日にも関わらず沢山の人で賑わっていました。(写真を見ると人いませんけど、ちょうどお昼頃の涸沢と岳沢です)
穂高岳山荘は小屋は満員、テント場も一杯、山ガールも一杯
今年は紐付きギャルが目立ちましておじさんの出番はありません。

詳細は来週14日以降に別宅でアップします。

« 晴れないねぇ | トップページ | 南アルプス・赤石岳~荒川三山へ »

コメント

こんばんは。
登山する人が増えているのですね。
その辺に行くような気分でしょうかぁ。
紐付きギャル
ギャハハ~
いまどき可愛い人っていますか?
茶髪のいかれたおねいちゃん?
山小屋もテントも満員なんですね、人は
少ない方がいいかな、寂しくないですけど。

ムームーさんもお書きですが(始めましてムームーさん)
紐付きギャル。
面白い表現ですね。
(使わせていただきます)

紐付きギャルと紐付け男(なんていったらいいのかな?メンかな?)
が手を繋いで登山して、一緒に転んでたら、面白いかも。
「ころんでも~すきなひと~」なんちゃって

ムームーさん こんばんは

若い人が増えて山も活気が出てきました。
さすがに茶髪のガングロはいませんね。
もちろんおばちゃんのパワーは変わらずです。
おじさんは元気を(もちろん若い方)もらっています。

>その辺に行くような気分でしょうかぁ。
賑やかでしたよ~。
道具屋が仕掛けたのだと思いますが、服も道具もカラフルになりました。
山では目立つ方がいざという時に発見してもらえる確率は高いですし、悪いことではないですね。

山小屋だけでなくテントも満員は少々驚きです。
小屋で静かは寂しいけど猛獣の響きを聞かされるよりはマシです。

LRさん こんばんわ

山もすっかり様変わりしました。
若い人の価値観も変わったのでしょうね。(おじんくさい表現だな)
だいたい山に機関銃式の水鉄砲担いで歩いたり、家で使うマホー瓶を持ってきてサッカーしてるグループがいるほどです。

それにしても山ガールとはうまく流行らしたものです。
最近は山キッズもあります。

自遊人さん、こんばんは^^
わぁ~お帰りなさい!
奥穂高!なんて素晴らしい響きなんでしょう!
憧れの穂高連峰の中でも、一番高い奥穂!
絶対行かれない山なので(写真見るだけで、ブルブルです^^;)
自遊人さんの山行レポート、すっごく楽しみです!^^
せめて、涸沢カールまでは歩いて穂高連峰を拝み(?)たいのですが、
まだまだ無理、と言われています^^;

azumino-macroさん おはようございます

天気が良い予報にちょっと強引(明日から赤石岳~荒川三山)でしたが、奥穂高岳と前穂高岳を登ってきました。
テント担いで、水3Lを涸沢から担いだのでちょっときつかったです。

写真を撮りながら歩くのは体力が要ります。
歩く速度はばらつきますし、首から下げていると鎖場とか狭い場所では歩きにくい。
ウエストバックも邪魔になりますし、こういう岩場で大きなカメラを持っている人を見ると感心します。

懐と時間に余裕があれば、横尾に1泊すればかなり楽にはなりますね。
でもきつくなる本谷橋からはやはり頑張らねばなりません。

自遊人さん こんにちわ〜〜

登山の基本は何も変わってないのに 服装や登る人種が変わって来たようね
なんでもはやらないと商売は成り立って行かないものね(笑)

山ガールがひも付きで登山〜〜
自遊人さんも負けずにを連れて登りましょうよ〜〜

これからは紅葉の季節カメラ持って綺麗な写真写して来て下さいね


うーちゃんさん こんにちは

その昔、山は信仰の対象であり地元の生活の場でした。
一般の登山者が山にはいるようになったのは明治末期だそうです。
技術は変わりませんが、道具は日々進歩して現在に至っています。
お洒落感覚が加わったのは時代の流れでしょうね。
ただ、アウトドア着として山も町歩きも同じ格好でおかしくない時代となり、かえって市場は狭くなったのではないかと思いますよ。

>自遊人さんも負けずに
山ガールは選択の眼が厳しいよ
山姥にはよく釣り上げられそうになりますが、北アルプス稜線で単独行の女性は山の経験が豊富な方が多いです。なにぶん、彼女たちは時間とお金は余っていますので、暇さえあればいろんな所を歩いているので元気です。

> これからは紅葉の季節
是非行きたいと思っているのが奥又白池ですね。
でも11月の海外があるのであまり無理はできません。

こんにちは♪
空気が澄み渡っているのが一目瞭然ですね!
素晴らしい。。。

高所恐怖症の私は、、、きっと足ががくがくになって
しまうことでしょう(笑

先日も高台にて、へっぴり腰になり笑われました。。。

こんにちは☆
暑いですねぇ〜

ネパール向けの高地訓練で富士山、その代わりに穂高岳とはまた豪華絢爛です♪

穂高岳、標高が少しアップしたようで(^^ゞ
GPSなど測地技術の発達があるのでしょうが、造山運動が働いているのかも知れません

確か第2位の白根北岳も3193mにアップしており、順位入れ替えはならずという所でしょうか

山ガール、ヒモ付き含めて増加の一途、「山ギャル」なんて言葉が出て来ない事を祈ります♪

shioringさん コメントありがとうございました

山を登る人でも高所恐怖症の人はいますよ(程度がいろいろあるのかも知れませんが)

緊張するのは誰でも同じでやはり怖いですよ。
でもその先の楽しみのために登ります。

良い天気が続くと気持ちいいです。でも下界は暑いです。

サイモンさん コメントありがとうございました
下界は暑いようですが、山の上は涼しく(この時は寒い)快適でした。
空の雲も秋を感じさせます。

本当は北岳というのもありでしたが、農鳥まで縦走するには日程が足らないので第3位の奥穂高岳にしました。まあ、標高差は大したこと無いですしね。

確かに南アルプスに関して言えば、まだ山は若いです。
噴火のように目に見えて標高が変わるわけではないですし、造山活動の影響はあるかもしれませんね。活断層の動きと同じである高さに達すると崩れることがあるかも・・、

山ボーイって言葉は聞かないです。男では儲からないって事かな?
カラフルな山道具が出てきましたが、いまいちなファッションもありますから、着こなせないならオーソドックスが良いかも知れません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晴れないねぇ | トップページ | 南アルプス・赤石岳~荒川三山へ »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト