« 長野県庁へ | トップページ | ヒメギフチョウ »

今年最後の桜?と北アルプス

5

写真は一昨日撮影した大町市運動公園から。バックは北アルプス・爺ヶ岳。

8

鹿島槍ヶ岳の雪形も姿を見せてきました。

6

今年の春は花の写真をあまり撮りに行く時間がありませんでした。

7

キクザキイチゲ。アズマイチゲかも知れません。季節は梅雨へと移り変わっていきます。

全国的な電力需給の見直し、そして高速道路料金体系の見直しはこれから信州にとって大きな問題として乗りかかってきそうです。
特に鉄道網、北陸新幹線の長野以北延伸やリニア新設には大きな影響がありそうです。
超伝導リニアの実現にはルート問題より、大食いの電力対応が問題とされていましたが、今回の原発に対する一連の動きで、その開業見通しはかなり暗くなったはずです。
津波により破壊された原発の影響はあまりにも大きいです。

« 長野県庁へ | トップページ | ヒメギフチョウ »

コメント

自遊人さん
おはようございます。
雪を頂いた山と桜って見ることが
ありませんわ、綺麗ですねぇ~

信州の山々は高いのですね。
飯田市で見た景色は今も覚えています。

今回の震災は計り知れないものがありますね。
原子力を推進し、天下りをつくり、皆の
つけを国民が背負うなんて…

自遊人さんおはようございます♪

アルプスの山も雪が少しずつ融けはじめたようですね。
爺ヶ岳と聞けば “種まき爺さん”もう 種まきされていますか?
徳島も西のほうへ行くと型が現れるんですよ。
今年はどうだったか聞いていませんが・・

高速道路料金ですが、開始されてからいろんな影響があったようで
淡路の「たこフェリー(明石淡路フェリー)」 の会社も倒産し
、船もベトナムに売られたと聞いています。
ですから人気キャラクターの“たこファミリー”が描かれた船はそのままの姿で
ベトナムの海を泳いで?走って?いるそうです。
どこの海であれ、あのたこファミリーが元気に活躍してくれているのは嬉しいことです。

天災でしかたないとはいっても、制度がころころ変わると
振り回される下々は大変です


自遊人さん こんばんわ〜〜

残雪の山と桜 奇麗ですね
こちらでは見ることで出来ません

こちらの桜は葉っぱもどんどん大きくなり優しいミドリが目にしみます
毎日日曜日のうーちゃん雨降りが続いてますますぐうたら生活に・・・
明日もまだ雨・・・

さぁ夕飯の支度にかかります

ムームーさん コメントありがとうございます

雪を頂いた山と桜の風景は信州ならではの風景のひとつです。
3000m級の山々は梅雨の雨で溶けていきますが、一部は初雪が降る瞬間まで残っています。これが高山植物を育み、山小屋の貴重な水となります。天水は意外と少ないのです。

原発の事故は国際社会における日本の信用を著しく低下させました。
そのことをもっと政治家の人は意識して欲しいです。
軽々しくエネルギー政策の転換を口にして欲しくないですね。

おりひめさん こんばんわ

> 爺ヶ岳と聞けば “種まき爺さん”もう 種まきされていますか?
爺さん、いろんな場所に現れるようです。でも手に持ってるのは種ではなく徳利のようです

たこフェリー、潰れる前に乗れたので良かったです。
確かに高速道路で行けば早いし安いし、フェリーの利用価値としては低いですね。
ただ、船ならではの旅情があります。
日本にはそんな浪漫を楽しむ余裕がなくなってしまったのかと思うと残念です。

被災地の再生には多くの時間がかかります。
思いつきや政権の延命ではなく、しっかりと国の舵取りをしてくれることを祈るばかりです。誰が頭をとっても大して変わらないでしょうから、せめて世界中の笑いものだけにはならないで欲しいです。

うーちゃんさん こんばんわ
晩飯は何かなぁ~

残雪の山と桜はそちらでは無理ですね。
是非見に来てくださ~い。でも打ち出の小槌はありませんし、簡単にはいきませんね。

安曇野の桜も緑が濃くなりましたよ。でも少し足をのばして標高の高いところや大町、白馬といった北に行けば、まだ見ることの出来る場所があります。

> 雨降りが続いてますますぐうたら生活に・・・
手芸の新作を是非お願いしますよ。風景はどうかな~。おどけたお猿もいいなぁ。

自遊人さん、こんばんは^^
大町運動公園にも桜があるんですね!
知りませんでした。
来年、見に行きたいと思います。
今年は、肝心のGWに黄砂がやって来てしまい、
強風の日も多く、なんだかなぁーという感が拭えません。
今の長雨も水田水鏡の季節を台無しにしていますし・・・。
今年は、地震といい、異常気象といい、
自然現象に振り回される一年になりそうな予感が・・・^^;

azumino-macroさん おはようございます

大町市美麻運動場です。運動公園だと別の場所になっちゃいますね。失礼しました。

黄砂に強風、不安定なお天気で北アルプスがなかなかすっきりとその姿を見せてくれません。
せめて明日の暮らしにも困っている被災者に追い打ちをかけるような自然災害がないことを願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長野県庁へ | トップページ | ヒメギフチョウ »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト