« 今年最後の桜?と北アルプス | トップページ | ウォーキングマップ »

ヒメギフチョウ

Photo

里山の荒廃と共に数が激減、絶滅危惧種に指定されているヒメギフチョウです。

Nikon COOLPIX P100で撮影。
動いている被写体はAFで狙いにくいです。追尾AFロックする前に飛んで行ってしまうしね。コンデジのMFではこういう場合は追い切れません。
ひたすらシャッターを切るしかないです。

« 今年最後の桜?と北アルプス | トップページ | ウォーキングマップ »

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

この子も絶滅危惧種に指定されたんですね
自然を大切にしないとつぎつぎ↑になってしまいますね

奇麗に写されましたね
うーちゃんも先日"アオスジアゲハ”を写しました
なかなかすばしこく動き回って写すの難しかったです

自遊人さんおはようございます♪

“ヒメギフチョウ”ってアゲハチョウに少し似ていますね。
サイズは小さい感じに見えます。
絶滅危惧種にしていされているそうですが
自遊人さん、出会えたことも、上手く撮影出来たことも、
ラッキーでしたね

今朝は昨日からのが、降り続いて肌寒いです。
友達が来て、スイレンの植え替えとメダカの水替え
手伝ってくれることになっています

夜は、先日クローバーの思い出でUPしたS君とF君達と
プチ同窓会に行く事になっています。
偶然ですがあの記事をUPしたすぐ後、お誘いありました。
(当時の級長さんが東京から法事で帰ってくるとの事)
なので飲まないおりひめが2人のドライバーになります。
余談が長くてすみません

おはようございます☆

雨が強いですが大丈夫でしょうか?

美しいギフチョウ、久し振りに見れて嬉しいです♪

岐阜で住んでいた頃、「ギフチョウ」の仲間は県の蝶々として保護、幼虫の餌になるカンアオイの保護育成から取り組んでるという話を聞いた事がありました

生物その物を保護するには、その物の保護だけでなく餌から考えてやらないといけません

その辺りがこの国はズボッと抜けています

大丈夫なんかいな・・・・
と思うこの頃です(苦笑)

自遊人さんおはようございます。

見事な衣装の蝶さんですね。
里山の荒廃…
気になりますね、開発されて田畑や
森林が伐採される、川も人工的すぎる
など、住みにくいのでしょうね。

 

こんにちは~

ヒメギフチョウ!とても良い珍しいな写真ですね
ギフチョウより小さいのですか。
見た事が無いです

飛び回る蝶は撮るのに大変です。

うーちゃんさん こんばんわ

飛び回るものは撮しにくいですね。
カメラを向けると逃げるものもいます。
一眼レフならMFで追い回せますが、コンデジはAFが基本なので林の中だと中々難しいです。

里山の再生はこれからの課題で、いろんな団体が取り組んでおられます。
自遊人はまだ参加していませんが、ガイド試験が終わったら活動範囲を絞ろうと思っています。

おりひめさん こんばんわ
今頃はプチ同窓会も宴たけなわと言ったところでしょうかね。
お酒飲まない友達は貴重です

今回はヒメギフチョウに出会えたのが一番ラッキーでした
でもすばしっこくて中々よい場所に来てくれませんでした。

サイモンさん こんばんわ

> 雨が強いですが大丈夫でしょうか?
今朝は雨が上がりましたので、裏山の様子を見てきました。
土地のベースは有明砂という花崗岩質で浸透性は良いのですが、大雨が降れば表面を流れてしまいますので、表土が削られやすいとも言えます。

同じように貴重な種の蝶に『ミヤマシロチョウ』がいます。
この蝶は『ヒロハヘビノボラズ』を食性としていますが、トゲがあるので上高地・小梨平にキャンプ場を作る時に刈ってしまったため、蝶も減ってしまったという話でした。

自然保護はいろいろ絡むので難しいですが、地道な努力が必要です。
この地球で生きているのは人間だけではないのですから。

ムームーさん こんばんわ

昔は衣食住がすべて身近な場所にありました。
今は家は住むだけ、自然の恵みを感じる機会は少なくなりました。
里山の果たす役割も失われてしまいましたし、車社会で道はどんどん舗装されてしまいます。山奥でも本当に立派な道があったりします。

昔からそこに住み、現代に対応できない生き物はどんどん淘汰されていきます。
あっ!これは人間も同じかも知れないですね。

れんげさん こんばんわ

ヒメギフチョウとギフチョウを見比べたことがないので、実際これもどちらなのでしょう。
模様が少し違うようですが、よく似ているようですよ。

飛び回る蝶もそうですが、すばしっこい動物も撮るのは難しいですね。

自遊人さん、こんばんは^^
おー、ヒメギフチョウ(ギフチョウ?)!
一度だけ、八ヶ岳山麓のキャンプ場で、
ヒラリヒラリと優雅に舞っていたのを見たことがあります^^
ギフチョウというと、田淵行男さんを思い出します。
安曇野でもまだ見られるんですね^^

azumino-macroさん こんにちは

この写真も残念ながら大芝山のものです。
しかし安曇野でも希に見られるようですよ。

ヒメギフチョウが産卵し繁殖できる環境を整えないといけませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年最後の桜?と北アルプス | トップページ | ウォーキングマップ »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト