« 「私の好きなビューポイント」合庁(松本)展示やってます | トップページ | 松尾寺/鐘の鳴る丘 »

大姥山(大町市八坂)~金太郎伝説の山~

1

金太郎というと、箱根の足柄山が思い浮かぶ自遊人。
そういえば「昔勤めてた会社の山仲間で“金太郎”に似てる女の子がいたっけなぁ」と思い出しました。今や2児の母の彼女。しばらく顔を見ていません。

2

そんな金太郎伝説の山が旧八坂村にあるという。その名も「大姥山」
今月29日のやまたみ倶楽部定例登山は当初、鉢盛山(波田・朝日・山形村)に行く予定でしたが、「登山口へ至る林道が積雪通行止めからようやく開いたぐらいで整備も行き届かない」との波田支所の担当課員の話で、急遽、秋予定していた大姥山を候補としたのです。
どんなところかわからないので下見を兼ねて歩いてきました。
(写真撮影5/11および18)

いつものごとく、詳細案内は別宅へどうぞ。

« 「私の好きなビューポイント」合庁(松本)展示やってます | トップページ | 松尾寺/鐘の鳴る丘 »

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

まさかりを持った金太郎さん可愛い〜〜
先日まで飾ってた押絵の金太郎さんを思い出しています

大姥山の字を見たらすぐになぜか姥捨山を連想してしまいました(笑)
これも年齢の所為でしょうね

うーちゃんさん こんばんわ~

> 大姥山の字を見たらすぐになぜか姥捨山を連想してしまいました
おみやげ買ってきてくれるくらいだから、大丈夫だと思いますよ。
かじれるすねがあるうちはかじり・・・

そういえば、押絵の金太郎さん、ありましたねぇ
熊さんを作らないといけませんね。

こんばんは☆

別宅、拝見しましたよ♪

あちこちに金太郎伝説があるようですね

昔の人は力持ちが多くて(異民族ではなかったのか・・・という考え方もありますが)某神社の狛犬を反対向けにするくらい何でもなかったのでは無いだろうか・・・とも思ったりしました(爆)

サイモンさん 別宅もご覧頂きありがとうございました。

ネットで見ると、どうやら金太郎の遊び相手は熊だったらしいですね。
田舎の子の遊び道具が耕耘機みたいなもんですかね。

昔の人はみんな力持ちでした。山だって強力とか歩荷なんて人がものを運んでいたのですから。
ちなみにネパールのシェルパ族なんかは力持ちですね。
日本の女性にもてるらしいですよ。
松本にはそんなシェルパ族のカレー屋さんがたくさんあります。

こんばんは~

高い山にはまだ積雪があるんですね

大姨山に金太郎伝説が有るのですね
くまさんとお相撲を取ったのかしら
伝説は夢があってよいですね・

れんげさん おはようございます

安曇野から見える山の雪は梅雨入り頃には見えなくなりますが、北アルプスの山々は秋口まで融けず初雪前にようやく消える場所もあります。
昔は万年雪もあったでしょうが、今は温暖化でどんどん消えていきます。

熊と相撲を取った金太郎さんのように熊が出てこないか心配でしたが、鹿しかいませんでした。伝説と違って浪漫が無い話しです。

自遊人さん、こんばんは。
大姥山、行ってみたいと思っていた所でした!
低山なら、行かれそうなので・・・
安曇野周辺の日帰り登山が可能な山から攻めていこうかと・・・?^^;
いろいろ参考になります。ありがとうございます。
別宅にも伺いますね^^

azumino-macroさん おはようございます

春の里山は倒木も多く、道探しをしながら歩く場所もあります。
里山再生は現代の生活では難しい部分がありますが、生活に密着していないながら、その大切さは変わりません。
次の世代へ大切さを伝えていく必要がありそうです。

自遊人も少し松本地域の里山を見て歩きたいと思っています。

ただ、低いからと安心は禁物。登山道は北アルプスとかの方がよほど歩きやすかったりします。
今回の大姥山は鎖コースを登りました。鎖は綺麗でしたが、根元が回ったりしてやはり全体重をかけるのは怖いのもありましたよ。痩せ尾根でこれを往復するのは嫌だなぁと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「私の好きなビューポイント」合庁(松本)展示やってます | トップページ | 松尾寺/鐘の鳴る丘 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト