« 黄色い花と常念岳 | トップページ | リゾートビューふるさとでおもてなし! »

霧訪山(きりとうやま)

100

塩尻と辰野の境に霧訪山(きりとうやま)という標高こそ高くないものの、360°の展望が楽しめる山があります。
霧の訪れる山・・・名前からすると天気悪そうです。しかし歌があるほど地元の人には愛されている里山のようです。(自遊人歌えません)
今回、やまたみ倶楽部でお隣の大芝山を訪れるので、その下見をかねて出かけてきました。
ちなみに近くには鳴雷山という、これまた天気の悪そうな里山がありますよ。

101

登山開始はこの善知鳥峠から。倶楽部の山行ではここに下山することになります。
「うとう」と読みます。漢字の読みは難しいですね。

某会社の高圧線の巡視用道が枝道のように走る登山道。
予定している1日の天気予報はrainです。

山の別宅(←クリックすると飛びます)に詳細アップしますね。
※ 4/30 15:50アップ始めました。 

« 黄色い花と常念岳 | トップページ | リゾートビューふるさとでおもてなし! »

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

難しい名前の山ですね〜〜

"巡視用道が枝道のように走る登山道”迷わずに歩いて下さいね
(きっちりとした登山道ではないのですね)
着いたら違う山だったり 下りたら車の置いてる場所でなかったってな事にならないようにお願いしますよ〜〜(笑)
お天気が今一のようです てるてる坊主ぶら下げておいて下さいね

自遊人さん
こんにちは~
霧訪山って読みにくい名前ですね。
見晴らしがいいのですねぇ~

黄色い菜の花が咲いてる↓の記事も
素敵な雰囲気ですわ。

安曇野の美しい景色には大型ショッピングは
似合いませんね。
このままの環境を守って欲しいですわ。

滋賀県も運動公園やら出来てびっくりします。
鴨川も土手が綺麗になりすぎたり、野鳥が
住みにくくなったりしています。 

うーちゃんさん こんばんわ
今日は午後から雷ゴロゴロ、ようやくおさまりましたが、明日予定の本番は翌2日に延期になりました。しかし明日は方言劇の予定もありまして、そちらに行くことになりました。暇にはなりません。

> 難しい名前の山ですね〜〜
読めない名前が多いです。日本人でも難しいのに外人はもっと難しいですね。

ルートファインディングも勉強になりそうです。
ただ、予定変更でバス使わなくなったので同じコース往復となりそうです。

> お天気が今一のようです てるてる坊主ぶら下げておいて下さいね
新調しました。でも、主にお願いしているのは3~5日の山行の方です。

ムームーさん こんばんわ

1300mほどの低山ながら眺望の良い山として地元の人に愛されています。
霧の訪れる山なんて天気悪そうですね。その通りで予定していた明日は明後日に順延になりました。

安曇野は田舎の雰囲気が残りながら、大型ショッピングセンター等は比較的コンパクトに揃っていて、都会から越してきても急に生活スタイルを変えずとも暮らせる場所です。
すでに十分環境は整っていると個人的には思いますし、そう考える人も多くいます。

確かにショッピングモールは魅力的ですが、普段の生活には必要ありません。
普段の生活に必要なのは癒しの空間、明日への活力を生み出す安らぎの生活に思いますね。

こんばんは~

ここ2~3日お天気が悪くて肌寒いです。
難しい山に名前ですね。
見晴らしが良さそうなのでお天気が良いと最高~
お日様が出るように祈っています。

自遊人さんこんばんは~♪

善知鳥(うとう)難しいですね。
おりひめはゼンチドリですね。
「鳴雷山」というfuji山にも雷が怖いので登りたくないような感じです。

↓上高地開山祭、小栗旬さんが来てたのですね。
自遊人さん近くで見られてよかったですね。
テレビで見るのと同じでしたか?
(当たり前ですよね)
長澤まさみさんも可愛いかったでしょうね。
もっとたくさんの人でお出迎え出来たらよかったですね。
自遊人さんテレビ写っていましたか?

※新しく買い換えてから“犬と歩けば”見ることが出来るようになりました。

れんげさん おはようございます

お天気が悪いと憂鬱ですね。昨日もお昼から一転雷雨となりました。

この山に今日行く予定でしたが、明日に順延になりました。
眺望もそうですが、雨では花が咲きません。
ただ歩いて濡れるのはつまらないですね。

おりひめさん おはようございます

> 善知鳥(うとう)難しいですね。
> おりひめはゼンチドリですね。

パソコンの辞書には入ってましたが携帯の辞書には入っていませんでした。
難しい読みです。
鳴雷山」も嫌ですね。そして昨日は本当に午後から雷ゴロゴロ、雨ザーザーでした。
不安定な天気で困ります。

上高地開山祭
実は長澤まさみさんはあまり興味ありませんで・・・ほんの2メートル位前を通りましたので、ファンの人だったらたまらなかったでしょう。
旬くんは格好良かったですよ~

事前に告知していたら河童橋周辺の警備が大変だったでしょう。
有名人と近い距離で出会える機会なんてそうはありませんからね。
そうでなくても知らない人が多く、ゲストの紹介があった時にはどよめきが上がっていました。当然フラッシュの嵐となったのは言うまでもありません。

地元の報道関係者が陣取る後ろにいましたから、たぶん流れで映ることは少なかったかと、但し、インタビューはばっちり放送されたようです。
友達の側にいたら映ってましたね。めざましテレビでばっちりわかりましたから!
本人に話したら驚いていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄色い花と常念岳 | トップページ | リゾートビューふるさとでおもてなし! »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト