« 松本城の梅 | トップページ | 「おひさま」放送始まるよ & 月イチ「リゾートビューふるさと」でおもてなし »

やまたみ倶楽部・山行記録展始まりました

Img_0001やまたみ倶楽部は4月からⅢ期目がスタートしました。

やまたみ登山学校Ⅰ期卒業生が中心になって結成されたOB会も、Ⅲ期目には約30名の会員の山の会に成長しました。
一方で様々な理由から辞められていく方もいます。
記録展で前回同様、尽力されたC・Kさんもそのひとりでした。
新まつもと物語で市民記者として活躍されているvirgoですが、山以外のことに少し注力したいとのことです。
企画センスの良いvirgoを失うのは痛いですが、登山学校そしてこのOB会で得た知識を生かして、山登りを続けて欲しいものです。

前置きが長くなりましたが、昨日4月2日から松本市市民活動サポートセンター2階のフリースペースで、昨年度(平成22年度)のやまたみ倶楽部の山行記録展が20日までの予定でスタートしました。
4月から新しく山岳観光課を安曇支所に置いた松本市にふさわしい展示ではないかと自負するわけではありませんが、信州松本・安曇野に特徴ある山の会があることは素晴らしいことだと思っています。

01_202_2

今回は先のC・Kさんの提案で「なぜ山に登るのか」という課題の提出を顧問の方、新規加入者含めた会員全員に科せられました。
Because it is there(そこに山があるからさ.)”と答えたG・マロリーの言葉ではありませんが、実に難しい質問です。でも多くの人が知恵を絞って、これだけ多くの人が書いてくれました。(内容についてはまた別の機会にまたお話ししたいと思います)

03

番外編として一部メンバーが参加したジャンダルム、そしてブータン花の旅。

10 11_2 12_2 13 14 15 16 17 18 19_4

1年間の活動の数々をこうやって展示してみると感慨深いものがありますね。

今月20日まで、松本へお立ち寄りの際は是非覗いてみてください。

そうそう、記念すべき一番目の来場者はみけねこさんとみけ兄さんでしたcat(みけねこさんの記事はこちら)。来場ありがとう!
今年は新規にNPO法人・信州ふるさとづくり応援団安曇野支部のふるさとパートナーになっているご夫婦が加入されましたし、倶楽部会長も先日のウォッチングでパートナー登録していただきました。
こんな形で地域活動の輪が広がっていけるのも、安曇野スタイルのひとつの形ではないだろうかと個人的には感じています。

追記4/3:20:45 関連記事:佐々木みつえのブログもご覧ください

« 松本城の梅 | トップページ | 「おひさま」放送始まるよ & 月イチ「リゾートビューふるさと」でおもてなし »

コメント

おはようございます~

今日は日曜日で曇り空です。
いろんな思い出が詰まった展覧会でしょうね

素晴らしい仲間が集まって話し合いながらの作り上げていく事
素晴らしいことだと思います。

自遊人さん こんにちわ〜〜

>1年間の活動の数々をこうやって展示してみると感慨深いものがありますね。
いいことだと思いますよ〜〜
"整理をしなくては”と思いつつなかなか出来ないことです

うーちゃんアルバムの整理が好きで息子達のは綺麗に一年ごとに区切ってしてあります
(もう自分たちで出来るようになってからはしていません・・・)
お箸袋やパンフ しおり 切符までもらって来ていました

今のようにデジタルでPCに残せるともっと手間いらずだったのにと思います

これからはフォトブックでイベントごとに整理されると展示会とき選びやすくていいのでは〜〜〜

プリントにはご自分でされるんですか??
キタムラに持って行かれるのかぁ??

れんげさん こんばんわ~
こちらは午後から青空が広がってきましたが、そちらはいかがだったでしょう?

展示しているこのスペースは学生からシルバーの方までいろんな方が利用されます。
単に活動の報告と言うだけでなく、できるだけ多くの人に興味を持っていただけるような工夫をしてみました。

会も3年目に入り大きくなってきました。
年齢格差の問題、人間関係の問題等課題が出てくるのはこれからです。
組織は大きくしたいが、肥大になると統制が難しくなるというのはどこでも悩みの種だと思います。
派閥を作らない、そのためには会員全員から個人の意見を引き出す環境作りがまず必要となります。でも実際これが一番難しいことですね。

うーちゃんさん こんばんわ

展示の意味はひとつは自分たちの活動を見直す意味合いと、一般展示によるアピールのふたつがあると思います。
公共スペースを利用しての展示、展示する人はすごいことをやってきたと思っていても、展示の方法によっては思いは伝わりません。
自分たちがこの展示を通して何を伝えたいのか、その目的意識がしっかりしていないと、ただ展示しただけに終わってしまいます。

整理するだけだったら、製本して冊子を作って会員に配った方が良いと個人的には思っています。
今はデジタルデータでコンパクトに収めることもできますしね。
ただ、PCも携帯も持っておられない方もまだ多いです。高度電子化に興味はあるが実際都会ほど進んでいないのが現実です。

>お箸袋やパンフ しおり 切符までもらって来ていました
自遊人も昔は写真と一緒にアルバムに貼ったりしていましたし、なんでもとってありますよ~。何もしていないのでゴミですね。そんなのが沢山あります。

>キタムラに持って行かれるのかぁ??
おお~、そちらでもキタムラですか~。
でもこれは自宅のプリンターですよ。A3にする時だけ仕方なくプリントに出します。

自遊人さんこんばんは~♪

やまたみ倶楽部も新しくスタートされたのですね。
昨年の活動の様子を写真で振り返ると
その都度その都度の楽しかったことや苦労したことが
思い出されたことでしょうね。

今年度も楽しい活動の様子見せてくださいね

おりひめさん おはようございます

始まりは松本市政100周年を記念して企画された登山だと思います。
行政の補助もあり多くの人が参加して盛り上がりましたが、同時にこの登山のバックアップにあたったガイド協会で登山学校がスタートし、山に興味を持った方、再度登りたくなった人が集まりました。

やまたみ倶楽部としては今年3期目に入り、登山学校出身者以外も多く加入されました。いろんな形で入る人が増えるこれからが会としての正念場とも言えます。
楽しい山行を支えるためにはプロデュース、スタッフそれぞれ人がいります。
会社と同じで40代くらいが現役でバリバリ働ける環境が山の会でも必要ですが、聞こえてくる話は良いものは少ないです。

ガイドの資格を取ると責任がついてきますが、個人的なつきあいでその資格が足かせになる場合も耳にします。グループリーダーぐらいがある意味合いでは気楽かも知れません。いろいろ悩みは多いです。

ついつい愚痴が長くなってしまいましたね。
今年は個人的に写真を撮る山歩きをしたいと思っています。
でもグループの活動も支えたいので悩みは多いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松本城の梅 | トップページ | 「おひさま」放送始まるよ & 月イチ「リゾートビューふるさと」でおもてなし »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト