« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

霧訪山(きりとうやま)

100

塩尻と辰野の境に霧訪山(きりとうやま)という標高こそ高くないものの、360°の展望が楽しめる山があります。
霧の訪れる山・・・名前からすると天気悪そうです。しかし歌があるほど地元の人には愛されている里山のようです。(自遊人歌えません)
今回、やまたみ倶楽部でお隣の大芝山を訪れるので、その下見をかねて出かけてきました。
ちなみに近くには鳴雷山という、これまた天気の悪そうな里山がありますよ。

101

登山開始はこの善知鳥峠から。倶楽部の山行ではここに下山することになります。
「うとう」と読みます。漢字の読みは難しいですね。

某会社の高圧線の巡視用道が枝道のように走る登山道。
予定している1日の天気予報はrainです。

山の別宅(←クリックすると飛びます)に詳細アップしますね。
※ 4/30 15:50アップ始めました。 

黄色い花と常念岳

2

さて、いよいよゴールデンウィークがスタートしました。
今年は雪の量はほぼ平年並みといったところ、場所によって多かったり少なかったりします。1月は冬型が続きましたから風の影響もあるのかもしれません。

3

堀金道の駅。写真は21日のものです。奥に菜の花が見えます。
1週間以上たちましたが、例年に比べて今ひとつの感じです。
連作障害?遅れてる?いえいえいい加減なことは言えませんね。
黄色のおばさんchickchickchick もとい、菜の花にゃんこcatshineに今度聞いてみましょうdogワンワン

上高地の開山祭(2011年)

1

上高地に春の訪れを告げるアルペンホルンの音色が響きます。

2 3

前日まで雪が降ったりして寒かった上高地。いつも天気に恵まれない開山祭も、雲が多いながら陽射しもありしかも暖かな日となりました。

さて、開山祭は昨年も見に来ましたが、今年訪れた目的は・・・・101

たくさん集まった(集められた)山ガール・・・も、ありますが100

103

小栗旬、格好いいなぁ~爽やかだなぁ。
ちなみに女性の方はファンの方には申し訳ないけど、個人的にはどうも・・・。
(1mぐらい側を通りましたが、雰囲気も・・・でした)
でもニット帽に山ガールスタイルはかわいいですね。当たり前か!

映画「岳」、5/7ロードショー開始

原作者の石塚真一さんも来られていましたよ。漫画持っていたけど、この日はサインはお断りだったそうです。でも、つてで少しお話しできました。結構気さくな人だな。(写真は撮ったけど載せられないかな)

4

「多くのお客さん」などと挨拶にありましたが、そのほとんどは招待客。
今回、自遊人は一般客として訪れましたが、いわゆる有料入場者は相当少ないようです。その証拠に駐車場はガラガラ。運転手さんも嘆いていました。

行楽気分になれないでしょうが、このままでは今元気な人までも力を落としてしまいます。
ここは気分転換、明日の活力のためにも是非信州に来て気分をリフレッシュをお願いします。

それにしても知り合いが多かったり、見覚えのある女性がいたりすると鼻の下を伸ばしているわけにもいきません。とはいえ、気分一新リフレッシュできました。
そうそう、テレビ信州(日本テレビ系列)のインタビューを受けました。僕なんかボツだろうなぁ~。一応、真面目な答えをしましたけどね・・・採用されたか見てません。

桜と○○・松本平、安曇野の春(4)

9

拾ヶ堰に沿って走る自転車道は、堀金道の駅から高家(たきべ)のあたりまでは常念を見ながら走ることができる(松本方面から来た時)ビューラインとなっています。

10

11

このあたりは狭い生活道路と交差する箇所が多いのですが、桜並木が美しい場所です。

12

そ~っと覗きながら近寄りましたら「ガ~ガ~」鳴きながら逃げられてしまいました。
急にお腹が減ってきましたので、途中のいつもの信州坊主・ほのかさんで肉つけ汁の蕎麦を食べました。
食べ終わった頃、信州ふるさとづくり応援団のMさんが入ってきました。
会う時にはいろんな人に会うものですね。

静かなGW入りを迎えます。GWどころでない人も多くおられるのも、先の見えない世の中で余暇をのんびり楽しむ雰囲気でないのもわかりますが、長い苦難を乗り越えるために気分一新、春を楽しみましょう。   

桜と○○・松本平、安曇野の春(3)

5

朝は少しひんやりしますが、日中は暖かくなってきました。

6

8自転車広場も穏やかな陽気に誘われて家族連れで賑わっていました。(平日ですけど・・・)

そばにはビューポイントの撮影台がありますが、今回は子供目線(ペット目線?)で狙ってみました。
ちょっと常念岳が緑に隠れてしまいます。

7

無難なのはこの橋の上からでしょうか。信州ふるさとづくり応援団のSさんに会いました。冬の間、崩されていた体調もだいぶ回復されたようです。

昨日の安曇野の我が家は陽射しsunがあるのに雨が降るrain不安定な天気でした。
しかも寒い。雨粒をよく見るとみぞれから雨に変わる様子がわかりますから、また山の上は雪なんでしょうね。

やまたみ倶楽部・烏帽子岩山行(2011・4・24)

1

烏帽子のように見えるから烏帽子岩。観音様という方も結構いるこの奇岩のそばまで行く、やまたみ倶楽部の山行を昨日24日行いました。

2_3

怖いもの見たさ

4

ビレイする人は心配でなりません。この日は風が結構強いtyphoon

3_2

六人坊で少し早めの昼食

5 6

左は偽物、右はちょっとひざがくたびれ気味。こんな救急や搬送訓練もやりました。

今年度から手当もらってのリーダーなので少し真面目にやってます。
よって、本番の写真はあまりありません。悪しからず。

7:20に野間瀬橋から歩き始め、戻ったのは16:00頃、一部メンバーは短縮して六人坊へ行くコースをTさんリーダーで登りました。
戸谷峰へ出合ドライブインから直登するコースもあるようなので、次回下見してみるつもりです。

NPO信州ふるさとづくり応援団安曇野支部の総会&懇親会

NPO信州ふるさとづくり応援団安曇野支部の総会&懇親会を、豊科にある、居酒屋花風さんを貸し切って22日夕方から行いました。
みけねこさんお気に入りのお店です。みけねこさんの記事はこちら

1

まずは1時間ほど総会および支部会議を行いました。
正会員20名、環境景観・協働まちづくり・田舎暮らしの3部会で構成されています。
今年度は部会長が若手に一新。自遊人も田舎暮らしの部会長になりました。
まだまだ学ぶことが多いですが、より一層がんばらないとねgood

2さて、お腹が空いてきました。

前回はウォッチング下見の後の2次会で来ました。
山賊焼きのお店ですが、どんな料理が出てくるのか楽しみ。

おお~heart01狭いテーブルに所狭しと料理が並び始めました。
前菜に湯葉が出てきたり、けっこうお洒落でヘルシー。
お味もなかなか良いです。

3 4

メインディッシュはもちろん山賊焼きです。鶏を揚げる→取り上げる→山賊。塩尻発祥とのことですが、最近B級グルメとして注目を浴びています。美味しいよ。

5 6

おにぎりも洒落てます。そしてこの緑色の山雅カラーのビール。某所のわさびビールといい勝負です。

7 8

2次会はお隣のすなっくうさぎへ。ちょ・・・長老、歌がうまかったのね。意外な一面を見た思いです。このメンバーでカラオケは初めての体験です。みんな歌うまいなぁ

9 10

初めての体験といえば・・・これ。なんと夜のスナックに女の子のパン屋さんがやってきました。いやはやおどけたなぁ。
しかしなかなか考えた商売です。このパン\430・・・た・高いcoldsweats02。試食もあったりで、なんとなく買っちゃうんだよねぇ。じゃんじゃん売れてました。
午前様で二日酔いの朝、奥さんが飯作ってくれなくても安心?coldsweats01

いろいろ知らないことがあります。

桜と○○・松本平、安曇野の春(2)

1

常念道祖神の桜。テレビの投稿写真にあった構図を真似してみました。

2

33日ぶりの好天で多くのカメラマンが繰り出してきました。
畑に入らないことはもちろんのこと、地域の人に迷惑にならないように駐車してくださいね。
駐車場の整備が急がれますが、近隣に適当な場所が見あたりません。

4

扇町の桜の二の舞があってはなりません。
桜と常念岳のコラボレーションは、安曇野ならではの宝物のひとつです。   

桜と○○・松本平、安曇野の春(1)

0004

松本城の桜、すでに一部散り始めました。
桜吹雪の下を歩くのは心地よいのですが、はかなさも感じます。

0001

「あっしには関わりのねぇことで」(・・・ふ・古いな~)

0002

「散らせるものなら散らしてみやがれ」

0003

「おぅ散らしてやるぅ」
散らすのは風ばかりではありません。
信州の桜前線は山へ北へと進んでいきます。

0005

この子はシメかしら?スズメくらいの小さな野鳥ですが、地面にいました。
ミケcatに狙われちゃうよ~dogワンワン

徳本峠の山小屋明け

いろいろバタバタしていて、久しぶりのブログ更新になりました。

0さて、自遊人は14日から徳本峠小屋の雪下ろしの手伝いに参加していました。

2000m以上の場所にある小屋へはヘリコプターで向かいます。
この日は涸沢ヒュッテや涸沢小屋そして岳沢小屋なども小屋明けの第一陣が現地へ向かいました。

ヘリに乗るのは初めて。
どんな感じなんでしょう?その様子はまた別宅にて。

1写真は到着した直後の小屋の様子。

元々積雪量はそんなに多くはありませんが、風の流れの影響かこの写真のあたりは特に少ないです

2右の写真は小屋の後ろから。

緩やかな傾斜はありますが、ここは吹き溜まりとなっています。

まず最初の仕事は今夜の寝床に入る準備から。
食料や荷物は後から別便で届きましたので、玄関とトイレに入れる場所の雪下ろしから始めました。
雪と言ってもほとんど氷ですから、チェーンソーで切り出します。

318日の様子。

旧建屋の後ろあたりを残し、雪囲いは外し終わりました。

4右写真はトイレの裏側、右上の写真を撮影したあたりの積雪高さがわかるかと思います。

チェーンソーと人力でこれだけの雪を取り除きました。

ゴールデンウィーク、多くの登山客で賑わう涸沢などはもっと多くの雪が残っています。
多くの小屋関係者の努力によって、お客様を受け入れる準備が進められています。

今朝の安曇野は雨模様。小屋あたりは雪でしょうか。

この続きは別宅にアップします。(9:40アップしました)

手打ち蕎麦パーティー

1_3

先日、山の会のメンバーのFさんから「10日、蕎麦打ちやるからおいで」とお誘いがありました。
週末は友達誘って山歩き予定でしたが、友達と予定が合わずで、天気はまあまあ良いけど、直接mobilephoneもあったことだしお邪魔することになりました。
場所は旧四賀村にある坊主山クラインガルテンのセンターハウス。約10名ほど集まりましたよ。

2クラインガルテン(Kleingarten)。
言葉の響きからもわかるようにドイツで盛んな歴史をもつ農地の賃借制度で、日本では市民農園として親しまれています。

ここ坊主山クラインガルテンは平成5年に始まった草分け的存在で名前は知っていましたが、訪れたのは今回初めてです。
遠く、北アルプス燕岳あたりがよく見えるのどかなところです。
近くには福寿草の群生地があって、以前写真を撮りに来たことがあります。また、近くの会田産の玉子は松本・安曇野では食卓に並ぶこともあるでしょう。

3

先生はお誘い頂いたFさんの同級生だそうです。4段の腕前だとか。ちなみに蕎麦打ちが本業ではないそうです。

5 6_2 7

本日は二八蕎麦。蕎麦は堀金産と先生の自宅栽培の2種類。
広い蕎麦畑をお持ちのようですね。
粉は先生の手の中で魔法のようにかたまり、そして紙より薄く伸びていきます。(途中だいぶ省略してますよ~)
普段は外国産のそば粉で練習するそうです。練習した外国産でも欲しいですrestaurant
何事も日々研鑽、その道のプロになるには努力が必要です。

8 9_2 10

♪トントントン♪機械より正確に1.7mm位の細麺が出来上がりました。

11

端から端まで厚さが均一ですね~。昔、クレームでお客さんから返品された製品の厚さが規格の倍くらいあり、平謝りしたことを思い出しました。

12茹でるのもプロがやりました。
せっかく美味しそうに出来上がったのですから最後まで美味しくいただきたいものですね。

少し硬めの仕上げ。風味と手打ちらしいコシを十分味わうことができました。

蕎麦を大量に茹でるというと、昔、グループホームで温かい蕎麦がそばがきみたいに玉になってしまったのを思い出します。(作ったのは自遊人じゃないよ。ひとりお婆さん激怒してました)

13 14

2種類の蕎麦、先生が自宅栽培したそば粉は、少し青いうちに収穫したものだそうですが、風味がまろやかで何とも言えない美味しさでしたよ。

信州の食、蕎麦打ちにチャレンジするのはまだだいぶ先の話になりそうです。 

雨の休日は松本へ

1_2

今年は観光ホスピタリティカレッジを卒業したので、松本市の博物館や施設を観覧料なしに利用できます。天気が悪くて山に行けない休日の楽しみができました。

2_2

松本に出たついでに、サポセン(市民活動サポートセンター)で展示中のやまたみ倶楽部の山行記録展を見ていると、会員のHさんとOさんがやってきました。
しばらく一緒に眺めていて、その後自遊人は石井スポーツへ立ち寄るので別れました。

お店を出て中町の方へ行こうとすると、ふたたびお二人がrvcarブブ~。
駐車後、「美味しい佃煮やさんがある」というので一緒に行った先はやまへいさん。
忙しくしていても主婦はいろんな情報をよく知っていますねぇ~。
買い物した後、途中でふたりは靴屋さんへ。ここで再びバイバイして自遊人はカレー屋さんへ

3_2

4_2外観はおおよそカレー屋さんらしからぬ雰囲気です。

お客さんがたくさんいるので内装は撮影を控えましたが、なかなかレトロで感じのよいお店でした。

チキンカレーを注文。
特に特徴はないですが、町の食堂って感じがいいですね。

さて、お店を出ると、靴を購入したお二人とまた会いましたcoldsweats02
食べるのが早いのか、靴選びが長いのか、とにかくお二人の食事につきあって薬膳飲茶謝藍(しぇらん)というお店に入りました。

5_2座ってさて、何を注文しようかと思っていた時、何やら隣から山の話が・・・見ると今年、登山学校から倶楽部に入ったOさんでしたcoldsweats02coldsweats02
女性はこういうお洒落な店は詳しいですね。
さて二人はランチと飲茶を頼みました。ランチを頼むと¥200、飲み物のみだと¥600。お湯はおかわりで足してくれましたよ。

6_2ランチだよ。美味しかったようです。

なかなかこういうお店は一人では入りませんし、男同士では入らない気がします。

すっかりのんぴりしました。今度は本当にバイバイです。
雨は飛んでくるものの陽射しが暖かでお城のまわりを散策した後帰宅。家はどんより曇って寒いですsleepy

今日予定していた烏帽子岩の下見は別の日にして、やまたみ倶楽部の仲間の方からのお誘いで、手打ち蕎麦を食べに行きますnoodle

北アルプスはゴールデンウィークに合わせて小屋明けが進みます。
自遊人も今週は徳本峠小屋へ手伝いに行く予定です。

雨の朝 そして 「岳」パネル展

Dscn2710天気の悪い日は図書館や博物館に行ってお勉強。
今週読んでいるのはこの2冊。
山の生い立ちを知ることで、その地形を理解することができ、ひいては防災面で役に立つこともあります。

大学の専攻は冶金学(今は言わないな)でしたが、元々の希望は地球科学でした。(気象庁に勤めたかった!)
頭が悪くて断念しましたが、地学だけは自信がありましたね。進む方向を間違えた気がします。

1今回の巨大地震は宮城県沖と遠くでしたが、通常の横揺れと異なりいろんな方向に長い時間揺すられるもので、来客中にも関わらずテレビでニュースを確認したほどでした。

この影響は大きく、続いて長野県北部、静岡県東部、秋田県内陸北部と地震が活発になっていることは、気象庁からも発表になっています。
また、大きくはありませんでしたが、松本平で最も活発な活断層、牛伏寺(ごふくじ)断層を震源とする地震が珍しく発生しました。

住んでいる土地の地形、古い地名の歴史、川の流れなどを見て歩くのも、ふるさとウォッチングのひとつ。
山もただ眺めるだけでなく、氷河が削ったのか、風雨雪が削ったのか、それとも地震で崩れたのか盛り上がったのか、火山活動なのか等を考えながら見ると、また違った興味がわきます。

                     ところで

2

来月GW明けからロードショースタートの「」。そのパネル展が大町山岳博物館で開かれています。

3 4 5

漫画は面白かったけど、映画はどうでしょう?旬くんは格好良いけど長澤ファンではないしなぁ~。ちなみに博物館は警察署のロケ地に使われたようです。

6こんなのも展示してありました。

隣にある研修センターの研修の様子も展示してあったりしました。
リーダーコース受講したのはもう2年前になります。
まだ十分生かしきれていません。

庭の花

Sui

ミニ水仙。一番最初に咲いた一輪は猿に切り取られましたが、その後無事に咲きました。

Fuku

福寿草。蕾が全部開きました。「鶏糞はやったらアカンよ」って言われたので何も与えていません。放ったらかしの自遊人にぴったりです。

Kuroshiro

白いけどクロッカスです。

F71

こちらは模様入りです

F4

絞りを少し変えてみました。(上はF/7.1 下はF/4 COOLPIX P100)
バックと花の模様のボケ具合が変わっているのがわかりますか?

春の訪れとともに何かと支出が多くなります。
ところで「固定資産税」って何に使われるのでしょうね。皆さんご存じですか?
国の非常時に税金ばかりとられて、お役人の給料そのままでは納得がいきません。
少なくとも今回の原発の件、責任は国の政策にもあるわけだから全員減俸でもおかしくないと個人的には思うのですがね。

松本周辺の里山・戸谷峰~六人坊~烏帽子岩

G

4月のやまたみ倶楽部の山行は2回あります。
そのうち、24日の山行・戸谷峰~六人坊~烏帽子岩は企画・リーダーを任されましたので、コースタイム確認に天気の良い日を選んで出かけてきました。
詳細は山の別宅の記事へどうぞ(←クリックすると飛びます)

里山は昭文社の地図では扱っていない場所も多いです。
道しるべが沢山あり登山道がしっかり整備されたアルプスなどに比べると、コースの状態とかの情報が少ない分、意外と難しかったりします。雪解け後コースが崩壊していたりすることはよくあります。今回は念には念を入れて下見を2回計画し、今回、事前打ち合わせ会の前に1回目の下見を実施しました。

もう一回は友達を誘ってみましたが、予定が合わず再び単独で下調べすることになりそうです。さんに会わないだろうなぁ~とちょい心配ですwobbly

沖縄の友からの頂き物

10先日のこと、美ら海水族館で有名な本部町(沖縄)にいる友達から「粗食送ったよ」との連絡有り、楽しみに待っていると3日、ゆうパックで届きました。

品名を見ると『かつおのし』・・ってぎょぎょ~?

頭の中に浮かんだのはのしいかかつおバージョン。沖縄で美味しい魚にあたらなかった自遊人は「はは~ン、さすがやんばる、変わった食べかたするずら」と思いながら封を切りました。

11 12

ほおじゃあるめぇ~。中から出てきたのは『かつおし』の元でした。

たろさん、ありがとうありがとう。かつおといえば、やはりわかめスープですかねぇ。

「おひさま」放送始まるよ & 月イチ「リゾートビューふるさと」でおもてなし

1

2

NHKの連続テレビ小説「おひさま」

安曇野・松本を舞台にしたNHKのドラマ「おひさま」が本日から放送開始になります。
ロケの様子のスチール写真を安曇野市中央図書館「みらい」で展示しています。

              そ し て

3

そして昨日は月一「リゾートビューふるさとdeおもてなし」の日(別名、駅そばを食べる日)でした。
前回は軽油不足で電気が作れないcoldsweats02という、思わぬ弱点(一応架線から電気とれますけどね)から運休しましたが、無事復帰しました。「彩号」に乗りそびれたみけねこさんはちょっとがっかり。

4

「よろしくお願いしま~す」穂高神社までお客様のご案内、お疲れさまで~す。

5

4月から穂高駅の停車時間が2分延びて27分になりました。松本でのあずさしなのとの接続等の関係もありよく遅れるけど、これで少し安心。遅れると穂高神社参拝の時間がなくなっちゃうのです。

6

あっと言う間に信濃大町に到着。ワイドビューな北アルプスの風景。おもてなし開始以来、初めて北アルプスをのぞむことが出来ました。
これから田んぼに水が張られた水鏡の美しい、そして新緑と残雪の美しい季節。
車窓からの風景が楽しみです。

7 8

じじ、ヘルメット姿似合います。さすが本職です。
信濃大町では太鼓とこんな写真撮影のおもてなしがあります。
ただ、停車時間が以前より大幅に短くなり6分となりました。後から来る各駅停車に抜かれませんし、外に出る時間も少なくなったので注意です。

白馬、南小谷へ向かうお客さんをお見送りしてから、駅そばを食べに~
松本への帰りの電車の時刻は変わらないのでのんびりできます。
待合室で山岳センターの研修でお世話になった榛葉先生にお会いしましたよ。
出来の悪い生徒だったから覚えてないだろうなぁ~

Img_0001 Img_0002 Img_00031Img_0004 Img_0005 Img_0006 綺麗なパンフレットがあります(クリックすると大きくなるよ)
中をよく見ると・・・
Img_0003_2

な~んてのものってたりします。

来月は1日ですが、やまたみ倶楽部山行のリーダーになっているのでお休みです。
臨時男役メンバー募集中デス。

関連記事:みけねこのひとりごと も見てにゃ~んcat

やまたみ倶楽部・山行記録展始まりました

Img_0001やまたみ倶楽部は4月からⅢ期目がスタートしました。

やまたみ登山学校Ⅰ期卒業生が中心になって結成されたOB会も、Ⅲ期目には約30名の会員の山の会に成長しました。
一方で様々な理由から辞められていく方もいます。
記録展で前回同様、尽力されたC・Kさんもそのひとりでした。
新まつもと物語で市民記者として活躍されているvirgoですが、山以外のことに少し注力したいとのことです。
企画センスの良いvirgoを失うのは痛いですが、登山学校そしてこのOB会で得た知識を生かして、山登りを続けて欲しいものです。

前置きが長くなりましたが、昨日4月2日から松本市市民活動サポートセンター2階のフリースペースで、昨年度(平成22年度)のやまたみ倶楽部の山行記録展が20日までの予定でスタートしました。
4月から新しく山岳観光課を安曇支所に置いた松本市にふさわしい展示ではないかと自負するわけではありませんが、信州松本・安曇野に特徴ある山の会があることは素晴らしいことだと思っています。

01_202_2

今回は先のC・Kさんの提案で「なぜ山に登るのか」という課題の提出を顧問の方、新規加入者含めた会員全員に科せられました。
Because it is there(そこに山があるからさ.)”と答えたG・マロリーの言葉ではありませんが、実に難しい質問です。でも多くの人が知恵を絞って、これだけ多くの人が書いてくれました。(内容についてはまた別の機会にまたお話ししたいと思います)

03

番外編として一部メンバーが参加したジャンダルム、そしてブータン花の旅。

10 11_2 12_2 13 14 15 16 17 18 19_4

1年間の活動の数々をこうやって展示してみると感慨深いものがありますね。

今月20日まで、松本へお立ち寄りの際は是非覗いてみてください。

そうそう、記念すべき一番目の来場者はみけねこさんとみけ兄さんでしたcat(みけねこさんの記事はこちら)。来場ありがとう!
今年は新規にNPO法人・信州ふるさとづくり応援団安曇野支部のふるさとパートナーになっているご夫婦が加入されましたし、倶楽部会長も先日のウォッチングでパートナー登録していただきました。
こんな形で地域活動の輪が広がっていけるのも、安曇野スタイルのひとつの形ではないだろうかと個人的には感じています。

追記4/3:20:45 関連記事:佐々木みつえのブログもご覧ください

松本城の梅

01

暖かな4月のスタートとなりました。

02

松本のソメイヨシノの開花は17日頃の予想です。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト