« 鳥 | トップページ | 白鳥の歌 »

着陸態勢

01

信州まつもと空港に向かうFDAのエンプラエルERJ-170

        と

02

狐島上空を旋回飛行するコハクチョウ

05このふたつが一緒に入る瞬間を狙っていましたが、そうそううまくはいきません。
自遊人の気持ち 白鳥知らず
って、当たり前か!

03

凍った水面に滑るように・・否、実際滑っていましたが、失敗せずうまく着水(着氷)しました。
一羽ぐらいおっちょこちょいが失敗しねぇかなぁcoldsweats01

06_3

今度は松本空港へ出かけてみましょう

« 鳥 | トップページ | 白鳥の歌 »

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

飛行機 白鳥さん 良く似たスタイルで飛んでいますね〜〜
羽を広げると大きいですね
白鳥さん達は好きな所で着地で来ますが 飛行機は・・・ですね
食べるもの違いますしね(笑)


自遊人さん
飛行機と鳥さんの飛ぶ様子、おもしろいですね。

コハクチョウさんがこんな身近に見れるなんて
素晴らしいわぁ。

鴨川はゆりかもめと鴨と鷺ですねぇ~
琵琶湖も北に行けば見れそうですけど。

自遊人さん、こんばんは^^
素晴らしいショットですね!
私も白鳥の飛翔姿をきれいに撮ろうと何回か挑戦していますが、
なかなかよい写真が撮れません^^;
動物相手なので、飛ぶタイミングと飛行位置に恵まれないと、
このようないい写真は撮れない、ということがよくわかりました^^;
白鳥さんが北へ帰っていく前に、
一枚でいいから北アルプスをバックに飛んでいる写真を撮りたいです^^

うーちゃんさん おはようございます

比較してみると、昔々飛ぶことを考えた人達の気持ちがわかる気がします。

> 羽を広げると大きいですね
やはりあの体型を持ち上げるにはそれなりの大きさが必要かとpigsweat01

白鳥さん達は飛んできてもしばらく空で旋回飛行します。
外敵とか様子をうかがっているのでしょうね。
そして決めると一気に下りてきます。

> 食べるもの違いますしね(笑)
燃料も少しで良いようですしエコです。
でもパイロット以外は乗ってませんね
子供も自分の力で飛びます。

ムームーさん おはようございます

sun撤退で廃港危機にあった松本空港を救ったFDA
自遊人は今はなかなか使えませんが、応援はしたいです。

こうやって飛行機と冬の使者、白鳥さんの飛行の様子を比較してみると面白いですし、先人の知恵と工夫の一端に触れられる気がします。

そちらのほうでもコハクチョウの越冬地はあると思いますよ。

azumino-macroさん おはようございます

> 素晴らしいショットですね!
まぐれだと思いますよ~wink
デジタルの最大のメリットは失敗しても容易に削除できる事です。
逆に言うと今でもアナログの銀塩大判カメラが通用するのは、デジタルが苦手な部分があるからです。

> 一枚でいいから北アルプスをバックに飛んでいる写真を撮りたいです^^
まず、自分の撮りたい位置を決めて、そこに白鳥さんが入るチャンスを待って、何度もシャッターを切る事だと思います。
オートフォーカスの追従が難しいと感じたらマニュアルで狙います。
狙ったポイントに入る前からピントをあわせ、追いながらシャッターを切り続けます。

自遊人さんこんばんは~♪

空を飛ぶ白鳥は優雅ですね。
airplaneも、白鳥もやはり空を飛ぶお仲間の為か
姿形がよく似ていますねgood

05の白鳥さん、とっても可愛くてlovelyです。
水かきが気に入りました。

おはようございます≡♪

最近の飛行機が翼端にウイングレットを持つようになったこともありますが、こうやって、ERJ-170と白鳥を見比べてみると、飛行機の方が段々鳥の姿に近づいてきたような気がします。

白鳥は飛行機で例えれば飛行艇みたいなものですから、水面凍結されては着地が難しそうですね。

おりひめさん おはようございます

昔、『みにくいアヒルの子』を読んだ時、『みにくいといじめられた白鳥の子』とタイトル違ってるなぁ思いました。そもそもアヒルの子ではなかったのですから!

その昔、多くの人が鳥の真似をして羽のようなものをつけたりして飛ぼうとしましたが、なかなかうまくいきませんでした。
空を飛ぶという事は昔から人々のあこがれでしたね。

大きな水かき、飛んでいる時は後ろに。そして着地する時は前へと出す姿は飛行機そのものです。

サイモンさん おはようございます

今回、白鳥が着地する瞬間をよく見ていましたが、実にうまく減速しますね。
2足なので尻は一瞬つく感じですが、すべり続けることなく器用に停止します。
でも歩く時はヨタヨタしていますので、決して足裏に滑り止めがあるわけではないですね。
羽だけでコントロールしているようです。
ブレーキを使ってタイヤを減らす飛行機はまだまだ見習うところがあるのかも知れません。

ウイングレットに着目するあたり、サイモンさんらしいですね。
でも自遊人もふとそう思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥 | トップページ | 白鳥の歌 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト