« 冬の黒沢の滝(安曇野市三郷) | トップページ | 諏訪湖SAから(2011/1/18) »

聖高原からの眺め

001聖高原スキー場
明科から更埴に抜ける国道403号線沿いにあるリフト1本の小さなスキー場です。
ゲレンデベースから見たメインゲレンデ。ホテルのプライベートゲレンデみたいだな。でもベースにあるのはひじり食堂です。
近年の雪不足、曲がりくねった狭い国道沿い、ゲレンデ人口の減少と決して経営は明るくないでしょう。でもこの日は千曲市のバスで子供達がやってきましたよ。

002聖山
美ヶ原と並んで信州の電波塔の並ぶ山として知られています。(画質を落としているのでアップにしてもアンテナ群は見えないですcoldsweats01)

003戸隠あたりかな?→
リフトを使わずゲレンデを歩くのはさすがに気が引けますので、冬は雪に埋もれるスカイライダーコースに沿って登る事にしました。
標高差は約120mですが、スノーシューを履いても時として膝下まで埋もれる新雪。
年末年始の食い過ぎたグータラにはちょうどいい運動ですsweat02

004

1時間かからず頂上に着きました。ここにはゲレンデトップから少し上で展望台がありです。

005

ここは善光寺平の眺めが良いですね。ゆったりと流れる千曲川。
今回(~17日)の寒波で長野市は30cmの積雪があったそうですが、この時期こんなに積もるのは初めてだそうです。

006

ゆったりと流れる千曲川。長野市で犀川の流れをあわせ、やがて信濃川と名を変えて日本海へと注ぎます。遠く志賀高原も見えます。

007

視線を東に移すと手前に冠着山。奥の方は浅間山?

008

スキー場に目を移してみると・・・お客さんはほとんど見えません。
でも子供達の歓声が聞こえてきます。
ちなみにゲレンデに流れるのは地元のラジオ放送でした。ちょうど地震のニュースが流れていましたよ。

009

美ヶ原の電波塔群が見えます

010

兎さんの足跡。つぼ足coldsweats01で元気だなぁ~

011

北アルプス方面は雲の中。
でも帰路、常念岳とか北アルプス前衛は見る事が出来ました。

« 冬の黒沢の滝(安曇野市三郷) | トップページ | 諏訪湖SAから(2011/1/18) »

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

でこの日はスキーでなくて トレーニング兼ねて雪山撮影なんですね
平日なのでスキーヤ―もボードの方も見えませんね

う―ちゃんが滑ってる頃は大勢の人で リフト待ちが辛かったです
ゴンドラとちがう独りがけのむき出しの椅子でした

009では電波塔もしっかり見えてます
010は新雪を走った兎の足跡(これはシュプールとは言わないわね)が可愛いね

いいお天気で歩いてると汗ばむくらいだったのでわ??

うーちゃんさん おはようございます

正月にすっかり“餅豚pig”になってしまった体にはいい運動です。
今朝は再び灰色の空に戻ってしまい、チラチラしてきましたsnow
本当は天気に関係なく歩いた方が良いのでしょうが、曇りではつまらないです。
こんな時は元気なdogでもいるといいなぁと思います。

今でもたまに冷たい椅子の一人がけリフト見かけますね。
おまけに乗り場でもスピードが落ちないのでドキドキします。
しかし乗ってる間は退屈です。

雪山歩きのもう一つの楽しみは足跡探しです。
どんな動物かな?でも多くは夜行性ですので、その姿を見るにはテントでも張らねばなりません。でもやたらな場所では張れません。

自遊人さん
こんにちは。

聞いたことがある名前の山や地名
がでてきますね。
スキー場も経営が苦しいのでしょうね。

うさぎさんの足跡いいですねぇ~
この間滋賀から京都へ帰るときに
鹿が前方を走りました。

ムームーさん こんばんわ

大きなスキー場もなんとかして人を集めようとしていますね。
昔のように仲間と合宿して楽しむ時代と違い、学生は就職探しで手一杯、サラリーマンも家庭で手一杯で余暇に時間もお金も費やす暇がないです。
悲しい事ですが、時代の流れもあるのかも知れませんね。

鹿はこちらでも多く見かけますよ。雪の中を細い足でピョンピョン跳ねてます。
跳ねないと前へ進めないというのが正確ですかねcoldsweats01

自遊人さんこんばんは~♪

展望台からの眺めはすばらしいですね。
スキー場も、こんなに空いていると経営が成り立たなくなるのではと
心配になりますね(゚ー゚;

小さな子供さん達が訪れていたそうですが
空いているぶん、楽しむことができてよかったですね。

おりひめが初めてスキーしたときは、ゲレンデに工藤静香さんの“激情”が
流れていました。とっても印象に残っています。
懐かしいです。


自遊人さん、こんばんは^^
聖高原スキー場、一面ススキケ原になっていた秋に行きました。
と~てもローカルなスキー場ですよね^^;
冬も景色がよさそうだと思っていましたが、
往復の道が(積雪で)不安だったので、なかなか行けないでいます^^;
春になったら行きたいです?^^;

おりひめさん おはようございます

冬は空気も澄んでいるし、木々も葉を落としているので遠くを眺めるには最適のシーズンです。
スキー場のゴンドラ・リフトの中には下山にも利用できるものがあります。
これらは滑る人以外も利用が容易なのですが、積極的に宣伝している場所は限られています。
課題はありますが、カメラマンが多くなった時代、やり方次第では集客方法はあると思います。
但し、ここのように設備の古い小さなスキー場は、仮に投資しても回収できるだけ人を集める工夫が他に必要な場所も多いです。

小さな子供さん達は元気ですね。もちろん個人差はありますから、ふてくされている子供もいますね。先生は大変です。
でも、天気の良い日はこういう授業は楽しくて良いでしょうね。

ゲレンデミュージックも最近はヒップホップ系が多くなりました。
一昔前は広瀬香美でした。
聞いてみたいのは演歌です(リクエストすればかかりますかねぇ)
♪ほ~ら ほらほら つるつるだ~♪ってアイスバーンでこけたりしてcoldsweats01
大雪で電車が止まったら
♪上野発の夜行れ~っしゃ 雪で運休♪snowsweat02

azumino-macroさん おはようございます

西に大町・白馬、東に志賀高原と大きなスキー場に挟まれて、狭いアクセス路は辛いです。
降雪も少ないですので聖湖から大岡村に抜ける街道沿いのスキー場は営業やめちゃいました。

除雪はしても日陰は凍っていますし、スキー場に向かう道はやはり雪道になります。
標高差は長峰山程度ですから、上りだけリフトを利用して写真を撮りに行く人もいるでしょうね。
春雪解けの頃からは冠着山が人気あります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の黒沢の滝(安曇野市三郷) | トップページ | 諏訪湖SAから(2011/1/18) »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト