« “信州坊主ほのか”さんで『餅つき』したよ | トップページ | 今朝の安曇野(2010/12/30) »

安曇野の昨日今日

0

1_2昨日の安曇野信州坊主ほのかさんに行く途中、常念岳が眩しかったので常念道祖神に立ち寄ってみました。
三脚持っていかなかったので、F11、1/60で撮影。もう少し絞れれば常念岳も綺麗に撮れましたね。

石臼がありました。昔の蓄音機と組み合わせて音が出ると飽きないなぁ~。その前に電動石臼にすれば良いですかね。
風情もなにもあったもんじゃないけど、石臼挽きが美味しいというのであればこれもありかな~

20

今日の安曇野。年末年始は朝9時から開店のベイシアさんに諸々買い物に行きました。
雪が降ってましたがだんだん明るくなってきて、買い物終わる頃には青空と太陽が見えていました。でも、家に帰るとまだ降ってました。

そんなわけで冬になると車の雪下ろし兼ねて麓に買い物に行く事があります。
安曇野の暮らしといっても、住む場所によって大きな差があります。

« “信州坊主ほのか”さんで『餅つき』したよ | トップページ | 今朝の安曇野(2010/12/30) »

コメント

自遊人さんこんばんは~♪

最後の写真を見ると道祖神さま、とっても寒そうですね。
はやく咲いておくれ!とおっしゃってるかも・・・
でも、もっともっと降り積もるんですよね
石臼、おりひめが小さい頃(幼稚園に行く前)祖父が使っていたのを
覚えています。
上の穴に何か入れながらまわすと、中央の重ね合わせた部分から
白い粉が周りに零れ落ちてきました。
何を粉にしていたのか覚えていませんが情景は浮かびます。
懐かしいです

おりひめさん おはようございます

> 道祖神さま、とっても寒そうですね。
寄り添ってくれる伴侶がいつもいるので大丈夫思いますよ
ちなみにこの道祖神は2本の桜の木の間にあります
この道祖神が埋もれるほど降る日はそうはないと思いますよ。

韓国ドラマ見ていても石臼が登場したりします。
電化製品の登場で便利になりましたが、昔はこんな石臼を回している余裕があった時代とも言えます。

この穴から収穫したそばを入れますと粉と殻が分離されて出てきます。
年越しそば用のそば粉を挽くにはどのくらい時間がかかるのでしょうね。
猿でも雇いますかねぇ

自遊人さん こんにちわ〜〜

0の写真は小春日和の感じが〜〜〜
↓の20の道祖神様おりひめ様が書いておられるように寒そう・・・
マントかマフラー 帽子がが欲しいのでは・・・

石臼 覚えています きな粉を作ったり ナンバ粉を作ったりしていました
皆さん同じ生活をされていたようですね
石臼は漬け物の重しにも使っていた記憶があります
うーちゃんもしっかりと田舎暮らしをしていたようです(笑)

うーちゃんさん こんにちは

晴れれば気持ちいいですが、雪降りは寒いです。
北風と太陽の話は一体何が言いたいのでしょうね~(ネットにはのってますね)
ちなみに自遊人は天気に関係なく帽子は欲しいです
(陽射しから地肌を守り、寒さに非常に敏感です)

青大豆と大納言小豆を買ってきました。
青大豆はミルでジャラララ~と粉にします。
小豆は当然汁粉になります。こちらは去年美味しくなかったので再チャレンジです。
黒豆はもう煮てあります。これは高圧釜。
便利な時代になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« “信州坊主ほのか”さんで『餅つき』したよ | トップページ | 今朝の安曇野(2010/12/30) »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト