« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

玄米餅

10先日、信州坊主ほのかさんで餅つきをやりました(こちら参照)が、その時食べられなかった玄米のお餅を昨日1袋分けて頂きました。ありがとうhappy01

一日早いけど年越しそばを温汁でいただきました。寒風吹く豊科高家(とよしなたきべ)。我が家は雪が今朝も残っていますが、この風で飛んでしまったのか(そんなわけないですねcoldsweats01)全くありません。我が家は時折風花舞う曇天でしたが、薄日もさしていました。

11

早速自宅で切り分け、今朝いただきましたそのお味は・・・玄米の味です(あたりまえですね)
山の食事としては先の糒のほうが保存も利くし軽いですね。

今年も最後のブログになりました。
天気はcloudsun。今はsnow降っていませんが、時折舞うかも知れません。九州の映像とか見ると大雪ですが、上空が西風の時はあまり雪は降りません。ただ、夜晴れたので放射冷却がきいて-5℃以下と劇寒です。

訪問いただいたみなさま、どうもありがとうございました。
また来年もよろしくおねがいしますfuji

今朝の安曇野(2010/12/30)

00

正確に言うと山麓の我が家の庭。朝7時頃の様子です。

Cleanちなみに左写真は犀川ほとりにある穂高クリーンセンターのライブカメラの映像(安曇野市のホームページ)です。
うっすらといった感じです。

今は降ってませんが、これから年末年始さらに積もる予報です。

安曇野の昨日今日

0

1_2昨日の安曇野信州坊主ほのかさんに行く途中、常念岳が眩しかったので常念道祖神に立ち寄ってみました。
三脚持っていかなかったので、F11、1/60で撮影。もう少し絞れれば常念岳も綺麗に撮れましたね。

石臼がありました。昔の蓄音機と組み合わせて音が出ると飽きないなぁ~。その前に電動石臼にすれば良いですかね。
風情もなにもあったもんじゃないけど、石臼挽きが美味しいというのであればこれもありかな~

20

今日の安曇野。年末年始は朝9時から開店のベイシアさんに諸々買い物に行きました。
雪が降ってましたがだんだん明るくなってきて、買い物終わる頃には青空と太陽が見えていました。でも、家に帰るとまだ降ってました。

そんなわけで冬になると車の雪下ろし兼ねて麓に買い物に行く事があります。
安曇野の暮らしといっても、住む場所によって大きな差があります。

“信州坊主ほのか”さんで『餅つき』したよ

001

今日(28日)の午前中は、思った以上に晴れわたった安曇野。
この天気が一日ずれていれば燕岳に出かけていたのですが、午後からは予報通り急速に天気が崩れてきました。冬山は荒れると行動不能になるので、仕方ないです。

003_3

朝のうちに風呂場の掃除をしてから、美味しいお蕎麦とおにぎりのお店『信州坊主ほのか』さんに出かけました。今日はお店は定休日。朝から餅つきです。

04 05

最初こね回してお米が飛ばないくらいなってからつきます。実際やってみると杵は重いし、水をさしてひっくり返すのも大変です。でもおもしろいですね。

06 07

ペッタンペッタン。だんだんつきあがってきました。

08

お店の中ではお雑煮を用意してくれていました。

09

おはぎも用意してくれていました。いずれもつきたてですよ~。

10

お昼はつきたてのお餅三昧でした。お餅も美味しいけど、お出汁が美味しいかったです。

11 12

最後は玄米をつきます。どんなお味でしょう・・・でも雲行きが怪しくなってきました。
風呂場を乾燥させていた自遊人は途中で帰りました。家に着く頃には小雨が降ってきましたので良かった~。でも玄米のお餅が食べられず残念。

行く年来る猿

00

冬の穂高温泉郷。
年末年始は夏休みにくらべると訪れる人も少なく寂しいです。
10万人都市にあと一歩でおよばない安曇野市。猿口(えてこう)を加えましょうかcoldsweats01

10

ここにずっと住んでいると、に会う日よりもに会う日が多いです。
猿の手はあっても貸してくれない(借りられない)師走です。

自遊人   「軒下の蜘蛛の巣でも掃除してくれや~」

えてっこ   「てやんでぇ~ 嫌なこった」

八面大王の足湯のイルミネーション

1

♪ い~い 湯だな ♪

2

いつもは薄暗い足湯で睨みをきかせている八面大王さんも、イルミネーションのまぶしさに困惑しているようです。

3_2穂高温泉郷・八面大王の足湯

近くには日帰り温泉施設や宿泊施設もありますが、ふだんはひっそりとした松林の中のこの施設も、この時期は賑やかに彩られます。

ちなみに去年の様子はこちら

こちらもパワーアップしました。

4

どこかで見た記憶があるな~(こちら参照

冬の安曇野を代表する『アルプスの風景と白鳥』が見事に描かれています。

5

6

ここでもペットボトルを利用したオブジェが沢山並んでいます。

7

8こちらもビレッジ同様来月末まで。17~23時まで点灯しています。もちろん無料の足湯も入れます。

この機会に安曇野・穂高温泉郷にお泊まりいただき、是非実物をご覧くださいspa

場所はこちら

ブータン・ヒマラヤ 花の旅報告会のお知らせ(松本/やまたみ倶楽部)

Img_0003_2Img_0002

ブータンヒマラヤ花の旅写真展示会松本市市民活動サポートセンターで明日から1月16日までの予定で開かれます。

関連記事(佐々木みつえのブログ)

日本ではめったに見られない珍しい花の写真があるでね、ご近所お誘い合わせの上、是非見に行ってみましょrun

キャンドルナイト in あづみの公園のクリスマスイルミネーション

03 01

02人それぞれのキャンドルナイト

あなたは誰と、

 どんな願いをかけながら

  ろうそくを灯しましたか?

04

昨夜23日、国営アルプスあづみの公園でキャンドルナイトが行われました。こちらは7時頃から来場者の皆さんにキャンドルを点灯してもらいます。時雨や常念岳から吹き下りる冷たい風に震えていましたが、イベントが始まるとあたりはほのかな暖かさで包まれました。

05

07会場のあづみの公園(堀金地区)は年内30日まで、水と光と音のファンタジー・森の光物語が開催中。

昨年は降雪を狙って訪れました(→昨年の様子)。

連日、多くの人で賑わっているようです。

06

08_2行き交う人それぞれ、クリスマスイルミネーションを楽しんでいます。

そして今日はクリスマスイブ。安曇野は雪が降っています。

みなさんはどんな夜を過ごされるのでしょう。

09 10

今年も多くの人で賑わっていた光のトンネルと公園全体を見渡せる展望台。今年は音楽に合わせてイルミネーションが変わるというので楽しみにしていましたが、点滅するだけで思っていたイメージと違ってがっかり。池の中の小物も少なくて寂しい感じでした。

11あづみの公園のイメージキャラクター・草太くんと木子さん。

12その隣には河童?らしきものとドラゴン?らしきものがありましたが、会場の端っこで配置もいまいち。寂しそう・・・

15

13 14

気象条件が悪いとあげられない気球が久しぶりにあがりました。ほんの一回でカメラ構える間もなし・・・

事業仕分けの中、岐路に立たされている国営公園ですが、あづみのならではの特徴を生かした公園づくりで頑張ってもらいたいものです。

<↓関連ブログ↓>

pen kiyoさんのブログ『安曇野の空の下で

pen みけねこさんのブログ『みけねこのひとりごと

キャンドルナイト × ビレッジ安曇野のクリスマスイルミネーション

Img_0001昨夜(22日)の夜、田淵行男記念館ワークショップにあわせてキャンドルナイトが行われました。そして・・・0

みけねこさんがお手製のケーキでお誕生日会を開いてくれましたhappy01。前日21日は自遊人の誕生日。みけさん家族と同じ誕生日なんです。

みけねこさん ありがとう

01_2

02

田淵行男記念館の隣にあるわさび田がキャンドルナイトの会場でした。クリスマスイルミネーションの行われているビレッジ安曇野の隣ですが、ここは静かな時間が過ぎていきます。

03心配された雨も上がり、夕陽が西山に沈んだ午後4時頃から準備を始めました。

長靴履いてわさび田のうねの上にキャンドルを設置していきます。

点灯したのは午後5時。ここは豊科ICからスイス村を通って穂高方面にいたる幹線道路沿いなので交通量は多いのですが、それでも次第にあたりは暗くなっていきます。

04

05ビレッジのイルミネーションもだんだん輝きを増してきます。

記念館の中では間もなくペーパーオーナメント作りが始まりました。

皆さん出来上がった作品をクリスマスに飾るのでしょうね。

06

07さて、キャンドル点灯中の時間を使ってお隣のビレッジのイルミネーション見学をしてきました。

地区の方のボランティアで行われているこのイベント。毎年パワーアップされていますが、見学される方の募金も大きな力になっています。

08

ペットボトルを利用した大作

09

10会場のビレッジ安曇野。長野道豊科ICから白馬方面に向かう多くの車は、スイス村を過ぎた先の交差点からパノラマ道路に入ってしまうので気づかないかも知れませんが、この交差点を直進した少し先、右手にあります。

イルミネーションは来月末まで行われていますので、スキー帰りに立ち寄られてみては如何でしょう。夜11時まで点灯されています

光のページェント(ビレッジ安曇野)

11

水面に映るイルミネーションが綺麗

12 13

14 15

※ 怪しい木彫りのオブジェは気にしないでねcoldsweats01

端から端まで回ると結構時間がかかります。また週末は駐車場が結構混み合いますのでお気をつけ下さい。

別宅ではやまたみ倶楽部の忘年会シリーズをアップ中です。(記事の一番最初にリンク)

やまたみ倶楽部の忘年会2010

00_218日~19日はやまたみ倶楽部の忘年山行で八ヶ岳・夏沢鉱泉に泊まりで行きました。やまたみ顧問3名を含めて17名。今回は年齢差50歳のグループでした。

01_218日は赤岩の頭まで歩きましたが、残念な事にガスで風景は楽しめず。

それでも雪山初心者の若い娘は嬉しそうですねぇ

02_2

翌19日朝は天気予報通りすがすがしい青空。夏沢鉱泉からは北アルプス、槍穂高連峰そして霞沢岳がよく見えました。この日は天気が良かったので予定を変更して根石岳まで行く事にしました。でも疲れた人や予定がある人もいるので、スタッフ2名含めた7名で行きました。

03_2

根石岳からは南八ヶ岳の主峰、赤岳そして阿弥陀岳。遠く南アルプスがよく見えます。もちろん北アルプスや乗鞍岳、御嶽山そして金峰山や奥秩父、上州の山々もよく見えました。

詳細は別宅にアップしていきますのでご覧下さい。

倶楽部会員の方のブログにもアップされています

信州ふるさとづくり応援団安曇野支部の支部会議&忘年会

00あっ!サンタさんだ~。

17日金曜日の夜、NPO法人「信州ふるさとづくり応援団安曇野支部」の支部会議&忘年会が「居酒屋くつろぎ」で行われましたよ。

ただいま支部会議中ですが、おひげのおじさんと長老は遅刻して来ましたよ。どうやら時間を間違えてたようです。

01寒い夜には温かい鍋とおでん。そしてこの地方でかかせない「ぶり」のお刺身。

信州は西のぶりと東のサケの接点。ブリは富山から高山そして野麦峠を越えて、松本まで運ばれてきました。松本今井にはブリ場跡があります。

02美味しかった白子の入ったタラ汁

03お鍋はシシ鍋でしたよ。食べるの久しぶりでした。

04

関係ないですが、リゾートビューが松本経由で長野へと帰っていきます。

翌日はやまたみ倶楽部の忘年会で茅野まで行きますので、この夜は一次会で帰りました。ちなみに家までは自転車で1時間。一応、酔っぱらい運転ですかね。着く頃にはすっかり酔いは覚めてしまいますが、アルコールは残ってるんでしょうねぇ。

その後の様子はみけねこさんの記事へどうぞcat

アカゲラさん、ネタはないですか~

001

ネタ ネタ ネタ アカゲラがアカペラで歌ってました(嘘sweat01)写真は先月のもの。なかなか冬らしい風景がないので、イルミネーション撮影もいまひとつ気が乗らないです。飲み会の写真ばかりではなぁ~beerbottle

昨日の安曇野

1

長峰山からの安曇野の風景

3

安曇野のシンボル、常念岳。冬は登山口までの林道が通行止めとなるため、入山は容易ではありません。

4

有明山の向こうに燕岳が見えます。そこから視線を左に移すと燕山荘が見えます。来週20日から年末年始の営業が始まります。去年は悪天候で行けませんでしたが、今年はどうでしょう。

2

大きな山容の蓮華岳、その左に針ノ木岳が見えます。遠く白馬三山方面までよく見えましたが、ちょうど雲が邪魔して写真は撮れず。

0

前日の夜半降ったあられが昼過ぎまで融けずに残っていました。寒さも一段落しそうです。

昨日の観光ホスピタリティカレッジ

0

昨日は観光ホスピタリティカレッジの今年最後の講座「酒のもてなし」

さすがに酒は出てきませんでしたが、美味しいおにぎりとおつまみ付きでした。

友禅染の世界<松本市美術館>見てきました

1

今日まで松本市美術館・多目的ホールで展示されている模様絵師寺澤森秋さんによる『友禅染の世界』。 先日、ブログで紹介しましたが、この展示会に昨日15日に出かけてきました。

2ある友達virgoからの紹介。松本市美術館を訪れるのは久しぶりです。この奇妙なオブジェ、草間彌生先生の手によるものです。

4玄関

5エントランス内とどこもかしこも水玉だらけ

6松本市内周遊バス「タウンスニーカー」も水玉が~

3賑やかですね~。芸術とは実に難しい・・・

ちなみにこのデザインのバスは先月末登場したばかりの水玉乱舞号です。

7

話が横道にそれましたが、素晴らしい作品の数々。先の作品などは7年もかかったそうです。もちろん、この作品ばかりにかかりっきりというわけではありませんが、それにしても途中で構想が変わったりしないのでしょうか。(先生おられましたが、さすがにそんなことは聞けませんでした)

8 9

10 11

12 13

(是非クリックして拡大してご覧下さいeye) 信州らしい林や山の風景を題材にしたものもありました。陶芸作品や市松人形なんかも展示してありましたよ。

14

Img自遊人の家にも茶箱やタンスの中で眠り続けてる着物や帯が沢山あります。

価値もようわからんので、しょうのう適当に放り込んでありますが、もったいない話かもしれませんが、現在は維持費と場所を取ってる厄介物です。誰かもらってくれる人が現れるのを待っていますが、こういう方に見ていただくのがやはり一番ですかね。

15美術館までの道すがら、マクロビオティックキッチンgenなるお店がありましたよ。体によさそう・・・でも自遊人はやっぱりお肉が食いたいなぁ。

もえぎ亭のもえぎ豆腐(坂北村)

05

写真じゃ色がわからんくらいうっすら緑がかった豆腐です。

場所は
大きな地図で見る

道の駅さかきた。明科から麻績へ抜ける国道沿いにあります。

天気がパッとしないことが多く、ネタもなくなってきましたところ、azumino-macroさんのブログ松本の豆腐屋さんの話題が出ていましたので、引っぱり出してきました。

それより前、みけねこさんが「美味しい」と言っていたので、ちょうど麻績インターへ出るついでに(安曇野も北の方は豊科インターより便利なんですrvcar)立ち寄り購入してみましたが、確かに美味しかったです。(いつも安物食べてるせいではないと思いますcoldsweats01

大豆つながりで、先週の観光ホスピタリティの講座で、アカマツの経木で包んだ納豆の話がありました。(古今納豆安曇野)経木といえば最近は見かけませんね。昔はお肉とか買うとこれにくるまれていましたが、最近は紙に変わってしまいました。保存性に優れるものですが、最近は職人が少なくなったそうです。

納豆文化村ってのがあるんですねぇ。いきなりかわいいお姉さんが出てきたり、写真館がお姉さんギャラリーだったりでびっくりcoldsweats02。最初「怪しいサイトに誘導されたか」思いました・・・世の中、知らない事が沢山ありますね。

今日は“萌え系”記事でまとめてみましたconfident

私の好きなビューポイント~安曇野2010秋~展示始まったよ

安曇野市中央図書館「みらい」『私の好きなビューポイント』の展示が始まりました。

展示は24日まで。みらい開館中はいつでもご覧いただけます。(12/16は休館日)朝9時から16時頃まではプロジェクトメンバーもいますので、気軽にお声がけ下さい。(22日は図書館のみ休館。スタッフも基本不在ですので悪しからず)。ちなみに自遊人は15日と21日の午後いますので、会いたい人はどうぞheart04

今回は過去の展示ポイントもファイルにして置いてありますので、見逃した方はこちらも是非ご覧下さ~い。

1昨日(13日)の展示準備の様子です。一昨日(12日)、リゾートビューふるさとで方言劇やったメンバーもいます。毎日ご苦労様です。皆さんお仕事の合間をぬうように手伝いに来てくれましたよ。

2だいたい分担はいつも決まっています。

4

展示はほぼ終了しました。市のブランド推進室の方も数人手伝いに来てくれています。

3

展示が終わったところで百選PJの会議も行いました。これからの予定、もちろん新年会の予定なんかもありますよbottle

リゾートビューふるさと方言劇その2

Dscn1097※古いDVテープからMpegに落とした映像をカメラで撮ったので色も画質も悪いです

安曇野百選プロジェクトのリゾートビューふるさと車内での方言劇、信州DC期間(~12/31)内のイベントも最終回となりました。車内でのイベントはいろんな団体が行っているのですが、結構好評で2月まで行われる事になりました。

Dscn1098_2穂高駅では約20分停車します。運転手さんもお休み中。長野~松本~南小谷間一往復の快速運転ですが、泊まる駅が限られているだけでトータルでは大して早くは走りません。(むしろ長いかも)

Dscn1093穂高駅では巫女さんが穂高神社まで案内してくれます。停車時間が長いので、こんな途中下車旅がひとつの列車でできるのも魅力です。

今日の巫女さんは10月の回と一緒の方でした。

Dscn1099お客さんが観光中、座席に安曇野の観光パンフレットを置いていきます。

お客さんは結構地元の人が多いですが、中には埼玉から来られたグループなどもおられて、ローカルな話題に花咲く事もあったりします。(今回のメンバー2名は埼玉からの移住者です)

イベント列車なのでアテンダントさんが乗車してます。何かあるわけではないですが、嬉しいですdog

Dscn1100 Dscn1101

観光を終えて巫女さんと市の職員さんが帰って来られました。「アルクマがアルクマ抱えてる」なんて言っちゃいけませんよ~coldsweats01 ぬいぐるみ欲しいなぁ~

Dscn1102出発進行~。巫女さんに見送られて列車は信濃大町へと向かいます。 途中、信濃松川しか停車しません。

ディーゼルハイブリット車両。発進時こそそれらしい音がしますが、後は静かです。

Dscn1104_2さて、車内放送が終わったらイベントスタート。

最初に我々安曇野百選プロジェクトの紹介、ビューポイントの紹介なんかもしましたよ。

Dscn1105さて、いよいよ方言劇「白雪姫」のスタートです。

動画でお見せできないのが残念だな。正月三が日のうちに1回、この他1月と2月に1回づつ行う予定になってます。実物を見たい方は是非乗車下さい((15:00追記)1/162/13の2回は決定で~す

Dscn110710月から3回実施、自遊人は11、12月と参加しましたが、北アルプスはいつも雲の中でした。

この先、ますます曇りの日が多くなりますが、平地が雪の日もまた魅力です。

Dscn1111高瀬川の鉄橋を渡るといよいよ大町です。

Dscn1112信濃大町では太鼓が出迎えてくれます。もっと勇壮だとテンションあがるんだけどな~。

Dscn1113信濃大町では約40分停車します。駅ではこんな写真を背景に写真撮ったりできますが、もっと時間を有効に使えるイベントあればいいのにな~。ちょうど良いお昼タイムですが、駅そば以外は活気がありません。

せっかく来たお客さんが次回も来てくれる気持ちになるかは、アクセスの問題だけではない気がします。

Dscn1116改札口には「未知を歩こう 信州へ」の文字を書いたリンゴが置いてありました。

下には懐かしの高崎線車両のポスターが・・・でも大糸線で階段駆け上って乗車する駅なんかいくつもないやろ。そもそも電車着いてから発車までかなり時間もありますので、駆け込む必要はあまりないかもね。

Dscn1119さようなら~

列車は白馬、南小谷へ向けて旅を続けますが、安曇野百選プロジェクトのイベントはここでおしまい。松本行きの各駅停車で穂高へ戻ります。

Dscn1117駅にはクリスマスツリーが飾ってありました。

Dscn1118信濃大町駅外観。信州DCに合わせて内外綺麗に作り変えました。

立山黒部アルペンルートも冬期閉鎖で観光の目玉は少ない大町ですが、高瀬川テプコ館は予約すればタダで見学できるし、山岳博物館だって山好きでなくとも行けばきっと満足します。

せっかくのイベント中にこれでは寂しいですが、安曇野市も似たようなもので他所の事はあまり言えません。

※ 別宅では岩州公園後編をアップしてます

※ (12/14追記) みけねこさんのブログに綺麗な写真がアップされたよdog

岩州公園(安曇野市明科)と明科の宴会&お宿

Photo

安曇野市明科と生坂村の境に岩州公園という場所があります。国土地理院の2万5千分の1地図にもその名があるのですが、一体どんな公園なのでしょう。

1

公園入口と思われる鳥居近くにある看板。薄汚れていて見にくいですが、山の絵が沢山書いてあります。

2

そんな不思議な岩州公園という所に昨日10日に出かけてきました。前日降った雪で明科の里山も真っ白。すっかりモノトーンの世界です。

3岩州公園へは明科、国道19号線から麻績に抜ける国道403号線沿い左側に林道入口があります。場所的には・・・説明しにくいな~

5 これよりほんの少し明科寄りに右側に登っていく道があります。これを登っていくと旧国鉄篠ノ井線廃線敷きがあります。

4_2 少し麻績寄りに歩いたところ(右写真の方向)に漆久保トンネルがあります。アルクマが立ってるポスターやCMでお馴染みのトンネルで、多くの人がここを目指して歩いてきます。

ちなみにアルクマはふだんはいませんよ。

ところでこの廃線敷きを越えて、現在の篠ノ井線の鉄橋下をくぐった少し先に一軒のお宿があります。

6

菖風亭

Img_0001 Img_0002

1名から泊まれるそうですし、宴会だけでもできるそうです。

7 8

この日の昼食会の食事。信州サーモンやら地場のきのこ、そして虹鱒の円揚げと中々地元の食材をうまく使っていました。

9廃線敷きから歩いてもそんなに距離はありません。予約しておけば近隣に送迎もしてくれます。今回は岩州公園の入口まで送ってもらいました。

岩州公園の様子はまた別宅にアップします

雪降り

001

安曇野の我が家も本格的に雪のシーズンとなりましたsnow

写真は昨日の午後3時半過ぎの様子。昨年より3週間ぐらい遅い感じですが、今年は一気に寒さがきますので体にこたえます。

002昨夜は松大で観光ホスピタリティ学科の講座がありました。今年はあと1回、来年2月末まで続きますbook_pen

写真は夜9時の家の前。

樅の木に雪が積もってます。道路もシャーベットになってますsnow

003_3

今朝6時過ぎの庭のラティス。昨夜のうちにやんだようで、今朝は道路に雪はほとんどありません。でも湿った雪なので草の上とか凍ってましたpenguin

大阪城

100写真は11月27日の大阪城。ネタ切れ用に取って?置きました。ちなみに安曇野の我が家は雪の結晶がのってる程度で全く積雪はありません。(6:30現在)

目的の田舎暮らしセミナーは午後から。会場準備は1時間もあればできますので、立ち寄ったわけです。考えてみると大阪城なんて何年ぶりかな~?だいたい訪れた記憶さえ定かではありません。そもそもお城自体は現代の作り物ですので歴史的価値はお城自体にはありませんね。

多くの観光客が訪れていましたが、聞こえてくる言葉は外国語が多かったです。

102

101ここの興味は城郭の方でしょうか。こんな巨岩をどうやって運んだのでしょう?

103「者ども よう運んだ あっぱれじゃ」

104

105タイムカプセルの中には木の種が入ってるようですね。

こんなものがあるとは知らなかったなぁ。ちなみに万博の時の写真はありますが、行った記憶は残っていません。もう小学校あがっていたはずですが、感動の薄い子だったんですかねぇ。

106

家康はんに埋めてしまわれて水があらへん

107 108

こちらは水ありまっせ。でも間違えて水道水入れたもんで石垣が漂白されてしまったでござる。

109

ボランティアガイドが居てました。

110

ポッポ~ 。ちょうど目の前に道路の上を走る汽車がやってきました。公園内を走ります。

111

途中でお客さん拾いながら、終点ではほぼ全部席が埋まりました。自遊人は葛西臨海公園で乗った事もあるし、大して珍しくはないのですが、同行した人達はみんなこの乗り物に感心していました。ロードトレインは高齢化社会では手軽な足代わりに有効ですね。

松本地域景観育成サポーターの忘年会

001月曜日(6日)は松本景観育成サポーターの定例会議と忘年会がありました。

会議は合庁、忘年会は街中。

松本で夜飲むのは久しぶりです。車なら家から30分ちょいで行ける合庁も、自転車+電車+徒歩で1時間半くらいかかります。まあ、埼玉に住んでた頃も駅までは歩くと30分弱はかかりました。

002お通し。「いなごじゃないんだぁ」

自遊人は松本はいなごの類が出てくると思いこんでいましたが、どうやら高級珍味だそうで、そう簡単には出てこないそうです。

遅れて来られた課長さんを迎えて宴スタート。

課長さんは会議は出てこられないので、初めてお会いしました。

003 004

005 006

出てきた料理の数々。おお~牛が出てきましたよhappy01restaurant。きのこクリームを添えて美味しくいただきました。

007 008

カリフラワー鍋。初めて食べた気がします。カリフラ自体も家じゃあんまり食べないな。

010009

最後はかやくご飯で〆。この日は生beer×2+焼酎何杯か。

011

この後、6名でもう一軒立ち寄りました。外観は蔵のようですね。どんなお店かな~dogheart01

012 013

おお~松本にも(ごめんなさい) こんな洒落たお店があるんですねぇ。学生時代を通じてこういうお店とは縁遠かった自遊人。何を注文して良いのやらbearing

014 015

どうもこういう場所で静かに語るのは苦手です。

この夜は穂高方面3名と一緒にみけねこさんcatに家まで送り届けてもらいました。飲めない上にお礼もせず、catありがとう。その分、泊まりの新年会では精一杯サービスしますよ~dog

別宅では美ヶ原から見た風景を掲載中です。

美ヶ原を歩いてきました

0

5日の美ヶ原・王ヶ鼻からの松本・安曇平と北アルプスの風景

土曜日夕方に京都から仕事を終えて到着した、やまたみ登山学校の友達と美ヶ原を歩いてきました。

すでに道路が冬期閉鎖で歩いてしか登れない美ヶ原高原(※但しお金のある人は頂上にある王ヶ頭ホテルに宿泊すれば麓から送迎してくれます)ですが、この日は三城牧場から美ヶ原台上まで1時間半。レベルが近い仲間とだと気軽に歩ける展望台です。

詳細は別宅にアップしていきますのでご覧下さい

友禅染の世界<松本市美術館>

※差し込み記事です

Img_0001 Img_0002

松本市美術館で明日7日から16日までの間(13日月曜日は休館)、午前10時から午後5時まで(初日はお昼から)、模様絵師寺澤森秋さんによる『友禅染の世界』という展示会が開かれます。

詳しくはこちらをどうぞ

夜の道頓堀ウォッチング ~大阪を食べつくす~

126

カールおじさん。大阪名物だったのね。ここはチェーン店が沢山集まっているようです。そんな一角に“珈琲の青山”・・・別に問題はないのですが・・・

128 127

次のチェックポイントは道頓堀沿いのお好み焼き屋さん。お店は明るくて綺麗ですが、人がほとんどいません。店員さんも片言の日本語を話す女の子で、雰囲気はアジアンテイスト

129 130

ここでも焼く→食う→飲む。ウワバミ集団『信州胃袋応援団』、恐るべし。

131132

お店の外に出て見ました。

東京、名古屋、大阪のそれぞれの都市にそれなりの風景がありますが、自遊人はこの道頓堀に映るネオンに大阪らしさを感じます。

133 134

道頓堀ナイトウォッチング。そろそろ長老とかお疲れの人が見えてきましたので、この後一旦タクシーでホテルに戻る事にしました。

135

そのまま終わらないのが胃袋応援団。近所に小料理屋を見つけました。

136 137

最後はお刺身の類で本日のウォッチングは〆。

翌日はいよいよ本番(本来の目的)、安曇野田舎暮らしセミナーです。一晩よく寝て信州ふるさと応援団に戻らないとね~wink

夜の道頓堀ウォッチング ~食い道楽~

112

ふるさとウォッチング同様、下見は時間をかけてゆっくりと楽しみます。“とら”や“たこ”の文字が関西らしいなぁ~

113114ここのふぐはだらしがないのかな?

遠くにかに道楽の看板も見えます。

東京でも最近増えましたが、こういう風景は大阪ならではの気がします。

115食いだおれ太郎くんはお出かけのようです。

ねえさん、わて飲んだくれ太郎と一緒に写真撮りませんか~

ちなみに勝手に写真を撮れるというわけではないようでした。

116

117_2

たこ焼きの文字はどこを歩いていてもあります。たこ焼きをつまむカップルなんてのも普通の風景でした。

いい加減お腹が泣いてまっせ~

118119

というわけで、入ったのが昭和ホルモン。焼き肉屋さんです。

目に入ったのが“キッコーナン”catface・・・パチりか?なんか大陸っぽい香りがするけど、本当にあったのでしょうか?

120

テーブル一体型ではなく、七輪がやってきました。雰囲気があっていいですねぇ~。考えてみると掃除も他所の場所でできるので、お客が帰ったらすぐ次の客が着席できるし、効率がいいです。

121

名前もその通り“おっぱい”・・・coldsweats01でも、これは飾りで食べられませんよ。注文する時恥ずかしいと思うか、秘かに頼んでひんしゅく買うかはメンバー次第ですかね。

ちなみに奥にある氷は火力調整用に使ってました。

122

このお店、おちょこというものがないようで、コップや湯飲みでお酒を飲みます。

まあ、飲む量は同じですから器はなんでもいいか!

123 124

焼く→食う→飲む・・・これの繰り返し。

125

焼き肉は堪能しましたので、次のチェックポイントを探しに移動します。

ナイトウォッチングというよりナイトウォークラリーって感じになってきましたsmile

夜の道頓堀ウォッチング ~法善寺横丁~

100

ホテルにチェックイン後、地下鉄を乗り継いで難波まで来ました。

101_29月にふるさと回帰フェアで訪れたグループがガイドしてくれます。初めての人ははぐれないようについて歩きます。

102大阪の町は何年ぶりでしょう。支店の女の子とお好み焼き食べに来ていらいかなぁ~heart04

103串揚げもいいなぁ~。昔、胃拡張ペアで串揚げ全種食べきった記憶が蘇ってきました。

104法善寺横丁の文字が見えてきました。

105

この人は一体・・・

106

雰囲気がいいですねぇ

107

108

今夜は無事に美味しい酒が飲めますよ~にbottleheart04

109 110_2

法善寺って浄土宗の寺院なんですねぇ。水掛不動さんは夜も人気で我々の他にも人が訪れていました。

111

まだナイトウォッチングは続きます。お昼が上品だっただけにお腹空いてきたニャォ~ンcat

近江八幡・古い町並みそぞろ歩き

034 033_2

「あっ!メンタームの自動販売機coldsweats02があるで」思ったら、単に近江兄弟社の前にあるジュースの自販機でしたcoldsweats01

035

036_2近江八幡という町を語る時、その近江兄弟社の創立者のひとりであるウィリアム・メレル・ヴォーリズの事を語らずにいられないでしょう。
英語教師として来日し、キリスト教伝道とこれに基づく社会福祉、建設設計、製薬会社等々幅広く活躍しただけでなく、終戦時にはマッカーサーと天皇の仲介をしたというから、坂本龍馬みたいな人ですかねぇ。
そんなヴォーリズの精神は、今も町の人々の心に脈々と流れているように感じました。

037大きな引き戸の中に小さな戸が~dogcat用にしてはでかいなぁ。

ふだん家主の出入りは小さいドアから、お客さんは大きく戸を開いておもてなし。

建築に詳しい人ならわかる家の造りも、知らない人には聞かないとわからないです。

042

丘のような八幡山(鶴翼山)271.9m。かつて豊臣秀次のお城があったそうですが、今はロープウェイがかかっています

039038

板張りの壁に小さな小窓。

こんなんで雨風しのげるのかな~

043

日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)。 今回は前を通り過ぎただけです。

044045

白雲館。明治10年に西洋風建築物のひとつとして建てられた八幡東学校を平成6年に復元したもので、観光の拠点として活用されているようです。

ここも前を通過。

040 041

まだまだ写真がありますが、そろそろ本来の目的地、大阪へと出発したいと思います。 

古い日本の風景 ~近江八幡・町並ウォッチング~

024_2

ドキッ! お・・おいらのことかなぁ~。 街角のショーウィンドゥにもレトロな感じが漂っています。

025_2

現代のポスター。ちょっと地味で目立たないと言う人がいるかも知れませんが、派手でも気がつかない人は大勢います。

026

ポンがし屋さん。雰囲気につられて買うお客さんがいましたよ~。自遊人は子供の頃、駄菓子の類は親から買ってもらえなかったのですが、今の子供は駄菓子屋すら知らないです。

027

かわいい猫ちゃんがいます(机の上・・・わかるかな~?)

028

町家カフェ兼雑貨屋。NPO法人間の会の事務局になってます。

029 031

雨戸が隠してあったり、階段タンスがあったりと昔の家がそのまま残っています。

032

古い町家の風景。昭和の風景と言っても良いかも知れませんが、平成生まれの子供達にの目にはどのように映るのでしょうか?

歴史的遺産としてだけでなく、是非有効に活用しながら残していきたいものだと思いました。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト