« 思い出の丘(美ヶ原) | トップページ | やまたみ倶楽部で荒船山へ »

子供ガイド ~安曇野の道祖神に会いに行こう!~

Photo

先日は小学校3年生達の景観教育のお手伝いをしました。

今回は小学校6年生がガイドしてくれるというので、昨日12日参加してきました。

小学生がご案内<安曇野の道祖神に会いに行こう!!>

クリックして大きくしても見にくいですが、5年生の時から2年間、道祖神の学習に取り組んできた穂高西小6年2組の子供さん達の成果発表の場を、安曇野市観光協会が協力してガイドという形が実現したようですが、どうもアピールがうまくない。5日にNPOの会議があるまで自遊人も知りませんでした。人が少なかったら子供達がかわいそうですし、まあ、歩いた事ない場所で勉強にもなるので参加しました。

001

当日は朝からrainが降り出しました。受付開始頃はまだ降り続き・・・bearing

002人が集まってきました。この頃から雨は小やみに、山にかかっていた雲も切れ薄日が差し始めました。

「集まってくださ~い 開会式始めま~す」003

予め分けられた班毎に大人達がゾロゾロ集まります。もたもたしてると怒られちゃうかな~

004進行から挨拶まで全て6年生の子供達が行います。

005一応、校長先生の挨拶もあります。この日はNBS(長野放送)、信濃毎日新聞、市民タイムスの記者さんが来てました。

006最後に各班のリーダーさんの紹介。「女の子が多いなぁ」そんな声がどこからか聞こえてきました。確かにリーダーさんはみんな女の子ですねぇ。男の子はどうしたんでしょう。

007うちの班を案内してくれる子たち。男の子いました・・・でもなんか弱そう・・・。子供の世界も女性強しですかね。ガンバレ少年達。

008さて、道祖神巡りが始まりました。

途中ポイントポイントで説明してくれるのが子供、聞くのはおじさんおばさん。

009手作り資料で説明してくれます。

010おお~。難しい内容です。

011リーダーの子が説明してくれます。

013途中では見える山並みの説明もしてくれます。すばらしいですねぇ。立派にガイドやれますよ。

014みなさん信州DC公認の道祖神ガイドの認定証を持っています。もっと地元以外の人が多く参加してくれたら良かったのに・・・こんなおもしろい企画、そんなにないはずです。頑張ってる子供達も地元の人が多くちゃ張り合いがないんではないかな~

015

2時間半強のウオーキング。お昼過ぎに学校に帰ってきました。

子供達もお腹空いてるでしょうね。よく頑張りました。さすが6年生です。

自遊人の子供の頃は中学受験でこんなのんびりしたことはやる事はありませんでした。

6年生は3組あって、この取り組みは2組だけのようですね。

親御さんの考えもあるでしょうが、郷土の事に取り組む事も将来大事な事です。

子供を育てるのって難しいですね。

子供のいない自遊人が言うのも変ですけどね。

« 思い出の丘(美ヶ原) | トップページ | やまたみ倶楽部で荒船山へ »

コメント

自遊人さん おはよう〜〜〜

子供さん達 しっかりしてますね
しっかり調べて説明してくれたんですね
いい経験になったことと思います
やった!!出来た!!と素晴らしい達成感も味わえたことでしょうね
この企画をやり終えてきっと大きく成長されたと思いますね

013はうーちゃんの好きなパノラマの写真かな?
自遊人さんが提供されたんかなぁ???

自遊人さんこんにちは~♪

小学生がガイドさん、良いアイデアですね。
手作りされてる資料もgoodです。
>みなさん信州DC公認の道祖神ガイドの認定証を持っています。
自分達の住んでいる地域の事を勉強してるんですね。すごいすごい!
大きくなって安曇野の為に力を注いでくれそうで楽しみですね。

安曇野の道祖神祭りにも最後は火が登場するようですね。
おりひめは野沢温泉の道祖神祭り見ました。
まさに火祭りでした。
雪の降る中でしたがその壮大な火祭りは寒さも忘れて見とれていました。
お神酒も振舞われ旦那は喜んでいただいていました。
おりひめは、降り注ぐ火の粉で服に穴が開かないかとハラハラしました。
2時間ほどがあっという間だったように感じました。

うーちゃんさん こんばんわ

男の子は結構ふざけたりしてますが、女の子はしっかりしてました。
同じ男として「もっとしっかりしろ」って言いたくなりますよwobbly

自分たちで調べた事を発表するというのはよい経験ですね。
できればもっと外のお客さんがいれば良かったと思います。
地方の子供は小さい時から活躍しますから、その経験を将来に生かして欲しいと思います。

パノラマの写真。子供さん達で撮ったのとちゃいますか?
うまくつながっていましたよ~。

おりひめさん こんばんわ

子供店長ならぬ子供ガイド。面白いと思いました。
安全まで全てを仕切りきるのは中々難しいですが、でも予め決められた分担に従ってこなしていましたよ。

こういう場合に「よくやってると」褒める事と「さらなるステップアップ」を求める事。
どこまでやったらよいのかなぁと少し迷いました。

> 大きくなって安曇野の為に力を注いでくれそうで楽しみですね。
今はどんな仕事についても苦労する時代です。
その仕事場も都会ですら少なくなってきています。
信州には自然というアイデア豊富な題材があります。
これを生かさない手はありません。
自遊人はその道筋をつけられればよいのかなぁと思っています。
成果が出るのは今の若い人達の時代でしょうからね。

> 安曇野の道祖神祭りにも最後は火が登場するようですね。
どんど焼き、松本平では「三九郎」と呼ばれる正月行事ですが、これとも通ずるところがあるようです。
火は人類にとって大切なものでした。いわば神様みたいなものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い出の丘(美ヶ原) | トップページ | やまたみ倶楽部で荒船山へ »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト