« 槍ヶ岳や穂高岳の眺め(11月11日撮影分) | トップページ | 前掛山(浅間山の外輪山)へ »

安曇野は秋から冬へ・・・そして

1109

11月9日 ジャンセン美術館

1111

11月11日 碌山美術館

111601

そして11/17昨日 近所のお庭

110602

そして、旅館なごみ野さんの紅葉。盛りは過ぎましたが、山麓線の秋を楽しませてくれるお宿です。

110603

冬はすぐそばまでやってきていますsnow  ところで・・・

Img0004ブログ友達の記事で扇町桜堤の読んだその朝、信毎に掲載されていた記事がこれ。今や安曇野の春を代表する風景のひとつとなっているこの桜の木が切られてしまいましたぁ~coldsweats02cherryblossomsweat02

で、早速見に行ってみました。

1000

あいにく雲に常念岳は隠れていますが「なんじゃ こりゃ~」(松田優作風)

手前にあるはずの桜の木が無くて妙な風景になっていました。

理由はいろいろあるのでしょう。それにしてもこの観光課のコメントは情けない。縦割り行政の象徴みたいなコメントですが、市が将来何で食っていくのか全く考えていないとしか思えません。

« 槍ヶ岳や穂高岳の眺め(11月11日撮影分) | トップページ | 前掛山(浅間山の外輪山)へ »

コメント

自遊人さん おはよう〜〜〜

お見事 赤 黄 空の碧が素敵です

桜可哀想なことになりましたね
折角大きくなって見事な桜を咲かせてくれていたのに・・・
バッサリやられて・・ もう取り返しが付きませんね
これは枝払いではなく丸坊主・・・
苦情が殺到してるのでは

うーちゃんさん こんにちは

紅葉も盛りを過ぎました。安曇野はそろそろ雪の頼りが聞こえる季節になってきました。

桜の木、ばっさりやられてしまいました。
たぶんいろいろ事情はあるのでしょうが、もう少し何とか折り合いはつかなかったものかと思います。
景観を守るためにはまず住民の力が必要です。行政は役に立ちません。

自遊人さんこんばんは~♪

maple紅葉が麓まで降りてきたのですね。
3枚目の写真の下に行って見たいです。

cherryblossom可哀そうなことになりましたね。
きっと来年の桜の季節が来ると後悔するでしょうね。
“ブログのお友達”のところで過去の桜堤の写真拝見しました。
コレが数年間も見られないなんてもったいないですね~。
切るにあたって市民にアンケートでもとってくれるとよかったのにね。

>観光課のコメントは情けない。
 どのように情けないのかな? と思って大きな画像に・・そしたら
 “ブログのお友達”へ飛んでしまいましたcoldsweats01
 
 
 
 
  

おりひめさんさん おはようございます

>大きな画像に・・そしたら
>“ブログのお友達”へ飛んでしまいました
おや~本当ですね。今日のワンコのように舌がベロ~んって出てしまいましたdogsweat01

関東に住んでいる時は紅葉は見に行かねばなりませんでしたが、今はまわりをちょっと巡るだけで紅葉狩りができます。
こういう環境をうまく利用しない手はありませんが、古い蔵が壊されたり、町並みが変わり始めています。

> きっと来年の桜の季節が来ると後悔するでしょうね。
ここには書けませんが、別の理由もあるのだろうと思いますよ。
新聞記事はお友達の所にネット記事へのリンク入口が追記されています。
こちらで読む事が出来ます。

自遊人さん
美しい雪山の景色に和みますわぁ。
行政は説明不足でことを運びますね。
鴨川の中州を取り払うのにも野鳥の
住みかだし心配しました。
土手も市民が使いにくいコンクリートにしたりと
何を考えているのかわかりません。

ムームーさん こんにちは

安曇野はカラフルな紅葉の季節を終えるとモノトーンの世界へと入っていきます。

観光パンフレットにも載っている安曇野の代表的な風景のひとつ。
これからどうするつもりでしょう。
あまりにのんきすぎます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 槍ヶ岳や穂高岳の眺め(11月11日撮影分) | トップページ | 前掛山(浅間山の外輪山)へ »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト