« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

安曇野・池田町

001

♪てるてる坊主 てる坊主♪

歌はなんとなく聞いた覚えがあっても、その作詞家・浅原六朗氏の名前を知る人は少ないでしょう。かくいう自遊人も知りませんでしたが、今の大学生は歌詞そのものを知らない人も多いそうです。先日受けた講座の先生のゼミの学生さんは4割幼稚園で習っていないとかcoldsweats02 童謡も歌われるのは今や老人ホームくらいか?このままだとそれすら将来は廃れるかも知れません。

余談ですが、唱歌の半分以上が長野で生まれたそうです。

写真は池田町にある道の駅・ハーブセンターにある『てるてる坊主地蔵尊』。大町に抜けるのに今は高瀬川右岸のパノラマ道路が国道のバイパスとなっていますが、昔はこの道の駅の前の道がバイパスとして使われていました。

002_2

ハロウィーンですね。

日本にいるといろんな国のお祭りに出会います。

もっともハロウィーンは何か特別なお菓子を食べるわけでもなく、せいぜいグッズ関係が売れるくらいなんで盛り上がりは今ひとつな感じです。

寒くなる季節だし、ポタージュでも飲みますかね。

池田町・大峰高原の七色大カエデ

000

今年も大峰高原にカエデの様子を見に来ました昨年の様子はこちら

001_2年々賑わいを見せる感じのここ池田町・大峰高原の七色大カエデ。緑から赤までいろんな段階の色が混在するので七色と呼ばれているようです。平日なのにこの人の数。駐車場は入れ替わり立ち替わり車がとぎれる事がありません。天気はあいにくの曇り空。

002_2

晴れればもっと色鮮やかでしょう

003

ライトアップすればもっと多くの人が訪れるかも知れませんが、なにぶん山の中なので熊に食われるかも知れません

観光ホスピタリティカレッジ

0014先週から松本大学を会場に始まった観光ホスピタリティカレッジ。毎週木曜夜、1コマ(90分)の社会人向け講座で今回は6年目。毎年受けている方もおられるそうです。今回は160名もの応募があったそうです。

001写真は先週のもの。昨日は天気が良くなかったので撮りませんでした。授業中はもちろん撮影・録画禁止なので写真がありません。

002初日の受付。若い熱気で溢れています。全国の大学で40校程度しかないと言われる観光関係の学科が、ここ松本大学にはあります。そこのゼミの学生さん達でしょう。

さて、久しぶりの大学でお楽しみと言えば学食。ところが後期は夕食は営業無しとの張り紙が・・・ガ~ン

わざわざ昼に食べに来る用事はないしなぁ~

屋内のフィトネスルームなんてあるのだね。雨の日もランニングマシーンがあるから大丈夫。もっとも今の時代、夜暗い中を走っていては危ないですね(人+熊)。それに都会と違って真っ暗で田んぼに落ちちゃうかも知れません。

砺波へ⑤ ~すばらしいもてなしの数々~

050今回宿泊したのは、夢の平コスモス荘という夢の平スキー場(と言ってもリフト1本だけだが・・・)のゲレンデベースにある施設。研修室も備えていて、安曇野で言えばビレッジ安曇野のような施設です。22日夜は“情報交換会”という名の夕食兼懇親会もここで開かれました。

その情報交換会の場所は・・・

051 052

まるで披露宴会場みたいにテーブルに鶴とか亀とか書いてあります。立食パーティではよく見られる風景ですが、和室と違ってテーブル席ならこんなのもありですかね。

05323日、フォーラム終了後の昼食も、となみ散居村ミュージアムで用意してくれました。

054_2折り詰めの弁当だけでなく、もう一皿に手作りの郷土料理の品々が並んでいました。ちょっと甘い出汁の素麺はおかわりもいただきましたよ。

055食後のデザートまで用意されていました。お抹茶の器も凝ってます。

056和服のねえさんがお茶をたててくれました。

ただ食事を用意するだけなら、サービスのひとつで終わってしまいますが、こういうちょっとしたもてなしが次には観光で訪れてみたい気持ちにさせます。

057最後にはなんとお土産付。家に帰って帯をとってみたら、チューリップの球根がぎっしり詰まってましたcoldsweats02。 チューリップが市章のデザインにされ、市の花にもなっている砺波市。富山県は新潟県と並んでチューリップの一大産地となっていることはあまり知られていないかも知れません。それにしてもこんなに沢山とは思いませんでした。早速、庭に植えたのは言うまでもありません。来年の春、綺麗な花を咲かせたら写真を撮りましょうcamera それまで猿に食われんように用心用心。

砺波へ④ ~2010全国屋敷林フォーラムin砺波平野~

020_2

23日砺波・庄川生涯学習センターで、“屋敷林(カイニョ)”について考える集い、全国屋敷林フォーラムin砺波平野「屋敷林の再発見とその保全・創造」が開かれました。

屋敷林に囲まれた家々の風景。自然とそこに住む人々の知恵と暮らしにより育まれ、継承されてきましたが、近年、住居スタイルの変化もありその数は年々減少しています。

021

昨年、安曇野市で11月に開いた『第1回屋敷林サミットin安曇野』に続き、今年は砺波市を会場に、全国各地の取り組みを参考にしながら、、屋敷林とのつきあい方、保全の取り組みを考えながら、価値を再認識する会議。

『屋敷林』という言葉の認知度は低いかも知れませんが、家の回りを大きな木で囲んでいる風景を目にされた方は多いと思います。

022会場一杯のお客さん。地元の高校生も参加されていたようです。

023砺波カイニョ倶楽部代表幹事の柏樹さんの挨拶から始まりました。

「この会場に来たからには何かひとつ持って帰ってもらいたい」

方言そのままのトークが面白い方です。

024市長さんの挨拶に引き続いて、京大農学部の川村准教授による「屋敷林を守り後世に引き継ぐために」と題した基調講演からプログラムはスタートしました。

個人的にはディスカッション中心で、あえて講演は要らないように思ったりします。同じ内容の講演をいろんな場所で聞く事になりますからね。でも初めて聞く地元の人には良いのかな?

さてこの後、参加各地の事例報告

025 026 027 028

まず最初は遠く岩手県奥州市からの報告。東北らしい風景がスクリーンに展開されます。

029 030

続いては 島根県斐川町から。出雲地方の築地(ついじ)松と散居の織りなす景観について映像を流しながらの報告。古くはスダジイやタブノキだったようですが、新しくはクロマツのみと変わったそうです。この築地松を4~5年置きに剪定する作業が陰手刈り(のうてごり)。高所作業でこの後継者不足が課題だそうです。

031 032

3件目は東京都武蔵野市。市の緑化環境センターの所長さんから緑の保全活動についての報告。さすがに都会で大きな木を残した屋敷というのは課題が多く、現在ではほとんど見られなくなりましたが、緑化という点では地方よりむしろ積極的かも知れませんね。

033 034

最後は我が安曇野市。安曇野ブランドデザイン会議「屋敷林と歴史的まちなみプロジェクト」の活動報告。今回、安曇野市からは市のマイクロバスをチャーターして14名が会議に参加しました。行政と市民の協働。フォーラムの冒頭、市長からのメッセージも読んでいただけましたし、安曇野の熱意が多くの人に伝わったはずです。

この後、となみ散居村ミュージアム館長の砂田氏をコーディネーターにして、有磯高校の島田教諭、富山国際大学の高橋教授、人間文化研究機構の金田氏、福光美術館の奥野館長そして砺波カイニョ倶楽部の

新藤氏によるパネルディスカッションが行われました。

プログラムは“ディスカッション”と位置づけられていましたが、事例報告と変わらない内容でちょっと拍子抜け。

そんな中、高校で環境をテーマとした特設科目を設けた取り組みは参考になるものでした。

035 036

盛りだくさんの内容。とても半日ではこなせず最後はやや不完全燃焼な感は否めませんでしたが、限られた時間の中で企画していただいた砺波カイニョ倶楽部の皆さんに感謝です。

砺波へ③ ~砺波からの風景~

010

朝日あたるコスモス畑。

012

そのコスモス畑から日の出前、朝靄に霞む散居村の風景を撮ってみましたが、手持ちでは今ひとつパッとしないな~bearing

013

剱・立山連峰に朝日がさしています。すがすがしい朝です。

014

砺波は庄川の扇状地に位置する街。町の中心街はすでに散居村の風景はほとんど見られません。工場や大型ショッピングセンターもありますが、それでもまだまだ田畑は多く残っています

011

高岡と南砺を結ぶ城端線。JR西日本の地方ローカル線ですが、その歴史は北陸本線より古いようです。赤茶色のキハ40系気動車はいかにも国鉄車両の香りがして地味でないかい。

砺波へ② ~屋敷林のある風景~

003_2 004

屋敷を取り囲むように植栽された巨大な生け垣『屋敷林』

005砺波では『カイニョ』と呼ばれ、この地方特有の大風や暑さから人々の生活を守ってきましたが、現代の高機能住宅ではその機能もあまり必要としない上、維持に多くの苦労があるため年々少なくなってきました。

006安曇野の屋敷では生け垣はイチイを植えるお宅が多いですが、こちら根井さんのお宅では屋敷内だけでなく生垣もスギを植栽されています。雰囲気の良いおばあちゃんが屋敷掃除をされているそうです。

007 008 009

今回見学させていただいた大きなけやきのある芳里(ほり)さん、スギを生かしたお宅の杉森さんそして多くの樹種を植栽されている根井さん。どうもありがとうございました。

砺波へ①

000

木々に囲まれた家が点在する散居村(こちらも参照)の風景が広がる砺波市。10月22・23日、2010全国屋敷林フォーラムin砺波平野に参加してきました。

001

23日朝の富山新聞記事。岩手県奥州市や島根県斐川町、東京都武蔵野市そして安曇野市、地元砺波市。失われつつある屋敷林の風景を守るための各地域の取り組み事例が報告されました。

003

交流会兼宿泊場所はコスモス広がるスキー場のベースにあります。遠く庄川扇状地・砺波平野を見渡す事が出来ます。

身近な風景

3000秋の空

2009

庭に咲く花

101やがて来る 厳しい冬に 備えてる

暖かい日が続いているとちょっとした寒さも身にこたえます。

さて、自遊人は今日から観光ホスピタリティカレッジを受講する事にしました。

会場が松本大学なので久しぶりに学生に戻る気分です。

長野流のおもてなし、ガイドとして大事な事。しっかり学んできます。

cat明日明後日は本宅・別宅ともお休みですsleepy

占拠される電柱

0001_4暖かい一日も終わり、陽が西に傾いてきた頃、電柱に群がる無数のトンボを見つけました(拡大してみてくださいeye)

0002_2秋のとんぼというとのどかな情景が思い浮かびますが、実際の所は結構猛スピードでぶつかってきたりして怖いです。

ぼ~っと眺めてたら、蚊にくわれました。“か”ゆくて“か”なわんcoldsweats01

安曇野のいま(10/16撮影)三郷・住吉地区から

3001

多くの場所で稲刈りが終わりを迎えています。今年は猛暑の影響でお米の品質が悪いようなことを言われていますが、ここ安曇野はどうだったでしょう?

3002安曇野市の南部に位置する旧三郷村。松本市と接していて通勤にも便利な事から、開発著しい場所のひとつです。

のどかな田園風景。

でも未だに年貢のようなことが行われているそうです。不作でも決まった量を上納しなければならない・・・なければ他所から買ってでも払えと言う話を先日聞きました。

何かが変なこの世の中。政権交代で少しは変わるのでしょうか。結果をすぐ求めてはいけないのですが、どうもやってる内容はあまり変わり映えがしないです。

1002

シンポジウムの聴講で松本へ、他

今日は松本へ出かけてました。

Kiji

決して、中央線を走ってた旧国鉄201系の臨時列車が松本まで走ってくるのを見に行ったわけではありませんよ(写真はネットの新聞記事から無断転載ざんす)

目的はMウィング(松本市中央公民館)で開かれた、シンポジウム『信州の生物多様性を考える ~COP10開催を記念して~』を聞きに行ったのです。明日18日から名古屋で開催される、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)。長野県では生物多様性地域戦略の策定に着手したそうです。<長野県環境部自然保護課のページ>今回、NPO法人信州ビオトープの会が他のNPO法人らとの共催によって、生物多様性の保全を主テーマに、外来種や希少種にも幅を広げて、長野県や各団体の取組みを紹介し、意見交換を行うためにシンポジウムを開催しました。

なんだか難しそうな話です。きっと一緒に聞いてたみけcatさんがブログアップするだろうなぁ~そちらにお任せ

追記:10/18 みけねこのひとりごと

自遊人は懇親会は出ないでお家に帰りました。ちなみに先の電車は14時半頃に松本に着いたはずです。駅には記念乗車の大きな袋を持った鉄道ファンがウロウロしてました。

001JR東日本E351系スーパーあずさ。あらっ?兄さん達が持ってたオレンジ色のでっかい袋が写ってないや。

002中津川発JR東海 313系普通列車が松本駅に入ってきました。この電車を松本駅で見るのは初めてです。JR東日本のE257系あずさも見えますね。

010 011 012

リゾートビューふるさとが篠ノ井線を長野に向けて帰っていきます。しばらくしてワイドビューしなのが追いかけていきました。

たぶん姨捨駅で追い抜くんでしょうねぇ。

シンポジウムの写真がないので電車の写真ばかりです。   

安曇野百選ウォークラリー(10/16(土)本番だよ)

010

昨年に続き第2回目の安曇野百選ウォークラリーは、旧市町村単位(豊科・穂高・三郷・堀金・明科)で行われている地域文化祭のひとつ、三郷文化産業展に合わせて、三郷文化公園体育館をスタート・ゴールに行われました。

011

ウォークラリーの受付は会場入口近くに設置されました。

012

午前中は会場も含めた準備。文化祭開催の16日午後からウォークラリーも始まりました。お客さん来るかな~?今回は事前予約無しの当日受付のみだったので心配でしたが、ほどなくちびっ子達がやってきました。

001 002

イラストメーカー“みけ”さん力作のウォークラリーカード。

003

各チェックポイントで写真シールを貼ってもらい、答えを書きこみます。(写真はシールを貼った状態です)

004 005

ゴールしたらこの回答集を見ながら答え合わせ

006

景品がもらえます。

013

先日の環境フェアに引き続き、段ボール堆肥作り、牛乳パック野球帽なんかもやってます。今日はみけ講師ひとりですかぁ~

007 008 009 014

015昔、会社でも体育祭同様文化祭なんてのがあった時代がありました。そんな類の雰囲気です。

自遊人はチェックポイントにいたのでどの程度人が訪れていたのかわかりませんが、地域コミュニティもこんな形で残っています。

別宅は明日アップ分まで槍ヶ岳の紅葉シリーズです。さて、次何処行こうかや?

百選ウォークラリー・深まらない秋

001

また穂が出てきましたよ

002昨日(13日)は16日に行われる予定のウォークラリーの下見を行いました。小学生をターゲットにしたイベント。コース自体は一度、ふるさとウォッチングで歩いていますので、安全面の確認、当日出すクイズの内容、地主さんへの挨拶などをしながら約2時間かけてゆっくりと歩きました。

003

銀杏が沢山落ちてます。それにしてもずいぶん背の低い銀杏だなぁ

004

しなびた感じのイチジク

005

006

007

ほおづきや綿の木。最近はあまり育てている家は見かけなくなりました。

008

009

コスモス。キバナコスモスですね。駆除するように言われてるキンケイギクではありませんよ。

010

シュウメイギクが一杯。ちょっとピンクがかってますね。

011

実りの秋、キーウィフルーツが一杯。鳥さんが食べないところを見るとまだ食べ頃じゃないのかな~。ここまではお猿さんも来ないようですね。

012

アスパラガスにこんな赤い実がなるとは思いませんでした。昔、家で育てた頃はこんな実はなったかなぁ~

013

フライングカマキリ coldsweats02 sign02 ひさしのついた塀の蜘蛛の巣に吊り下がったカマキリ。飛んでる途中で力尽きたか?

015_2

近寄ってみると・・・ワンワンいました。刺激を与えなければ襲われることはないですが、蜂も怖いですね。

014

老朽化で取り壊し予定の蔵。保存できれば貴重な資料になるのですが・・・

016

さて、問題。足元にいるのは動物のようですが、なんでしょう?

① 犬 ② 猿 ③ 猫 ← ここクイズに出るよsign03

下見で歩くのも疲れますね。小学生4年生以上は子供だけで参加可能です。

※ 別宅では槍ヶ岳の紅葉をアップ中です。

百選PJメンバー、リゾートビューふるさと車内でおもてなしへ

メンバーに手を振って送り出したのはいいけど写真撮り忘れました~bearing

001

10月から12月末まで開催される信州DCの期間中、毎日運行されるHB-E300系リゾートハイブリッドトレイン『リゾートビューふるさと』。安曇野百選プロジェクトでは毎月1回、列車内で方言寸劇を行う事になりました。

002

穂高から信濃大町までの約1時間、イベントを行う時間はわずかですが皆さん頑張ってきてね~

003

長野から松本経由で南小谷まで一日一往復するリゾートビューふるさと。10時59分に穂高駅に到着します。ここで名古屋からの臨時のしなのと接続します。3連休なので臨時が沢山あるけど、あずさは臨時の乗り入れないんですね。

004

穂高駅では穂高神社の巫女さんがお出迎え。

005

「皆さん こっちに集まってくださ~い」 発車まで約20分ありますので、この停車時間を使って穂高神社へ案内してくれます。

006

穂高神社のうんちくを短く説明してくれます。

007

参拝の仕方の説明後、皆さん参拝します。でも時間はあまり多くありません。

008

に触れてをもらってくださ~い」なんちゃってcoldsweats01 巫女さんがそんなくだらない事は言いませんね

009

出発の時は巫女さんがお見送り~。駅員さんが写真撮影用に「穂高駅」の看板を停車中に立ててくれます。

さて、列車内のメンバーはどんな様子だったのかな~。ちなみに方言寸劇は安曇野版白雪姫。一回ぐらい小人役でいいからやってみたいですね。

※(追記) みけねこさんのブログに様子がアップされましたよcat

※ 別宅では今日から槍ヶ岳の紅葉をアップ開始しました。

あづみ野環境フェア2010 ( 10/9、10/10 )ー3

環境フェア2日目は雨が上がりました

050 051

052昨日は雨で散々だった屋外展示。予想以上に早く天気は回復しました~。でもその分お客さんの出足は鈍い?

アイガモ農法で作ったモチ米販売、屋内では手作りのチラシで営業活動もぬかりがありません。さすがに5年生ぐらいになるとしっかりしてきますね。

053 054

055くるりん講座のアカゲラ巣箱作り。温暖化の影響もあるのか、最近松食い虫被害が深刻な安曇野。センチュウを媒介するカミキリの幼虫を捕食するアカゲラを増やす活動です。

市の林野課の職員さんが作り方を説明しています。お客さん少ないな~。暇なのでぶらぶらしていたら誘われました。

056 057

ホールドリルは危ないので親が作業します。おとうさんやおかあさん、子供の見てる前で奮闘しています。

058 059

アカゲラがとまりやすくする溝きりが終わったら組み立てるだけ・・・と・・・おっと失敗失敗。組み方を間違えて屋根がつかないsweat01 端材を組み合わせて幅広で不格好ですが形にしました。こんな家でアカゲラ君入ってくれるかや~。詰めの甘い自遊人です。

060 061

お昼頃になって人が集まってきました。今日は昼休みにステージで子供達のショーが予定されています。先だってステージでは高校生が司会進行でエコカルタ取りが始まりましたよ。

062_2我々の展示スペースにもお客さんが立ち寄って興味深そうに見ていきます

063高校生が作ったタンポポコーヒー。香りはコーヒー、お味は薬草茶。なんとも不思議な味です

064 065

066さて、昼からはキッズダンスのステージ。大音響と熱気でしばらく展示はお休みです。最後の写真のはずいぶん色気があります。おとなも参加してるグループなんですよ。やっぱりこういうイベントは屋外のあづみの公園の段々広場のような所のほうがいいな。

068ステージ中は異様な熱気に包まれた会場内も終了と同時に潮が引くように落ちつきを取り戻しました。

067_2人形劇も行われました。

子供達、おとなしく見ていますね。

069 070

市の都市計画も展示されています。お堅い内容ですが大事な展示、でも人気はいまいち。それでも担当者は熱心に説明をしています。

071 072

正副実行委員長さん、お疲れさまでした。

この後全員で会場の撤収作業を行いました。

あづみ野環境フェア2010 ( 10/9、10/10 )ー2

安曇野の環境・景観を守るのは子供の頃から

020_2家族で楽しむ事のできるイベントが一杯

021_2アウトドアで活躍するロープワーク。お母さんより子供の方がすぐ覚えます。

022_4 023_2

地産地消。信州産の木を使った家。本格的な展示もあります。

024_2 029_2

小学生がアイガモ農法で作ったモチ米を販売しています。アイガモは売ってないのかな~restaurantdelicious

025_2 026_2

ゲーム全盛の時代でも子供達は少し教えてあげればすぐに遊び方を考えます。

027_2 028_2

この日(9日)は雨ということもあり、多くの子供達で賑わっていました。製作・体験コーナーはどこも大人気

030_2 031_2

ツキノワグマ研究会やあづみの公園のキャラクター・草太くんも来てました。安曇野フェスタでもお馴染みの団体さんの出展も多くありました。

032_2 033_2

牛乳パックを再利用した帽子作り、使用済み歯ブラシに毛糸をつけたモップ作り

034_2 035

エコバック作りや間伐材を使ったマイ箸作り

036みけ先生のなんちゃって段ボールで生ゴミ堆肥作り講座。生ゴミは土に返すと本当に燃えるゴミの量は減りますね。なんで分別回収しないのかな~都市部でも土に植えてある樹木は沢山あります。

続いて2日目の様子をアップします

あづみ野環境フェア2010 ( 10/9、10/10 )ー1

先に案内したあづみ野環境フェアは昨日10日、無事終わりました。

0018日の午後から準備を開始。パネルを組み立て、各出展者は展示をしていきます。実行委員の人達はこれに先立って、パネルを立てる位置とかのマーキングをしたり、机や椅子の手配をしたりとさらに前日から作業をすすめています。

002003

夕方前に我々の展示スペースは準備が終わりました。

004005006

堀金体育館の広いスペース。当日(9日)朝準備する団体もあるので、まだがらんとしています。

007遼くんやAKB48のポスターが~

欲しいな~。でももらってどうするだ?貼るとこなんてねぇずら。

さて、イベント初日、9日は雨。でも、こんな日は屋内のイベントは人が集まりそうです。

011010009008_2

メインアリーナの開場はお昼から。先だってサブアリーナでお天気でお馴染みの森田正光さんの講演が行われていました。盛況だったようです。(みけねこさんの記事も参照してニャ~cat)

012ここでも小学生から高校生までよく働いています。

埼玉でもイベントで子供が活躍してたのかな?地元に関心がなかったせいもありますが、あまり聞いた事もありません。

続きは後ほど・・・

槍ヶ岳へ

20101007

有名な天狗池の風景。スケジュールと天気の都合で紅葉撮影は『ここしかない』ので急遽計画を立てて槍ヶ岳へ行ってきました。

2010100701

正確に言えば槍ヶ岳登頂はどうでもよくて、天狗原の紅葉見物が目的でした。帰路、大キレットから北穂、涸沢に抜けても良かったのですが、思ったほど天気が良くなかったので、南岳から天狗原を下山しました。

20101006

ガスが思ったより多くて天狗原で長時間停滞。でも横尾でラーメンを食べるため10時に切り上げて、大急ぎで走りました。横尾のラーメンの次はもちろん徳沢のソフトクリームです。『 beer飲む noodle食う 』では栄養つきすぎて困ります。

詳細は別宅で。でも、まだやまたみ倶楽部の霞沢岳山行の写真が残ってたりします。

霞沢岳へ

001

10/2~4、やまたみ倶楽部の山行で霞沢岳に行ってきました。

002

宿泊したのは峠の宿「徳本峠小屋

写真を整理したら別宅にアップします。

今年はずいぶんと小屋に泊まって食事を食べたので金がなくなりました。来年はネパール行きの話しもあります。

阿吽の呼吸

304

御神輿に飾られていた彫り物。彫った方には申し訳ないけど、阿吽の呼吸には見えません。どう見ても仲悪そうだ。

※ お返事遅れま~す

ガーリック <白馬>

001

Imgかなり前になるのですが、「白馬にガーリックというおいしいピザのお店がある」と聞きました。しばらくして山の帰りに立ち寄ってみることにしました。

002アンティークなお店の中は落ちついた大人の雰囲気

003

004レジスターとしては使えないけどちゃんと使われてます。素敵な小物達が一杯heart04いいなぁ~。憧れのデコレーション。だけど掃除とかどうやってるのかなぁ~。

頼んだのはクリーミーなパスタ。お昼時少し前ですが、平日ということもありお客さんはいませんでした。でも地元では人気のお店だそうですよ。

005

006ログ作りの店内はいろんなものでぎっしり。蹄鉄なんかもありますが、チラシにあるお馬さんはいませんでした。

ログの良さを生かした作りのお店はこのテーブルの他、奥にも小部屋がありますので、小グループで訪れても落ちついて食事が出来ます。

007


大きな地図で見る

駅からはかなり離れています。長野方面からオリンピック道路で白馬八方方面への道、みそら野の交差点を左折します。

※ お返事遅れま~す

新潟からのお客さんを安曇野案内

001

昨日はJR東日本・大人の休日倶楽部の新潟からのお客さんを、ロケ地を少しだけ案内しました。

002

万水川のロケ地を中心に歩きました。お客さんは“熟した大人”の皆さんですので、歩くのが大変・・・sweat01

003

まあ、若ければそれなりの苦労があります。

安曇野の案内するにはまだまだ勉強が必要、安曇野と北アルプスのマイスターへの道は簡単ではありません。 

※ お返事遅れま~す

シナノドルチェ

000

シナノドルチェ、昭和58年に長野県果樹試験場において「ゴールデンデリシャス」に「千秋」を交雑、選抜・育成し、平成17年に品種登録されたりんご。

早生種だが「つがる」よりも遅く「シナノスイート」よりも出回りが早いが生産量はまだそんなに多くないようです。温暖な地域では着色がやや困難だそうですから、今年の猛暑では苦労したのではないかと思います。

apple昔から「一日一個のりんごを食べると医者知らず」「リンゴが赤くなると医者が青くなる」といわれ、りんごには血糖値と血色コレステロールを低下させる作用があるといわれます。特にこの品種は、果実が大きくて、赤くて、糖度と酸味のバランス、食味が良く、カリウムやリンゴペクチン、アップルポリフェノールなどが多く含まれ栄養価も高い品種なんだそうですapple

今日から10月。いよいよ信州DCが始まります。ところで・・・

010

仮住まいからこの家に越して丸4年が過ぎ5年目に入りましたよ。今までと異なる暮らしをしている間、世の中は少しも良くならないどころか悪くなる一方です。

値上げになった煙草、愛煙家の友達はどうしたのかな~。ちなみに自遊人は愛煙家ではありません(注:愛猿家でもありませんよ~coldsweats01ウキッ)。

今日は午後からロケ地(大人の休日倶楽部)案内です。イベントやら何やらも多い上に山登りがあったりして結構忙しいですrun

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト