« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

火打山へ

101

今週末はやまたみ倶楽部で新潟県の長野県境付近にある火打山へ行きます。火打山は久しぶりなのでコースの下見に、昨日(7/28)行ってきました。

103

標高は2000mそこそこですが、豪雪地帯で豊富な高山植物を育んでいます。チングルマは咲いているものもあれば、写真のようにすでに綿毛になっているものもあります。季節は確実に進んでいることが感じられます。

102

さて、別宅はまだしばらく白山シリーズ、そのあとに本番とあわせて火打山のアップとなります。明日からしばらくは会議+懇親会 → 山 → 袋井へ墓参 → 会議と続きます。コメントのお返事遅れることご容赦下さい。

昨夜から久しぶりの雨。今日は過ごしやすい1日となりそうです。 

花の白山と文化を巡る旅

000

やまたみ倶楽部の山行、今回は石川県の名峰『白山』へ行きました。

001

倶楽部として初めての夜行となりました。過去何度か訪れていますが、とにかく遠いです。松本発マイクロバスで運転の負担はないですが、やはりアクセスが長いと大変ですね。

002_2

これが本場のハクサンコザクラ。白山の名のつく花の中で最もポピュラーな花のひとつかも知れません。

今回は遠方ということともあり、下山後1泊して翌日は永平寺東尋坊を訪れました。幸い連日良い天気に恵まれ、よい旅になりました。

旅の様子は写真を整理して、明日から別宅にてアップする予定です。今夜はまた東京からお客さんvirgoが来ます。

唐松岳へ

001三連休の最後の日、唐松岳へ行ってきました。

「自遊人だから休み関係ないやろ」と思われるかも知れませんが、ガイドする季節の花から優先的に覚えねばなりません。写真のミヤマダイコンソウなんかはみんな知ってます。

002ユキワリソウです(ちょい写り悪くてすみませんcoldsweats01)

「なんだろ~」とブツブツつぶやいていたら、後ろから「ハクサンコザクラ」との声がear

ちょっとやせてるし違う気がするけど・・・eye。同じサクラソウ科なので似てますが、花の感じも葉っぱの質感もちょい違います。沢山咲いてましたが、聞こえてくる声はサクラソウハクサンコザクラばかりでした。

003オオサクラソウかな?

「当たりや~」とすれ違った関西弁のおばちゃんの声が聞こえました。ツアーのようですね。ガイドさんから説明でもあったのでしょう。

写真を整理して明日(21日)から別宅にアップします。今回はライチョウの親子に会ったよ。

なお、来週まで本宅はしばらくお休みです。

爺ヶ岳へ

Rai別宅にて爺ヶ岳で見つけた花をアップしてます。明日も本宅はお休みですsleepy

3連休に合わせるかのように夏がやってきましたね。ここに越してから、自遊人が夏を感じるのは外からBBQの臭いが漂ってくる瞬間です。

普段夜走る車も少ない山麓線から車の音、子供達のはしゃぐ声が響きます。そして終わりは花火の音と臭い。・・・肉とビールbeer余ってませんか~restaurant

~輝き~白馬五竜高山植物園

020

この日は当初virgoと白馬八方に行く予定でしたがcloudrainで中止に。植物園に行くことはmail伝えました。でもつきあってるわけではないし、強いて誘うことはしませんでした。

021

写真はチングルマの咲き終わった後。花をじっくり撮るには一人に限ります。人と行くんだったら、会話も楽しまないとね。特に異性とならなおさらですwink。趣味を同じくして黙々と写真を撮るのももちろん有ですが、集合場所と時間だけ決めて行動は別にした方が落ちついて写真を撮れます。

022

植物園のは自生してるものと明らかに違います。動物園の猿と同じで厳しい環境に耐えているたくましさが伝わってきません。高山帯の代表的な植物、ハイマツも、なんだか盆栽みたいです。

023

024

シコタンソウ。もっと花弁の黄色と赤の模様がくっきりしてるんだけどな~。亜高山帯~高山帯に咲く花ですので、この植物園あたりでは自生するには標高が低い感じです。マット状に咲く白い花は高山の荒々しい岩や砂礫地帯のオアシスです。

明日は17日の爺ヶ岳下見の様子を別宅にアップします。

ヒマラヤの青いケシそしてエーデルワイス(白馬五竜高山植物園)

004ヒマラヤの青いケシ。別名、ブルーポピー。

005ふたつの蕾が今、目覚めの時を迎えようとしています

007淡いブルーは澄んだ氷を、濃いブルーは高い空を感じさせます。

006白い雪山に青い空、そこに咲く可憐な花。4000mの高地に広がるお花畑は気持ちいいでしょうね。

008『卒業旅行』なるものが始まった当時、日本はバブル経済が始まっていました。自遊人もそんな波に乗って毎年のように海外に遊びに行きました。ユングフラウヨッホとか行ったのですが、その頃は『自然』より『風景』の方に興味がありましたのでそんな写真ばかりです。

013アルプスをイメージする言葉、エーデルワイス

009その美しい響きの割には意外と地味な感じ

010知らないとハハコグサの仲間のヤマハハコだと思うほど似てます

011でも、花をよく見ると違いますね。同じキク科なので葉っぱは似てます。

012こちらは日本でも見られるウスユキソウ

009_2なんだか同じに見えるな~。郷にいれば郷に従え。朱に交われば赤くなる。ここは冬はゲレンデの雪の下になってますので、花によっては別の場所で育てているのでしょう。そこの風土に合わせて変わってきても不思議ではありませんね。

明日も続きをアップします。 

白馬五竜高山植物園へ

001_2昨日はrainvirgoとの山行は中止にしたのですが、麓の方(といっても1500m位まで上がるけど)は影響少なそうなので、白馬五竜の高山植物園に出かけてきました。

002_2目的はこの「ヒマラヤの青いケシ」。本場のはお金無いので見に行けないのでこんな植物園ので我慢です。「ほんまもんはもっと生き生きしてるんやろな~」と、ブータンまで見に行ってる仲間をうらやましく思いつつ「でも、アップで撮せばどこで撮っても同じや」とひたすら背景をぼかして撮しました。

003金は無くとも鐘は鳴らせます。が、誰がためにbellならす。スキー場にあるこの鐘を鳴らすカップルはやはり冬が多いです。この日は関西弁のおばちゃん達のグループや敬老ツアーばかりでしたdown

様子は明日アップします。 (別宅は常念岳の最後をアップ中)

マクロ

001花の写真はいいですがhappy01

002こんなのは撮していても体がかゆくなってきますbearing。山椒の葉っぱ美味しいかい?

よくrain降ります。virgoの誕生日祝い山歩きも中止しましたcrying。残念ですが、山はsunの日に気分良く歩きたいですね。rainの日に歩くのはdollarもらってのガイドか訓練だけです。

次回山行は土曜日。やまたみ倶楽部のヶ岳登山の下見で、担当のおばちゃんを案内します(赤字強調は特に意味はないと思いますcoldsweats01)。日曜からは天気良さそうですが、太平洋高気圧の張り出しが遅れています。

山の別宅常念岳をアップ中です。

キノコ ・・・

004見るからに食えそうもないな~。ちなみにこのキノコ、重力に逆らい、土の壁にまっすぐ生えています。しかも切り倒した松の根っこの間に・・・ちょっと18ban・・・sweat01

ネタも切れたので、明日は仕入れのためロッジ自遊は休業ですsleepy

玄関に蜂の巣!

003やや!

001玄関の軒下にまた蜂の巣がぁ~!

弱ったなぁ~。bell千客万来・商売繁盛up しかし、ワンワン飛ぶようになってからでは退治大変だしな~

002しばらく様子見ますかね!search

ネットで調べるとキボシアシナガバチという種類らしいです。黄色でなんとなく幸運をもたらしそうな気もします。前回はもっと小さいのをはたき落としましたたら、ガイド試験に落ちました。もっと遡ると、親父の部屋の前の軒下によく作られた蜂巣を何度も駆除しました。

う~ん。困った!think 巣はそのままで蜂だけ追っ払うのは有りか?

こんなこととか・・・

001_2

このお猿さんは足が悪いようです。しかしこんなのがウロウロしている安曇野の我が家。近所の人が発射したとみられるロケット花火の音と野生の叫び声が入り乱れ、まさに戦場です。

003

とにかくでかいです。園芸用の鉄の支柱は折られ、アルミ製の網は曲げられてしまうわけです。

002_3

トルコキキョウもなんかレーザー砲に見えたりします。でもthunderビビビ~thunderって出るわけもありません。破壊されない(食われない)だけ幸いかな。

10ところで、今日は千曲のvirgoの誕生日birthday。 もう少し歳の差がなくて、おいらに甲斐性があればねぇsad。 予定が合わないので来週、山の上でお祝いheart02 晴れて欲しいな~sunsunfuji

七夕そして紫陽花

Yume今夜は七夕ですね。天の川を隔てて輝くわし座の1等星アルタイル(牽牛星)彦星とこと座の1等星べガ(織女星)織姫の物語。なお、これは旧暦の話で、2010年は8月16日にあたるようです。

ところでこの物語、ロマンチックな話かというとそうでもないですね。働き者の娘と青年、見合い結婚後、怠けてたら離ればなれにさせられるとはcoldsweats02 まあ、現実に置き換えると中国では結婚後も一生懸命働かないと食っていけないという実情があったのかも知れませんね。今の日本も同じく、新婚だからとのんびりしてられませんね。

001庭の紫陽花。大好きな青。縁からだんだん色づいていく姿がかわいい

002_2勝手に生えてきたガクアジサイ。このあたりでは自然に生えています。   

第9回ふるさとウオッチングin安曇野

0004日日曜日は三郷二木・下長尾地区の歴史をたどり、屋敷林や道祖神を小路を巡る、NPO法人信州ふるさとづくり応援団による『ふるさとウォッチング』が行われました。

002朝まで降り続いていた雨は上がりましたが、ムシムシと湿度が高い曇り空が広がっています

003ユリの木の花が咲いています。蕾もまだ見えますね。

004今日はお屋敷の中も見せて頂きました。個人のお宅なのでアップは控えますが、素晴らしいの一言です。

005こんな演出も素敵ですね。

006007008今日は民俗資料館(旧温村役場)の中にも入りました。(写真はクリックすると大きくなります)

009「軽音楽」ってのが泣けるな~。貴重な品々、もっと多くの人に気楽に見てもらえるように整備すれば良いのですが、もったいないです。

012(ぬる)堰の中沢堰と住吉堰の分岐点に立つ二木地蔵堂。中も見せて頂き堂守の方から詳しく説明して頂きました。

010 011

貧瞋痴・・・仏様になろうとする時に邪魔をする煩悩のうちの三つのようですね。煩悩の塊のような自遊人には難しいな~

001木食山居(もくじきさんきょ)作の木彫りの阿弥陀如来像。木食とは、木の実や草だけを食べて修行する僧のこと。ちなみに小川村にある虫倉山登山コースの途中にある天然の洞窟で、江戸時代、木食僧の木食山居が万体仏を彫ったと伝えられているそうです。洞窟奥に祀られた薬師如来像は災害流行病、眼病にご利益があるそうです。意外な所で聞く意外な話し。そういう目で見なければただの小汚い像です。勉強になるなぁ。

013出発地点の三郷総合支所のすぐそばにある三柱神社。ここには樹齢700年を超える樹高30mのご神木ハリギリがありましたが、昭和9年の台風で倒れ、その後現在の形で保存されたそうです。支所の表玄関にもハリギリの木があるんですよ。

014誰やったかいな?

015 016

今日もお馴染みぬかくどおむすび、そして今回は暑い夏バージョンとしてそばつゆベースの冷たいおつゆを用意しました。このそばつゆは、有機米のおにぎりと手打ちのお蕎麦が美味しい信州坊主(←クリックすると関連記事に飛びます)さん提供です。信州坊主さんは長野道上り線(松本方向)梓川SAからほど近い国道147号バイパスの近くにあるこのお店。土日も営業開始したのでより利用しやすくなりました。値段もリーズナブルなので是非お立ち寄り下さい。SAからも歩いて来れるよ。

017ここにきて晴れなくても良いのに・・・暑い・・・お疲れさまでした。

今日はつぶやき

10今週は月、火、水と会議続きです。会議と言ってもプレゼンテーションではなく、ワークショップ形式が多いので、勤めてた時みたいに資料作りに時間をとられることはほとんどありません。

11夏に咲く椿の仲間ですか~。実のない会議は出ていてもつまらないですが、目標に向かって意見を出し合う会議は活気があります。

12誰が責任者というわけでも、みんなが責任者。自ら学び、お互いに情報を交換し合う場という会議は出ていても楽しいですね。

13先日、茅野のvirgoの誕生日でした。相変わらず自転車でガーガー走り回っているようですが、昨年から一緒に走るパートナーができたそうです。仕事も恋も少しはまじめに取り組んでるようで、嬉しい便りが届くのが楽しみです。

14そして今週は千曲のvirgoの誕生日です。時間が合わないので来週、山の上でお祝いです。仕事の都合で楽しみにしていたやまたみ倶楽部の白山はキャンセルに。働き盛りですから休みが自由にならないのは仕方ないですね。こちらは食事に誘ってくれる友達はいるそうですが、パートナーは?いい娘なんですけどね~。

昨日行われたふるさとウオッチングの様子は明日アップします。

安曇野を代表するもの

002安曇野の田畑を潤している用水路のことをと呼んでいます。写真は(ぬる)。ここ三郷二木(ふたつぎ)中沢堰住吉堰へと分かれます。

001ふたつに分かれた流れはそれぞれの旅を続けます。

004双体握手像。この道祖神は天保3年(1832年)建立だそうです。江戸時代後期に発生した天保の大飢饉。人々は手に手を取り合ってこの飢饉を乗りこえたのでしょうか。

003いつまでもそばにいて欲しい。白い清楚な花はやがて実を結び、美味しい信州蕎麦になります。

005田んぼの向こうに森が見えます

006木に囲まれたお屋敷が見えます。安曇野の風景を作り出しているもののひとつ屋敷林。このくらいの規模になると、個人で維持するのも大変なことでしょうが、みんなで協力して守っていきたいものです。

明日はふるさとウオッチングです

別宅の北アルプスシリーズも今日のお花をもって一旦お休みです。

ところで明日は第9回のふるさとウオッチング。今回は旧三郷村、二木・下長尾地区を歩きます。

000安曇野市の中でも松本に近い場所に位置する三郷。ずいぶん立派な公園があります。綺麗なユリの木の並木道。その広い葉っぱは強い陽射しを遮ってくれます。

001ここにあるのがニュートンリンゴの木

0011~と書いてあります。林檎の実がが勝手に落ちるわけないやろ。きっと盗み食いしようとして手が滑って落としたに違いない。「引力」のせいにして言い訳するとは「おぬしも悪じゃのう~」

002リンゴは何にも言わないけれど~♪ 仲良くすくすく育っています。まだまだ青いふたりが熟す秋が楽しみですhappy01。現代のニュートン、盗ったらアカンでぇ。

モ~7月

Usiモ~暑くてたまらんsweat01

昨日は午前中は日曜日のウォッチングルートの確認、午後、東京の山友達virgoを迎えに扇沢へ、夜はやまたみ倶楽部の定例会。今日は午前中、グリーンパトロールの話しを聞きにやまたみ・ガイド協会へvirgoを連れて行った後、東京へ帰るバス停へと送っていきました。

こう書くと「自遊人、けっこう楽しくやってるじゃぁないか」と思われる人が多いでしょうが、実際の所、何も良いことはないんですよ。まあ、脳の活性化には役立っているとは思いますけどね。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト