« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

アルプスあづみのセンチュリーライド

001梅雨入り前のアウトドアスポーツに適した5月最後の休日、梓川の梓水苑をベースに安曇野~松川~大町~白馬・ジャンプ競技場までのコースでサイクリングイベントが行われました。

002アルプスあづみのセンチュリーライド2010。国営アルプスあづみの公園・堀金・穂高地区までの30km、大町・松川地区までの70km、そして白馬ジャンプ競技場までの往復140kmコースを、景観を楽しみながら走るイベント。タイムトライアルではないですが、一応途中いくつかのポイントでは指定の通過時刻はあります。

003埼玉から来たアスリート友達とその友達たちも走っていたのですが、みんな同じ格好でわからないな~。ゼッケンは背中と肩につけているので聞いたけど、やっぱり確認できず。写真を適当に撮っていると手を振ってくれる人もたくさんいます。

004グループで参加する人、子供と一緒に家族で参加する人と様々。レースではないので、みんな表情は楽しそうです。

005黄色の車は同じく黄色い自転車を沢山積んでいました。去年訪れた小豆島を舞台にした「ぼくとママの黄色い自転車」って映画を思い出しました。これはママチャリではないですけどね。

006サイクリストというと、茅野のvirgoを思い出します。virgoは去年、諏訪から塩尻峠を越えて白馬までbicycleで遊びに行きました。片道だけで帰りはtrainだったそうですが、よく走る気になりますね。ちなみにその友達には大阪までbicycleで行った人もいますcoldsweats02

007あいにく、北アルプスは雲の中でしたが、暑すぎず快適なあづみのサイクリングを楽しまれたことでしょう。

遠くからの参加者も多いことでしょう。もう少しルート上の車の通行の配慮とか、もてなしもあってもいいんじゃないかな?と思いました。せっかくのイベント、盛り上げて再び観光客としてゆっくり訪れてもらえれる工夫が欲しいです。参加賞に信濃黒入れて欲しかったなぁ。

奥裾花・中西山へ

001長野市の西、戸隠連峰の反対側(白馬側)に奥裾花自然園という場所があります。旧鬼無里村と言った方がわかりやすいかも知れません。戸隠山の紅葉狩伝説にちなんだ集落があります。道路標識に「東京」とあって、ちょっと面白いです。(ちなみにひがしきょうと読みます)

002先日、やまたみガイド協会のTさんから「奥裾花・中西山に行くけど」とmailがありましたので、昨日(28日)に歩いてきました。同じくIさんも一緒。メンバーは松本のNHKの講座の方々。やまたみ倶楽部のメンバーよりさらに+α年配で、ふだん講座では里山を中心に歩いています。

003ニリンソウ。一個花が蕾ですね。今回はグループ山行のサポートなんで写真ないです。花の盛りはあと一週間程度先といった感じかな?白や青紫のキクザキイチゲやサンカヨウ(まだ咲かず)といったお花畑の登山道にもう一度訪れたいですが、登山案内人の試験もあるし予定も沢山入ってて行けるかな?

004エンレイソウ。どうせ行くなら、千曲のvirgoを誘って歩きたいですね。

今年は雪が多いからどうかなぁと思っていた、稜線にあがる手前の雪の壁はなく、代わりに稜線に雪が残っていました。雪の壁は雪庇と吹き溜まりのようですが、その年によって雪の降り方も違うのですね。ちなみに堂津岳方面は「登山道整備中」のテープが張ってありました。この稜線は笹が大きくて残雪期以外は藪こぎを強いられそうですが、東に戸隠連峰、西に白馬連峰北部が見られて展望も良いようです。この日はガスの流れが速くて、白馬方面はちょろっとしか見えずcatface。上空は晴れてるようなので、北アルプスに登ってるvirgoは視界良好だったかも知れません。

それにしても子供とお年寄りはウロウロ歩くので、ペースを作るのが大変ですね。

きのこ

Kinoko切った赤松丸太からきのこが生えてきましたよ。赤松だからもしかして・・・

Kinoko2違いますね。雰囲気的に食べられそう

Kinoko3親茸の上に子茸乗~せ~て~♪

Kinoko4ひだひだ~。見た目は椎茸だな。でも、猿が食わんのは怪しいなぁ。

知った事実

001_2昨日も大町の人工岩場へ。天気が悪いのを期待していた(雨でも試験はやりますから)のですが、雨降らず。世の中うまくいきませんね。  昨日はにいさんがスポーツクライミングの研究をしていたり、若い子達がリュック持ってきて懸垂下降していました。繁盛していて何よりです。

昨夜は東京のvirgoが来ました。そこで語られたある遭難騒ぎの事実。聞いていた行き先と違ったし、新聞記事とかの服装もいつものと色も違うので、まさかと思ってましたが・・・coldsweats02 聞いているとサスペンスドラマが一本かけそうな内容でした。その後の顛末もあったりして、まあ本人の思いもいろいろあるようでしたが、同行者がいる時には慎重な行動が大切だという勉強になりました。  ともあれ、無事に顔を見られて良かったです。知り合いの嫌な記事は見たくないですからね。

Ants散水用のホースによじ登る蟻

An2壁をはい上がる蟻

ここは山の近くなんで大小いろんな蟻がいます。写真の蟻は大きさがよくわからないですが、普通の蟻の10倍くらいあります。小さいのも厄介だが、大きいのは蟻といえど怖いです。

昔、親父から「おまえは蟻を怖がる」と笑われましたが、『強固な砦も蟻の一穴から』。蜂の仲間だけあって油断できません。ちょっとした隙間から家の中に侵入するし、高い所もへっちゃら。シロアリと同じで木を食い破るのもいます。

昨夜は千曲のvirgoが夕食に誘ってくれました。

今夜は東京のvirgoが泊まりに来て、明日朝、上高地へ送り出します。北穂に登るとか。

土曜はアスリートのおやじ4人が泊まりに来ます。 30日行われるアルプスあづみのセンチュリーライドに出場するためです。

賑やかな時は賑やかなものですね。

ふるさとウォッチング、下見の下見で三郷地区へ

7月4日に行う予定のふるさとウォッチング。今回は三郷温(ゆたか)、上長尾、下長尾地区の屋敷林・文化財を巡る計画。23日(日)は降りしきる雨の中、下見の下見で予定ルートをたどってみました。

001_2スタート地点は三郷総合支所。ここには大きなユリノキがあります。百合の樹・・・モクレン科のこの木は夏には大きなチューリップのような花を咲かせるそうです。

002三郷文化公園。大きな船のオブジェが置いてあります。御船をイメージしているのかな?

003こ・・この細い道、人ん家じゃぁないんですかぁ~coldsweats02

004お地蔵さん目が怖いわぁ

005

006

007これぞ屋敷林って感じ

魅力満載の三郷地区。まだまだ知らないことが多そうです。      

焼山沢ルートで美ヶ原へ<やまたみ倶楽部5月度山行>

00122日土曜日はやまたみ倶楽部の山行で美ヶ原へ登りました。ビーナスライン開通前、上田市(旧武石村)側から登るクラシックルートだったこの道を、会員のひとりはずっと待ち望んでいたそうです。

その期待通り、明るく開放的な松本側からを表ルートとすると、このルートは癒しの沢と滝をたどる裏ルートと言っても良いほど、苔生す緑の岩、湧き出る沢水は意外と水量が多く、静かなコースでした。

そして森林帯を抜け、牧場のある草原に出た瞬間は、『登りついて不意にひらけた眼前の風景にしばし世界の天井が抜けたかと思う』という尾崎喜八の「美ヶ原熔岩台地」の詩がよくわかる、いつもの美ヶ原高原が目の前に広がりました。

<続きは別宅へ>

常念坊

Jonenbou_2常念岳に現れるネガ型雪形[白い雪の中に現れる岩肌によって形作られる雪形]、常念坊。安曇野市のホームページの説明を読むと「袈裟を着たお坊さんが徳利を下げている」とあります。

でも、自遊人には左の三角帽子の人が子供をあやしてる、蓑笠つけた人が正座して子犬を子供に見せているように見えます。三角帽子の人の足元にも一匹います。

今日は家で撮したお花だよ

001ルピナス。段々伸びていって支えないと倒れちゃいます

002芝桜、そろそろおしまいかな

003フランスギク。いい香りがする訳じゃないけど、土地に合ってるのかどんどん増殖していきます。ありゃ、足の指が写ってるわい。

004カモミール。足写ってますがな。花に比べて足が小さいな。でも間抜けの小足ちゃうよ~

暑い一日、サンルームの窓や車が黄色くなってるcatface 黄砂やない、赤松の花粉やでbearing 窓を開けると家の中も黄色くなっちゃいます。まあ、承知で家建てたのだけどね。壁も黄色やし。でも、うっとうしいな~

今日も丹沢で撮したお花

040今日も安曇野の話題はお休みして丹沢で撮した花の写真から、キクザキイチゲ。この花は信州でもよく見られます。同じキンポウゲ科のアズマイチゲは葉が3小葉に分かれ、先に丸みがあるようです。

035ちなみに日がささないと花は開きませんよ

020ダイモンジソウって聞いて、「そう言えばそっか~」と思い、家に帰って調べてみたら秋の花って書いてあります。するってぇとユキノシタの仲間、ハルユキノシタかなぁ?わぁ~んcrying葉っぱとか撮してないから、今となってはわからない。

話し違うけど、みんな交通安全教本って読まないんだね。自遊人はもらったら一応目を通すし、車に乗ってるよ。オラが変わりモンずら?どうりでルールを知らない運ちゃんが多いわけだよ。仕分ける前に、更新時講習でもう一度ルールのおさらいをしたほうがいいんじゃないかなぁ。読まないことの方が問題だよ。30分くらいのビデオ講習じゃ何の役にも立たないし、長く待たされるのも嫌だ。自分で運転しないお偉い人にはわからないんだよ教本要らないってどういうことだよ。ネットでなんか読むわけないじゃん。

丹沢のお花 ~安曇野の話題はお休みだよ~

047安曇野の話題は少しお休み。先日の丹沢の写真からアップします。ナツトウダイ。トウダイグサの仲間でナツとつきますが、春に咲きます。

042043

フデリンドウ。雰囲気がタテヤマリンドウに似て可憐な小さな花です。

毎週一回、6月の試験まで大町の人工岩場に通うことにしました。車で30分弱。しかもタダ。訳のわからない仕分け人に、無駄な物と言われないように使用実績を積みましょう。

紛らわしい黄色い花

073先日の丹沢で見かけた黄色い花。

ネットで調べると①キジムシロ→5~9小葉 ②ミツバツチグリ→3小葉 ③オヘビイチゴ→5小葉で茎の上部では3小葉 ④ヘビイチゴ→3小葉 からさらに⑤ヤブヘビイチゴと出てきました。

一体どれなんだ?? ちなみに関係ないけど、タイに行ったら黄色いシャツは着てはいけない。

もういっちょ黄色い花

045上の写真と違って花が葉っぱよりデカイ。雰囲気も違う。で、調べるとツルキンバイというのがヒットした。"つる"とかついて、ちょっと嫌な名前だけど、これはきっと間違いないです。

綺麗な花の写真の後で申し訳ないですが・・・

001丹沢で問題になっている生き物です。そう言えば政治家と似てますね。どっちへ進むかわからない。しかも食いついてきて血税で太りますし、満腹なるまで離れません。

054このままでは鹿にまでしかとされてしまいます。

5月晴れ

01写真は16日日曜日の朝です。

菜の花が見頃を迎えている安曇野。ここスイス村からは屋敷林とアルプスをのぞむことが出来ます。

悲しいかな、屋敷林を知らない人にとっては、うっそうとした木に囲まれた家が邪魔に感じる人もいるでしょう。少し前までは自遊人もそんな一人でした。

02黄色いツツジが咲き誇っています。ここスイス村は高速バスやツアーバスが立ち寄る観光ステーション。その割には安曇野の情報発信が今ひとつなのが残念。

この春3度目の京ヶ倉

001金曜日の夜の事、やまたみ倶楽部のMさんから、「日曜日に京ヶ倉行かない?」って電話がありました。元々、MさんとAさんから来週の「火曜か水曜に」と頼まれていたのだけど、どうも天気予報がいまいち。

ちょうど日曜だし、千曲のvirgoも行きたがってたので誘ってみたところ、なんとか予定を空けて来ましたので、3人を案内して京ヶ倉だけ歩いてきました。

登り2時間半弱、下り1時間半強。一応、ロープは持っていきましたが、使わずに無事下山しました。用事があるvirgoちゃんとは現地でバイバイ。おばあちゃん(Aさんは自遊人より2回りも上だよ)ふたりを大町の山岳博物館で開かれている、パノラマ写真展に案内しました。Mさんはここに訪れるのは初めてだったようで、喜んでいました。

折しも隣の山岳総合センターには今年のリーダーコース生が帰ってきてました。僕らの去年(←クリックすると飛ぶよ)と違ってみんな楽しそう。F先生曰く「今年は天気が良すぎた」。

今回は案内なんで安全第一。写真はあまりないです。

ヒカゲツツジがちょびちょび残ってました、代わって朱色のヤマツツジ、赤紫のミツバツツジ、そしてイワカガミが咲いてました。

相変わらずの賑わいで、県内から集まった30名くらいの団体さん、生坂村の農業体験を終えた関東とかからのお客さんの案内10名弱、とか来てました。

農業体験とセットでビューポイントに案内するプランは使えそうです。

大町からの風景

※ 本日の別宅はお休みですsleepy

002昨日は朝からとても気持ちの良い晴れ間が広がりましたが、その分朝の気温も下がりました。農家の人、大丈夫だろうか?

001この週末は今年のリーダーコース生が針ノ木雪渓入ってるはずです。くそっ、オラん時とえらい天気が違うやないか。でも、こんなんじゃ訓練ならへんで。

000こんな天気の良い日でしたが、自遊人はガイド協会の方と、ここ大町の人工壁で来月の登山案内人試験の実技の練習しました。ガイド試験なので登る練習じゃぁないです。来月の試験まで、何度か訪れることになりそうです。

003河原ですみれが咲いていました。濃い青紫色。見たことないな。

004葉っぱがうさぎの耳みたいに長いです。名前は?? 

物語

※ 本日の別宅は丹沢のスミレをアップしました。

100一体、途中で何があったのでしょう。その木は生き続けるために必死にもがき続けました。ふたつの幹に分かれた生命は、その後立派に成長しました。

同じように困難を乗りこえた傍らにある老木も、その成長を見守り続け、役割を終えたかのように、今は眠りについています。

101久しぶりにやまたみ倶楽部の山行に参加した千曲のvirgoさん。ちなみに手に持ってるのはデジカメだよ(焼き芋じゃないよ)。介護の仕事柄、中々思うようにいかないことが多々あるようですが、老木(coldsweats01sweat02)はその成長をいつも見守っていますよ。

安曇野のレンゲ

※ 本日の別宅の更新はありませんconfident

000今年は天候不順の影響で全体に咲き始めが遅い感じのレンゲの花

001写真は13日の豊科高家(とよしなたきべ)のレンゲ畑。北アルプスに雲がかかり、冬みたいな風景です。山はまた新雪が積もるのでしょうか。ここは晴れていますが、我が家は雲の下で寒いです。

00216日にはイベントが予定されています。お天気も良さそうで暖かくなる予報。ご近所お誘い合わせの上、気軽にお出かけ下さい。

大町の菜の花

※ 別宅はやまたみ倶楽部・丹沢山行をアップしています。

01撮影は5月10日。鹿島槍ヶ岳、鶴と獅子の雪形もよく見えます。ここは大町といっても昔の大町スキー場があった場所です。

02この日はちょっと薄曇りでした。菜の花が咲き揃った青空の日に訪れてみたい場所です。白樺の新緑も綺麗です。

03ただ、難点は元スキー場の?建物が放置されていたり、電線が多いこと

04それに元スキー場だから結構登りを強いられることです。もっとも丘みたいな場所で、そんなに急ではありませんけどね。

小川村の菜の花

※ 別宅はやまたみ倶楽部・丹沢山行をアップしています。

01長野市と大町市の間に小川村という所があります。山間ののどかな場所ですが、道路が整備されていますので大町・白馬や長野からrvcarで容易に来ることができます。

O210日は登山案内人試験の願書受付開始日。なるべく早い受験番号をとるべく県庁に直接出向きました。内容を一応見てもらい、受け付けてもらいました。あとはひたすら勉強するのみです。

丹沢登山 (やまたみ倶楽部5月山行)

001やまたみ倶楽部の5月山行は2回あります。今回は8日、9日で神奈川県の丹沢までやってきました。岳都松本からなんでわざわざと思われるかも知れませんが、たまには変わった山も登ってみるのも良いでしょう。

< 続きは別宅(←クリック)へ >

まだ山続きです

Ariake本宅を留守にしている間、安曇野は田植えが進んでいます。連休は30℃超続き、一気に夏って感じです。

Saruビールの美味しい季節ですね。

この週末、やまたみ倶楽部の山行で丹沢山に行きました。その様子は写真を整理したらアップします。これから受験の願書を出しに行ってきます。

ただいまGW真っ最中

「自遊人にゴールデンウィークもくそもないやろ」と、多くの人は思うかも知れないですが、そんなことはないですよ~。

記事として未公開は・・・

01_3京ヶ倉・大城 part2。前回はやまたみ倶楽部の山行。グループ員の安全第一なので、のんびり写真なんか撮ってる場合じゃないです。

02_2メインのヒカゲツツジはやまたみ倶楽部で訪れた時よりも咲いていました。

そして・・・

02ご近所の燕岳

01_2イルカ岩が歌ってるように、山の女好きとしては、人出の多いこの時期は外せない・・・でも、今回はすれ違う娘ばかり。短時間お話するのがせきのやまです。やっぱ、ロッジ自遊に呼ぶためには燕山荘泊まらねば・・・。でも、泊まる時は初心者の千曲のvirgoを案内する時くらいなんで、他のvirgoとお話なんかできないな。

世の中は難しい。明日からしばらくは山の別宅へどうぞ(本宅は連休に入ります)

花の町、小布施町(2)~ハナモモ~

選別するの面倒なので沢山アップします

02

03

04

05

06

07_2

08

09

10

11

12_2

13

14

15

16

う~んthinkこうやって並べてみると、みんな同じ感じだな~。カメラマンが同じなんであたりまえか~違うのはカメラがNIKON COOLPIX P100CANON EOS KISS Digital N ってぇ事ぐらいだな。

そろそろ背景変えろよ~。でも天気が良くて、お山が呼んでいるのだよ

花の町、小布施町(1)

Obuse長野県北部に位置する小布施町。古い町並みを維持するとともに花の町として景観形成に力を入れており、多くの観光客が訪れる町のひとつです。写真は千曲川河川公園(ふれあい公園)

Iizuna北信五岳のひとつ飯縄山(1917m)。この日はまだ上空に寒気が残り雲が多かったですが、戸隠連峰(高妻山が見える、五岳に含まれるのは戸隠山(1904m))、黒姫山(2053m)、妙高山(2454m)、斑尾山(1382m)をのぞむことができます。

Nano01今日と明日の2回に分けて、花の町としての小布施町を紹介していきます。撮影は4月30日です。

Nano02河川敷に広がる菜の花畑。正面に見えるのは志賀高原への入口に位置する高杜山(1351m)。その向こう側に菜の花畑で有名な飯山があります。飯山の菜の花く昨年の様子菜の花ロード阿弥陀堂、そして去年の小布施の様子

Yae01去年は見頃だった八重咲きの桜はまだ開き始め。

Yae02でも、蕾もまたかわいい。

Yae03幹に花の襟巻きまいて~

Yae04雪の多い県北にもようやく春がやってきました。

Nano03ブンブンブン、花粉集めが忙しい~~~ run

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト