« 千国街道・保高宿(1)~第8回ふるさとウォッチング in 安曇野~ | トップページ | わさび田から穂高神社へ~第8回ふるさとウォッチング in 安曇野~ »

千国街道・保高宿(2)~第8回ふるさとウォッチング in 安曇野~

01昔ながらのわさび屋さん。昔は文字が右から左へ書いてあったそうです。よく見るとその痕跡が残ってます。『さ』の字はどう見ても『き』なんですが・・・”気”になるなら聞いてみなsign02

02窓が重厚な民家ですね

0304

火事から守ろうとする家の工夫が随所に見られます。ところで閉める時は屋根の上に乗るんですかね?

05ひさしが長く出てるのも火に対する備えのようです。雨が吹き込まないようにかと思ったけど、いろいろ意味があるのね

060708古民家再生のお家は目隠しの塀も家と一体でデザインも統一されています。さりげなく置かれた瓶も良い雰囲気を醸し出しています

09八十二銀行横にある土蔵は屋根の部分が他と違いますね。銀行の横だから中身は小判かな~。

10「そろそろ腹が減ってきたぜよ」 ガイド付きのウォーキングは内容も盛りだくさんです。

11今は廃れてしまった提灯横丁。狐小路という旧街道だそうです。

12昔はよく通った人もいるようです

13_2古い自動販売機ですね。

見どころたくさんありますが、残りの写真はネタ切れの時でも・・・sweat01

明日はわさび田から穂高神社への帰路をアップします。

                 <続く>

« 千国街道・保高宿(1)~第8回ふるさとウォッチング in 安曇野~ | トップページ | わさび田から穂高神社へ~第8回ふるさとウォッチング in 安曇野~ »

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

うーちゃんが育った実家がこんな雰囲気でした
今は都市再開発で駅も高架になり すっかり様変わりをしていますが・・・

大きな坪数の住宅街も昔の面影がなくなり
小さくきざまれて今風のお家が〜〜〜

残して居れば 自遊人さん達が楽しまれてる”ふるさとウォッチング in 池田~”バージョウンやれたかもね

こんにちは~
重厚な家で素晴らしいですね、馬込の宿よりもいい雰囲気ですね。
うーちゃんのご実家はこういうのだったのですね、素晴らしい~
取り壊されないように残して欲しいですね。

自遊人さんこんばんは~♪

土蔵の街並みを拝見していると
倉敷を思い出しました。
このような感じの蔵が堀の両側に並んでいます。
住んでいるかたは保存の為にいろいろ
規制もされているのでしょうね。

おりひめも“わきび”と読み、
すぐ大きな画像で確認してみましたが
やはり“わきび”に見えました

今日のdogちゃん最高ですgood

うーちゃんさんの頃はまだ実家はこんな感じでしたか!

どこも同じですが都市圏は急速に再開発されましたね。
六甲山麓は驚くものがありますね。今では道路が縦横無尽に走っています。

それでも、関西圏は比較的古い町並みが残っていたように思いましたが、あの震災ですっかり様変わりしました。

行政としては収入を稼ぎたいので、都市化を進めますが、出産も減ってきている今、伝統を大事にして、収入を得ることを考えて欲しいです。

ムームーさん おはようございます

皆さんにそう言っていただけると、何とか活性化策を考えて住んでる人も、訪れる人もハッピーな方向に持っていきたいです。

若い世代にも魅力を感じて貰える方法、これから少し考えてみることにします。

おりひめさん おはようございます

穂高は観光収入が豊富なので、結構規制が厳しくかかっています。
でも、今、安曇野市として統一制度を考えています。
その中で、如何にこういう風景を残していくのかが課題です。

どう見ても「わきび」だよなぁ~dog

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 千国街道・保高宿(1)~第8回ふるさとウォッチング in 安曇野~ | トップページ | わさび田から穂高神社へ~第8回ふるさとウォッチング in 安曇野~ »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト