« 結晶の成長 | トップページ | 凍てつく花 »

常念岳 ・・・のある風景

001の翌朝の日は絶好の日和。写真は須砂渡への入口。正面林の中があづみの公園穂高・堀金地区です。

002桜並木の登山道が有名な光城山。は麓でもまだですが、シーズンには多くの人が訪れます。

003豊科田沢から光城山~長峰山を通り明科へ抜ける道路は冬期閉鎖から開通していました。

でも、まだ路肩の落ち葉や土砂、路面の落石、斜面の崩壊箇所が残っています

伐採してありますが、先日の大雪で倒壊した樹木も多く見られ、斜面も安定していないように見受けられました。

まだ、凍結箇所もあります。倒木の撤去作業も今後あるでしょう。訪れる方は、普段よりスピードを落として安全運転でお願いします。

« 結晶の成長 | トップページ | 凍てつく花 »

コメント

自遊人さん こんにちわ〜〜

麓はすっかり雪が融けましたね
街が活気づいて来ますね

青空に雪山きれな写真ですね
自遊人さんでないと写せない写真ですものね

これから気候も良くなってカメラの出番が多くなりますね
うーちゃん楽しみにしていますからね〜〜

おはようございます。
凛と張り詰めた空気が感じられますね。
神々しい山々、見てると手を合わせたく
なりますわ。
まだまだ雪が溶けるのに時間がかかりますね。
これから桜のシーズンには大勢の人で
賑わうのですね。

うーちゃんさん こんにちは~

午前中はおかげさまで天気も何とか持ち、無事ウォーキング終了。午後は「安曇族」についての勉強をしてきました。

もういい加減雪山は来シーズンにしたいですが、雪を見ると体がついつい動いてしまいます。
春をテーマに今後もアップしていきますのでご期待下さい

ムームーさん こんにちは

山の雪も来月に入ればどんどん融けていくことでしょう。
そして「雪形」というのが現れます。そうすると田植えのシーズンです。

いよいよ観光シーズン到来。カメラ好きには『冬こそシーズン』ですが、やはり暖かくならないと人間も動きが鈍いです。
是非、多くの人に安曇野でゆっくりしてもらいたいです。
ムームーさんも是非どうぞ

自遊人さんこんにちは~♪

雪を頂いた山並みとってもきれいですね。
“安曇野族”というのがあるんですね。
何か特徴があるのかなぁ・・

↓蜘蛛の糸についた氷の結晶
珍しいですね。

おりひめさん こんばんわ

安曇族・・・安曇野に『御船祭り』というのがありますが、これが安曇族の起源が海人だといわれる所以です。
海のない信州、どこからその人々は渡ってきたのか。中国・朝鮮から渡ってきた人だそうですが、どういうルートでたどりついたのかまだ十分解明されていません。
また、韓流ファンとしては高句麗末期、百済そして唐とも関係が深いので、韓国との歴史的関係を学ぶ題材にもなります。
ロマンと共にこんな山国(しかも今よりたぶんずっと寒い)にどうやって人が住みついたのか、興味がわきますね。

↓↓↓蜘蛛の糸で吊り下げられた氷塊
おもしろいものを見つけたと我ながら嬉しくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結晶の成長 | トップページ | 凍てつく花 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト