« 耐える木 | トップページ | 福寿草が開いたよ »

くるりん広場 大交流会

000いきなりひな飾りから。安曇野市民でも『くるりん広場』と聞いて、ピンとこない人もいますが、穂高総合支所西隣にある市民活動センターです。午前中、ここで交流会が開かれました。写真のおひな様は本物ですが、

001002

折り紙教室で折って作ることもできます

003ぬかくどおにぎりと豚汁もあります。ボランティアの方が手伝ってくれています。自遊人も少し手伝ったよ。いつも食べてばかりだからね。

004奥のテーブルでみんなワイワイ言いながらにぎってます。おこげが美味しかったよ。手前のテーブルには不要になったせとものや古本がカンパで自由にお持ち帰りできます。

2階の会議室では安曇野方言を使った「白雪姫と7人の小人」や早春賦愛唱会の皆さんとの歌とか、マイ箸づくりとか開かれました。(マイ箸は要材料費)

今日の安曇野は午前中は陽射しがあったもののポツポツ雨が 、そして午後から本降りになりました。でも市の中心部は我が家よりよく晴れて暖かでした。

« 耐える木 | トップページ | 福寿草が開いたよ »

コメント

こんばんは~

おにぎり 豚汁美味しそう
大勢で沢山作ると美味しいんですね。
何だかいい匂いがしてきました。

一般では3月3日がおひな祭りですが
この地域は一ヶ月遅れの4月3日なんです。

自遊人さんこんばんは~♪

お雛様があると華やかですね。
こちらも旧の3月3日ころまでお雛様飾っていました。

おこげのおにぎり美味しいですねhappy01
炊飯器ではおこげも出来ないので
なかなかおこげのおにぎり食べる機会がありませんweep
食べたくなりました。

安曇野方言ってどんなかな~?
と思いました。
代表的なのをひとつお聞かせください。

徳島は“ウェルかめ”そのものです。
おもしろい→おもっしょい
でもね→ほなけんどな~。
眩しい→あばばい
等などたくさんありますよ。

自遊人さん こんばんわ〜〜

七段のお雛様 いいですね

姫路でも旧暦でお祝いするようです

うーちゃんもお友達のお雛様写して来ました
来月にUPしますね

おにぎり 豚汁美味しかったでしょうね
沢山作るので余計美味しいのでしょうね

れんげさん こんにちは
そちらでは4月なんですねcoldsweats02安曇野はどうなんだろうと気になりました。

最近はどこも大きな釜でご飯を炊くこともなく、しかも電気釜なので、年配の方も美味しそうに食べていました。

こうやってみんなでワイワイ言いながら、作って食べると美味しいですね。

おりひめさん こんにちは
ひな飾りはしまうのが遅れると行き遅れるとか言いますが、1ヶ月も飾っていると・・・しまう時の掃除が大変そうですsmile

おこげ、本当に美味しいです。年配のかたも「おこげおこげ」と嬉しそうに食べてました。
しかも大量に焚くとやはり美味しいです。

こちらに住んで4年目に入りましたが、つい使ってしまうのが・・
「~だで」:「~だから」の意味で行ってるでのように"だ"が省略される時もあります。
使うことないですが、「~だじ」:「~です、~だよ」の意味で、「うまい肉だじ、買ってきましょ」(語尾もイントネーションが微妙です)とか使います。

つい出てしまうのが「ねえさん」
特に知り合いでもない女性に呼びかける時、「ねえさん、ちょっと来てくれや」みたいに使ってしまいます。

うーちゃんさん こんにちは

大量に作るのが難しいのは蕎麦ゆで。
ご飯とか汁物は美味しいですね。汁物も少量だと出汁が入れにくいです。

おひな様を旧暦でお祝いする所も多いのですね。
地方によっていろいろ風習が異なります。
自遊人はずっと関東育ちでものを知らないので、この歳になってずいぶん勉強しています。

自遊人さんが標準語使われていたので
安曇野も標準語のイメージだったんですが
“~だじ”とかあるんですね~。
先日、いつだったか忘れましたが
自遊人さんコメントか記事の中で
方言らしきを使ってたのでエッ?と思った事がありました。
都会生まれの自遊人さんも少し安曇野の言葉に馴染んできたということなんでしょうかね。

以前、東四国国体が開催された時
おりひめの家は秋田県のお嬢さん3人
民泊で受け入れました。
1週間でしたが秋田のお嬢さん達
阿波弁を少し喋るようになって
秋田に帰って御家族のかたに
驚かれたそうでした。

でも方言ってあたたかい感じでいいですね。

松本平の方言とか風習とか勉強してますが、いろいろ面白いです。
地理的に信州は関東と中部の狭間にありますので、文化もいろいろ混じってます。

東北弁というと「んだ」が思い浮かびます。
昔、携帯で「んだんだ」と言ってるのを聞いて驚きましたが、地元の人はいたって普通の会話をしてるわけですね。

阿波弁しゃべる秋田美人にはあわくいますねcoldsweats02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 耐える木 | トップページ | 福寿草が開いたよ »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト