« 帰ってきました | トップページ | 岩登りとスポーツクライミングの講習 »

久しぶりの旅・明石、姫路、淡路、小豆島へ

Himeji1旅の始まりは姫路から。10/30の晩から11/4まで、祖母の一周忌にあわせて旅をしました。観光地に住んでると旅自体の回数も減りますが、自遊人は登山より、元々バックパッカーです。

Himeji2最初の目的地を姫路にしたのは、改修工事に入る前のお城を見ておきたいのと、うーちゃんさんとのオフミーティング。ブログ友達と会うのは初めてです。

Himeji3瓦のオブジェ。いました、好古園の入口にhappy01scissors ランチまで時間がありますので、姫路城を中心にタウンウォッチング。松本市と姉妹都市の姫路市。お城の町で雰囲気は似てますが、当たり前ですがスケールは全然違います。

Himeji4そしてうーちゃんさんとのランチ。美味しい料理と楽しい会話。あっという間に時は過ぎていきます。

お土産まで頂いて、お別れ。その後、お城に登ってから明石へと向かいました。それにしても暑い一日、最高気温は25℃だったようですが、もっと暑く感じました。

Akashi翌朝1日、明石・大蔵海岸の日の出。暖かな朝で、青空も見えていましたが、法要の途中から予報より早めの雨rainに。

その後、予定通りなぜかフェリーでなぜか淡路経由、四国経由で小豆島へ移動しました。姫路から直接渡れば早いし、安上がりなのにね。

Shodo1訳はともあれ、翌2日は小豆島で朝を迎えました。第一の目的地は寒霞渓。先日、NHKで放送してたmapleのを見て、急遽予定に入れました。

Shodo2ロープウェイでも行けますが、車でも頂上まで行けます。この日は寒波の影響で天候が不安定な予報なので、早めの行動。日の出とともに星ヶ城山まで寒霞渓を散策しました。

100予報通り散策の途中で小雨も・・・でも、おかげで虹と紅葉のコラボも見られました。

Shodo3小豆島といえば今や素麺よりオリーブ。かの竹中大臣の植樹された木もある、観光振興の島です。

Shodo4オリーブというと地中海。多島海というイメージで似てますが、気候的にも合うのかな?とにかく沢山、オリーブが植わってます。

Shodo5醤油といえば関東人の自遊人は野田くらいしか知りませんが、ここ小豆島でも工場があります。

Shodo6ロケ地としては二十四の瞳でしょうか。壺井栄さんはここ、小豆島の出身です。

Shodo7カップルには外せないであろう観光地が、ここエンジェルロード。引き潮の時にのみ現れる砂の道です。

その後、またフェリーで高松に戻り、四国をrvcardash通過して淡路島へ渡りました。鳴門大橋を渡って小休止中に、激しい雹と雨にも見舞われましたが、幸い濡れる事はありませんでした。

Awaji1翌3日は淡路島で朝を迎えました。まずはあわじ花さじきavalonさんの風景倉庫で、四季折々綺麗な写真を楽しませてもらっている場所のひとつです。

Awaji2まだコスモスが咲いてました~。蕎麦の花もまだ残っていましたよ。瀬戸内といえば讃岐うどんですが、残念ながらうどんの花はないですねcoldsweats01

Awaji3そして次に訪れたのが、ここパルシェ香りの館

Awaji4大農場で見頃の花は、写真のラベンダーセイジとメキシカンセイジとパイナップルセイジ。コスモス摘み取り体験ができるようでした。

Awaji5香りの館という位ですから、いろいろな香を売ってましたが、ここで購入したのはお線香。淡路はお線香の生産高日本一なんですよ。

Awaji6さて、あとは国営明石海峡公園奇跡の星の植物館へ入るつもりでしたが、淡路夢舞台だけで十分満足。

Awaji7それにしても、この無駄とも思えるほど巨大な空間はなんなんだ・・・coldsweats02coldsweats02coldsweats02。しかも、車を外の海岸ぷちにとめて、少し歩けばタダで楽しめます。

Awaji8夕方、淡路ハイウェイオアシスへ。ここは一般道からの駐車場もありますし、高速道路のSAは上りも下りも車で移動して使えます。さらに高速道路を下りずにUターンすることも可能。でもその分、道が複雑でグルグル目が回りそうです。回るついでに観覧車もありますcoldsweats01

Awaji9日程が自由に組める自遊人。1日より前に旅行を組めば、もっと暖かで天気も良かったはずですが、直前まで全く予定が決まらず反省sweat02

Kiso1さて、だいぶ長くなりました。今回は、渋滞を避けて全て夜間に次の目的地に移動でした。そして最後に立ち寄ったのは、木曽・上松町。

Kiso2毎回通過で立ち寄る事のなかった寝覚の床へ。ここは特急しなの車中からも見え、案内放送もある景勝地です。

Kiso3詳しくはリンク先を見てください。とにかく巨大な岩の壁です。

Kiso4信州に戻って一段と寒くなりました。道路の傍らには雪も残るし、霜もびっしり。この日、信州は放射冷却も加わって、氷点下の朝を迎えました。

Kiso5目的地はここ赤沢自然休養林。わざわざ訪れる事がない場所なので、今回、ついでに訪問しました。こんな森林鉄道にも乗れます。短いし、そばを散策できるので貧乏人は歩きます。

Kiso6パンフレットには森林セラピー基地とあり、よく整備されていますが、信州に住んでれば、わざわざ駐車代払ってまで来るほどではないなあというのが個人的な感想。地域振興のためでしょうが、せめて駐車代はタダにして欲しいな。

Kiso7上松町は木曽駒ヶ岳の木曽側登山口。ロープウェイも良いけど、こちらから登るのも楽しそうです。

山の写真で今回の旅は終了。

なお、詳細記事をこれから山の別宅で少しづつアップしていく予定です。

« 帰ってきました | トップページ | 岩登りとスポーツクライミングの講習 »

コメント

自遊人さん こんにちわ〜〜

やっぱりお若いで〜〜す あちこち沢山廻られましたね

寒霞渓は見頃のようですね
同じ虹姫路でも写せました〜〜〜

寝覚の床は列車の窓から何度も見てますが 下りたこと無いです(´-ω-`;)ゞポリポリ

疲れが出ないようにして下さいね
又別宅へ遊びに行きますね

自遊人さんこんばんは~♪

楽しい旅になってよかったですね。
短期間にたくさん回られたんですね。
ランチも美味しそうです。
うーちゃんさんとの御対面、ドキドキしませんでしたか?
きっと山の話題で盛り上がったことでしょうね。
おりひめは昨年はじめてブログのお友達“茶々丸ファミリーさん”とお会いする時は何日も前からドキドキでした。
お会いすれば初対面とは思えないほどお話もはずみ
楽しかったです。

小豆島にはエンジェルロードというのがあるのですね。
おりひめは知りませんでした。
淡路のSA観覧車、夜はライトアップされていて
とってもきれいなんですよ。
awaji9の写真、中央の下の部分が顔のように見えwobbly・・怖かったです。
ところでバックバッカーって何ですか?
と言いながら検索してみました。
自遊人さんすごいですね~~。

うーちゃんさん こんにちは

単なる節約。なるべく移動時間を減らして有効に観光したいだけなのですよ。
遠くはだいたいこんな行動パターンです。

虹は姫路までつながってたのですかねcoldsweats01
寝覚の床はいつも通過するばかりでした。他に見る所が少ないし、名古屋からも埼玉からも中途半端な位置です。

おりひめさん こんにちは

自遊人も初めてはなんでもドキドキしますよ。
今度機会があったら、おりひめさんファミリーともお会いしたいですhappy01

小豆島は近所でもなかなか行けないです。
船が高いです。島は住むには辛いですが、素朴さが残っていて、たまにのんびりするのが好きです。
淡路島も橋ができたので、どんどん変わっていくのでしょうね。

今回は宿以外はかなり贅沢な旅行でした。
たこせんべいの里はいいですね。コーヒーがタダで飲めて広いです。試食でお腹もふくれるし・・coldsweats01

こんにちは ・

楽しそうな旅でしたね。
最初からいろんな事想像しながら一緒に旅をし手いる感覚で見させてもらいました。
所々行った事がある名所も出てきて
懐かしくも思いました。

れんげさん こんにちは

旅館に泊まって上げ膳据え膳の旅だともっと良かったのですが、でも時間を自由に使っての旅は、その時々の気分によって行き先を変更できる楽しみがあります。

山の別宅で順次アップしていきますので、よろしかったらご覧下さい。

こんばんは。
長旅お疲れ様でした。
寒霞渓の紅葉は、一度も見たことがないので、
来年以降の参考にさせて頂きました。
「寝覚の床」と言えば、木曽方面へスキーに行ったのを思い出しました(^^)
記事の中にご紹介頂きながら、コメントをするのが遅くなり申し訳ないです。
ありがとうございました。

avalonさん こんにちは
コメントありがとうございます。リンクも貼らせていただきました。

寒霞渓は下から表12景、裏8景の遊歩道があるようです。天気が良ければ歩いたのですが・・・
でも、ここは朝日を見るのが良い場所です。
となると、上から下って登り返す歩き方になりますね。

小豆島は良い所ですが、車ごと渡ると諭吉さんが飛んでいくのが悩みです。今度は自転車で渡ろうかな~。

木曽のスキー場は行った事ないです。
R19沿いのやぶはら高原とか御岳周辺がメインですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰ってきました | トップページ | 岩登りとスポーツクライミングの講習 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト