« 安曇野フェスタ(その1) | トップページ | 安曇野フェスタ(その3) »

安曇野フェスタ(その2)

A01今年はabn長野朝日放送の「ザ・駅前テレビ」の生中継が入っていました(9:30~10:25)。

A02右に大きなスクリーンがあってテレビ放送が映ってます。目の前でやってるのに、なんか変だな。

A03さて、さきほど市長さんがオープニングで喋ってたウェルカムステージでは、安曇野ブランドデザイン会議の各プロジェクトによる活動紹介、催し物が行われてました。安曇野ブランド推進室との協働組織で、このステージの進行も進めてくれています。写真は拾ヶ堰および147号バイパスの各景観形成プロジェクトによる三択クイズ中。優勝者は家族のチームプレーで勝ち進みましたよscissors

A04安曇野ブランドで、今、積極的に売り出しているのが「信濃黒」という黒豆。黒豆というと丹波のブランドイメージが強いですが、ここ安曇野産も大きくて、甘くて美味しいです。

A05そして、このぬかくど。籾殻は燃やせば灰は肥料になるけど、その灰に使う熱を有効に利用してご飯を炊こうという代物。

A06ほ~ら、美味しそうでしょう?自遊人も欲しいな。でもこんなデカイのは要らないっす。移動が容易にできれば、アウトドアで活躍しそう。

A07そしてお薦めはこの信州サーモン。まだ本格的な流通販路にのっていませんが、信州を訪れて見かけたら、是非食してみてください。お薦めは刺身。信州サーモン丼が美味しいです。

A08鱗落としてます

A09この後、試食ができますが、解体作業をじっと見つめるお客さん達

A10当たり前ですが上手いですねぇ。包丁もいいのかな。ちなみに手前のMy Bagから包丁を取り出しましたよ。

A11どうですか?美味しそうでしょ

A12三枚におろしてます。そういえば自遊人、もう何十年と魚さばいてませんので、包丁あるけどきっと出来ないなsweat01

A13「う~ん我ながら上手くできた」って自画自賛してるわけではありません。サーモンよりやや薄い肉の色を説明してるのですよsmile

A14プロだから当たり前ですが、丁寧に筋とか皮をとっています。

A15とげ抜きみたいなので、骨を抜いています。新鮮なのは身が締まってるから、力入れないと抜けないそうです。

A16いよいよ切り身になってきました

A18お待たせ。試食開始です。

A19さばいたのだけでは間に合わないので、解体作業中にすでに切り身になったのをお皿に盛り分けています。わさびはもちろん安曇野産の本わさびです。

A00最後の写真は入場時にもらった信濃黒と¥500の安曇野弁当。今年は弁当は何種類かありましたが、サーモンは試食中心で弁当は豚にしましたcoldsweats01

« 安曇野フェスタ(その1) | トップページ | 安曇野フェスタ(その3) »

コメント

自遊人さん こんばんわ〜〜〜

”ぬかくど”が気になります
”おくどさん”ではないのですね
”おくどさん”なら知ってるんですが・・・・

信濃黒のおむすびもおいしそうでしたよ〜〜
信州サーモンも美味しそうな色してますね
今度行くことがあれば是非食べてみたいです

うーちゃんさん こんにちは

「ぬかくど」で検索するといろいろ引っかかります。安曇野の話題が多いですけどね。

黒豆は味付けと炊き方が難しいです。
うまくやらないとシワシワになってしまうし・・・
こういう時に圧力鍋が欲しいなぁと思います。

信州サーモン、是非刺身で召し上がってみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安曇野フェスタ(その1) | トップページ | 安曇野フェスタ(その3) »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト