« 秋桜のある風景 | トップページ | 水路のある風景 »

無題

007野中の一軒家というと、田舎のイメージであまりいい意味で使われる事がありませんが、こんな風景は残していきたいものです。

大雪山系黒岳から初雪の便りが聞こえてきた昨日、安曇野の最低気温も10℃をきりました。日中と朝晩の気温差が大きいので、服装に困ります。でもこの温度差が綺麗な紅葉には必要。

006鷺がたくさん群れていました。実りの秋、新米の季節ももう少しです。

 揺れる穂に 想いは遠く 秋の空 

« 秋桜のある風景 | トップページ | 水路のある風景 »

コメント

自遊人さん おはよう〜〜

007はすっかり秋に染まった安曇野ですね
実りの秋で〜〜す

 秋深し 見渡す限り 黄金色

鷺が食事をしてるんでしょうか〜〜〜
沢山いますね 

うーちゃんさん こんにちは
以前も同じ風景をアップしたのですよ。
すっかり秋の景色に変わりました。

来月は市長選があります。農家は稲刈りに選挙重なり忙しい事です。

鷺の会話を聞いていたら「俺だよ 俺」って聞こえて・・・くるわけないです

自遊人さんこんばんは~♪

この1軒家見たことあるなぁ~っておもいました。
周りの畑は何が植わっていたかは忘れましたが・・。

今年はお米が不作かと心配しましたが
このような稲穂が実っている写真をみると
安心しました。
以前、タイ米を1度食べましたがパサパサしていたのを思い出しました。
もう、あれはごめんこうむりたいです。

今日のお2人の俳句もいいですね。

おりひめさん こんにちは
やはり不作のようですよ。それにここの所天気が続いていて、干ばつと病虫害対策を防災無線で呼びかけていました。
「朝晩涼しいうちに水をやってくださ~い」

大枚はたいてタイ米をピラフに。でも毎日ピラフでは嫌ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋桜のある風景 | トップページ | 水路のある風景 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト