« 桜と菜の花(飯山→小布施へ) | トップページ | 穂高神社の大遷宮祭(2)-穂高人形(2)- »

穂高神社の大遷宮祭(1)-穂高人形(1)-

01_2撮影は5/3です。たくさんの人形が姿を現しました。このお船の主役は八幡太郎。源義家が云々・・・と札に書いてありました。

02_2伝説の八面大王だそうです。大王の手下の鬼は1人に対して鎧武者は3人。

03_2穂高人形保存会の人達の作品のようです

04_2豊臣秀吉の招待を受ける上杉景勝・直江兼続主従とありました。バックは大阪城かな?

05_2鬼が沢山いますがなんだったかな?飲み過ぎbottleでひっくり返ってる赤鬼がいますcoldsweats01sweat01

06_2川中島の合戦。それにしても敵の大将が斬り込んできたのに座っているとは・・・

07_2結構大がかりなセットです。後ろの方でも戦いが~

08_2敵は空からやってくる??

09_2山本勘助の最期・・・「もう、あかん」・・・coldsweats01

10_2奥の方まで人形があります。手がこんでますね。

11_3ここにも直江兼続がいます。衣装着て記念写真。妻夫木君がいたら大変な人だかりでしょうね

12いつもは静かな池にも何やら人形が・・・

13平家物語・壇ノ浦の一場面。弓矢が"馬"かった那須の与一の場面ですねcoldsweats01

14竜宮城に群がる群衆・・・ではないようです。でも何をくれたのかな??

15どうやら竹取物語・かぐや姫が月に帰る場面のようです

16かぐや姫さん、地上で食べ過ぎで月へ帰れませ~ん。体格良いわね。

18雨ノ岩戸ではありませんが、ここをくぐると神社本殿の正面に出ます。

19大阪夏の陣だそうです。

20一旦家に帰って、夜のイベントに併せて今度は車で出かけました。赤鬼は飲みすぎで倒れてるけど、青鬼元気です。

引き続き夜の写真をアップします

« 桜と菜の花(飯山→小布施へ) | トップページ | 穂高神社の大遷宮祭(2)-穂高人形(2)- »

コメント

自遊人さん (。・・)ノぉはょぅ♪

もの凄い立派な作りものですね
広い場所でないと制作出来ないですよね
皆さんどこで作られたのかしら 組み立てるのも大変

雨が降るとどうされたのかなぁ??
変なことが気にかかります

穂高人形保存会なるものがあるんですね〜〜

自遊人さんこんばんは~♪

この人形達はみんな穂高神社の境内でお目にかかれるのですか?
池の中にまで人形がいますwobbly
こんなに大掛かりなものだとは思いませんでした。
赤鬼が転がっている写真の朱塗りの建物も
この日の為の作り物なのですか?
すごいですね~。
夜の写真も楽しみです。
※さっそく阿弥陀堂だより、借りてきました。
このあと見てみますね。

うーちゃんさん こんにちは

ほとんどは現場で組み立てられていましたよ。
人形とか個々のものは工房で作られているのでしょう。

夜になるとビニール被せます。
雨の日はどうしてるのかな?予報がrainならビニール被したままなのかもしれません。
境内の中なので風は影響受けにくいでしょうが、船に乗ってるのとかはどうするのでしょうね。

おりひめさん こんにちは

穂高人形展もかねているので大遷宮祭の期間だけです。
お船まつりで立派な人形が毎年楽しめますが、ここまで大がかりなのはこの期間ならではのものでしょう。

天地人がらみ、戦国時代の人形が多いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜と菜の花(飯山→小布施へ) | トップページ | 穂高神社の大遷宮祭(2)-穂高人形(2)- »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト