« 善光寺御開帳[本堂御開帳開闢大法要-1] | トップページ | 諏訪湖の春 »

鎌倉・湘南シリーズ<江の島へ>

01長らく続いた鎌倉・湘南シリーズの最後は江の島です。

鎌倉方面からtrainで来たら"腰越"で下車をお勧めします。時間があれば源義経の腰越状で世に知られたお寺、"満福寺"を訪れたかったのですが、空腹coldsweats01だったのでそのまま砂浜へ。砂浜を歩くにも腰越下車が便利です。

02風は冷たく陽射しがないばかりか小雨も降ってますが、ウインドサーファーは元気です。(濡れるのは同じですが水はまだ冷たいな)

03陽射しが出てきました。sunのあるなしは大違い。でも不安定な空模様です。

Surf陽射しが出てくるとサーファーが気持ちよさそうに見えます。

04このかた、波と風をうまくとらえて非常にうまかったです。

05海が近ければ砂遊びも楽しい

06女の子達がキャッキャッ騒ぎながら、波打ち際で遊んでいます。

07山もいいが海もいいhappy01happy01  いつまでものんびりしていたいですが、お腹が~wobbly runrestaurantと言ってます

08行く手では鳶が餌(自遊人)が来るのを待っていますcoldsweats01 ちなみに手に持って食べ物をよく狙われるのですよ。

09江の島へは橋を渡ります。島に駐車場もありますが、休日はすぐに満車になります。橋はいつも人が一杯

10遠く伊豆半島の方面にも怪しい雲。富士山はすそ野の方しか見えませんでした。

11肌にあたる冷たい風も心地良い

12海はいいなぁ~ 空腹忘れて見とれてしまいます。箱根方面がうっすら見えてます。

13いつも人気のたこせんべい屋さん。行列が行列を呼ぶ・・・明石焼きのお店もそうですが、並んでいると美味しそうです。

14いろんなお店が並んでいます。このマシーンは喋りますが不気味です。

15賑やかな通りを抜けると、少し落ちついた神社の雰囲気が漂ってきます

16ちょっと東洋的な雰囲気がします

17ここにも竜がおられます。

18この輪をルールに従って3回まわって家内安全をお祈りするそうです。

19_2と言ってるかわかりませんhappy01

20_2日本三大弁財天とありますが、あとのふたつは?

21龍神と銭洗い。龍の下でお金を清めましょうとありましたが、自遊人はきれいなお金しか得てませんのでパス。

22むすびの木・・・「男は船 女は港」 ここは海に近いから、フラフラ遊び歩いてる男をつなぎ止めておく祈りかな?縁結びとは違う気がする・・・

23子供は風の子。寒さにも負けず走ってます。

24ヨットハーバー。遠くは三浦半島。逗子から葉山。お金さえあれば住みたいです。

25稲村ヶ崎とかよく見えます。思わずサザンを歌いたくなりますね。

26中津宮まで来ました。

27この先はコッキング苑と展望台そして岩屋へと続きます。

28遠く伊豆大島が見えます。

岩屋自体は今回は行きませんでした。この後、東京のvirgoとの待ち合わせ時間までりのんびりするつもりでしたが、意外と早くmailが来ましたので、海岸でmovie撮った後、藤沢へと向かったのでした。

ココのブログはそのままじゃ動画はアップできないな。またの機会に静止画でアップするかも。

« 善光寺御開帳[本堂御開帳開闢大法要-1] | トップページ | 諏訪湖の春 »

コメント

江ノ島~桑田啓祐の本拠地ですね(笑)
実は、幼少の頃三浦半島に住んでいました。
と言っても本人に記憶は無く、写真だけが残っているのですが・・・
湘南の海でパンツ1枚の姿です(笑)

自遊人さん こんばんわ〜〜

海のスポーツもかっこいいですね〜〜
潜るのもいいし ヨット(高くつくようですね)も水上スキーも〜〜〜
見ているだけでどれも経験したことないのです

砂遊びって・・掘ってどうするの??
潮干狩りでもなさそうだし・・・

>この輪をルール・・・
姫路でも”輪抜け”って夏祭りでやりますよ
3回くぐるの同じです

お天気が良くて穏やかな海です 青い空もばっちり
で安曇野にはいつ帰るのかなぁ??

avalonさん こんにちは
自遊人は小学生まで住んでいたので遊び場は大船~江の島・大磯が多かったです。

温暖な気候で育っていたのが、だんだん北へ(埼玉→長野)と移動しております。

うーちゃんさん こんにちは

本当は海のある場所が好きですが、なぜかだんだん海が遠い場所に引っ越していきます。あわせて海の似合わない体型に変化していきました(逆かな?)

公園の砂場で遊んでる感じかな?自由に遊ばしてる感じでしたよ~。ここは潮干狩りは無理ですが、地引き網が出来ます。

安曇野にいつ帰るかって?
う~ん。桜が開花した頃かなぁ(笑)
(正直言えば端境期みたいで一番安曇野ネタの少ない時期です)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 善光寺御開帳[本堂御開帳開闢大法要-1] | トップページ | 諏訪湖の春 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト