« 鎌倉・湘南シリーズVol.1<お花たち> | トップページ | 善光寺御開帳[大回向柱奉納受入式-1] »

鎌倉・湘南シリーズVol.1<江ノ電>

Enoden1この地を訪れたら外せないのが「江ノ電」。鉄道マニアでなくてもワクワクします。しかもこの型の電車は床がですよ。

Enoden2♪ゴトンゴトン♪ 狭い路地のような場所を走ります。

Enoden3黄色いプレートに注目。針のむしろのようなトゲトゲです。電車に慌てて乗りに来る人がいるので、横切らないようにですね。(単線だけどホームは上下別だよ)

Enoden4路地を抜けると江の島が見えてきました。天気は再び雨降りに・・・

Enoden5狭い道路とブロックだけで隔てられてるだけ

Enoden6途中、駅もないところで電車は止まってしまいます。外にはカメラ小僧、車内にはカメラおやじcoldsweats01

Enoden7鎌倉行きの電車とすれ違います。すれ違える駅もあるけど、ダイヤが毎時12分おきと定時なのでこんな場所も作ってあります。

Enoden8それにしても狭いな。ちなみに電車のワイパーは連続運転も可能ですが、小雨なのでほとんど手動操作してましたよ。(連続運転するにもバルブ開いて・・・みたいでメカニカルです)

Enoden9腰越駅で下車しました。鎌倉から江の島へ向かうには、砂浜を抜けていく、この駅で降りるのが便利ですよ。

Enoden10腰越駅から一区間、路面電車と化します。

藤沢から鎌倉まで約34分。江の島行くだけなら小田急の方が早くて安いけど、鎌倉行ったり、途中下車しながら行くには江ノ電の「のりおりくん」で行くのが便利で安いです。

湘南海岸R134を車で走るのも気持ち良いですが、渋滞がひどいのでこの区間は電車移動に限ります。

« 鎌倉・湘南シリーズVol.1<お花たち> | トップページ | 善光寺御開帳[大回向柱奉納受入式-1] »

コメント

自遊人さん (o。・・。)o ぉは〜

< 江ノ電 >話しには聞いたことありますが・・・
庭を横切って走ってる見たい
時には路面電車にもなり楽しい乗り物ですね
ひよっとしたらワンマン電車ですか??
それとも何両も繋いでるんですか?
鉄チャンでなくても一度は乗ってみたいなぁ??


うーちゃんさん 是非訪れたら乗ってみてください。

そういえば先の一畑電車の現役最古車が29日に引退したようですね。
古い味のある電車も少なくなっていきますが、運転できる人も少なくなってくるので仕方ないですね。この電車のワイパーはなんと手で動かせますが、レバー離してめんどくさそう。

ちなみにワンマンではなく6両くらいつないでたと思います。いつ乗っても沢山人が乗ってます。ドアも自動で開くので大糸線や篠ノ井線より優れてますな。
ただ、無人駅があるのでその駅では下りる人の切符を運転手さんが下りて回収してました。

とにかくのどかですが、渋滞もなく毎時12分おきと決まってるので、時刻表いらずで便利です。

自遊人さん、江ノ電ってこのような道際や家の塀スレスレの所を走ってるのですね。
徳島には路面電車が走っていないので驚きです。
ボーっとしてたりキョロキョロよそ見しながら歩いていると轢かれてしまいそうですね。
床も木で出来ているなんて珍しいです。
“のりおりくん”面白いですね。

毎日乗ってる人はただの生活の足ですが、1年に1度程度しか訪れないと、やはり楽しい乗り物です。

ぼーっとしてても大丈夫。運転手さんはしっかり前見て運転してますよ。この電車の運転手さんは背中からも外からも常に見られてますからねgood

木の床の電車に当たってラッキーでした。ここはいろんな型の電車が来るので、これも楽しみです。
のりおりくんは単に藤沢~鎌倉往復と同じ値段でしかも施設の割引もあるのでお得です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉・湘南シリーズVol.1<お花たち> | トップページ | 善光寺御開帳[大回向柱奉納受入式-1] »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト