« 鎌倉・湘南シリーズVol.1<江ノ電> | トップページ | 善光寺御開帳[大回向柱奉納受入式-2] »

善光寺御開帳[大回向柱奉納受入式-1]

鎌倉・湘南シリーズはまだ続きますが、善光寺御開帳に合わせた記事を差し込みUPしていきます。

今回は3月29日大回向柱奉納受入式の様子を2回に分けてUPします。

回向柱は1707年に善光寺の現本堂が再建される際、松代藩が普請を監督するよう依頼された縁で、毎回(7年毎)松代町から寄進を行っているそうです。

午前中はその松代町で出発に先立ち行事が行われたそうですが、朝からsnow降りで外に出る気がしなかったので、snowが止んだのを見計らって家を出発しました。(家にいても寒いのは同じですからね)

お昼前には長野駅に到着。行列は12:15頃からとのことなので、お昼を我慢してcameraの場所探し。(受入式はテレビで見れば十分)

003_2天気はやはり北信。晴れていますが、時折雲が流れてきて雪が舞います。日がかげると風も冷たく寒いpenguinsweat01  頭の上では鳥がうるさい。

004行列は長野駅前の西友coldsweats01から出発とのことで首を長くして待っていましたが、13時頃、ようやくやってきました。

005先頭の人たちが何やら大きな声で唄いながらやってきます。

006ここでも行事にはかかせない若い子たちが頑張っています

007扇子に歌詞が書いてあるわけではなさそうですが、皆さんよいお声です。続いてお坊さんがやってきました。

008続いて「善光寺御開帳奉賛会」ののぼりを持った人達がやってきました。知り合いの人も多いのかな?camera撮りあったりしてる人もいました。

009真田の旗を持った子達が来ましたよ

010松代10万石の大名行列。先頭は普請奉行 小山田平太夫。旗手は女性のようですね。

011重い旗は女性に任せてお奉行様はついて歩くだけです。

012「したに~したに」 大名行列なのでゆっくりしか進みません。

013今度は大きな提灯持った子が来ましたよ

014「したに~したに」 駅前から善光寺前までこの調子で歩くのは疲れそう~。押さえているのは脇差しか脇腹かcoldsweats01

015”真田十万石槍振り隊”ののぼりをもった隈取りした兄さん達が来ました

016中々いい面構えですね。子供達に人気です。

017槍やまといを持った人達が続きます

018一番後ろの人が突然ホラ貝を吹きましたよ( bottle飲んでるんじゃないよ~ ) この合図で槍を持ってる左右の人が互いに " 槍を投げて " て交換しました。落とさずうまかったですよ。

019おや、なにやらやってきました。のぼりを見ると「真田家14代当主 真田幸俊」とありました。

020"ニカッ"奥歯光らせにこやかに愛想振りまいてます

021なんかでもイメージはこんな感じです。車がついてるとはいえ、引く子達は大変そう。

行列はまだまだ続きます。

ブログもその2へ

 <夕方予約でUPします>

« 鎌倉・湘南シリーズVol.1<江ノ電> | トップページ | 善光寺御開帳[大回向柱奉納受入式-2] »

コメント

自遊人さん こんばんわ〜〜

もの凄い人出ですね
寒い時に行列を練る方も大変(もちろんトイレもね)
姫路は暑い夏に(お城祭りが8月の第一土曜と日曜なので)大名行列を練り歩きます
衣装やカツラが重くその上暑くて大変なようですよ
出演者はどうして選ばれるんでしょうね

その柱を障り行かないとね

うーちゃんさん こんにちは
もう柱に魂(字)が入りました。今週末には建立されます。来月末まで、比較的空いている平日に是非柱に触れに来てください。

長野市、松代町等ゆかりのある地の人が優先して選ばれるのでしょうね。

冬は良いですが夏のかぶり物は暑いですね。
あっ!自遊人はちょうどいいかも知れません。そのまま被ってればhappy01。でも選ばれると冬に足軽の格好だったりします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉・湘南シリーズVol.1<江ノ電> | トップページ | 善光寺御開帳[大回向柱奉納受入式-2] »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト