« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

白馬の友は帰って行きました-2

<続き>

翌朝(27日)はいつも通り6時に起きました。天気は曇り、予報は日中雪です。相棒のsnowboardvirgoに判断をゆだねましたが、天気もいまいちだし、結局帰ることになりました。

011電車の時間まで近くを散歩することにしました。別荘地内を歩いた後、小岩嶽城跡へ。雪は少し残っているだけで、上まで登ることが出来ました。

012その後、八面大王の足湯へ。時間もあまりないので入りませんでしたよ。

013クリスマスの頃、イルミネーションで飾られていた写真がつけてありました。virgo曰く「いまいち合わない」

014まもなく雪が降り始めました。予報通りです。

この後一服して、trainの時間に併せてvirgoを駅へ送っていきました。

来週はいよいよ3月です。本来ならまだまだ滑れる季節ですが、今年はどうなることでしょう。bottlevirgo友達もsnowboardにトライしたいようですので、予定をあわせて3人で行くくらいかな?

それにしてもsunがないわりには雪が積もるより減る一方です。

白馬の友は帰って行きました-1

01翌朝(26日)、起きてみると安曇野は霧雨。白馬のリゾートホテルに泊まっているvirgovirgoと合流のためゴンドラ駅へ。白馬は細かい雪

02宿泊パック券は安いですが、レンタルボードもパックのは安い。京都のvirgoはボードレンタルしましたが、1回で使えるボードが出てきませんでした。(金具が駄目な道具貸すなよ)食事、部屋はまあまあだったようです。

まずはゴンドラでウサギ平へ。時折雪混じりのガスで視界不良。道具は昨日と左右代えたので慣れるにはやはり咲花が良いということで、この後滑りながら下山。

003岩岳が見えます。

04咲花ゲレンデ。なだらかで人が少ないので初心者の練習には良いです。天気も麓は良いです。

05中々進むのも一苦労

06でも少しづつ慣れてきました。

07板を下に向けるのもだいぶ慣れてきたので、ターンも少しづつ上手くなっていきます。

08でも中々板に乗り込めないのでリフトから降りるのは一苦労。

09楽しい時間もあっと言う間に過ぎ、ボードのレンタル期限が迫ってきましたので、一旦兎平まで登ってリーゼンスラロームコースからゴンドラステーションへ。

10なんとか中段まで下りて一休み。平日の夕方は人も少ないのでフォローすれば初心者でも下りられます。でもスピードにも慣れてきました。

11白いニット帽が似合うかわいいvirgoです。八方第一ペア沿いを下りきればゴンドラ駅まであと一息。

自遊人は車を名木山に止めているのでここで一旦分かれて、再びホテル前に集合しました。

12関西方面の夜行バス出発までまだ時間がありますので、塩辛い茶色の倉下の湯で一汗流した後、白馬駅前のピザ屋さんで夕食。チーズの少ないオーガニックなピザで値段もリーズナブルです。

食事後八方BTから関西行きのバスでvirgoは帰って行きました。バスは安いので満員。でも遠いですね。お金が貯まったら海外留学するのでもう白馬に来ることはないかもと話していました。せっかくの雄大な景色を見せてあげられなくて残念。

この後、残った相棒のvirgoと帰宅したのでした。<続く>

白馬の友

001昨日はいつもの相棒virgoの友達で京都から夜行バスで来たvirgoと八方です。天気はあいにくの雨。上に行っても雨と霧

002天気が良ければ勝手に滑ってるつもりでしたが、悪いのでつきそってました。京都のvirgoはさらに2歳下。歌って踊れる元気な仲居さんです。踊りで留学が目標だそうです。スノボは初心者です。

003今日は景色が見れるかな?

白馬八方No.?

01すっかりおなじみの景色。白馬八方スキー場、ゲレンデトップからの白馬三山です。"散々"滑ったので何回目か忘れちゃったよcoldsweats01

02五竜と鹿島槍。朝のうちはなんとか天気がもつと踏んで出かけました。予想通りバッチリcamera

03でもさすがに八ヶ岳や南アルプスは見えませんな。下のほうに47のゲレンデが見えてます。まもなくすると、スノボのvirgoからmailto。「茅野はsnowだけど白馬はsnowかな?」→「sunだよ~」

嫌がらせおやじの返信にvirgoの返答無し。夕方houseにやってくるので反応見てみよう~と。明日、明後日は一緒に滑りますが天気はcrying

04枝の雪が復活しました。

05たなびく雲とともに天候は悪化の一途をたどり1時間後には雪降りsnowとなりました。左端の建物は愛用のカレー屋さんです。

急な斜面に見えますが、ここはレッスンに良いバーンで講習がいつも行われています。

snowですが、あられに近く、さほど麓では積もりません。例によってウサギ平付近は視界が悪くなったので、お昼後は麓に避難。でもリフト開始から午前中に沢山滑ったので3時には帰路につきました。

スノボvirgoから到着時刻のmailtoが来ました。お迎えに行かねば・・・

かんぱの宿ロッジ自遊 ・・・ 赤字経営です。手みやげpresentheartが欲しい(後者は今回はちょっと罪ですな) ・・・世の中ままなりません。

ひとりごと

F0今日は"鳥"のひ"とり"言だよ

F1F2F3朝から降ってた雨や雪は午後にはやみました。でも寒いなぁ。

雪不足で来月の上高地は中止にしました。今朝も雨だそうです。明日からたぶん今シーズンの滑り納めです。(タダ券プレゼントはせっせと応募してますけどね)

気分はもう春cherryblossom

頭の中はいつもハルsun。頭の外はハゲmoon3。WBCbaseballの監督はハラ。。。ということで、頑張れニッポンpunchなんだかまとまりないなsleepy

散歩

002午前中は穏やかでしたが、午後になって一陣の強風と共に雲が広がってしまいました。

001柔らかい光ですが、風が暖か。散歩にはちょうどいい気候です。

003八面大王の足湯。人いないなぁと思ってシャッター切ったら人がいました。大王様かな?

004ジャンセン美術館の隣にありますが、美術館と一緒に休業中です。

005先日降った雪もどんどん融けていきます。今日のお散歩コースはシフォンケーキ屋cafecakeさんに寄るコースですが、我慢して通過。

006春を感じます。

007こんもりした部分がいくつもありますが、宿り木です。鳥が鳴いていましたが、鳥の巣ではありませんよ。

明日から天気がぐずつくようです。もう菜種梅雨かな? 

今日ものんびり

まだ庭に雪が残ってます。サンルームの上にも雪が乗ってるのでかきました。自動化せねばと思いつつ手をつけてません。

白馬八方でたいまつ滑走があるので、virgoを誘ったら用があるとのこと。「ふられちゃったな」ってメールしたら「告白してねぇーし」・・・おっしゃるとおりsign03ガハハ

一週間前にこの天気だったら、スキー三昧。東京の家族も楽しめたのにねぇ。でもその場合、自遊人はvirgoと善光寺行けませんでした。

世の中、中々上手くはいきません。

そんなわけでのんびり家の片づけの一日なので写真ないです。絵描くのも面倒だな。ただ今、煮物作製中です。

今朝も雪が降ってるよ

01今日は湿った雪が降ってます。いわゆるカミ雪ってやつです。

02湿った雪は放っておくと凍ってやっかい。雨でも降ると重くなります。

雪かきすると腰に悪いし、さほど寒くないので汗かいてそのままいると風邪引きます。

降らんのも困るが降れば降ったでやっかいです。 

雪降ってるよ

01また庭が白くなりました

02天に伸びる赤松を背景にcameraannoy

南岸低気圧ですが、気温がまだ低く、腰に優しいパウダースノーです。

今日は書くこと無いな

2、3日前20℃近くあったのに今朝は氷点下10℃近く ⇒ 花粉症じゃないと思うけど、くしゃみが出ます。

100年に1度ともいう不景気なのに漢字も読めない、酔っぱらいの大臣や総理 ⇒ 税金の計算がばかばかしくなります。

火山の噴火に多発する地震 ⇒ 何か天変地異の前触れか。でも安曇野の猿は今日も道路をかっ歩し、小鳥は庭でさえずってます。

今週は雑用整理に追われています。来週はずっとスキーの予定です。気分的には今シーズン終わりですが、snowboardvirgoは来月もやる気のようです。でもどうみても無理だよなぁ。如何にお客を喜ばせるかもガイドは必要なんで、イベント考えねばです。しかし頭を使う割りにyenにならない客です。嫌なら断ればいいって・・・やっぱり若いvirgoに誘われれば断れないよなぁ。

う~ん おやじは辛いよ ナイスなシニア目指して充実した中年を送るのだgood

長野灯明まつり(その3)・・・いよいよ・・・

002_3ライトアップ開始。黒山の人だかり・・・

001_3闇に浮かび上がる本堂。正面は赤く、左右は紫と青で照らし出されています

003_3金星輝く夜空に碧色に照らし出される大勧進入口

004_4経蔵は緑の光に包まれています

オリンピックをイメージした五色の光でライトアップされていますが、人が多すぎます。暖かい陽気に誘われて多くの観光客が訪れているようです。疲れてきたので帰ることにしました。

005_4洋風な立派な建物です。でもこの場所には似合わないな。

006_3参道にいくつもの灯籠が並べられています。ストロボ光ってアカンです

007_3無数のキャンドルが・・・手持ちじゃ歳なんでやっぱ無理か

008_3平和のともしび。1本¥500で誰でも参加できます。絵の上手い人はいいなぁ。

009_3延々とキャンドルは続きます

010_3いろんなお店が集まる権堂商店街のイルミネーション。冬のイメージでしょうがvirgo的にはちょっと季節感がないそうです

011_3まだまだ灯籠も続きます。手持ちで撮れた一枚。昔は楽に撮れたんだけどなぁ

012_2なんでしょう?

013015016カラフルな大小様々なろうそくが並べられています。

014綺麗です

017でも自遊人、あんまりろうそくは好きじゃないんだよね。何となく灯した人の命の長さみたいで嫌な気がします。

長野灯明まつり。ライトアップは綺麗ですが、何かが足らない気がします。なんだろう? 歩いていても「一度見れば・・・」という声も聞こえてきたりします。

個人的には、明かりは心に安らぎを与え、また照らすことでそこにあるものを際だたせる使い方が好きです。明かりの自己主張が強すぎると、本来そこにあるものを生かせないように感じています。

Vまあ、難しい事は抜きにして、夕食後、篠ノ井まで戻ってvirgoのバイバイしました。田舎は都会と違って夜は早いです。お互いhouseまではrvcarだからbottlengだし大人のバレンタインデーでしょhappy01

長野灯明まつり(その2)

001_2さて、三門前の広場までやってきました。ライトアップまでにはまだ1時間ほど間があります。

002_2でっかいですねぇ。クレーンもない時代、建造には多くの人と金が動いたのでしょうねぇ。それにしても真冬と思えない風景です。

003_2六地蔵は何を思う

004_3「今日は暖かいので眠い・・・」

005_3本堂の中におられるびんづる地蔵さんは、みんなに触られてつるつるになったので修理中で不在。 「代わりに鎮座してたら?」「・・・」

006_2犬に引かれて善光寺

007_2本堂北側にある忠霊殿

008_2本堂西にある水子観音。何をお願いしてるのでしょうね

009_2まわりの道路に並べられている灯籠も少しづつその明るさを増していきます。

010_2ほのかな光が足下を照らしてくれます

あたりはすっかり暗くなってきました。いよいよライトアップスタートです。 <続く>・・・本編まで引っ張るなぁhappy01

長野灯明まつり(その1)

長野オリンピックを期に装い新たに始まった長野灯明まつりに14日に行ってきました。本当はこの週末、東京の友達とスキーに行く予定でしたが、悪天候予報で中止にしてしまいました。

Nijiでも安曇野の天気は予想より早く回復、朝から綺麗な虹がかかりました。携帯カメラなので外周のが映ってませんが、はっきりしかも長時間出ていました。近づくと大きく見えますよ。時間と共に小さくなっていきました(日が高くなっただけでしょcoldsweats01)

風向きは変わりましたが、昨日の暖気も残る日中、陽射しと共に気温はぐんぐん高くなり、穂高の最高気温は19.8℃coldsweats02sweat01

001

この陽気に誘われたわけではないですが、暇になったので山の友達virgoに声をかけて、善光寺で15日まで開かれている灯明祭りに出かけてきました。

002篠ノ井で待ち合わせ、お昼ご飯を食べてから、松代温泉(混浴じゃないよ!茶色のいいspaでしたよ)行ってから、JRで長野に行きました。近くまで車で行くと混んで面倒だからね。

TOiGO前の広場でにはフラメンコのステージが行われていました。でも生演奏がないので興味半減。大きなワンちゃんdogが気になりました。

003善光寺周辺には大小いくつかのお寺があります。でも景観に配慮した街作りをしていないので、ご覧の通り。写真ではコントラストをつけて飛ばしていますが、後ろに巨大なビルが建っています。信玄・謙信もきっとこの景色を見たら嘆くことでしょう。

004_2参道が近づいてだいぶ街並みも落ち着いてきました。

005_2参道に入るといくつもの宿坊があります。

006007お茶会や精進料理、コンサートや特別拝観とイベントが沢山。でも予約制だったり、yenが高くてmoneybagsweat01downの貧乏人は我慢です。

008仁王門が見えてきました。灯明まつりは日が暮れてからが本番なので、まだ人通りも少ないです。

009ギャラリーなんかもあります。ここは投影で万華鏡の世界を展示してました。

010むじな燈籠だそうです。

011_2三門が見えてきました。少しづつ本堂に近づくにつれて賑やかになってきます。

012「なんだろぅ~heart01」  お寺大好きvirgoの向かった世尊院では、普段見ることの出来ない釈迦涅槃像が特別開帳されてました。

あたりも少しづつ暗くなってきました。日中陽射しがあるうちは暖かでしたが、さすがに風も冷たくなってきました。 <続く>

安曇野百選プロジェクト(No.5)

市民主体の会議体のひとつ、安曇野百選プロジェクトの5回目の会合が昨日行われました。今回は市内の景観ポイントをいくつか視察も行いました。

001大王わさび園の駐車場そばにある水車小屋。安曇野の風景というと思い出されるかたが多いと思いますが、実は黒沢監督映画のセットなんですねぇ。

002この水車小屋を見に来たわけではなく、対岸の雑木林(地元では三角島と呼んでます)を保存、有効活用したい、一方で防災面から 護岸工事が行われているというので、建設事務所の方の説明を聞きながら、視察しました。

水車小屋と駐車場の間に護岸を築いています。川の水があふれると小屋は沈んでしまいますが、地理的に流される心配はほとんどないそうです。

なるべく景観に配慮したつくりにするそうですが、パース図だけではわかりませんね。雑木林の整備も地権者の問題、アレチウリ対策と課題は沢山あります。

003景観形成住民協定の地区をいくつか車窓から見ながら移動した先は、豊科南小学校の「百石堰」。ビオトーブなんですが水が涸れてます。ここは拾ヶ堰(じっかせき)から水を引いてるのですが、冬場は工事やらで水が抜けているので、ここまで水が来ないのです。これではせっかく育てた生き物が死んでしまいます。

(※ 知らない人はネット検索してみよう。都会でも意外と身近な場所にあるんですよ)

安曇野は田園風景のイメージがありますが、実は梓川と犀川に囲まれた緩やかな台地なんですね。だから大昔、わずかな標高差を利用していくつかの堰を作って水を引いて、田畑を潤しているのです。 水利権の問題は周辺市町村も絡むので難しい問題です。水に恵まれているのは湧水が利用できるわさび田やニジマス養殖場のあたりだけなんですね。一口に景観を維持すると言っても権利が絡むので簡単にはいきません。

004最後にバスを降りて視察したのは拾ヶ堰。本来は水があり、遠くの北アルプス・常念が映えるビューポイントの一つです。写真の右側が自転車広場としてボランティアの力で、芝桜を植えたりして整備されている場所です。

005上の写真の左岸に管理道路と自転車道があります。ここは塩尻まで断続的に続く自転車道(県道で番号まであるのだよ!)の一部でもあり、よく走ってるのですが、堰の対岸でもあり今まで気づきませんでした。

ここの課題は草むしり。多くの広場が抱えている問題ですが、土作り(草の種、根っこの根絶、中和)を最初にもう少ししっかり行わないと、手間ばかりかかってしまいます。もちろん維持のための草むしりは必要ですが、始める時に知恵を持った人のアドバイスが必要。もちろん費用の問題もありますが、素人目にもそこいらの田畑の土をそのままって感じで、いくら草を抜いても抜ききれませんな。少し勉強して調べてみようと思いました。

今日の会議はプロジェクトの方向性ともいえる守備範囲についての意見交換。多くの市民にふだん暮らしている環境のすばらしさを知ってもらうことと、こういう取り組みを行っていること、そして気楽に参加してもらうことが景観を守っていく上で大事なことを改めて認識しました。

こういうプロジェクトがあることを市民に広く認知してもらう手段は地道な宣伝しかないのでしょうか?NPO法人にしろ営業に人も金もかけられないところは辛いですね。

やはり相棒は必要だ<栂池高原スキー場>

note 遊んでばかりでごめんなさい coldsweats01scissors

0111日は何年かぶりのカラオケに行きました。お昼を近所のぶたのしっぽで食べた後、延々4時間歌いっぱなし。その後自宅で今年3度目の鍋パーティ。今回は日本酒bottleもいろいろ味わいました。

03次の日の朝、昨夕から降り出した雪が予想以上に積もっていました。春の雪ですが、朝は冷え込みで凍っていました。

02_2ひとりは真面目に仕事へ。遊び人のふたりは遊びへと向かったのでした。今回の遊び場は栂池高原スキー場。

04今シーズンは「アダム」「ノア」「イブ」と白馬3ゴンドラを制覇しました~scissors

05鹿島槍が遠くなりました。ここ栂池は小谷村。海が近くなってきました。とても広~いゲレンデですが、ほとんどが緩斜面。中斜面少々とコブ斜一箇所ののびのびゲレンデです。

06こんなのんびりゲレンデでは飽きてしまいそうですが、今日は相棒のvirgoがいます。

07前回後、お互い地元でひとりで滑ってたのですが、雪質の悪さもあって気持ちはdownsadvirgoの気持ちは6月予定しているダイブマスターwaveの資格取得にと向かっていたのでした。

08でも前夜の新雪と綺麗な景色でvirgoの気持ちは、再びsnowsnowboardに戻ってきました。

09やる気復活

10でもバックカントリーコースからの滑りは深雪に阻まれ

11「ひょぇ~」悪戦苦闘

12ようやく人の滑った跡まではい出てきました。「参ったぁ~bearing

13時間はあっという間に過ぎて、お腹も空いてきたので、レストハウス「Eden」へ。窓の外に大きな池が見えます。

14夕方までいろんな雪質を楽しんで滑り続け、virgoは家へ帰っていきました。

将来はwaveのそばでの暮らしも考えているvirgoですが、お互いfujisnowboardskiに必要な"相棒"です。

白馬八方事前情報(白馬八方No.4)

001002週間予報ではrainの予報でした。南岸低気圧で影響は予想以上に少なく、昨夜は月夜でした。ただ、一時的に冬型になるとの予報通り、雪雲が迫っていて、鹿島槍・五竜、白馬三山は雲に隠れがち、お昼過ぎにはゲレンデまで雪雲はやってきました。でも湿った雪、しかも強い降りは兎平付近まででゲレンデ下部は舞う程度です。

003名木山第3トリプルからリーゼンクワッドへの斜面の13時頃の状態。ほとんど春スキー状態です。ここは1本目の降り場、リーゼンスラロームの長いバーンの終点と人が集まるのでだいたい積雪量は少ないのですが、土だらけです。

004ゲレンデ最上部リーゼングラートの出だしの片斜面です。景色が良いのですが、この後のきつい斜度も若干片斜なのでいつも辛いです。

005隣の五竜&47の47側と麓の町。遠くには八ヶ岳と南アルプスが見えていました。一見すると麓にも雪があるように見えますが、非常に少ないです。去年の3月末より少ないかも。

006岩岳方面。ゲレンデトップは緩斜面が広がっていて初心者も雄大な風景を楽しめますが、標高が低いので雪質はよくありません。

007枝の上はもちろん、根回り穴もすっかり春です。さすがにふきのとうは見つけられず。でもよく探すと芽が出ているかも知れません。

8日、八子ヶ峰を歩いている時は風を感じませんでしたが、北アルプスは風が強かったようです。乗鞍高原も視界が悪くて事故があったし、ここ八方でも脱索するほどの暴風だったそうです。でも雪はあまり降らず飛ばされる一方だったとか・・・。

今回の八方は初めてsnowboardvirgo無しで盛り上がりにかける滑りでした。仕事も遊びも相棒は必要ですね。

無題・・・

白鳥さんをしばらくアップしていましたが、この日曜はやまたみ登山学校2008年度最後の実地講習で八子ヶ峰をスノーシューハイクしてきました。その後、タイから友達が一時帰国して東京にいるので会いに出かけ、月曜日は銀行巡りをして帰ってきました。

Tokyoドラマでよく見かける景色です。

東京にいると同じ日本と思えないほどせわしいです。そんな空間に少し前まで身を置いていたわけですが、もう戻る気になりません。

まあ、あまりのんびりしているとボケちゃいますので、今日も白馬へスキーに行ってきま~す。八子ヶ峰の写真は明日アップできるかな?

白鳥の北帰行-その3

01白鳥さんの後を追って弧島へと移動してきました。狭い田んぼなので上空を何回か旋回して着地点めがけて下りてきます。

20朝通った時に比べて氷は割れたり溶けていますが・・・

010だそうです。

011そのようですね。

012やっぱり凍った上は難しい

ここのほうが北アルプスをバックに写真が撮りやすいです

21222324多くのカメラマンがモータードライブで連写していました。今はデジタルが主流ですからこういう時は気楽ですね。

013014_2015_2見た目は優雅ですが、意外と気性は荒い彼らです。結構あちこちでつつきあっています。

25”みにくいアヒルの子”・・案外こづいていたのは仲間の白鳥かも知れませんよ。

季節はまだ2月に入ったばかり。でも北アルプスの雪の様子といい、風景はすっかり春めいてきました。

今度の週末、スキーを楽しみにしている皆さんはなんとか楽しめるかも知れない・・でも、来月末滑る予定の入ってる友達はcoldsweats02sweat01

白鳥の北帰行-その2

09鴨さんは頭を水につっこんで餌を探します。

11身が軽いので

10右に

12左に簡単に移動できます

007ですから白鳥さんは中々餌にありつけません

008人気者ですが、体が大きくて動きは鴨のように機敏にはいきません

13「なんとかならないかしら」

14「どうにもならんさ」

15おや?もっと機敏なスズメさんが飛んできました。餌はお米もありますので、おこぼれをいただきに来ましたよ。

009雲が切れ北アルプスがよく見えてきました。

「煙突邪魔だな」

次建て替えならもう少し場所をずらして欲しいです。

さて、餌を食べ終わると白鳥さん達は次のお休み処へと移動を始めました。

16有明山と17_218

次々飛び立っていきます

19常念が綺麗に見えてきました。ここでは白鳥さんの尻しか撮せないので弧島へ移動しました

<続く>   

白鳥の北帰行

Img2/6の夕方のニュースで安曇野の白鳥の北帰行の話題が報じられていました。NHKの全国ニュースでも流れていたのでご存じの方も多いかも知れません。そして今朝の信毎一面にもこの話題が出ていました。

「これはアカン」

慌てて今朝bicycledashですっ飛んでいきました。自転車は寒いですが機動性があります。

001御宝田に行くと白鳥さん達は帰るか帰らないかで議論をしていましたcoldsweats01

002僕に聞かれてもわかりません。

02「いつでも飛ぶ準備できてるよ」若い白鳥は羽を広げてばたばたしてます

03「若い者には負けられん」負けずと羽を広げています

005ちょうど餌やりの時間です。

003もう大騒ぎです

004餌を食べ損なった白鳥がおねだりしてます

0405白黒入り交じっての大騒ぎです。

006右往左往しています。体が大きい白鳥さんは機動性で鴨さんに劣ります

06毎度の事ながら他人の迷惑は考えていないようです

07うまく水面を走りますね。

08体が大きいので止まるまでに時間がかかります。

<続く>

久しぶりの雪

Yuki「久しぶり」そんな言葉が出るほど雪が降らないです。でもほんのうっすら。朝日が昇ると消えてしまいました。

北風はやや冷たいけど、陽だまりは暖かです。 朝の大北地域のライブカメラ映像を見ると、信濃大町の駅が久しぶりに白くなっていました。白馬も降っているようですが標高の低いところや麓は陽が差しています。

長野県も北部や北アルプスは降っているようですね。ちょっと一息といった感じ。でも上空の寒気は長くは居座りそうもありません。もう三寒四温か??

穏やかです

20090204091554穏やかな日が続いています。散歩が楽などころか暑いです。これからスキーを楽しみにしている人には申し訳ないですが、楽に越したことはないです。

さて、ブログ友達のおりひめさんのブログにクリスマスローズの話題があったので、去年買ってきて地植えした我が家の様子を見てみました。01

02蕾がふたつほどありました。まだ固いです。猿にrestaurantされる前に囲い必要ですかね?でも怒って仕返しされても嫌だな。

そんなわけで・・・

001遠くからこちらの様子をうかがっています。相当離れていますが、コンデジを構えると逃げていきます。

002ほら、みれぇ。落穂拾いしてるよcoldsweats01 上高地の猿は木の皮を食わねばなりませんが、安曇野の猿は里に美味しい餌があることを知っています。

003やや寒気が入っているので北アルプスは雲の中。有明山までは雪も飛んできません。(風花が舞うくらいかな)

004鍋冠山も見えています。大滝山~蝶ヶ岳はうっすら雲がかかって雪が舞ってるようです。

昨日でやまたみ登山学校の机上講習はおしまい。来月末に報告会、翌29日は新年度の募集があります。

興味のある方はこちらhttp://yamatami.com/frame.htm をご覧下さい。(まだ次年度の講習会計画等はこれから打ち合わせ予定のようです) 

怖いねぇ

今朝、ニュースを見ていたらこんな記事が・・・
猿がすぐそばに住んでる自遊人にとって人ごとではないです。
エサもらえずサル激怒、登山客を崖から突き落とす―四川省成都市

モバイル版URL : http://rchina.jp/article/28171.html

2009年2月1日、四川省の「華西都市報」は今年の旧正月休暇中に凶暴なサルに襲われた不運な男性登山客のニュースを伝えた。

1月28日、四川省濾州市に住む54歳男性の羅(ルオ)さんは、親戚一家と成都市にある観光地の西嶺雪山を訪れた。午後1時頃、一行は登山口で入山券を購入。1時間半ほど山を登ったところで、道は狭く急な階段に。現場は多くの登山客で混雑していた。そこに突然10数匹のサルの群れが出現し、登山客らにエサをねだる仕草をした。このとき羅さんは手に食べ物が入った袋を提げており、これを狙って1頭の大きなサルが突進してきた。羅さんが身体をかわしたところ、怒ったサルは羅さんの背後に回り、両手で彼を崖下に突き落としたという。

一部始終を目撃した親戚や他の登山客は驚きのあまり茫然自失。しばらくして我に返った羅さんの妻が助けを求めた。羅さんは8m下に転落。落ちたときに岩で顔面を切ったため出血がひどく重傷に見えたが、群生している竹がクッションになりその他のケガはなかった。付近の村民や西嶺雪山管理委員会の職員に助けられた羅さんは、すぐに病院へ。額やあごを10数針縫っただけですんだという。羅さん自身は「なぜ崖下に転落したかわからない」と話すが、目撃者は「サルが立ち上がり両手で突き落とす姿は人間そっくりだった」と話している。(翻訳・編集/本郷)
2009-02-02 19:57:22 配信

この記事のURL : http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=28171

オオイヌノフグリが咲いてるよ

20090201105257散歩をしていたら田んぼの畦道に咲いていました。

20090201104118有明山の頂上や北アルプスは雲の中ですが、麓は晴れています。

20090201104151安曇野の街方面。雲は時々流れてきますが、晴れています。でも我が家は雲の端がかかって陽射しが遮られがちです。

北風は冷たいですが、この季節にしては穏やかで散歩も楽です。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト