« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

北八ヶ岳登山&初滑り

年末の「安曇野の光と風」は八ヶ岳シリーズで締めくくりとなりました。と言っても前日までのハードな八ヶ岳ではなく、今日UPするのはソフトな八ヶ岳です。

00130日にピラタスロープウェイで北横岳と縞枯山を歩いた後、初滑りしてきました。相棒は赤岳の後期高齢者ではなく編笠山の若いvirgoです。

002風は少々強いけど良い天気。北アルプスと富士山以外は360度の展望が楽しめました。

003北横岳ヒュッテ。なぜか天狗がおられます。頂上はここから十数分です。登りはアイゼン使いません。下りも要りませんが一応つけてみました。

004蓼科山がよく見える・・・・・。来月はこの麓を登山学校の皆さんと大河原ヒュッテまで歩きます。

005さて、下りはアッと言う間。今日の相棒は頂上の強風がお気に入りのようなので、縞枯山にも行ってみることにしました。

006縞枯山荘前のお地蔵さんです。

007縞枯山山頂です。まだ12月なので雪は少ないです。古い木は枯れ新しい木が成長して世代交代していきます。

008雲を見てわかるとおり風が強いです。009_3

八ヶ岳がよく見えます。

浅間山もよく見えたんだけどなぁ。今日はコンデジしか持参していない自遊人です。

縞枯山から五辻に下りてそこからピラタスの頂上駅まで戻りました。

010_2さて初滑り。自遊人はスキー。virgoはボードです。その後2回滑って初滑りの締めとしました。(なぜか1回券が1枚づつ余りました。なんでかなぁhappy01)

今日から自遊人は家の掃除。virgoはお仕事です。若い人と遊び、身も心も鍛えられる自遊人ですgoodyensign02。こちらも頑張るpunch

稜線の眺め-1(冬の八ヶ岳・赤岳編-2)

17横岳です。本当はここを通って下山する予定でした。すると絵のようなへっぴり腰の自遊人の姿があったわけですよ。

18赤岳、そして懐に今夜のお宿、赤岳天望荘が見えます。風の強い様子がよくわかりますね。

19お地蔵さん、白い眉毛が伸びています。

16北アルプス。乗鞍岳と穂高連峰。間に見えるのは霞沢岳でしょうか?穂高との間が上高地になります。

20やはり富士山が見えると嬉しいです。お正月一発目の写真でも良かったかな~fuji

21秩父山系の山並み。頭の白いのは甲武信岳でしょうか?

さて、続きは年明けになります。楽しみにお待ち下さいね。

下山してきちゃいました(冬の八ヶ岳・赤岳編-1)

本当は山が続く予定でしたが、都合により今日はお休みになりました。

初詣をはさんで「冬の八ヶ岳・赤岳編」を順にアップする予定です。

0127日、美濃戸口から歩き始めました。ちなみに少し先の美濃戸まで車で入れますが、駐車代が倍かかります。

02行者小屋です。泊まりは赤岳天望荘。文三郎ルートで赤岳を越えて行くルートと地蔵尾根を行くルートがありますが、今回は後者で登りました。小屋の後ろの山塊は横岳です。

03大同心・小同心といった岩場も真っ白な姿です。

04登山ルートは小屋の横から写真右端のほうへジグザグに直登します。

05急な登りをゆっくり登っていきます。振り返ると北アルプスが見えます。

06天に向かって白い巨木が伸びています。

07見上げればはるか上に稜線が~。

08樹氷の彼方に阿弥陀岳が見えます。計画では2日目に登る予定でした。

09どんどん高度をかせいでいきます。樹林帯を抜けると風が強くあたってきます。

10青い空に白い枝が複雑な模様を描いています。

11それにしても急な斜面です。遠くに見えるは阿弥陀岳。滑落したら人間はお陀仏になってしまいそうです。

12中岳から阿弥陀岳。写真を撮りながらのんびり登ります。

13雲に隠れていますが諏訪湖の奥に穂高、乗鞍、御嶽も見えます。

14視線を少し北にうつしました。右の方に蓼科山が見えますが、わかりますか?左角に行者小屋が見えます。

15なんとか地蔵の頭に着きました。今夜の宿はあと少しです。

<続く>

また登山中!

自遊人のこの1週間は泊まり山行→休→日帰り山行→休→泊まり山行→日帰り登山sign03

Cocolog_oekaki_2008_12_26_08_53 またまた八ヶ岳です。次回は31日大晦日アップ予定です。

編笠山ふたたび

Dscn027125日は八ヶ岳・編笠山に再び登りました。今回は冬山初めてのvirgoを案内しての観音平入口からの一般コースですheart02。(先日とは違うコースで下見の意味はなんなんだsign02)

Fuji1冬期閉鎖の林道から観音平へショートカットする登山道があるはずなのにわからず・・・仕方がないのでひたすら林道を歩く。途中富士見平から富士山。この日唯一の眺望。

Fujisan甲府の町と富士山。南アルプスは雲の下。向かう八ヶ岳方面からはチラチラ舞い落ちてきます。

001林の中の雪はご覧の通り。少ないだけでなくツルツルで歩きにくいです。

今日は最初から天気が悪くなるのがわかっていたので、飛ばして登ったので遠回りの林道を歩いても頂上まで3時間半。頂上は風雪が強いので三角点にタッチしてトレースの消えないうちに早々に樹林帯まで戻って昼食をはさんで2時間半ちょいで下山。

下山後ちょうど3時だったので近くの道の駅でcafecakeしてから帰路に。

こちらのほうが富士見からのコースより斜度は緩いし岩コロもなくてやっぱり楽だ。

頂上付近の風雪と膝下までのラッセル、凍結路でのアイゼンも喜んでもらえたので一安心。

新築された穂高神社

002来年の大遷宮祭にあわせて建て替えられた穂高神社(12/20撮影)

001屋根が銅板になりました。小生も名前を書いて1枚納めました。どこに使われたかなぁ?

000鳥居の向こうに爺ヶ岳と鹿島槍が見えます。

しかし電線と普通の民家がいただけないな。こういうところは木かなんかで囲って欲しいです。

登山中です(たぶん)

Cocolog_oekaki_2008_12_18_09_02

さて、天気は如何でしょう。予報は冬型だったので万全の準備しました。

安曇野の話題を最近書いてない気がしますので、明日は新築された穂高神社の写真などアップします。

冬の編笠山・八ヶ岳の眺め

002八ヶ岳の主峰赤岳~横岳、左にそびえるのは阿弥陀岳

003左に権現岳。ギボシもよく見えます。頂上へは鎖や梯子があって冬は厳しそうです。

今日は自遊人さんのbirthdayです。presentはないけれど予定では中房spaで明日の登山に備えているはずです。

冬の編笠山・頂上からの眺望

001編笠山から北~東側は蓼科山~八ヶ岳主峰が邪魔ですが、それ以外は開放的な風景が広がります。写真は諏訪湖をバックに乗鞍~北アルプス。

Norikura乗鞍岳

Ontake御嶽山

Hakusan白山でしょうか?自信があまりないですが、方角的には合ってます。冬は山が見つけやすいです。

南アルプスは目の前です

Sejo仙丈ヶ岳

Kaikoma甲斐駒ヶ岳

Kitaたぶん北岳です。

Chuou中央アルプス。どれがどれだか今ひとつわからないので望遠はパス。

麓の町を一望できる展望台。この日は風も弱かったので景色を眺めながらの昼食となりました。

冬の編笠山・富士見高原ゴルフ場からのコース案内

2人気がないのかネットの検索でも観音平からのコースがちょっと引っかかるくらいです。今回は富士見高原ゴルフ場から登りました。信濃境駅に至るコースです。

Kaiスタート地点のゴルフ練習場から甲斐駒ヶ岳。朝日をうけて赤く染まっていました。

001さて、どの道がいいでしょう?登山道は何度か林道を横切ります。

002JR東日本の駅からハイキングの旗がくくりつけてあります。

003004近くにあるようですが、よくわかりません。看板はプロッターで書いたような字です。

005樹林帯の中のコースで眺望はありません。積雪がありそうですが、上にのっているだけで下はつるつる。登りはなんとかなりましたが、下りはアイゼンつけました。

006しゃくなげ公園の標識がある頃からしらびそやコメツガの樹林帯は低くなってきます。積雪も多くなりアイゼン不要となりますが、しゃくなげが生えるぐらいですので、岩場地帯になって歩きにくい。しかも木の背丈が低いのでコースもわかりにくくなってきます。

007振り返ると南アルプスがよく見えるようになってきました。木々の間からは北アルプス方面も見えます。

008南に目をやると富士山が見えます。

さて、樹林帯を抜けると頂上まで岩コロの道を進むことになります。

009右から穂高、乗鞍、御嶽、木曽駒・・・次第に視界が開けていきます。もちろん後方の南アルプス、富士山もよく見える・・・

しかしこの岩コロの斜面。傾斜はさほどでもないのですが、雪に覆われているので歩きにくい。たまに柔らかい部分があると下に落ちてしまうので意外と手間を食ってしまいました。岩場歩きの苦手な自遊人です。

この岩コロを登り切ると頂上にです。道標が沢山あるので見落とさなければさほど困難ではありませんが、天気が悪ければ見晴らしが良い分、風をもろに受けます。また山がなだらかな分、ガスが出ると方向がさっぱりわからなくなることに注意が必要です。

八ヶ岳・ふたたび/冬の編笠山

Yatuこの12月は抜けるような青空、しかも風の弱い日が多いです。忘年会の八ヶ岳最北部に引き続き、16日には八ヶ岳最南端の編笠山へ登りました。

Kaze人気の八ヶ岳エリアの中にあって比較的静かな山歩きができる山です。平日ということもありますが冬はさらに誰もいません。

Fuji富士山がよく見えます。やはり見る山ですね。

次回以降、コースの案内と眺望をアップしていく予定です。

白鳥さんのいる風景

続きです

004ず~っと、遠くを見ている一匹がいましたよ。何見てるのかなぁ?

005かゆくて仕方ありません。

006ひとりで「あっち向いてホイ!」

007コーラスの練習中です。

008こちらでは井戸端会議中のようです。どこのスーパーが安いか意見を交換しているようです。

金融不安の影響は白鳥さんの世界にも影響・・・してるかどうかはわかりませんが、鳥○ンフル△ン□の影響は心配してるかも知れませんよ。

安曇野の白鳥さん

000行こう行こうと思って中々見に行けなかった白鳥さんの様子です。(12/3 狐島)

001朝もやの中、田んぼに多くの白鳥さんが休んでいます。

002誰が一番水の中に首をつっこんでいられるか競争中です。鴨さんも参戦中。

003一匹の鴨さん深呼吸中。

のんびりとした朝食の風景に見えますが、他の白鳥を蹴散らしたり結構賑やかです。

安曇野百選

自遊人は市民主体の運営団体「安曇野ブランドデザイン会議」の中の「安曇野百選」というプロジェクトに参加してます。安曇野の資産はやはり北アルプスに育まれた田園風景。景観行政団体になってもやはり最後は市民主体でひとつの気持ちにならないと自然を主体とした景観は守れないと自遊人は考えています。だからなるべく多くの安曇野市民の方に参加してもらいたいのですが、こういう活動を市民に認知してもらうのが課題です。

009※クリックすると大きくなります

晴れのスタートとなった12月。この日(12/3)も良い天気に恵まれました。

010放射冷却のきつい朝は寒いです。そして陽が昇ると濃霧が発生します。山麓の林間に住んでいるとわかりませんが、この日も濃い霧に覆われましたが、10時過ぎてようやく晴れてきました。

011この写真は安曇野スイス村から撮影しました。ここは白馬へ向かう高速バスの降車場にもなっています。

松糸道路が出来ると間違いなく寂れてしまうこの場所。自遊人は別にこのお店と関係ありませんが、前を走る道路はまだ拡幅(4車線化)する余裕があります。ここから白馬へ向かう道すがらには大王わさび園もあります。

インターの場所はおおかた賛成、なしくずしに道路建設が進んでしまいそうな感じですが、便利になっても効果があるのは一時的。多くの人に繰り返し訪れてもらうためにはまず魅力ある街作りが必要と考えます。

北陸や中京圏への通過点になることの危機感が薄いのは県民性ですかね。とにかくのんびりしていますが、そこがいいところかも知れません。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

安曇野百選・景観の関連ブログはこちら NPO法人 信州ふるさとづくり応援団  まちづくりネット安曇野

松糸道路(他)に関する記事はこちら 長野県公式ホームページ

嗚呼 山が俺を呼んでいる

000竜に乗った少年

001雪山一直線

目指すは爺ヶ岳(2669.8m)か鹿島槍ヶ岳(2889.1m,2842m)かはたまた五竜岳(2814.1m)か!002003004

蓮華岳(2798.6m)、北葛岳(2551m)と後立山連峰の長い縦走の峰々も白い頂がまぶしいです。007_3006_4

氷点下の朝が続いている安曇野ですが、気持ちよい青空が一日中広がり、日中は暖かです。

寒いと外に出るのがおっくうになりますが、この季節しか見られない安曇野の風景を是非見に来ませんか?

(撮影:12/2)

新宿花園神社 (東京編-5)

なんとかと祭りは江戸の花でぇぃとか申しますが、下町生まれの自遊人はお祭りを見るのが好きです。

001_6安曇野に帰るために新宿まで戻ってきました。ビルのカニが帰っておいでとハサミを振って・・・はいませんでした。(画像をクリックしても振ってるようには見えませんよ)

002_3さて、用事を済ませて歩いていると出店が・・明日(28日)は三の酉のようです。

003_3004_4前夜祭を前に露天の人も忙しく準備中。

005_2賑やかな提灯です。一文字づつ整然と吊されていますよ。

006_3まばゆいばかりのが~

007_2こちらにも~。やっぱりがいいですぅ。

008_2熊手が一杯

009_2こちらにもぎっしり。名前が書いてあります。作った人でしょうかね。

010_2こんな大きい熊手なら幸せが沢山集められそう。

でも、現実に戻るとお金は作った方にかき集められてしまいます。

何はともあれ帰りのバスの時間が近づいてきました。

お台場巡り-2 (東京編-4)

011目当ての建物のひとつビーナスフォートが見えてきました。

014正確に言うと先ほど、この新交通システム"ゆりかもめ"(無人運転だよ)から眺めながら通り過ぎたのですよ。

012サインがかわいい。視線を下にやると

013ドッグランとありますが、ずいぶん狭いスペースのようです。

015パレットタウンの入口にやってきました。夜はイルミネーションで綺麗そう。

016017019朝早いのでビーナスフォートもまだやってませんよ。クリスマス飾りも製作に入ったところのようです。

018トヨタのショールーム。2010年以降の新しい商業施設はトヨタも中心になるようですが、景気悪くなったからどうなるのかな?

020この観覧車も壊されちゃうそうです。もったいない話です。

021パレットタウンを抜けて新宿へ向かうためりんかい線の東京テレポート駅に向かいます。フジテレビの建物がさっきと反対側から見えますね・・・っと、目の前にカラフルなオブジェが見えてきました。

023022024なんか音でも出るのかな~?

025026これらの建造物はやがて取り壊されるのでしょうか。環境にやさしいオリンピックを目指すのだから、うまい方法はないのでしょうか?

027多くの人がバスに乗り換えるために並んでいます。

都会は魅力が多いですが、なんだかせわしい気がします。そろそろ安曇野に戻りたくなってきました。

お台場巡り-1 (東京編-3)

お台場と言えば、やはり001_5

002_2よく見ると背景も違います。もしかして自遊人の女神像か!

004_3・・・だそうです。キビシイッ~!

もとい000_2

お台場といえばやはりフジテレビ

003_2AQUA CITYのカラフルな建物が海寄りに隣接しています。ちなみに先の自由の女神像設置にあたってはフジテレビも関係してるのですよ。(気になる人は現地へ行ってみよう)

005海上保安庁の測量船が停泊していました。

006_2007008砂浜と林立するビル群。海の上にプカプカ浮いてる水色のものは水質改善の実験施設です。確かカキの力を借りてるとテレビで見た記憶がします。

009頻繁に船が航行しています。

010東京港トンネル横の潮風橋を渡ります。ほぼ半周しましたがまだ雨が降っています。・・・続く

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト