« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

燕岳登山口へのアクセス情報

いよいよ冬シーズンです。今日の安曇野は昨日の暖気がまだいくらか残っている感じですが、北風は冷たくなってきて時々時雨が降っています。

000さて、安曇野市内の登山口へのアクセス路も12月から冬期通行止めに入ります。(詳しくはこちらをご覧下さい)

今日は燕岳・中房温泉登山口へのアクセス路の宮城ゲートまで散歩してきました。我が家から空身で行きは45分、帰りは30分。車で行くほどではない距離です。

001道路にはまだ全く雪はありません。3週間でどのくらい冬景色になるのかな?

004行きはまだ有明山は見えていましたが、帰りには雲に少し隠れていました。 稜線は雪雲に覆われています。麓でも時折冷たい風が吹き下りてきました。尾根は風が強いのでしょうね。

003穂高川の流れ。流量もさらに減るのでしょうか?あたりが冬景色になるのもまもなくです。

002鐘のなる丘・・・"金"なら有り難くて毎日通うのですがねぇ。あたりには野猿の叫び声が響き渡っていました。

お台場へ(東京編-2)

今回は友達とbeerrestaurantbottleのが目的でしたが、市の景観計画策定委員の活動の一環として、今一度都市におけるデザインを見ておきたいという思い、そして2010年に撤去されてしまうお台場のパレットタウン(※知らないかたは検索してみてください) を見ておきたいという思いもありました。

※写真はクリックすると大きくなります

001_2002_2緑の使い方は都会の方が上手いようです。無機質のコンクリートの建物も花や緑があるだけでずいぶん雰囲気が違います。

003_2今回はゆりかもめのお台場海浜公園から海沿いをぐるっとまわり、パレットタウンに戻るルートを歩きました。あいにくの雨模様で写真は今ひとつ。

004_2005_2公園や花壇が憩いの場所を提供しています。ちなみに長野でよく植えられているマリーゴールドはなぜか黄色です。

006_2海辺というとよく見かける風景。遠くに見えるのは船の博物館です。

007_2この植栽の向こうに何があるでしょう?正解は高速道路。建物は首都高湾岸線の東京港トンネルの排気筒です。道路は掘り下げられています。海面より低いって事かな?気にせず昔よく走ってましたが、津波とか来たら・・・

0061何とも言えないオブジェが無造作に置かれています。

008_2さて、お台場と言えば・・・続く

渋谷へ(東京編-1)

友達T氏の語りを聞くために東京に出ました。

その前に渋谷で買い物とウインドウショッピング001002

いつも多くの人で溢れています。見慣れた風景ですが、広告、看板の類は毎回異なります。

003いつもご主人様を待ち続けています。

004005平日も夕方になるとさらに多くの人で賑わってきます。忠犬ハチくんはカイくんの広告に何を思う・・・

0051センター街。ネオンサインが作り出す都市景観。地方に比べると意外とシンプルな気がします。

006いよいよクリスマスシーズンのスタートです。渋谷の夜はこれからますます熱くなります。

さて、待ち合わせ場所の東京駅に移動しました。

007八重洲側にあった旧大丸の建物はまだ工事中でした。新しい大丸と対のタワー。 明かりの使い方がビジネス街をイメージさせます。

忘年会第一弾

000たまには山ではなくて都会へと出かけてきま~す。

それにしても我が家は寒いな。暑いのも寒いのも勘弁です。

(※写真は本文と関係ありません)

寒いよ

00昨日の朝は場所によっては結構積雪していました。我が家のあたりではうっすらって感じでしたが、堀金のほうが多かったようです。松本城の屋根も雪化粧していました。

昨日はほとんど曇りで午後にはまた雨が降ってきて肌寒い一日でした。でも麓の方や松本方面は陽がさしていました。北アルプスの山麓なので仕方がないですが、住んでみると統計の数値以上に曇りが多い感じがします。

夜中の訪問者

我が家には時々夜中moon3の訪問者がやってくる。

昨日、その訪問者virgoはやってきた。前夜、美ヶ原で星の観察をしてからやってきたsleepy

fujiがのぼって一緒に美術館巡り、そしていつもの「山の花」での美味しい蕎麦の昼食。話はそれるが「山の花」さんは12月から3月まで店を閉めるそうだ。美味しいけど冬は客が来ない。夏の稼ぎが冬で飛んでしまうと嘆いていた。最近そんなお店が増えてきた。冬場の集客をなんとか考えないといけない。

話は戻るが食後は新宿行きバスのチケット取り、そして浅間温泉・ホテル井筒屋さんでspa。別れを惜しむかのように降りだしたrainの中、松本バスターミナルでvirgoをおろして家路につく自遊人。

芸術の秋も終わり、一歩づつ冬が近づいてくる安曇野暮らしの自遊人のある一日でした。01

写真はいわさきちひろ美術館のエントランス。絵本美術館も行ったけど多くの人でにぎわってました。

今朝の安曇野。雨は時々雪交じりでうっすら積もっています。

ポーポ ポッポー

001鼠○○じゃないよ。

011信越本線開業120周年を記念してD51が長野~黒姫間を走りました。

002005まさに黒山の人だかりです。いつもこんなに人がいれば北陸新幹線開通後も気にすることないですね。

003004駅前ではイベントを開いています。ちなみにここには小林一茶の旧家(現記念館)があります。

008012今年登った黒姫山です。「ポ~~ッ」汽笛が雪山にこだまします。のどかな気分です。

010_2黒姫山は北信五岳のひとつです。畑も真っ白

009隣に同じく北信五岳の妙高山が見えます。

さて、この日はいろどり信越号も走っていました。急行妙高と信越本線の各停。こちらは廃線になりそうな電車です・・・。006007

企画列車を走らせるだけではお金は中々地元に落ちません。汽笛と共に集まった人は去っていきました。鉄道マニアの心をくすぐる企画がもう一工夫欲しいですが、自遊人はマニアでないのでわかりません。 

景観の勉強をしに秦野市へ

金曜日に市の景観計画策定委員会の仕事で神奈川県秦野市を訪問しました。

12いきなりなぜか富士山です。東名道・足柄SAからの富士山です。途中、河口湖付近からの眺めが好きですがbusdashなのでwobbly

00○野古道というのがあるそうです。ちなみに安曇野では熊の鼓動が聞こえます。

010203町の中心を流れる水無川。ここは水が流れていますが、少し上流では本当に水が流れてませんでした。

0405水辺まで下りていけます。人工のよどみが作ってあったり、子供が遊べるようになっています。

1011河川敷には遊歩道があります。ボランティアの力で花が綺麗に植えられています。川は駅前からすぐの場所を流れていますが、よくありがちなペットボトルや空き缶の類が落ちていません。

ところで秦野市は丹沢山系の南側すそのの丘陵地帯に位置します。この日は天気が良かったですが、北風が丹沢おろしとなって強く吹いていました。

06そんな風を街作りに生かしています。そのひとつが風の吊り橋。07

立派な橋です。キャンプ場も備えたレジャー施設となっています。安曇野でいえばあづみの公園あたりの雰囲気です。

0809

北側に西陽を受けた丹沢山系が、南側には秦野の市街地が見えます。秦野市は神奈川の西の端のイメージがありますが、小田急が安くて便利。新宿や横浜へも約1時間で出ることができるベッドタウンです。

生える岩、そして木(瑞牆山編その3)

01瑞牆山頂上はコブのような岩の塊ですが、まわりにもニョキニョキ生えてます。

000立って写真を撮っているとクラクラしてきます。突風にあおられたらdownwardrightwobbly

003岩から木が生えてます。この壁を登ろうとしている女性を見かけましたよcoldsweats02 頂上の岩でクラクラしているクライマーには真似できません。

001002岩から木が生えていますcoldsweats01 ・・・ 下の岩なんかハイヒールを履いた細い足で巨体を支えていますよ。(誰ですか?「私みたい」と思った人は)

標高差はあまりないですが、岩場歩きの練習によい山です。しかし今の時期は凍ってることがあります。

ツルッ! 用心用心

”水”がきやま(瑞牆山編その2)

難しい漢字ですが「みずがきやま」と読みます。

009_2さて、山頂からは山の反対側へ下るコースをとりました。その途中には滝があります。005_2

しょぼい写真だな。「凍っていて少し水が流れている」雰囲気がまるで伝わってきません。

003_2多少はマシかな?シャッタースピードの選択を間違えましたね。

004_2でも「これでもか」と載せてます。(※写真は全てクリックすると大きくなります。恥ずかしいので小さくしてますcoldsweats01)

006_2これは凍ってます。下を水が流れてますが、これは難しいです。

最後に2通り

007008どっちがいいかな?

構図がいまいちなのは抜きです。手持ちですから・・

今日は久しぶりに出張です。 

瑞牆山へ登りました

Mizugaki瑞牆山荘から富士見平小屋~山頂~不動滝~みずがき山自然公園を巡回するコースを歩きました。 写真は自然公園からの瑞牆山の眺め。ゴツゴツした花崗岩の岩山です。

Fuji寒気が入った朝の富士山は綺麗です。朝、日の出前のシルエットが美しかったですが、あいにく中央道をrvcardash運転していました。

Yatsuすぐ隣にある八ヶ岳には雪雲がかかっています。その奥の北アルプスはもちろん、中央アルプスもよく見えません。

Minami南アルプスもすぐ隣です。

004登っている途中に岩場の間から

006麓から。だいぶ冬型がゆるんできたようです。八ヶ岳も帰りにはだいぶ姿を現しました。

003こんなコブみたいな岩がニョキニョキ山から生えています。

005口を大きく開けた魚に見えませんか?手にも見えます。

こんな岩場を登る若い人を見かけました。流行かな?

雪の便り

00昨日(19日)に初めて雪が舞いました。

0102大町から北の山麓中心に道路にも積雪するほどの降ったようです。

今朝はうっすら雪化粧。まだ年内は根雪になるほど降ることはないですが、昨シーズンひどい目にあったので真面目に雪かきせねばです。

初冬の黒斑山-その2

001朝陽に木々が白く輝いています。

浅間山は東信にあるので積雪量は多くありませんが、風がいつも冷たいです。000

浅間山の噴火警戒レベルは現在。写真の右側のピーク、前掛山(2524m)まで行けますが、ここは有毒ガスが出てます。噴煙も結構すごいので危うきに近寄らず。それに今日は温泉も目的の一つです。

00010002賽の河原から眺めた外輪山。荒々しい溶岩の壁が見えます。でも歩くコースは比較的平坦なので難なく歩くことが出来ます。ただ、賽の河原に下降する道は結構くたびれます。今回Jバンドから下り、草すべりを登りましたが、特に積雪や凍っている時の草すべりはジグザグの急登で注意が必要です。

002003004005006007008※写真はクリックすると大きくなります。

防寒対策をしていったのですが、フェイスマスクするとめがねが曇る・・・不便だ。

初冬の黒斑山

雨が少なく暖かい日が続いていましたが、いよいよ寒気がやってきました。

今日は車坂峠から表コースで浅間山の第一外輪山・黒斑山へ登り、蛇骨岳~仙人岳~鋸岳と巡り、Jバンドを賽の河原まで下り、草すべりを登り返して中コースで車坂峠へと歩きました。Asama

Asama2風が強かったですが、その分綺麗な景色に出会えましたよ。

単独行だったのでドンドン歩き、13時前には下山。積雪が無く、林道も冬期閉鎖になっていなかったので 車で高峰温泉まで行けました。

狭いお風呂ですが、平日で訪れる人も少なく貸し切り状態。秘湯にふさわしいspaです。

また明日写真をUPします。002

暖かです

まだ暖かな日が続いています。日中陽がさしましたが、また曇ってきました。

02松尾寺の水車小屋。動いてません。

01麓の紅葉もピークを過ぎました。

00これはもしかして熊棚?我が家より麓寄りの林の散歩コース中にありました。時々見かけますが、家主にはお会いしたことがありません。

モンキーハンター

今朝の散歩は久しぶりにを追いかけました。

Saru5道端の柿の木で朝食中。カメラを向けると逃げるdash

Saru6「かぁ~ちゃ~ん 待ってぇ~」 このぐらい大きくなるとお母さんは背負ってくれません。

山麓線、お猿の飛び出しに注意sign03

Saru1_2キィ~つけて走りや」

さて、お猿さん達のお泊まりになっていたのは・・・Saru4

後を追うと入っていきました。ちなみにホテルに人の姿はありませんでした。

Saru3「見るなよコラっ

目がマジです。顔も真っ赤で相当怒ってます。

Saru2_2"モン"キーハンター自遊人追いつめたりscissors

でも敵はもの。このオーバーハングを難なくクリアして屋根の上へと登ったのでした。

明日は登山学校の岩登り教室。でも天気予報は雨。猿に負けないsign02ために鍛えたいけど、雨じゃ嫌だな。

キーハンター、知らない人は検索してみよう。

穏やかな日が続いています

00穏やかな天気が続いています。雨が少ないので北アルプスも黒々しています。日曜の雨を境に寒気が入って来週は長野北部でも雪の予報が出ています。

年末には寒すぎて大掃除できない安曇野。この時期から晴れると大忙しです。この時期は漬け物も作らねばなりません。

写真は豊科の街中から。今日は午後から市の景観計画の仕事で市内視察でした。

安曇野の風景(11/12)

01この冬初めて氷点下の朝を迎えた昨日の安曇野。朝のうちは雲が多く寒かったですが、しばらくすると青空が一杯に広がりました。電線が邪魔ですが、古い蔵と大きな木です。

02雲が青空に浮かんでいます。柿の実もたわわです。鳥が来ないところをみると渋柿かな?

03屋敷林に囲まれています。ここまで大きいと手入れや落ち葉が大変ですが、緑に囲まれた家が安曇野ひとつのモデルです。

04田んぼもすっかり片づき冬を待っています。水溜まりに有明山が映っています。

今日は朝から青空が広がっています。今日も掃除が忙しそう。

寒い日が続いています

00曇っているので朝の冷え込みはさほどでもないのですが、日中気温が上がりません。

02雪がだいぶ下まで下りてきました。9日の夕方から10日の未明にかけて降った雨は標高1000~1500mまで雪だったようです。

01農家の人も忙しく働いています。写真は堀金物産センター裏の公園です。麓の木々もすっかり色づいています。

安曇野の景観を考える

01自遊人は今、景観計画に関する仕事のお手伝いをしていますが、都市景観というのはある意味わかりやすいのですが、地方の景観というのは実は非常に難しい問題です。(写真中央の白い頂は大滝山)

02都市は人工的に作られていく構造物の組み合わせですが、地方はその土地にあった自然の生み出すものをいかに生かすかにあると考えるからです。

03_205自然に囲まれた中でも暮らしに必要な構造物は作っていかねばなりません。それは住む家も同じです。都市では周囲に溶け込むイメージの構造物が競って考えられていますが、どうも地方では遅れているような感じがします。

04_2地域の人の中には自分達の力で自然を守っていこうと頑張っている人たちもいます。写真は菜の花プロジェクトの人たちがこの土地を借りて、緑を守ろうとしています。

0607でも、大きな風景を守るのは容易なことではありません。

0809例えば、田んぼや畑のような田園風景

1011農家の人に頑張ってもらいたいといっても、減反政策やたずさわる人の高齢化といった根本的な問題は個人や地域だけでは解決できません。

12個人で維持できない土地は放置されて荒廃したり、開発されていく運命にあります。

1314安曇野の風景を守っていくためには、住んでいる人にとってこの風景が財産であることを再認識するとともに、この風景を求めて訪れる人にも保全のための何かしらの協力をお願いしたいと考えたいです。

人は自然の恩恵無しでは生きていけないことを忘れつつあるように感じます。自然災害から守ることばかり考えるのではなく、如何に災害の原因を取り除くのかが重要な事。それは普段何気なく恩恵を受けている自然を守っていくこと。人はその中に上手くとけ込んで暮らしていくことが大切なのではないでしょうか。

もう帰ってきました

水曜の夜、松本を出発して長野道→中央道→名神(京滋BP経由)→中国道→阪神7号北神戸線と夜通し走って、3時に明石の斎場に到着。

104歳の大往生なんで家族葬にしたのですが、6時頃に起きて送迎や親戚の出迎えをして9時から告別式、焼き場へ行って待ってる間に早めの昼食、納骨してから近所のお寺へ午後1に行って初7日。

その後ばあちゃんの家に行き、夕方仮眠後夕食を食べて出発。帰りは淡路花桟敷の夜景が見えるかなぁと思ったら見えそうもないので、明石大橋を横目に2国を東へ。須磨から阪神3号神戸線で湾岸の夜景を見ながら名神→中央道→長野道と走って自宅へ今朝の2時到着。

今日は午後から会議です。

来月、49日でまた行かねばです。ゆっくりしたいがまた行って帰るだけかなぁ。高速代が半額なんでJRより安く行けます。これで¥1000になれば有り難いのだけど、早く決めて欲しいな。帰りはトラックが多くて雨降りなんでゆっくり走れませんでしたが、行きは80km/h位でゆっくり走ったのでかなり燃費も向上。

しかし疲れるな。さすがに若くありません。今年はいろんな意味で歳を感じる1年となりそうです。写真は大蔵寺001002。お墓が長崎なのでしばらくお婆さんはここにご厄介になります。

休刊中

諸般事情により数日記事のUPが止まります。

自遊人は生きてます。関西に葬式行ったり、KJ法で会議したり、山行ったりしてますよ。

ワン!ワン!

Wanミニーとミッキーだよ。安曇野のお家の中に新しい住まいを自遊人さんが提供してくれたよ。でもいつもは広い家の中を飛び回ってるから、狭いお家は落ち着かないんだ。

Wanwanぼく、ミッキー。こんな家の中じゃ嫌だよ。出たいよ~。

わたし、ミニーはこの中で十分。それより眠いんだけど、お兄ちゃんが飛び跳ねるのでうるさくて寝れないよ~

Wan3お外の散歩は楽しいな。どこでも登っていっちゃうぞ~

Wan4わたしはどっちでもいいわ。だってお腹のお肉がつかえて歩くのくたびれるんだもの。子供は「かわいい」って言ってくれるけど、苦手なの。

賑やかな二匹が帰って行き、また静かな安曇野の家に戻りました。※この二匹はみにいの部屋の住人達です。

こんなものはいかがですか?

0037先日訪れた大峰高原にあった仮設トイレです。赤文字なので女性用でしょうか?(上にあるマークは男女兼用ですね。)

ドアを開けるとキ~と音がしたりして・・・くまますねぇ

ちなみにこのあたりは本当に出ますよ。

001近所のクヌギの木の根っこです。巣があるようで、いつもいます。

ところで死んだスズメバチはどうなるのでしょうか?さすがの蟻も餌にしませんでした。蜘蛛の巣にかけてみましたが、死んだ虫はそもそも無視coldsweats01します。

久しぶりに安曇野の写真です

001_2久しぶりに安曇野の写真です。と言っても撮影したのは先月の29日のもの。

002_2先週末来の寒波で冠雪した常念岳です。まだうっすらって感じですね。

003_2豊科方面、遠くは美ヶ原とかの方向です。

国営アルプスあづみの公園入口交差点付近からの眺め。西に常念山系、東に安曇野の町並、北は遠く爺、鹿島槍が見えるこの場所は守りたい景観のひとつです。

安曇野市は土地利用の統一制度として線引きではなく、条例を選択しました。泉郷の別荘地の木の伐採、電柱の地中化、街中の奇抜な建物等々・・・景観計画策定委員の一人として、線引き制度に劣らぬ条例でこの景観を守りながら、北アルプスの山並みと水を生かした近代的な街作りを実現したいと思っています。

今朝の有明山。明け方雷もなりましたが、その後晴れて穏やかな休日を迎えました。012

最後にイベントのお知らせ<信毎11/1記事から>

<1>10/31~11/3 安曇野地域の工芸家やギャラリーが一斉に工房公開や作品展示をする「安曇野スタイル」が、安曇野市・池田町・松川村の111ヶ所で開催されています。普段覗けない工房とかも見せてくれるので、是非出かけてみられてはいかがでしょう。

<2>八方尾根スキー場「50周年記念」。兎平ゲレンデのレストランでかつて八方山荘で出されていた「ボルシチ」を販売、昭和初期のスキー道具の展示とかも行うそうです。また50歳当日に訪れた人に無料一日リフト券のプレゼントがあるそうです。この他県内他愛知、静岡など六県の在住者対処にリフト割引の県民デー企画、ゲレンデ下部4ヶ所の巡回無料バスの運行等があるそうです。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト