« 安曇野に越して3年目 | トップページ | 白馬大雪渓入山禁止解除 »

御船建造中

いつも読んでるkiyoさんのBlogで「御船祭り」の記事が載っていました。そういえば「もうそんな季節だなぁ」と思って買い物に出かけたところ、スーパーの裏の公園に小さな御船が建造中でした。01

子供の船かな?御船祭りではすごくでかい船が出ます(去年の様子)。

ちなみに写真では青空広がっていますが、すぐに雲が広がってきました。降るのか降らないのか・・・、不安定な天気は続いています。

« 安曇野に越して3年目 | トップページ | 白馬大雪渓入山禁止解除 »

コメント

自遊人さんこんにちは~♪

可愛いテンプレートですね。
自遊人さん青春時代を思い出されたのでは?
(アッ、男子校でしたかね)
kiyoさんのブログ訪問してきました。
今は骨組みだけの御船がこれから飾りつけされて
御船祭りで晴れをするんですね。
昨年のお祭り拝見しました。
船ごとに工夫されてみごとな御船に変身ですね。
舳先で笛をふく子供は栄誉なことですね。

ところで今朝tvで安曇野の桃「おどろき」が写っていました。
安曇野と聞くとつい目が行ってしまいます。
こちらで見せていただいた風景が写っていないかな?と思ってしまいます。
「おどろき」には驚きました。
1個1kgもある大きな桃なんですね。
お値段も1個1500円だとか・・・。
実物を見てみたい気がしました。
自遊人さんはごらんになったことありますか?

おりひめさん こんにちは

やってましたね。現物は見たことがないですが、これがほんとの「おどろき 桃の木」ですね。
三郷小倉の畑の近くの直売所や安曇野市豊科のスイス村などで、今月10日ごろまで買うことができるそうです。
種は普通の大きさなのかな?

こんにちは
 お船を見てきました、諏訪大社下社の下諏訪のお船祭りもありますね。
 ところで↓何で道祖神は石だと思うんですが屋根つきなんでしょうか?

自遊人さん コンニチヮ—♪

チョピリ懐かしく思いながらkiyoさんのblogと去年のお祭りをみて来ました
穂高駅も写ってましたね

境内にもお船が奉られていましたね
穂高神社は”海”を奉られてるとありました
そんな訳で”御船祭り”なのでしょうか??

所変わればお祭りの屋台(姫路では”やったい”と読みます)も替わるようですね

こちらも不安定な空模様が続いております

やっちゃんさん こんにちは

時間が出来たら長野の御船祭りをいろいろ見に行きたいと思っています。

道祖神の屋根。調べてみたいですが、やはり神様だからですかね?神様にも家は必要です。他方汚れ防止にもなりますね。これなら「首が伸びる」石仏みたいに雨の心配もないです。wink

うーちゃんさん こんにちは

このお船はその昔、安曇族の起源にもつながるそうです。元々海神(わだつみ)のようで九州から渡ってきたようですが、どこを渡ってきたかがまだ解明されていません。
また、穂高神社の入口に、今は工事中で目立たないですが、新羅とつながりのある人が祀ってあります。以前にも書きましたが、日本人は韓国との歴史についてあまりにも無関心です。

関西のほうの屋台は違いますかね?自遊人は関東育ちなので見た経験があまりないので比較したことありません。大きなイベントだと全国の名物?屋台が出るので・・・困ります。どれもこれも美味しそうで・・・

新羅とのつながりのある人……安曇比羅夫のことでしょうか?神社の入り口にひっそり像がありますね。

安曇族そのものが、北九州だけでなく朝鮮半島をも拠点にしていたという話もあります。安曇野市のウェブページでは一言も触れられていませんが。韓国併合以来の差別意識の為せる業かも知れません。悲しいことですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安曇野に越して3年目 | トップページ | 白馬大雪渓入山禁止解除 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト