« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

青空

000久しぶりの青空。しかし自遊人はくやしいです。というのも、昨日山に行くのを中止したからです。

昨夕の予報ではあまりよろしくなかったので、中止を決めたのですが、今朝一番の予報を見ると良い方向へ。衛星画像でも乾燥した空気が流れ込んでいました。それから用意しても間に合ったのですが、モチベーションはあがらない。

001悔しいので”ふて”バーベQでもするか!

相変わらず天気と女心を読めない自遊人です。

ところで昨日買った"信濃黒"を使った大福がコレ。002

美味しいよ!これから売り出す新作のようですが、安曇野に泊まらないと食べられないよ。

安曇野ブランド

安曇野市には「安曇野ブランドデザイン会議」なる市民組織があります。今日は設立1周年記念の講演会や報告会が穂高会館でありました。

今日も安曇野は時折雨がぱらつくあいにくの天気。駅前の貸自転車屋さんのおやじも「仕方ないねぇ」とあきらめ顔。でも隣の登山道具屋さん”BC穂高”は多くのお客さんで賑わっていました。

000有明山。駅近くなんで家が建て込んでるのは仕方ないか。

0001常念も見えます。上空の雲は高いです。一輪のコスモス入れてみましたが、やはり民家が入ってしまいます。

0002_2穂高川の近くから。左奥に常念岳、右奥に横通岳が見えます。長峰山登ればガスが下にかかって結構見れる景色なんだけどなぁ。

001電車来ません。爺ヶ岳、鹿島槍、五竜と見えています。この後また雨が降り始めました。

さて、肝心の講演会は午後からですが、雨が降ってきたので”軽く”昼飯を食べて会場へ。というのもぬかくどで炊いたおにぎり信州サーモンの丼試食があります。

002こんなので作ります。燃料は籾殻ですよ。安曇野米にネギみそのおにぎりはあつあつで美味しかったです。

004005信州サーモン丼は途中の休憩時間に味わえました。これも美味しいです。一部県内のコンビニでも売り出したことがあります。これから拡販予定です。焼いたものより刺身がうまい。ちなみにわさびも安曇野産、お米も安曇野産です。

003黒豆というと「丹波」が有名。以前地元のおばあちゃんも「丹波の黒豆」が好きだと言ってましたが、ここ安曇野にも「信濃黒」ってのがあります。いろいろ製品化を検討しています。夏はゼリーがありましたが、これから塩大福を売り出すところです(写真は明日掲載)。ちなみに日持ちしないので食べたい人は安曇野に来てください。(そう言いながらいつも東京や大阪から日持ちしない生ケーキや菓子を買って帰る自遊人です)

007006豆文庫。これから続々発売されます。1冊¥200を高いと見るか安いと見るかはお客さん次第ですよ。

008菜種を絞って油を採ってます。この機械の購入が量産化のネックとか。低価格化には油より知恵を絞らねばです。

010カヌーが置いてあります。景観整備のためにはまず草むしりが必要ですが、人手不足らしくイベント付きで人手集め。しかしその前に宣伝も不足だ。知らなかったよ。とはいえ、自分の庭の草むしりだけでも大変で口だけの自遊人です。

ちなみに後ろに立ってるおねえちゃんはあづみのケーブルテレビのアシスタントだよ。

011手前のアートはスプーンや鍋で出来てます。良くできていますねぇ。ちなみに超能力で曲げるわけではないですよ。昔、自遊人も後ろを向いてよく投げました。

009市長さんの挨拶。行政は共催という立場です。それにしても前の席は埋まりませんねぇ。

講演自体はおもしろいものでしたが、会議の報告会は時間も限られていて今ひとつ盛り上がりに欠けるものでした。この手の講演会が内輪だけで終わるのはもったいないです。

今日の安曇野

明け方まで降っていた強い雨はやみ、日中は小雨がぱらつくものの陽射しも出て蒸し暑いです。

001国道153号線、新村の交差点のひまわり。背が低くて小さいです。アルプス背景ならいいのですが・・・

002よく見ると美ヶ原・王が頭の電波塔が見えます。

003秋蕎麦のシーズンです。旧三郷村。色づいてきた稲穂と白い蕎麦の花のコラボレーション。この季節ならではの安曇野の風景です。

ご案内 「ふるさとウォッチングin安曇野」

ウォーキングツアーの案内です。Img_0001_2Img_0002_2

申し込みはここをクリックして「PDFファイル」をダウンロードしてください

ちなみに自遊人は北穂に登ってて行けません。

浜名湖といえば・・・

帰ってきた"青大将"004_2ち・・違うって

今回は先を急ぐので鰻を食い損ねました。

001002003005東名高速の浜名湖SAから。広い芝生の公園になっています。でもいたるところにdogcloudがあってdown。ちゃんと専用のゴミ箱あるのにねぇ。

野良猫が蝉を足で蹴飛ばして遊んでいました。

のどかな早朝の景色です。

天竜川・佐久間ダム

自遊人の両親は天竜川が太平洋にそそぐ近くにあるお墓に眠っています。お墓参りは遠く、距離的には以前住んでいたところより遠いのですが、都内をぬけない分渋滞の心配が少ないので楽です。三遠南信道が全通すると距離的にも近くなり便利になるので早く開通しないかな。

さて、今回はお墓参りの帰りに山に登るので天竜川をさかのぼる国道152号線・秋葉街道から佐久間ダムに寄り道しました。(普通はヒョー越えかもっと西を通るのです)0001

平日ということで訪れる人もほとんどいません。森林に囲まれ涼しく感じますが、天竜といえば暑いことで有名です。

0002車道のトンネルを少し戻ると展望台への入り口があります。いずれも素堀です。

000ダムが見えます。でも下の方までよく見えるわけではないし、迫力は今ひとつ。

0003電力館の先に行くとダム湖が見えます。今年は雨が少ないですが、それでもそこそこ水はありますね。

黒部ダムを見てしまうと他のダムはどうしても迫力不足です。しかも標高が低いので避暑にも何にもなりません。お店も何にもなく寂しい感じの所です。

さて、今回はこの湖畔を走り天竜川沿いをさかのぼりました。

001_2002_2 しかしこの道、とにかく長い。しかも狭く曲がりくねっていて、いつまでたっても同じ景色です。この2枚の写真のような景色はようやく長野県に入ると見えます。そう、ちょうど愛知県と静岡県の県境を北上するのですね。県道1号線とありました。

003いいかげん飽きた頃、こんなバス停が・・・。竜宮城でもあるのかな?集落はありますが大きな建物はありません。

静岡県北から南信へぬけるこの道は暑いだけでおもしろみはありませんでした。

ワンちゃんの祀ってあるお寺・光前寺

Wan駒ヶ根に光前寺というお寺があります(光前寺についてはコチラを参照ください)。ここには本堂に霊犬早太郎が祀ってあります。

Wanwanちゃんと立派なお墓もありますよ。

001中々趣のある天台宗のお寺です。

002参道の入口。門も立派です。ここから薄暗い参道が続きます。途中には"ヒカリゴケ"(以前アップしましたよ)があります。

003山門も立派です。ここから本堂へと短い階段を上ります。

004ここは駒ヶ根高原。季節によっていろんな高山植物も見られるようですね。近くにはオートキャンプ場もあって、ここまで散策することが出来ます。休暇村になっていて子供も大人も楽しめます。中央アルプスへの登山基地としてもよいですね。

Kouyou「拾ってはいけない」とあったので写真だけ撮ってきました。紅葉にはまだ早い・・でも来月末はもう本格的な紅葉シーズンです。

みにいとミッキーがやってきた

Mm「お~い。中に入れてくれ」

この週末の山登りが中止になったので、我が家にミニーとミッキーがやってきました。

サンルームをふたりのお部屋に解放しましたが、飼い主がそばにいないと寂しそうにわんわんワン。

仕方なくその夜、飼い主はそばの室内で寝ることとなりましたが、いつの間にか網戸の隙間から室内に入って、ゴミ箱をあさったようでした。

飼い主によく似たふたりは先ほど帰って行きました。

お天気が安定しますように<池田町てるてる坊主アート展>

♪てるてる坊主 てる坊主 あ~した天気にしておくれ♪

001今年が2回目となった池田町のてるてる坊主アート展。今年も24日まであづみ野池田クラフトパークで始まりました。

002晴れていれば気持ちのいい芝生の斜面です

0021ひまわりの映える青空が広がりますように・・

003子供たちが作ったてるてる坊主が気持ちよさそうに泳いでいます。

004ちょっと目が怖い・・・

005やっぱり笑顔が一番

006明日はきっと変えられる。

007かわいい靴のてるてる坊主

008家族で仲良く・・・

009ほのぼのとした作品が沢山あります

010思わず「フフッ」とさせられます。

011お幸せに~

明日から天気が崩れるようですが、強風大雨となりませんように・・・そして、うーちゃんさんの信州旅行が雨に当たりませんようにお祈りしています。

どうぞ召し上がれ

011赤い実です。葉をよく見ると・・012

トゲトゲが生えています。ハリプキのようですね。

次はこんなキノコたちはいかがですか?001_2002_2003_2

食べられるのはあるでしょうか?霧で遠くが見えないとやたらと足下のキノコが目に入ります。

今回は光岳だけしか登りませんでしたが、易老渡から百名山の聖岳(3013)→二百名山の上河内岳(2803)→三百名山の茶臼岳(2604)→そして百名山の光岳(2591)と一気に4山をかたづけられるので人気のコースです。

光・・苔

001おや?光岳に登りに行ったはずなのに、なぜにヒカリゴケ?

白馬で事故の原因となった悪天。南アルプスでも同じでした。

002幸い、暴風雨が来たのは夕方で自遊人はすでに小屋の中。しかしず~とガスがかかって、しかも風が強い山行でした。

00310年くらい前に立て直した新しい光小屋。基本は自炊(年寄の少人数グループしか食事は出ません。なぜなら老夫婦ふたりしかいないので準備できないのです)。しかも布団はありません。寝袋を有料で貸してくれます。でも綺麗だし、おやじさんの話もおもしろくて良い小屋でした。

写真はほとんどないけど、次回また。

またたびぢゃ

01今週は光(テカリ)岳。来週は剣岳。

今月最後の登山はテカるにツルぎで候。

男は船、女は港。安住の港を求めて船は旅を続けます。そんなわけでまたブログはとびとびUPです。

※↑↑↑写真のまたたび茶。どんな味かって?・・・猫でないのでわかりません。長野・新潟県境、栄村で売ってました。

今日の安曇野

久しぶりにブログをアップしますが、また山ごもりに入ります。でも天気が悪そうでちょっとがっかり。

02景観の仕事なぞやっていると、ついつい普段見慣れている景色を違う視点で見てしまいます。

06最近、あちらこちらの田んぼが新興住宅街に生まれ変わっていきます。田んぼを残して欲しいが、農家の暮らしも楽ではありません。

どんな風景を創っていくことが、安曇野に一番良いのでしょうね。うーちゃんさんのブログ「ウーチャンの花暦」にあった近江八幡市。ここはすでに景観行政団体になっていますが、風景をいくつかに区分けして守っていこうという取り組みをしているようで、参考になりました。次回の会議で紹介しようと思っています。

散歩しているといろんな花が咲いていますが、最後のミズヒキしかわかりません。010304

野に咲く草花も覚えなくては・・・

最後に05

この木はいつもカナブンとスズメバチがいます。カブトムシは中々飛んできませんが、スズメバチがいるのでいても捕まえられないなぁ。

夏休み(3)

000VOLCANO

001VOCALU~NO

Intensive summer vacation!

夏休み(2)

100ブログもたまには夏休み。ペルセウス座流星群は見えるかなぁ~。

夏休み

お盆休みにはいった安曇野。多くの観光客や別荘族で賑わいを見せています。もちろん家の中にいれば、周囲とは変わらない生活なのですが、①肉の焼ける臭いがする ②夜遅くまで騒ぐ声が聞こえる 等、明らかに賑やかさを感じます。

天気もかなり安定していて北アルプスも多くの人で賑わっているようですが、滑落事故も多く発生しているようです。

今日は過去UPしきれなかった写真から・・

023ちょっとぶれてる白いコマクサ

024こちらはよく見かけるピンク色。

009コイワカガミ。どこでも見かける花ですが、色は濃淡色々あります。

022ミヤマシオガマ。この花も結構いたるところで咲いています。

今年の夏はオリンピック一色。高校野球は今ひとつ盛り上がりません。元々、多民族国家の中国はオリンピックによって発展を遂げられるのか?

でもある意味笑える偽物や安い食べ物がなくなっていくのは残念な気もします。上海で朝飯¥10なんてもうないんだろうなぁ。

ひまわりが見頃です

001春は菜の花畑となる堀金物産センター。夏はひまわり畑となります。007

景観形成も兼ねて地元のかたがボランティアで整備されています。006002

少し霞んでいますが、常念岳も見えます。

004ミツバチが忙しそうに蜜を集めています。

003夏休みに入って多くの観光客も訪れていました。信毎にはもう掲載されていましたが、タウン情報の記者さんが写真を撮っていました。夕方にはNBSの中継もはいります。

005安曇野やまびこ自転車道からの眺め。雲がわきたって夏らしい景色です。

ひまわり畑のような作り出す景観と水田の広がる原風景。どちらも守りたい景色です。これでトンボ網を持ってランニングシャツで駆け回る子供でもいればよいですが、さすがにそんな子供はいませんね。

お昼は物産センターでとりました。子供が自販機にお金を入れましたが、「売り切れ」の表示。店内はガラガラ。おばさん「そんなはずあらへんやろ」・・・

「11時からですよ」と教えると後ろに並んでいた人たちも皆散っていきました。営業時間が大きく書いてあっても、表示場所が悪いと誰も気づかないものです。

毎日暑いなぁ~

とにかく毎日暑いです。しかも雨が降りませんので、夕方の水やりが欠かせません。

これでも太平洋高気圧はいつもの年より弱いようです。確かに海水温は日本列島の太平洋岸は平年より高く、沖合は平年より低い。オホーツク海も低い傾向が続いています。これでは天気は中々安定しません。

さて、今日は大町にある山岳総合センターに行ってきました。001

ここは昭和44年長野県条例第33号に基づき、教育的な立場から健全な山岳スポーツの振興と遭難防止を図ると共に、自然保護思想の普及に資する目的を持ち、登山等野外活動の研究指導と指導者等の養成を行い、かつ、広く一般の人々にも自然教育の場として利用に供するため 設置されたそうです。

この右手には市立大町山岳博物館があります。 こちらの歴史はもっと古く、昭和26年に誕生したそうです。

北アルプスを中心とする自然や登山の歴史についての展示のほか、「生きた学習・研究の場」として動植物を飼育・栽培する付属園を併設しているとあったので、見に行くと急な斜面にカモシカがいました。003

でもほとんど空の檻が多かったです。

002博物館は\400とられるので入りませんでしたが、観光バスで子供たちが来ていましたよ。

さて、いよいよ北京オリンピックが始まりますね。

001キヌガサソウ[衣笠草]。昔カープにいました。

002ウサギギク[兎菊]。葉が兎の耳に似てます。

003タマガワホトトギス[玉川杜鵑草]。名前の由来は京都の玉川です。

004センジュガンピ[千手岩菲]。中禅寺湖、千手ヶ浜で発見されたのが由来。

005ハクサンフウロ[白山風露]。図鑑では淡紅色のが多いが、ここのは紅紫。

006イワツメクサ[岩爪草]。花弁は5枚だが花びらの付け根で2つに分かれているので10枚に見える。

007ツマトリソウ[褄取草]。着物の裾の両端をとっているように見えるのが由来とか。でも着物の裾って?

008ハクサンボウフウ[白山防風]。風を防ぐには背が低すぎる。花がすごく小さい。

009チングルマ[稚児車]。名前の由来は諸説あるらしい。花はありふれた白い花なのに咲き終わるとなんであんなになる?

010コケモモ[苔桃]。実は甘酸っぱくて美味しいですが、花では食えません。

まだまだ花の写真は続きます。

今日の安曇野

山の写真が続きますが、たまには安曇野の今をお伝えします。

001曽根原家住宅。

市のH.P.の説明によると「昭和48年に国の重要文化財に指定され、切妻造板葺平入で長坂石置屋根、見せ抜きの建築。江戸時代前期のもので本棟造系統に属する民家としては日本最古のもの」とあります。

002003もうこんなに稲穂が垂れていますよ。早生の品種なのか育ち過ぎなのか・・。

昨夕は雷雨が珍しくいつもと逆の里の方から来ました。雨量も明科とかのほうが多かったようです。(うちのあたりも降りましたが土砂降りにはならなかった)

今日は昨日より暑くなりそうです。

花が一杯(その1)<木曽駒・宝剣編>

昨日も少しだけ紹介しましたが、今日は木曽駒・宝剣に咲く花の一部を紹介します。今年は残雪が遅くまで残っているせいか、春の花と夏の花の両方が咲いてました。

ところでこんな所まで・・・

00010002

駒飼ノ池の途中、中岳の斜面上。ここは2500m以上の高山帯です。グリーンパトロールの人に聞いたら50匹くらいの群れだとか・・。何食ってるだ!

さて、本題のお花。まずはオオヒョウタンボク001

赤いひょうたんのような実がなるそうです。

続いてウサギギク014029

ちっちゃなひまわりのようです。続いてはミヤマダイコンソウ025

この手の黄色い花は沢山ありますが、葉っぱが違います。でも時々わからない・・・012

葉の感じはミヤマキンバイ。でも花が違います。わからんバイ。

気を取り直してムカゴトラノオ027007

駒飼ノ池周辺の草原に生えていました。

白い花続きでモミジカラマツで今日はおしまい030

明日はテント担いで蝶ヶ岳へ行くつもりです。夕立はありそうですが、頂上でbeerが待っていますhappy01。後からbottleも来る予定です。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

安曇野の光と風・山の別宅

安曇野と山の仲間

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト